女性の転職

女性の転職で人気の3職業ジャンル別で発表!転職での重要視ポイントは?

「女性の転職先として人気な職業を知りたい」

「仕事選びで失敗しないために重要視すべき女性ならではのポイントを知りたい」

「育児や家事とも両立できる人気職業があるのかわからない…」

上記のようなことに悩んでいる女性は多いはずです。

この記事では女性の転職で人気がある職業をジャンル別にご紹介します。

これを読めば、転職活動に迷うことなく職業を選択できます。

最後まで読み終える頃には、後悔しないために職業選びでどのような点を重要視すべきかもマスターしているでしょう。

  1. 女性の転職に人気の3職種
  2. 女性の転職で意識すべきポイント

1.女性の転職に人気がある6職種

女性が転職する際に人気がある職業はどのようなものがあるのか気になる方も多いでしょう。ここでは6つのジャンル別に、女性に人気がある職業をご紹介します。

1-1.事務職

女性に昔から人気がある職種といえば、やはり事務職です。

「腰を据えて長く働ける」「安定して長く続けられる」などの理由で、人気があります。

事務職が向いている女性は、以下のような特徴が多いです。

  • コツコツとした作業が好きな方
  • デスクワークが得意な方
  • 自分が率先して前に出るより誰かをサポートする仕事が好きな方

が多いです。ただし事務職と一言にいっても職種はさまざま。

ここでは事務職に分類される人気職種を挙げていきます。

一般事務

事務職のなかでも人気があるのは一般事務です。

一般事務のメインとなる仕事は以下になります。

  • 電話応対や来客対応
  • 書類整理
  • データ入力

などがメインですが、一概に仕事内容はここまでと決まっているわけではありません。

企業によっても業務内容はさまざまで、営業事務に近い仕事を任せるところもあります。

業務が多岐にわたるということと念頭に置いておきましょう。

営業事務

営業事務も事務職のなかで人気の職業です。

一般事務との違いは、社外とのやりとりが増えるという点。

営業のサポートをするのが主な仕事なので、ときには営業の代わりに取引先企業にメールや電話などで連絡をとることもあります。

一方で、書類整理やデータ入力など一般事務のような仕事を任されることもあるでしょう。

営業の手が届かないところを営業事務が補うことで、業務効率をあげる役割も担っています。営業と二人三脚で協力していく仕事です。

経理・財務

経理や財務は事務のなかでも管理部門の仕事に当たります。

基本的に行うのは会社のお金の管理です。入出金の管理から財務諸表の作成、月次・年次の決算など幅広い業務があります。

会社の規模によって必要な経理の知識は異なりますが、ある程度勉強しなければ経理事務にはなれません。

人事

人事も事務職のなかで人気が高い職業です。

人事が行うのは採用業務と在籍している社員の収入管理です。

採用業務では新しく採用する社員の面接対応や内定通知、入社後の社会保険の手続きなどがあります。

会社によっては新人研修や会社説明会を行うところもあるでしょう。

また、給与や交通費手当など社員の収入面を管理する業務も任されます。

秘書

秘書は一般事務や営業事務の業務と重なるところがありますが、大きな違いはサポートする相手です。

一般事務や営業事務は社員をサポートする立場なのに対し、秘書は社長や役員など上層部にいる人をサポートするのが一般的。

主に行う業務はスケジュール管理や取引先との連絡、各種書類の整理などでしょう。

医療事務

医療事務は事務のなかでも専門性があります。

主に行うのは、病院やクリニックでの受付・会計業務です。

保険や診療に関してある程度の知識が必要なので、医療事務になるためには勉強も必要になります。

1-2.営業職

意外にも女性の転職で人気な職業として、営業職も選ばれています。

最近では営業職でも女性が働きやすい環境作りが行われており、家事や育児と両立しながらでも営業ができるような体制が整っています。

営業職に向いている女性は、下記のような方です。

  • 性別に関係なくバリバリ仕事をしたい方
  • 人と接する仕事が好きな方
  • ルーティンワークが苦手で変動的な仕事を求めている方

ここでは女性に人気がある業種をピックアップしてご紹介します。

保険営業

「生保レディ」という言葉があることからもわかる通り、保険の営業は女性が行なっている場合が多いです。

女性が行う保険営業は個人に売り込むBtoC営業がほとんど。

個人宅へ訪問し保険を売り込むのが主な仕事です。

保険営業はインセンティブがつくことが多く、成約されればされるだけ、その分のインセンティブが入ります。

大手の保険会社なら、女性でも年収1000万を目指すことも夢ではありません。

売り込めば売り込んだ分だけ評価される仕事です。

美容関係の営業

美容業界はやはり女性が得意とするところでしょう。

化粧品やヘアケア、サロン専用の薬剤など、美容関係の営業は女性が多くなります。

主な取引先はドラッグストアやスーパー、美容室、エステサロンなどで、BtoB営業がほとんどでしょう。

実際に利用してみた実体験なども交えて営業できるのは、女性の特権です。

人材営業

人材業界の営業も女性に人気です。

なぜなら人材業界は採用業務に関わることが多いため、ライフワークバランスが取りやすかったり、リモートワークができたりと社員が働きやすい環境を整えている会社が多いから。

