女性の転職

資格なしの女性は転職が難しい?元採用担当者おすすめの資格も教えます

転職活動を始めるとき、「資格を持っていないと、転職活動って成功しづらいのかな?」と悩んでしまう方は多いです。

また、「転職を始める前に何か資格を取得しよう!」と思っても、どんな資格を取得すればいいのか迷ってしまうこともあるはず。

この記事では、元採用担当者が、転職のために資格を取得したいと考えている女性に向けて転職に役立つ資格の取得方法について解説します。

この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがどんな資格を取得しておくべきかがわかります。

いまは資格を取得するべきか、取得するにしてもどんな資格を取得すればいいのか迷っている方でも、読み終えた後には「転職に向けてこの資格を取得しよう!」と動き出せるはずですよ!

  • 資格を持っていないと転職活動は難しいのか
  • 転職前に資格を取得したほうがいい人の特徴
  • 転職前に資格を取得するときの注意点
  • 転職をする女性におすすめの人気資格

1.やっぱり資格を持っていないと転職活動って難しい?

1.やっぱり資格を持っていないと転職活動って難しい?

資格を持っていない女性は転職活動が難しいのか。

結論から先に言ってしまうと、「転職時の年齢や希望する職種、取得する資格による」です。

まず、大前提として、転職先の業界・業種に無関係な資格を持っていたとしても、転職活動においてその資格が大きく有利に働くことはありません。

それは、中途採用では基本的に、「入社後、実務において即戦力となるかどうか」が重要視されるためです。

企業および採用担当者は、その人材が実務において即戦力となれるだけの知識やスキルを有するかを見極める判断材料として、「保有資格」をチェックします。

判断材料のひとつでしかないため、保有資格が有利に働く場合もあれば、特段有利に働かないケースもあるのです。

また、中途採用者が年齢を重ねていれば重ねているほど、企業はより強く「即戦力となれる力」を求めます。

さらに、専門分野の職種においては、無資格だと行える業務の範囲が狭まってしまうこともあるために、中途採用者に対して必須資格を定めている場合も。

  • 「年齢に比例して高い能力を求める」
  • 「専門職種の場合は業務に必須の保有資格もある」

上記の2つの理由から、転職時の年齢や転職先の業種によっても保有資格の重要度は大きく変わってくるのです。

ケースバイケースであるため、

  • 「資格を持っていないから、絶対に転職ができない」
  • 「資格を持っているから、絶対に転職がうまくいく」

なんてことはないものの、資格を持っていると転職活動がスムーズにいくケースは多いといえます。

1-1.採用担当者は「無資格よりは有資格がいい」と考えている

「実務において即戦力となれる知識・スキルがあるか」が重要視される中途採用選考では、転職先の業界・業種に無関係な資格を持っていたところで、選考が圧倒的に有利になることは少ないです。

しかし、「たとえ実務に無関係な資格であったとしても、無資格よりは有資格のほうがいい」というのが、採用担当者の本音。

実務に関係のない資格であったとしても、「資格取得のための努力をできる人であること」がわかるからです。

転職活動をするときに、「実務に無関係な資格だから、履歴書には書かなくていいか」と判断してしまう方が多いのですが、もしも何か資格を持っているのであれば、きちんと履歴書に記載してくださいね。

2.転職活動をする前に資格を取得したほうがいい女性の特徴

2.転職活動をする前に資格を取得したほうがいい女性の特徴

資格が転職活動に有利に働くかどうかは、転職時の年齢や希望する職種、取得する資格によりますが、特に、以下のような女性は資格を取得してから転職活動をするのがおすすめ。

上記の女性はどうして資格を取得してから転職活動をしたほうがいいのか、詳しい内容を解説していきます。

2-1.30代女性で資格なしから異業種に転職を考えている

30代以上で異業種への転職を考えている女性は、転職先の業界・業種に関連する資格を取得しておいたほうがいいでしょう。

企業は、社会人経験の浅い20代を中途採用するときには「数年後に即戦力になってくれるかどうか」を観点に選考を進めます。

ですが、それなりに社会人経験を積んできた30代以降に対しては「すぐに即戦力になってくれるかどうか」を強く求めるので、保有資格で知識やスキルをアピールしたほうがいいのです。

同業種への転職の場合であれば、今までの実績を示して知識やスキルのアピールが可能ですが、異業種への転職の場合は、業界・業種に対する知識やスキルをアピールする材料がかなり少なくなります。

資格を取得し、アピール材料を確保してから転職活動を始めたほうが、あなたの知識やスキル、業界・業種への関心の高さを的確に企業に伝えられて、スムーズに異業種への転職が叶うでしょう。

2-2.転職後の年収アップを狙いたい女性

所定の資格を有する社員に対して月に数万円の資格手当を給付する「資格手当制度」を設けている企業も少なくありませんので、転職後の年収アップを狙う女性は資格を取得しておくのがおすすめ。

