女性の転職

40代女性の転職成功術!面接での服装は?季節別に解説!

「40代女性が転職する場合、面接時の服装で気をつけた方がいいポイントはあるの?」

「面接でセットアップのスーツを着ていくべきかどうかがわからない…」

など、面接時の服装で迷われている40代女性は多いはずです。

この記事では、40代女性の転職時に面接で気をつけるべき服装を季節別にご紹介します。

これを読めば転職でどんな服装を着ていけばいいかがわかるでしょう。

すべて読み終える頃には、面接で企業から好印象を与えられる服装をマスターできます。

  1. 40代女性の転職で気をつけるべき面接の服装ポイント
  2. 転職を考えている40代女性向け秋冬の服装ポイント
  3. 転職を考えている40代女性向け春夏の服装ポイント
 

1.【全季節共通】40代女性の転職!気をつけるべき面接の服装ポイント

季節に関係なく、面接での服装で気をつけるべきポイントにはどんなものがあるのでしょうか?まずは面接での服装でおさえるべき基礎知識をつけていきましょう。

1-1.セットアップのスーツが無難

40代女性の転職では、面接でセットアップのスーツを着るのが無難です。

カラーはグレーやネイビーがいいでしょう。アパレル業界などはセットアップのスーツでなくても問題ありませんが、基本はセットアップのスーツを着用しましょう。

もしセットアップのスーツでない場合でも、ジャケットの着用はマストです。

また、ボトムスはブラックやネイビーなどなるべく落ち着いたカラーのものを選びましょう。

https://www.aoki-style.com/shop/item/A02_G201L519?colorCode=00

洗える着まわしセットアップ 1ボタンジャケット

https://www.aoki-style.com/shop/item/A15_G201L920?colorCode=00

洗える着まわしセットアップ クロップドパンツ

ネイビーのセットアップスーツです。

ベーシックなデザインで、自宅で選択することも可能。

明るすぎないネイビーなので、転職の面接でも好印象を与えられます。

1-2.40〜50代のリクルートスーツはNG!

40代女性が面接でリクルートスーツを着てきてもいいのか疑問に思う方もいるでしょう。

しかしリクルートスーツはNG!リクルートスーツが好印象なのは新卒の就職活動までです。

新卒はフレッシュさや素直さを求められるため、リクルートスーツがいいとされていますが、40代女性の転職は違います。

40代女性の転職では社会人として成熟した姿や経験豊富なイメージを与えなくてはいけません。

十分な社会人経験や能力をアピールするためには、リクルートスーツではなくグレーやネイビーなどのセットアップスーツがいいでしょう。

1-3.スカートやパンツは丈やサイズに注意

40代女性の転職では、スカートやパンツのサイズにも注意しましょう。

サイズが小さすぎて窮屈に感じるボトムスは企業にあまり良い印象をもたれません。

また、スカートやパンツの丈にも注意が必要です。スカートは必ず膝が隠れる丈にしましょう。パンツも半ズボンや丈が長すぎて地面についてしまう丈は避けるべきです。

ワイドパンツもカジュアルな印象が強いため、避けたほうが無難でしょう。

40代女性の転職では「できる女」感を出さなくてはいけないため、自分のサイズにあったスーツを着用できているかどうかも重要なポイントです。

1-4.インナーはシャツかカットソー

ジャケットの下に着るインナーは、シャツがいいのか疑問にもたれる方が多いでしょう。

シャツももちろんOKですが、40代女性の転職ならカットソーでも問題ありません。

シャツの場合は襟付きでシンプルなものを選びましょう。

フリルやビジューがついているシャツは避けたほうが無難です。

カットソーの場合は飾りがついていない落ち着いたカラーを選びましょう。

インナーは白や水色など爽やかな印象を与えるカラーがおすすめです。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/424658-35