人材業界と聞いてもイメージがつきにくいかもしれませんが、人材営業は主に3つです。

  • 転職エージェント
  • 人材派遣
  • 求人広告

BtoB営業がほとんどで、企業に対してエージェントや派遣を使うよう交渉したり、求人広告を出さないか営業したりします。

人材業界には女性の営業が多いので、出産後の復帰や育児との両立も理解してくれ企業が多いです。

未経験ならルート営業がおすすめ

未経験から営業になるなら、断然ルート営業がおすすめです。

営業と一言にいっても、新規顧客を開拓をする営業と既存顧客への営業があります。

ルート営業は既存顧客への営業にあたり、顧客との関係性がすでにできあがった状態なので、比較的営業しやすい点が特徴です。

新規顧客の開拓は冷たくあしらわれることもあり、いわゆる営業と聞いてイメージされる泥臭い仕事もあります。

未経験から営業をスタートするなら、比較的営業しやすいルート営業がいいでしょう。

1-3.コンサルタント

コンサルタントはキャリア志向の女性に人気がある職業です。

コンサルタントは取引先企業の課題を見つけ出し、改善のためのアドバイスをする仕事。

企業の課題を解決する仕事なので、社会人経験や知識が必要になります。

コンサルタントに向いている女性は、下記のような方です。

  • 性別に関係なくバリバリ仕事をしたい方
  • キャリアアップ志向が強い方
  • ルーティンワークよりも変化のある仕事を好む方

などで、営業職を選ぶ方と少し似た部分があるかもしれません。

コンサルタントといっても種類がさまざまですが、主に3つの業種があります。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは取引先企業の経営上の問題を見つけだし、解決のためにアドバイスを行う仕事です。

経営戦略や生産効率、営業戦略、マーケティングなど分析する分野は多義に渡ります。

企業によっては社会人経験が10年以上必要なところも。

会計コンサルタント

会計コンサルタントは財務・会計業務のプロセスの見直し、企業の資金調達やM&Aなどの財務戦略などのアドバイスをする仕事です。

最近では会計システムを用いて、企業課題を解決することもあります。

人事コンサルタント

企業の採用課題を解決する仕事です。

採用プロセスの見直しや面接官の育成、離職率の低下、社員研修の見直しなど、主に人材に関する問題を解決します。

採用だけでなく、社員活用や人事評価制度の構築などを行う会社もあります。

1-4.技術職

技術職も女性に人気がある職業です。

技術職と聞くと土木や建築などをイメージする方もいるかもしれませんが、女性に人気なのはWEB関係の技術職です。

技術職に向いている女性は、下記のような方です。

  • コツコツとした作業が好きな方
  • 物作りが好きな方
  • 手に職をつけたい方

特にWEB関係の技術職は未経験からでも勉強すれば目指せる職種が多く、文系の大学を出てWEBとは無縁だった女性がもいます。

SE(システムエンジニア)