月に1万円だけの資格手当だったとしても、年間にすると12万円。

しかも、「ただ資格を持っているだけ」でもらえる12万円と考えると、決して小さな金額ではないですよね。

ですが、企業によって所定の資格も手当の金額もまちまちなので、「せっかく資格を取得したのに、資格手当制度の対象外だった…」なんて事態になるリスクもゼロではありません。

簡単に取得できそうな資格であれば、業界・業種への理解を深めるためにも資格取得を目指したほうがいいですが、取得が難しそうであれば転職エージェントを利用するなど別の方向から年収アップを狙うほうが現実的です。

2-3.専門職種に就きたいor独立したい女性

専門分野の職種に転職したいと考えている女性や、企業への転職ではなく独立も視野に入れている女性も、職を変える前に資格を持っておきましょう。

専門職種の場合、業務を行うにあたって資格が必要となるケースが多いです。

企業によっては、就職後に研修の一環として資格取得をさせてくれる場合もあります。

でも、就職したい企業が決まっているのであれば、事前に資格を取得しておいて転職の成功率をアップさせるのがいいでしょう。

また、独立をすると、取引先やお客さんから企業に属しているとき以上に「どんな人物なのか」を厳しく見られるようになります。

将来的に社員を抱えるのであれば、社員となる人材からどのように見られるのかということも大切になるでしょう。

事業内容にマッチした資格を有していることで、周囲の人々からの信頼度がアップするため、独立後に円滑に仕事をしていくためには資格を持っていたほうがいいです。

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • 30代以上で異業種への転職を考えている女性は、転職先の業界・業種に関連する資格を取得しておいたほうがいい
  • 転職後の年収アップを狙う女性は資格を取得しておくといい
  • 専門分野の職種に転職したいと考えている女性や、企業への転職ではなく独立も視野に入れている女性も、職を変える前に資格を持っておくといい

続いて、女性が転職前に資格取得をするときの注意点をご紹介します。

3.女性が転職前に資格を取得するときの注意点

3.女性が転職前に資格を取得するときの注意点

転職活動において、資格は有利に働くことが多いものではありますが、資格を取得するときにはいくつか注意点があります。

転職前に資格を取得するのであれば、以下のようなポイントに気をつけて資格取得を目指しましょう。

ここからは、それぞれのポイントについて具体的に解説をしていきます。

3-1.資格取得ではなく、転職が目的であることを忘れない

転職前に資格を取得すると、達成感からついつい満足してしまうものです。

しかし、転職の真の目的は「資格を取る」ではなく「転職を成功させる」がゴールです。

資格を取得したからといって転職活動をおざなりにしてしまうと、いい転職をすることはできません。

また、資格を取得することにこだわりすぎて、なかなか転職活動を始められないケースもあります。

資格を取得しても転職エージェントを利用して転職の成功率を高めたり、なかなか資格を取得できない場合には資格取得を潔く諦めたりして、別の角度から転職活動を進める判断をしてくださいね。

3-2.やみくもにいろんな資格を取得しようとしない

基本的に、転職先の業界・業種にまったく無関係な資格は「持っていないよりは持っていたほうがいいよね」程度の扱いなので、多くの資格を持っていればいいというものではありません。

そこを履き違えて「とりあえず、取れそうな資格はすべてとっておこう!」と考えるのはNG。

転職に無意味な資格を取得しても、時間とお金を無駄にしてしまいます。

希望の転職先に本当に必要な資格はどんなものなのかをきちんと見極めて、必要な資格だけを取得するようにしてください。

3-3.簡単な資格で手に職をつけようとしない

よく「手に職をつけたいから資格を取ろう!」と考える方が多いですが、手に職をつけられるような資格は専門的な資格であることがほとんど。

専門的な資格は取得の難易度も高く、取得には時間もお金も労力もかかります。

自分は何をやりたいのか、どんな業界・業種に転職したいのか、そうするためにはどんな資格が必要なのかを考えて資格取得に挑むべきです。

「取得は簡単だけど、一生手に職をつけられる資格」なんてものはないと考えて、あなたがが目指す業界・業種を明確にしてから、それに合った資格を取得してくださいね。

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • 転職の真の目的は「資格を取る」ではなく「転職を成功させる」がゴール
  • 「とりあえず、取れそうな資格はすべてとっておこう!」と考えるのはNG
  • どんな資格が必要なのかを考えて資格取得に挑むべき

続いて、転職をする女性に人気の資格をご紹介します。

4.転職をする女性に人気のおすすめ資格

転職前に資格を取得するのであれば、転職先の業界・業種にマッチする資格を取得することが大切です。

でも、「どんな業界でも通用する資格があれば、それを取得したい!」と感じてしまいますよね。

いくつかの業界・業種で迷っているために、どの業界・業種でも通用する資格を取得したい女性もいるはず。

そんな女性のために、広い業界で有利に働くおすすめ資格をご紹介します。

4-1.TOEIC

TOEIC

TOEICの公式ページ:
https://www.iibc-global.org/toeic.html

どんな業界・業種でもグローバル化が進む昨今、英語能力を測るための試験であるTOEICは、幅広い業界・業種で評価される資格です。

TOEICは、大きく分けて、英語初心者〜中級者に向けた易しいテスト内容の「TOEIC Bridge」、リスニング能力とリーディング能力を測る「TOEIC Listening & Reading Test」、スピーキング能力とライティング能力を測る「TOEIC Speaking & Writing Tests」の3種類があります。