プレミアムリネンシャツ

シンプルな襟付きのシャツです。面接で着用するなら白か水色がいいでしょう。

1-5.下着はベージュがおすすめ

シャツやカットソーの中に着るインナーは、ベージュがおすすめです。

ベージュなら下着の形が透けないので、どんなトップスと合わせても安心でしょう。

まれに白いトップスの下に白いインナーを着ている女性がいますが、これはNG。

白いトップスの下に白いインナーを合わせると一見透けなさそうに思われるかもしれませんが、透けてしまうことが多いです。ベージュなら透ける心配がありません。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422272-30

エアリズムアセトリキャミソール

ベージュのインナーならユニクロで入手可能です。ドライ機能が付いている下着なので、これからの季節にも重宝します。

1-6.ストッキングはベージュにすべき

面接ではスカートやパンツに関係なく、ストッキングを必ず着用しましょう。

パンツだとしても生足は絶対に避けてください。

また、ストッキングはベージュが最適です。黒やグレーでも落ち着いたカラーですが、面接ではベージュが1番無難だとされています。

https://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=25466&hot=on&pageno=1&display_type=&position_no=

ストッキング(ベージュ)

青山のベージュストッキングです。スーツショップで購入したストッキングなら間違いありません。

1-7.靴は清潔感を大切に

面接では靴もチェックされています。40代女性の転職では、ブラックやネイビー、ベージュなど落ち着いたカラーのパンプスを選び、飾りがついたものは避けましょう。

ヒールが8㎝以上と高すぎるパンプスもNGです。靴のデザインも大切ですが、面接前に靴を磨いて清潔にしておくことも重要。

靴が泥で汚れていたり履き崩してよれていたりするのは、面接で良い印象を与えません。形が崩れていない靴を選び、泥などの汚れはきれいに落としておきましょう。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422355

コンフィールタッチパンプス

スエード調のパンプスです。落ち着いたカラー展開でヒールも高くないので、面接に最適でしょう。

1-8.カバンはビジネスバッグが基本

カバンも何でもいいという訳ではありません。40代女性の転職では、黒や茶色、ネイビーなどのビジネスバッグが基本です。

間違ってもハイブランドのバッグや飾りがついたバッグ、営業で使用してボロボロのバッグなどは持っていかないようにしましょう。

どのようなバッグがいいのかわからないという方は、スーツショップで購入したバッグを使用すれば間違いありません。

https://www.aoki-style.com/shop/item/A36_SU2014?colorCode=03

ポシェット付きトートバッグ

ブラックとベージュの2色展開です。A4サイズも入るバッグで、大きめのマチが付いているので、床に置いても倒れにくい設計になっています。

1-9.アクセサリーはどこまでOK?

面接でつけても問題ないアクセサリーは腕時計と結婚指輪までです。

転職業界がアパレルなど服のセンスが問われる業界でない限り、基本つけるかどうか迷ったアクセサリーは取り外しましょう。

もしどうしてもつけていきたい場合は、なるべく目立たないよう飾りが小さいネックレスや、ぶら下がらないピアス程度に押さえておいたほうがいいでしょう。

1-10.40代女性の転職では、面接の服装を黒で統一すべき?

40代女性の転職での服装は、必ずしも黒をチョイスすべきという訳ではありません。むしろネイビーやグレー、ベージュを適度に取り入れたほうが企業に好印象です。

なぜなら黒で統一した服装は暗い印象を持たれやすく、新卒の就職活動を彷彿とさせるから。社会人として成熟した姿をアピールする転職では、全身黒で統一する服装は避けたほうがいいでしょう。

もし黒のスーツをチョイスする場合は、リクルートスーツのようにならないよう靴やバッグなどはベージュなどの明るいカラーを選びましょう。

ネイビーはできる女感やキャリア志向の女性を演出したいときに取り入れるのがおすすめです。グレーは誠実で清楚な印象が強いので、金融系などにおすすめ。

ベージュは女性らしく華やかな印象になります。派手になりすぎないよう靴やバッグは暗めのものを選びましょう。応募した業界や企業に与えたい印象によって、スーツのカラーを選ぶようにしてください。

