女性の転職

教えたくない!20代女性の転職成功メソッド|年齢別に紹介

「20代女性の私でも転職に成功できるかな…?」
「転職を成功させるポイントは…?」

こんな疑問や悩みを解消します。

この記事では、20代女性の転職を成功させるためのポイントや企業から何を求められているのかなどをご紹介します。

読み終えた頃には、転職成功確率がグンっと上がり、希望していた企業に就職できるに違いないでしょう。

  • 20代女性の転職メソッド
  • 企業から何を求められるか
  • 20代の中でも年代をパターンに分けて解説

※すぐに転職を考えている方は…

転職業界のプロ
転職業界のプロ
転職エージェントを使うことで、転職の失敗を防ぐことができるうえにスムーズに転職活動を行うことができるでしょう。

1位:『マイナビエージェント』
おすすめ度:
特徴:20代・30代・第二新卒の実績が豊富
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

2位:『doda』
おすすめ度:
特徴:自分の市場価値がわからない人にとっておき
【公式HP】https://doda.jp/

3位:『type転職エージェント』
おすすめ度:
特徴:転職者の71%が年収UP
【公式HP】https://type.career-agent.jp/

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

転職を考えている女性に転職のメソッドを解説

20代女性の転職は、

  • 自分自身のライフイベントの有無
  • 知人の結婚・出産など環境の変化に影響

などを受けやすく、年齢を重ねるごとに仕事観が変化しやすいです。

また、20代女性の「転職」は、20代前半・半ば・後半にかけて、各年代で企業から求められる要素も変化していくため注意が必要です。

この記事では、今の転職市場で20代女性がどう必要とされているのかを、各年齢ごとに解説し、20代女性の転職に役立つメソッドをお伝えしていきます。

女性と切っても切り離せないライフイベントとの向き合い方についても、この記事を通して考えていきましょう。

それでは以下の年代別で重要視されるポイントを解説していきます。

  • 20代前半、半ばで重要視されるポイント
  • 20代後半で重要視されるポイント

それでは1つずつ解説していきます。

女性の転職|20代前半・半ばで重要視されるポイント

20代前半から20代半ばの女性が転職をするときに重要視されるポイントは以下の2点です。

  • やる気と素直さ
  • 愛想の良さ

上記の2点に企業の人事は注目しています。

いわゆる「ポテンシャル採用」と言われるものです。

20代前半、半ばの転職は経験よりも、以下の2点を見ています。

  • どれだけ素直に次の会社のルールを受け入れて、自分から前向きに学んでいけるのか
  • 既存社員と笑顔でコミュニケーションがとれて関係性をきちんと築けるのか

ものすごく当たり前ですが、以下のようなタイプが企業から人気です。

  • 素直な人
  • 明るい人
  • やる気があって若い人

「若くて元気ならいい!」と言う企業人事はぶっちゃけかなり多いのが現実です。

また、20代前半~半ばの女性は「転職理由の伝え方」を間違ってしまうことが多いので、ここでどんな伝え方が望ましいのかを頭に入れておきましょう。

20代前半~半ばの女性で多い転職理由は、以下の通りです。

もし、以下の中にあなたの転職理由と同じものがあれば、改善する必要があるでしょう。

  • 入ってみたら想像以上にノルマや人が厳しかった
  • 雑用ばっかりでやりがいがない(もっとキラキラ企画系の仕事とかやりたい)
  • 収入が低い(アパレル、販売、中小企業)
  • 人間関係が上手くいかない(お局がいる、上司がパワハラ、社内恋愛のいざこざなど)
  • 結婚、出産後のイメージが湧かない
  • 憧れる先輩(とくに女性の)がいない、特に行きたい部署がない…!
  • 通勤しんどい、リモートワークとかしたいし自由に働きたい
  • 残業が思ったより多くてハードワークすぎた
  • 土日休みで友達や彼氏の予定に合わせたい
  • 出会いがない、社内で結婚相手見つけるのも無理そう
  • 早く結婚してパートでも事務でもいいからもっと楽な仕事がしたい

20代の女性の本音を見てみると、上記の理由が圧倒的に多いです。

上記のような理由で転職を検討するのはいたって普通のことです。

しかしながら、上記のような転職理由をストレートに転職先に伝えてしまうと、さすがに評価が下がってしまいます。

転職理由はネガティブなものが多くて当たり前。

だからこそ前向きな理由を1つでも見つけ出すことが大切です。

もっと〇〇の業界でチャレンジしてみたいんです!
新卒で~に入社したものの、3年後・5年後を見据えると今~をやってみたいんです

というように、

  • あなたがこれから何をやりたいのか
  • なんでそれをやりたいのか
  • どのくらいの思いがあるのか

素直に伝えた方が採用担当者には響きやすいです。

『チャレンジしたい意思』+『それはなぜか』+『業界リサーチ』+『自分にできること』

という風に転職理由を組み立てていきましょう。

ネガティブな転職理由を伝える場合は慎重に!