企業からの評価が高いのはTOEIC Listening & Reading Testであるため、こちらを取得するのがベスト。

ただし、TOEICを持っていても得点数が低いと評価されづらいので、取得するのであれば700点以上を目指すことをおすすめします。

試験の合格率 700点以上を獲得したのは全体の約27%、平均得点は581点(2020年1月度)
費用 税込6,490円
試験時期 年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)

4-2.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS

MOSの公式ページ:
https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

Word・Excel・PowerPoint・Access・OutlookといったマイクロソフトOfficeの利用スキルを証明できる資格であるMOSは、業務にパソコンを利用する企業であれば評価されやすい資格です。

近年、ほとんどの企業が資料作成などにマイクロソフトOfficeを利用していることを考えれば、かなり幅広い業界・業種において有利に働く資格であるといえるでしょう。

MOSはソフトとバージョンごとに試験が分かれており、Word・Excelに関しては「一般レベル」と「上級レベル」の二種類が用意されています。

よほどパソコンスキルを重視している企業でない限りは、Word一般レベル・Excel一般レベル・PowerPointの一番新しいバージョンを受験しておけばOK。

試験を通じてマイクロソフトOfficeのスキルを上げれば、実務の業務効率化も測れるため、転職後にも役に立つ資格ですよ。

試験の合格率 非公開。ただし、8割程度の合格率であると言われている
費用 税込10,780円(Word 2016 一般レベル・Excel 2016 一般レベル、PowerPoint 2016の金額)
試験時期 毎月1回~2回程度の全国一斉試験と不定期の随時試験がある

4-3.日本FP協会 FP技能検定

FP技能検定

FP技能検定の公式ページ:
https://www.jafp.or.jp/exam/

「人の生活とお金」に関するエキスパートであるファイナンシャルプランナーになるための国家資格であるFP技能検定も、さまざまな業界・業種において重宝される資格です。

FP技能検定は、保険会社や銀行、不動産や税理士事務所といった「人の生活とお金」に関係する職業はもちろん、総務や経理など「会社の将来とお金」に関する業種への転職でも有利に働きます。

FP技能検定は3級〜1級の難易度に分かれていますが、転職活動のときには3級を取得していれば問題ありません。

ただ、FP技能検定が特に評価される業界であれば、2級・1級の試験にチャレンジするのもおすすめです。

試験の合格率 3級の合格率は約80%(2019年9月度)
費用 3級は6,000円(非課税)
試験時期 年3回(1月・5月・9月)

4-4.日商簿記検定

日商簿記検定

日商簿記検定の公式ページ:
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

会計知識に関する資格である日商簿記検定は、取得の難易度がそれほど高くないうえに、一般的な知名度の高い資格であるために、転職活動を始めようとしている女性におすすめの資格。

基本的に、経理や総務といった事務職において特に有利になる資格ですが、規模が小さい企業だと「メインの業務とは別で任せられる仕事の幅が広そう」といった理由で、業界・業種に関係なく評価されることが多いです。

日商簿記検定は、簿記の基本的なしくみを理解しているレベルである「初級」、初歩的な簿記スキルが身についているレベルである「3級」、簿記をマスターし経理として働けるレベルの「2級」、公認会計士や税理士の登竜門であり専門知識を有するレベルである「1級」と4つの難易度に分かれています。

3級までは学生でも取得できる難易度のため、転職を有利にするために取得するのであれば2級以上を取得するのがベストですよ。

試験の合格率 2級は約27%(2019年11月度)
費用 2級は税込4,720円
試験時期 年2回(6月・11月)

まとめ|転職を有利に進めたい女性は、転職先に適した資格を取得しよう!

まとめ|転職を有利に進めたい女性は、転職先に適した資格を取得しよう!

「資格を持っていないから転職が難しい…」ということはありませんが、30代以上で異業種に転職しようとしている女性、転職後の年収アップを狙っている女性、専門職種に就きたい女性や独立を考えている女性は資格を取ってから転職をするのがおすすめです。

資格を取得するときには、転職を希望する業界・業種に関連する資格を選び、以下のポイントに注意して資格を取得するようにしてください。

資格取得のポイント
  • 資格取得ではなく、転職が目的であることを忘れない
  • やみくもにいろんな資格を取得しようとしない
  • 簡単な資格で手に職をつけようとしない

「幅広い業界・業種で通用する資格を取りたい」「どんな資格を取得すればいいか迷ってしまう」といった場合には、今回ご紹介したおすすめ資格を参考にして取得する資格を選びましょう。

転職先に適した資格を取得し、転職活動をより有利に進めてくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。