  • ネイビーやグレーのセットアップスーツが好印象
  • リクルートスーツは転職に不向き
  • スカートやパンツはサイズ感と丈に注意する
  • ジャケットのインナーは襟付きのシャツやシンプルなカットソーにすべき
  • ベージュの下着はどんなトップスとも好相性
  • ストッキングはベージュを選ぶ
  • 面接での靴は落ち着いたカラーで、飾りがついていないヒール付きのパンプスがおすすめ
  • 面接前には絶対靴を磨くべき
  • 面接ではビジネスバッグが基本
  • 時計と結婚指輪以外のアクセサリーがつけないようにする

2.【秋冬編】40代女性の転職で気をつけるべき面接の服装ポイント

40代女性の面接で気をつけるべき基礎知識をご紹介しましたが、「コートをどんなものにすべき?」「防寒対策はどうしたらいいの?」など秋冬の服装で疑問を持たれる方も多いでしょう。

ここでは40代女性が転職活動で気をつけるべき秋冬の服装ポイントをご紹介します。

2-1.コートはビジネス用にすべき

40代女性の転職面接では、コートのデザインにも注意が必要です。ダウンコートやチェスターコートなど、普段着用しているコートはNG!

カジュアルな印象を持たれないよう、ビジネス用のコートを着用しましょう。黒やネイビー、グレーなど落ち着いたカラーを選ぶのも忘れないようにしてください。

もし面接でどのようなコートを着ていくべきかわからない方は、スーツショップでビジネス用のコートを購入するのがおすすめです。

https://www.aoki-style.com/shop/item/A30_2619270004?colorCode=04

ラグランスリーブブラウンコート

有名雑誌「Oggi」に掲載されたビジネス用コート。大人向けのデザインで、面接でも好印象でしょう。

2-2.ジャケットのインナーをニットにしても問題なし?

寒い時期はジャケットのインナーをニットにしてもいいのか気になる方も多いはずです。しかし面接ではジャケットの下にニットを着るのは避けたほうが無難。

ニットはカジュアルな印象をもたれるので、避けましょう。

もしどうしても防寒対策をしたい場合は、コートを厚手のものにしたり、ヒートテックインナーを中に着たりと別の方法で防寒対策をするようにしてください。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418324

ヒートテックUネックT(8分袖)

防寒対策としてはおなじみのヒートテック。中に着込むことで、面接でもイメージを下げることなく防寒対策ができます。

2-3.寒い日はブーツを履いてもOK?

あまりにも寒い日は面接でブーツを履きたくなるという方も多いでしょう。しかし面接でブーツを履いていくのはやめましょう。

寒くてもパンプスの着用が望ましいです。

2-4.黒やグレーのタイツを履いても大丈夫?

寒い日は厚手のタイツを履きたくもなりますよね。しかし黒やグレーのタイツもNG!

ベージュのストッキングが転職ではいいとされています。

最近ではヒートテック機能がついたベージュのストッキングもあるので、なるべくベージュのストッキングを着用するようにしましょう。

  • 黒やネイビーなどのビジネス用コートをチョイスする
  • ジャケットの下にニットを着るのではなくヒートテックなどで防寒対策をすべき
  • 真冬でもブーツの着用はNG
  • 寒くてもベージュのストッキングを履くべき

3.【春夏編】40代女性の転職で気をつけるべき面接の服装ポイント

春夏の転職では、面接でどのような服装を心がけたらいいのでしょうか?