20代女性を求めている企業の求人は?

次に20代女性を求めている企業の求人を見てみましょう。

20代前半から半ばの求人の特徴は以下の4つがあります。

  • 未経験者、第二新卒向けの求人
  • 離職率の高い業界求人(販売サービス系職種や飲食業)
  • 新卒採用で人気があまり出なかった中小企業、ベンチャー企業の求人
  • 派遣社員の求人

それではもう少し掘り下げて解説していきます。

◆未経験者、第二新卒向けの求人

女性向けの転職メディアを運営している「キャリアデザインセンターの調査」によると、「type女性の転職エージェント」が保有する求人のうち、23歳~24歳向け求人の過半数が未経験者OKの求人だそうです。

また、25歳~26歳の女性向け求人は、未経験者歓迎の求人は全体の約3分の1程度を占めます。

つまり、20代半ばの女性は未経験業界・職種にもキャリアチェンジが可能ということが分かります。

◆離職率の高い業界求人(販売サービス系職種や飲食業)

販売サービス系の職種や飲食業などの離職率の高い業界の求人が多いです。

また、保育、福祉、介護、医療業界の人手不足が顕著な業界、新卒採用でどうしても人員を確保しきれなかった中小企業などが、第二新卒女性を狙うべくして求人を出していることも多いです。

これらの求人を見ていくと、求人の選択肢は多い点はメリットですが、いきなり事業企画や経営に近い職種、企画・マーケティングなどの職種での転職は難しいと言えるでしょう。

なぜなら、どんなに1社目で実績がある女性であっても、社会人3年くらいまでは第二新卒と扱われることが多いからです。

企業から見ると、名刺交換のやり方も分からない新卒よりは、第二新卒の方が良いと評価してくれることが多いものの、社会人経験3年ほどの人は、よほどの実績がない限り優遇採用はされづらいです。

女性の転職|20代後半で重要視されるポイント

20代後半女性が転職活動をするときは、20代前半と比べて、応募できる求人の幅も広がるので要チェックです。

20代後半女性の求人には以下のような特徴があります。

  • 未経験者、第二新卒向けの求人が一気に減る
  • 離職率の高い業界求人(販売サービス系職種や飲食業)
  • 新卒採用で人気があまり出なかった中小企業、ベンチャー企業の求人
  • 派遣社員の求人
  • マネジメントやリーダー職の経験者向け求人
  • マーケティング、企画系、経理など専門スキルを問われる求人

20代前半と似たような求人も多いですが、未経験歓迎の求人数がガクッと減ることと入れ替えに、

  • 人数問わずマネジメントをした経験
  • 何かしらの業界での実務経験〇年以上

などと上記のように今までの経験を問われる求人が増えていきます。

よく石の上にも三年と言われますが、転職市場にこの風潮はあります。

1~2年経験がある人は→『未経験扱い』

3年以上経験がある人だけが→『経験者扱い』

として見てくる企業が多い!

また20代後半になると、確実に今までの実績をリアルに問われるようになると心得ておきましょう。

また、厚生労働省が発表している「平成28年度 人口動態統計特殊報告」の婚姻に関する統計を見てみると、 平成27年度の女性初婚平均年齢は29歳です。

地域差はあるものの、20代半ばでは大半の女性がまだ未婚であると言えます。

そのため企業は、20代半ばの女性に対して「未婚で何かしらの実務経験が3年ほどあり、転職後も3年くらいは即戦力で働いてくれるだろう」という風に考えている場合がほとんどです。

20代半ばの女性が転職するときの注意点

では、ライフイベントを控えた20代半ばの女性は、転職のときにどういう点に気を付けるべきなのでしょうか?