技術職で1番人気なのはシステムエンジニアです。

未経験からでも勉強さえすればなれる場合が多く、男女関係なく人気があります。

リモートワークやフレックス制度など、フレキシブルな働き方ができる会社も多く、家事や育児とも両立しやすいのが特徴です。

ある程度実践的なスキルを身につければ、フリーランスとして独立することもできます。

1-5.マーケティング

マーケティングも女性に人気がある職業です。

マーケティングは顧客のニーズを分析する仕事で、市場調査や宣伝、販売、製造など幅広い分野で活かされています。

華やかなイメージが強い職業ですが、実は分析を重ねながら試行錯誤を繰り返す地道な仕事も多いです。

マーケティングが向いている女性は、下記のような方です。

  • 分析が好きな方やデスクワークが好きな方
  • トレンドに敏感な方
  • 発想力がある方

広報

花形のイメージが強い広報ですが、広報と一言にいっても社内広報と社外広報の2種類があります。

社内広報は社内報などで社員に向けて情報を発信する業務。

一方、社外広報は自社の商品やサービスを社外にアピールする仕事です。

社外広報は宣伝だけでなくブランディングや売上アップのための施策なども含まれます。

WEBディレクター

WEBディレクターはWEB系のプロジェクトを指揮・監督・管理する仕事です。

プロジェクトはWEBデザインやWEBメディアなどさまざまですが、ディレクターはプロジェクトを完成させるために必要な作業を他人に割り振って管理します。

1-6.専門職

もともと専門職についていた女性は、前職での経験を活かして専門職へ転職することが多いです。

ただし、もともと美容師だった方がアイリストになるなど、専門職のなかで未経験な職種に転職する場合はあります。

看護師

看護師は女性に人気の職業です。看護師は資格をとれば、転職や再就職もしやすく、育児がひと段落してから再就職したいという方にはぴったりでしょう。

美容師

美容師も女性に人気の職業ですが、離職率は少々高めです。

専門的なスキルや知識も必要ですが、サービス業的な側面もあるので気配りやコミュニケーション能力も必要とされます。

トレンドに敏感で接客が好きな人には向いているでしょう。

ネイリスト

ネイリストも女性に人気で、美容師からネイリストに転職する人も多いです。

手先が器用で細かい作業が得意な方は向いているでしょう。

また、美容師と同様コミュニケーション能力も必要になります。

アイリスト

アイリストはマツエクやまつ毛パーマの施術を行うスタッフです。

美容師から転職した方も多く、専門的な資格が必要になります。

美容師やネイリストと比べると、お客様と会話する時間がさほどありませんが、ある程度のコミュニケーションスキルは必要でしょう。

介護

介護職には老人ホームや介護施設で介護を行う場合と、高齢者の自宅に訪問する訪問介護があります。

要介護高齢者につきそい、排泄や食事の手助けなどの身の回りのお世話が主な業務です。

訪問介護の場合は買い物や掃除などの手伝いもします。

困っている方の役に立ちたいという気持ちが強い方や、細かな気遣いができる方におすすめです。

  • 腰を据えて長く働きたい女性に人気なのは事務職
  • 性別に関係なく評価してもらいたいなら営業職
  • バリバリ働きたいキャリアアップ志向の女性に人気なのはコンサルタント
  • コツコツと物をつくるのが好きな女性は技術職
  • 分析が好きな女性はマーケティング職
  • 専門性を身につけたいなら専門職

2.女性の転職で意識すべきポイントは?

女性の転職において人気の職業はたくさんありますが、結局、どの職業が自分に合っているかわからない…という方も多いでしょう。

職業選びで重要なのは、自分が仕事で何を求めているかです。

ここでは職業選びに重要なポイントをご紹介します。

2-1.性別に関係なくキャリアアップできるか

キャリアアップ志向が強い女性は、性別に関係なくキャリアアップできるかどうかを重視して、仕事を選びましょう。

キャリアアップ志向が強い女性は、「将来マネジメントをする役職につきたい」「性別に関係なく評価してほしい」と考えている方も多いです。

業界や職業によって、どうしても女性のキャリアアップに限界があることもあります。

性別に関係なく成果を平等に評価してもらえる環境か、女性でマネジメント職に就いている方はいるかなどの観点で見るのがおすすめです。

2-2.家庭と両立できる環境か

仕事を男性に負けないくらいバリバリする…というよりかは、将来は結婚・出産して家庭と両立しながら無理のない範囲で仕事をしたいという方も女性には多いです。

仕事と家庭のバランスをとりたい方は、家庭と両立できる環境かどうかを重要視して仕事を選びましょう。

家庭との両立を優先したいにも関わらず、コンサルタントなどのキャリア志向系の職業はミスマッチです。

事務職にするなど、ライフワークバランスを比較的とりやすい職業を選ぶのがいいでしょう。

2-3.専門性を身につけられるか

育児が落ち着いた後、社会復帰したいと考える女性も多いでしょう。

専門性を身につけられる仕事についていれば、資格やスキルを活かして再就職するのも簡単です。

子どもの手が離れたタイミングで社会復帰を狙うなら、専門性のある仕事をしましょう。

2-4.今までの経験やスキルを活かせるか

女性の転職で重要なのは、今までの経験やスキルを活かせるかです。

キャリアアップするにしても家事や育児と両立するにしても、ある程度の社会経験は必要不可欠!

いろいろな職種を経験するのもいいですが、やはりある程度スキルや経験を積んでいた方が、キャリアップや社会復帰はしやすいです。

また転職では即戦力が採用されやすくなります。

未経験よりもある程度の経験を積んでいた方が、転職に有利になることを念頭に置いて職業を選びましょう。

  • キャリア志向の女性は性別に関係なく評価してもらえるかを重要視すべき
  • 結婚、出産を考えている人は家庭と両立できる環境かどうかがポイント
  • 再就職を狙うなら専門性のある仕事を選ぶべき
  • 今までの経験やスキルを活かした職業は転職で有利

まとめ|女性の転職では仕事で何を重要視するかで職業を選ぶべき!

女性の転職で人気な職業はたくさんあります。ジャンル別にまとめたのがこちらです。

事務職
  • 一般事務
  • 営業事務
  • 経理、財務
  • 人事
  • 秘書
  • 医療事務
営業職
  • 保険営業
  • 美容関係の営業
  • 人材営業
コンサルタント
  • 経営コンサルタント
  • 会計コンサルタント
  • 人事コンサルタント
技術職・マーケティング
  • SE
  • 広報
  • WEBディレクター
専門職
  • 看護師
  • 美容師
  • ネイリスト
  • アイリスト
  • 介護

最後に女性の転職で重要視すべきポイントをまとめます。

仕事選びで重要なポイント
  • 男女平等に評価されキャリアアップできるか
  • 家事や育児と両立できるか
  • 専門性を身につけられるか
  • 今までの経験やスキルを活かせるか

女性の転職では、職業選びがとても重要です。今回ご紹介した人気職業を参考に、転職活動を進めてみてください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。