ここでは春夏の面接対策として、服装のポイントをご紹介します。

3-1.肌寒い日はビジネス用のトレンチコートを着用

季節の変わり目はジャケットだけでは肌寒い日もあるでしょう。春用のコートはビジネス用のトレンチコートを着ましょう。

カラーはブラックやネイビー、ベージュがおすすめです。間違ってもカジュアルなトレンチコートを着ていかないようにしてください。

シンプルなデザインでも、私服用に作られたものとビジネス用に作られたものでは生地やシルエットが異なります。

なるべくビジネス用に作られたかっちりとしたトレンチコートを選びましょう。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419927

トレンチコート

ユニクロなので手頃な価格ですが、ビジネスでも使えるかっちりとしたデザインのトレンチコートです。

3-2.ジャケットは夏用にすべき

暑い時期はスーツも夏用にすると防暑対策ができます。

夏用のスーツは通気性がよく軽やかに着こなせる生地が多いです。

スーツショップなら夏用のビジネススーツが販売されているので、汗をかきやすい方は夏用スーツを着用しましょう。

https://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=35866&hot=on&pageno=1&display_type=&position_no=

1ボタンショールカラージャケット

https://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?lc=coordinate4product&product_id=35867

ツータックテーパードパンツ

青山で販売している春夏用セットアップスーツです。麻混の素材で通気性は抜群。

カジュアルな印象にはならず、暑い時期に最適なスーツです。

3-3.サンダルやオープントゥのパンプスはNG!

暑い時期にパンプスを長時間履いているのは苦痛でしょうが、サンダルやオープントゥパンプスはNGです。

オープントゥパンプスはフォーマルなデザインのものも多いですが、必ずつま先やかかとなどが露出していないパンプスを選びましょう。

3-4.暑い日はストッキングなしでも大丈夫?

どんなに暑くても生足はNGです。必ずストッキングを着用してください。

どうしても暑さが気になる方は、夏用の通気性に優れたストッキングを着用しましょう。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%AF-MANZOKU-%E3%80%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%91%E3%81%A6%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%A9%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E3%80%8B-190-1521-%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5/dp/B06XKRPQ9B/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%A4%8F%E7%94%A8+%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&qid=1587351751&s=apparel&sr=1-4

満足 するっとはけてサラサラ感じる

夏用のストッキングです。UV加工やドライ機能が付いているので、暑い時期に最適でしょう。

  • 肌ビジネス用のトレンチコートは黒やネイビー、ベージュが好印象
  • 夏用スーツなら手軽に防暑対策ができる
  • 真夏でもサンダルやオープントゥパンプスは避ける
  • ストッキングは必ず着用

まとめ|40代女性の転職では、面接の服装で「できるビジネスマン」を演出!

最後に今回の内容をまとめます。

40代女性が転職で気をつけるべき面接での服装まとめ
  • ネイビーやグレーのセットアップスーツを着用すべき
  • リクルートスーツは避ける
  • スカートやパンツはサイズ感と丈に注意する
  • ジャケットの下は襟付きのシャツやシンプルなカットソーにする
  • ベージュの下着ならどんなトップスでも透けない
  • ストッキングはベージュが好ましい
  • 飾りがついていないヒール付きのパンプスを着用すべき
  • 面接前に靴を磨くのを忘れずに
  • 面接ではビジネスバッグが基本
  • 時計と結婚指輪以外のアクセサリーがつけない方が無難
秋冬に気をつけるべき面接服装まとめ
  • 黒やネイビーなどのビジネス用コートがおすすめ
  • ジャケットの下にニットを着るのはNG
  • 真冬でもパンプスを着用する
  • タイツではなくベージュのストッキングが好ましい
春夏に気をつけるべき面接服装まとめ
  • 肌寒い日はビジネス用のトレンチコートを着用する
  • 夏用スーツなら手軽に防暑対策ができる
  • 真夏でも露出のないパンプスを履くべき
  • ストッキングは必ず着用する

以上です。面接での服装は第一印象を左右する重要なポイント。

今回ご紹介した服装知識を参考に、企業に良い印象を持ってもらえる服装を心がけてください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。