業界や職種によって、アピールすべき要素は異なりますが、女性全体に言えるのは以下のポイントです。

  • 直近3年間での実務経験、実績を数値を用いて客観的にプレゼンする
  • 「頑張ります!やる気があります!」というポテンシャル採用はそろそろ通じないとわきまえる
  • 彼氏がいてもいなくても、既婚者でも未婚でも、「結婚したらこういう風に働きたい」「出産してもこんな風に仕事を続けていきたい」と、人事に聞かれる前に長く続ける意思があることをアピールする

どんなにバリバリ働いて実績を出してきた女性でも、「結婚・出産したらこの子は働いてくれるのかな?」と見られるのが世の常です。

ここは割り切って、聞かれる前にあなたから話してしまう方が良いでしょう。

彼氏がいなくても、結婚願望がなかったとしても、恋愛だけはいつ何が起きるかわからないものです。

たまたま周囲の友達の結婚ラッシュがあったときに、急に結婚願望がふつふつ湧いてきて「結婚して専業主婦になりたい!」と思うのは、女性ならよくあることなので何も悪いことではありません。

ただ、その想いをストレートに人事に伝えても転職活動においてメリットがないので、「ライフイベントを超えても、前向きに働いていきたい!」という自分の意思を伝えた方が人事担当者も安心します。

※ワンポイントアドバイス

「私は結婚や出産しても長く働いていきたいのですが、育休後復帰した方はどのくらいいますか?」

という質問をぶつけて、やる気を見せる方法もおすすめです。

応募した時点で、将来の自分の働き方のイメージがついていなくても大丈夫です。

まずはライフイベントを超えても働いていきたいという姿勢を見せた方が有利になると覚えておきましょう。

未経験の転職は26歳までが限界

新卒入社し、社会人3年未満の人は第二新卒として扱われるので、未経験業界・職種に挑戦しやすいです。

しかし、3年目を迎えた26歳以降になると、急に未経験者歓迎の求人が少なくなっていきます。

未経験の業界・職種に転職するのは26歳が一つの節目になると覚えておきましょう。

26歳以上は絶対に未経験業界へ移れないという決めつけではありません。

20代後半になっても、30代~40代になってからも新しいことに挑戦できる人は一定数います。

しかし、3年ほど続けてきた仕事を捨てて別の業界職種へキャリアチェンジすることと、同業界同職種で転職することを比較すると、後者の方が転職しやすいのが現状です。

3年ほど同じ仕事を続けてくると、その業界ならではの慣習が身に付いていくので、新しい環境に適応していくことはストレスがかかります。

ちょうど26歳が、その最初の壁になってくるということです。

ここで、先ほどのライフイベントと絡めて考えてみましょう。

26歳で未経験業界・職種へキャリアチェンジしたとすると
その新しい仕事に慣れてきて楽しくなってくる3年後がちょうど世の中の平均婚姻年齢の29歳に当たる
29歳で平均婚姻年齢通りに結婚して翌年出産したとすると
26歳で転職した仕事が30代の主軸の仕事になる可能性が高い

このように逆算していくと、やはり26歳で未経験業界へ転職することは、一つの節目となることが分かります。

もう一点、年収面からも考えてみましょう。

以下の2つでは後者の方が年収が上がる可能性があります。

  1. 26歳で未経験業界・職種へ移り、29歳までの3年間を過ごす
  2. 26歳まで続けてきた業界・職種の知見を活かして同業界・同職種へ転職し29歳までを過ごす

もともと平均年収の低い業界にいた人は、業界軸をずらして年収アップすることもあるので一概には言えません。

しかし、基本的には1つのことを5年、6年と極めた方が年収アップはしやすいでしょう。

26歳以降に未経験業界・職種へ転職し、収入面も増加させたいのであれば、年収アップのしやすい業界を狙うなど戦略を持ちましょう。

さらに、転職活動を行うとともに、転職後も計画性を持って行かなければ、そう簡単には年収アップしないものだと理解しておきましょう。

※豆知識

以下は年収アップが狙いやすい例です。

  • 不動産賃貸営業、生命保険営業などの無形商材営業
  • 手に職をつけるエンジニア・コーダーや医療系職種(ただし専門知識の勉強必須)
  • WEB系業界の中で、クリエイターをまとめるディレクターやプロデューサーのポジション
  • ネット広告や広告代理店(在庫を持たないので利益率が高くなりやすい)

しかし、販売サービス、介護、福祉系は年収が下がりやすいので注意が必要です。

【年齢別】20代女性の転職のポイント

ここからは20代女性の転職ポイントを、年代別にまとめていきます。

業界・職種によってポイントは少しずつ異なりますが、20代女性の転職の全体像をつかむ意味で参考にしてくださいね。

キャリアを考えて行動しよう!

各年齢ごとに、具体的なキャリアを考えながら行動していきましょう。

年齢ごとの転職活動事情について詳しく解説していきます。

24歳の女性

24歳の女性は、目先の待遇や人間関係が嫌になり、逃げ腰で転職活動を開始してしまうケースが散見されるので注意が必要な年齢です。

仕事経験が1~2年の24歳は、市場ではほぼ未経験で新卒同様に扱われてしまうことを肝に銘じておきましょう。

世の中からは自分が思っている以上に子どもに見られています。

若いと思われていることを決してネガティブにとらえずに「若いから何でもできる」「若いからこそ今後の伸びしろがある」という企業からの期待値に合わせてアピールをしていくと良いでしょう。

 

24歳の頃は将来のやりたいことが明確に決まっている人の方が少ないです。

だからこそ、業界や職種選びの難易度が高いのも事実です。

学生生活も含めて今までを振り返り、自分にとって何が大切なのか、どういう瞬間に自分らしさを発揮できてきたのか、棚卸しをしっかりすることが重要でしょう。

25歳の女性

25歳の女性は、周囲の環境が徐々に変わり始める時期です。

同じ新卒入社で入ってきた同期の中でも差が出たり、転職をする人が出てきたり、早い人では結婚や出産をしている人もいるでしょう。

長い仕事人生を送っていると、このような周囲の変化は当たり前にあり慣れてしまうものですが、25歳の女性はこれらの環境変化にとても敏感な時期です。

だからこそ、25歳の転職活動では周りに流されずしっかりと自分自身を振り返ることが大切です。

24歳の頃と同様、「自分はどんなスキルを身に着けたのか」、「何が不得意なのか」、「来年、3年後、5年後にどうなりたいのか」と、自己分析を行い客観的に自分自身を知る習慣をつけていきましょう。

24歳~25歳は下積み時代。

思い切って業界職種をチェンジしても大丈夫ですが、とにかく周りに流されないように心掛けることが大切です。

26歳の女性

26歳の女性は、世の中でアラサーと言われ出す年齢で、転職するときの判断が非常に難しい年代でもあります。

26歳になると、新卒から続けてきた仕事で一定の成果を出しているかどうかを問われます。

その成果を活かして同業界でステップアップしていきたいのか、働き方や収入面、人間関係を考えて思い切り未経験業界へ転職を踏み切るのか、判断をしていくタイミングでしょう。

また、歳の近い2~3個上の先輩たちが結婚・出産ラッシュに入ってくるのもこの年代です。

ライフイベントを迎える少し年上の先輩女性を見て、自分自身の恋愛や結婚はどうなるんだろう?と考え出す人も多いと思います。

そんな悩める年頃ではありますが、実は26歳~29歳くらいの女性は企業からとても必要とされる世代でもあります。

新卒、第二新卒の若者の採用とは異なり、一定の業界での実務経験とスキルを発揮できる期待が持てるうえに、アラサーと言われ始める年齢ではあるものの20代女性という若さかが人気になる理由です。

26歳の転職では、一人で抱え込まずに転職エージェントや先輩など、必ず第3者の意見を聞くことをおすすめします。

仕事とライフイベント、今までの経験を総合的に判断してしっかり転職活動の下準備をしていきましょう。

27歳の女性

27歳の女性は、26歳に引き続き、女性としてのライフイベントと仕事の続け方に悩みが尽きない時期でしょう。

本格的なアラサーと言われ出す27歳は体力が落ちて、肌の変化も感じやすく、仕事に対してのモチベーションも変化が出やすい時期です。

一方で転職市場を見てみると、27歳前後の女性の採用ニーズは非常に強いです。

26歳と同様で、一通りの業務経験があり育成されている27歳女性は、リーダーやマネジメントポジションや、専門スキルを発揮するエキスパートの即戦力として企業から期待度が高い人材なのです。

同業界での経験がある30代女性と27歳女性を比較すると、27歳の方が好まれる傾向にあります。

年齢を重ねるごとにその人独自の仕事の進め方が強くなってくるので、20代後半の女性の方が既存社員と馴染みやすいと考えられるケースは多いでしょう。

28歳の女性

28歳の女性が転職をするときは、1年後、3年後、そして30代はどうしていきたいのか、より中長期的なライフプランを計画するものの先が見えづらい難しさがあります。

また、20代半ばまでの転職での失敗は取返しが付きやすいですが、28歳を超えて合わない企業に入ってしまい再転職をすると29歳、そして30代へ突入してしまいます。

28歳女性と30代女性を比較すると、30代の方がぐっと期待も責任も大きくなっていきます。

だからこそ28歳での転職は慎重に判断すべきです。

繰り返しになりますが、

  • 結婚や出産をどう考えているか
  • ライフイベントを迎えたときにどのくらい働いていくら収入を得たいのか
  • 今後大きく業界や職種を変えたいのか
  • 専業主婦になるのか、非正規雇用の派遣やパート勤務も検討したとき何をとるのか
  • 育児を考えたときに時短社員で本当に働いていけるのか
  • 結婚しなかった場合、どのくらいの収入を得たいのか

1つひとつ現実的、かつ具体的に検討していきましょう。

なんとなく考えるだけではなく、結婚したらどのくらい費用がかかるのか、出産するとき雇用保険からどのような手当が出るのかなど、社会保障制度について学び備えることも大切です。

29歳の女性

29歳の女性は、ライフイベントを迎えているかどうか、転職回数は何回か、パートナーがいる方はパートナーの収入はどのくらいかによって転職軸をしっかり定めていく年齢です。

日本の平均婚姻年齢は29歳であるものの、20代半ばで出産を終えて育休から復帰している29歳もいれば、1社目でずっとバリバリ働いてきたキャリア女性もいるでしょう。

企業から見ると、29歳は即戦力として採用したいと考えられています。

29歳の業界未経験者を歓迎するのは、常に人手不足の業界や販売サービス系職種、飲食業界がほとんどです。

29歳は今までの実績、成果ありきでの転職活動となるので注意が必要です。

過去の経験をしっかり棚卸したうえで、現実的に自分は何が出来るのか、どのようなスキルを活かして30代働いていきたいのか、しっかりプレゼンできるようにまとめることが重要でしょう。

女性の転職は市場的にどう見られてる?

次は、日本全体の労働市場から女性の転職はどう見られているのかを解説していきます。

総務省統計局による「平成30年の労働力調査」の結果を以下に抜粋したのでご覧ください。

  • 日本の総労働人口は5596万人(役員除く)
  • そのうち正規社員:非正規雇用社員数は、3476万人:2120万人
  • 非正規雇用の男女比は、 男(669万人):女(1451万人)
  • 働いていない人の中で、働くことを希望している人が331万人で、その7割が女性
  • この7割の中で出産育児を理由に働けない人が76万人

ここで注目したい数値は、働きたいと思っているのに働けない女性の弊害は出産・育児であること。

その結果、女性の非正規雇用者(週5フルタイム正社員ではない)が男性の2.1倍以上もいる点です。

リモートワークや在宅ワーク、フレックスタイム制度などの導入で、男女問わず柔軟な働き方を選択できるように世の中は変化してきています。

それでも、女性は非正規雇用を選ぶことが多く、出産したあとに復職しづらいという現状がこのデータから読み取ることができます。

非正規雇用を選んだ理由はダントツで「自分の都合のよい時間に働きたいから」ということ。

女性の場合は「家計の補助・学費等を得たいから」と子育ての現状も垣間見れます。

「本当にこの仕事は、結婚や出産というライフイベントを迎えた後も続けていけるものなのか、本当に正社員で就職することがすべてなのか?」

という点を考えながら、雇用形態も加味しつつ、女性と転職について検討していく必要があるでしょう。

これは社会的に見ても大きく意見が分かれるところだと思います。

20代の女性は、先々がイメージできず転職のときに悩むと思います。

そんな時、自分で厚生労働省のデータや市場全体の動きをリサーチし、客観的な世の中の動向を見たうえで取捨選択していくスキルが必要でしょう。

20代女性が転職活動前にしておくべきこと

ここでは、20代の女性が転職をする前にやっておくべきことをお伝えしていきます。

女性は、さまざまな外部要因に影響を受けやすいからこそ、日ごろから情報収集をしっかりしておくこと、いつでも取捨選択ができるように、自分の中で大切なことは何か洗い出す作業を繰り返しておくことが大切です。

優先順位をつける

20代どの年代でも必ずやっておいてほしいことは、あなたが生きていくうえで何が大切なのか優先順位をつけておくことです。

これが自己分析の基盤となり、あなたの価値観となります。

年齢を重ねるごとにこの優先順位は変わっていくものなので、あまり固くとらえすぎなくても大丈夫ですが、半年ごと、1年ごとなど区切りを付けてまとめる習慣をつけると良いでしょう。

まずは紙に書き出してみて、絶対に譲れないもの3つに丸をしてみるなどラフなやり方で大丈夫です。

※あなたにとって譲れないものをチェックしましょう!

  • あなたにとって譲れないものは?
  • 土日休みにしたい
  • 残業をなくしたい
  • 残業があっても年収は〇〇円以上ほしい
  • 時間外労働は一切せずに〇〇円収入を得たい
  • 社内で結婚相手をみつけたい
  • 副業できる環境がいい
  • 女性が多い職場がいい
  • 大手企業、名前の通った企業で働きたい
  • 職種は〇〇のままがいい
  • 結婚したら時短で週3くらいで働きたい
  • 出産後も年収〇〇円をキープしたい
  • 1人で生きていくための〇〇スキルが欲しい
  • 専門職で力を発揮したい
  • 男女関係なく評価される職場に行きたい
  • 転勤せずに地元でのんびり働きたい

こんな風に書き出していくと「~したい」というWantがたくさん出てきますよね。

「~できる」という自分のCanもあわせて書き出してみるのもおすすめです。

優先順位をつけた後は、その希望が今の職場で叶えられるのかどうか検討してみます。

今すぐには無理かもしれませんが、あと少し頑張れば、転職せずに今の職場で叶えられることもあるかもしれません。

また、絶対に譲りたくないポイントを実現させるには、自分の実力が全然追い付いていない可能性も大いにあります。

「この希望を叶えるにはどんなスキルが必要だろう?」
「こんなに全部叶えるのは無理かな、だったらこれの優先順位を下げてみよう」
「この理想の働き方にするには、どんな業界がいいのだろう?」

というように、1つひとつ書き出して調整をしていってください。

この作業を定期的に行っていくことで、あなたの転職軸が自然と決まっていきます。

気分によって優先順位が変わっても問題ありません。

常に自分と真正面から向き合って整理していくことに意味があるので根気強くやってみましょう。

転職エージェントに相談にいくと、必ず「あなたの転職軸=譲りたくないもの」を聞かれます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーと話しながら転職軸をまとめてくのもおすすめです。

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

仕事の種類を知っておく

20代の女性が転職活動をする前に、ぜひやっておいて欲しいことは、「世の中にあるたくさんの仕事について情報収集をしておくこと」です。

私たちはどうしても身近にある商材(衣食住に関わるもの)を扱う大企業やBtoCの有名メーカーの仕事に目が行きがちです。

こういうときに是非見てほしいのが、統計データです。

日本にある企業の大多数が、中小企業ということが実感できます。

経済産業省の調査」によると…

  • 世の中の企業は421万社
  • そのうち99.7%が中小企業で残りの0.3%が大企業
  • 中小企業で働く人が2784万人で大企業で働く人が1229万人

あなたの知っている企業を紙に書き出していったときに、おそらく大半の企業は大企業の名前で、日本を支える中小の優良企業名はあまり出てこないと思います。

新卒採用の頃は、有名でネームバリューのある企業に入らないと恥ずかしいと思った人もいるでしょう。

しかし、日本全体の6割強が大手以外の中小企業で働いているのです。

このように全体データを見てみると、もっともっとたくさんの仕事がこの世にあることが分かります。

仕事の種類を知ることは、その分だけあなたの転職可能性が広がることになるはずです。

まずは求人サイトを見ることからでもいいですし、本屋さんに行って業界分布図を眺めてみるのも良いでしょう。

是非、アンテナを張り巡らせて、世の中の仕事について知る姿勢を習慣づけてください。

まとめ|20代女性で転職するなら自己分析から行おう!

この記事では、20代女性の転職についてお伝えしてきました。

まとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 年代と年齢で企業からの見方が違う
  • 未経験業界へのの転職の場合は26歳が限界
  • 年収アップしやすい業界などもある
  • 生きていくうえで何が大切なのかの優先順位をつけておく
  • 仕事の種類を知ることで転職の幅が広がる

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。