女性の転職

40代女性の転職は厳しいのか。元採用担当者が教える転職必勝法

転職市場では、「転職成功者の平均年齢は30歳前後である」と言われています。(参考:https://doda.jp/guide/age/

「転職の限界年齢は35歳」といった噂もあるために、「35歳を超えてるし、転職に失敗するかも…」と不安を感じている40代は少なくないはず。

この記事では、元採用担当者が、40代女性が転職に失敗しないための方法を伝授します。

この記事で転職必勝法を学べば、「転職は厳しい」と言われがちな40代女性が、1〜2ヶ月という短い期間で転職を成功させるのも夢ではありません!

転職をしたい40代女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 40代女性の転職は難しいのか
  • 40代女性が転職に失敗しないためのポイント
  • 40代女性の転職面接必勝法
  • 40代女性におすすめの転職エージェント

1.転職を希望する40代女性の現実は厳しい?

  • 「転職の平均年齢は30歳前後」
  • 「男性よりも女性のほうが転職平均年齢が低い」
  • 「転職の限界年齢は35歳」

そんな噂が広がっていることで、40代女性の転職は難しいと思われがち。

しかし、実際のところ、40代女性だからといって格段に転職が難しくなるわけではないです。

ただ、40代は20代に比べると高いスキルや経験値を求められる傾向があります。

また、女性だと出産や子育てなど、ライフスタイルとワークスタイルが密接に関わりやすいために、婚姻歴や子どもの有無が採用の判断基準となってしまうケースもゼロではないです。

結論、40代女性の転職は、スキルや経験値、ライフスタイルによっては難易度が上がってしまうことがあり、勢いだけで転職をすると失敗につながる可能性も…。

転職に失敗しないために、まずは、転職をする前に知っておくべき「40代女性の転職の現実」を確認しておきましょう。

それでは、上記の内容について、詳しく解説していきます。

1-1.40代女性の平均年収は315万円前後

国税庁の民間給与実態統計調査』によると、40代女性の平均年齢は316万円でした。

年代 男性平均 女性平均 男女平均
〜19歳 162万円 114万円 137万円
20〜24歳 284万円 249万円 267万円
25〜29歳 404万円 326万円 370万円
30〜34歳 470万円 315万円 410万円
35〜39歳 528万円 314万円 448万円
40〜44歳 581万円 319万円 476万円
45〜49歳 635万円 313万円 502万円
50〜54歳 682万円 322万円 529万円
55〜59歳 686万円 298万円 520万円
60〜64歳 537万円 242万円 416万円
65〜69歳 410万円 211万円 326万円
70歳〜 382万円 206万円 306万円

出典:http://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

ほかの年代の平均年収も見ると、女性はどの年代でもほぼ横ばいの数値で、年齢によって平均年収が大幅に変わったりはしていないとわかりますね。

「40代で無理に転職したら、年収が下がるかも…」なんて考えてしまう方も多いですが、女性は年齢によって年収の差は出づらいと考えてOK。

ただし、反対に言えば、女性は年齢が高いからといって給与の平均値が上がりもしないのです。

そのため、いまの年収が平均年収より大幅に多い場合は、同じ業界・業種を選択しても給与が下がってしまう可能性も視野に入れておきましょう。

1-2.40代女性は未経験からの転職が難しい

中途採用を行なっている企業が40代女性に求めるのは、基本的に「即戦力」であるため、40代女性は未経験からの転職が難しい現実もあります。

年齢だけを考えると、会社の将来を担っていくのは20代〜30代前半の若手社員。

だからこそ、企業は若い世代には「これからの伸びしろ」を、年齢が高い世代には「現場を支える即戦力」を求めているのです。

そういった背景から、40代は20代よりも未経験の業界・業種への転職が難しいです。

未経験の業界・業種への転職を希望している40代女性は、転職の成功率を高めるための工夫をしてくださいね。

1-3.管理職は既婚者より独身者のほうが優遇されやすい

最近は「男女平等社会」と言われているものの、管理職においては、既婚や子持ちの女性よりも独身者の女性の採用を優先する企業も少なくないです。

管理職だと、急な残業や休日出勤など、どうしても全力で仕事にコミットしなければいけないシーンがあります。

そんななかで、既婚女性だと家庭の事情で残業や休日出勤ができなかったり、子どもがいると子どもの世話などで急な休みを取得せざるを得ない場合があるからです。

企業は、「プライベートは捨てて、すべてを仕事に捧げろ!」などと言うわけにはいきません。

「プライベートも大切にしてください」と言わなければならないために、企業は管理職の採用では、より仕事に割ける時間が多そうな女性を採用しようと考えてしまうのです。

ただ、女性を管理職として採用する場合には独身者を選ぶ企業が少なくないからこそ、管理職に既婚・子持ちの女性を採用し、女性の社会進出を応援したいと考えている企業も多いです。

既婚や子持ちの40代女性が管理職への転職を目指すのであれば、積極的に女性に管理職を任命している企業を狙っていきましょう!

2.40代女性が転職活動に失敗しないためのポイント

40代女性は若年層よりも転職が難しい現実もある以上、見切り発車で転職活動を始めると失敗しやすいです。

40代女性が転職に失敗しないためには、以下のポイントを押さえて転職活動をするのが大切。

上記のポイントについて、詳しい内容を解説していきます!

2-1.女性向けの転職エージェントを利用する

転職活動を始めようとしている40代女性には、女性向け転職エージェントの利用がおすすめ。

女性向けの転職エージェントは、女性社員を積極的に採用している企業の求人紹介や、女性ならではのキャリアプラン・ライフプランに関する悩みをサポートする体制が整っています。

また、転職エージェントは企業と深いつながりを持っているために、転職エージェントから求人応募をすると、選考通過率がアップするメリットもあります。

40代女性の転職においては、年齢や性別、女性ならではのライフスタイルが採用のネックになってしまうケースがゼロではありません。

ですが、女性向け転職エージェントの利用によって、年齢や性別を活かし、あなたのライフスタイルに最適な理想の転職を叶えやすくなります。

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

2-2.未経験or事務員など女性に人気の業界・業種を狙うなら資格を取得する

  • 「未経験の業界・業種に転職する」
  • 「事務員など女性人気が高くて競争率の高い業界・業種が希望」

など、転職の難易度が高い場合には希望の業界・業種に関連する資格を取得して、即戦力になれるだけの知識やスキルがあることをアピールしましょう。

ただし、資格を取得するときに「難易度の高い資格を取得したほうが、知識やスキルのアピールになるはず」と考えて難易度の高い資格を狙うあまり、なかなか資格が取得できなければ本末転倒になってしまいます。

資格の難易度だけに注目するのではなく、「その資格で得たスキルや知識がどのように実務に活かせるのか」を大切にして、希望の業界・業種において本当に役立つ資格を取得してくださいね。

資格なしの女性は転職が難しい?元採用担当者おすすめの資格も教えますこの記事では、元採用担当者が、転職のために資格を取得したいと考えている女性に向けて転職に役立つ資格の取得方法について解説します。この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがどんな資格を取得しておくべきかがわかります。...

2-3.正社員ではなく、派遣社員やパートにも視野を広げてみる

  • 「家庭や子どもの事情を優先したい」
  • 「休みを自由に取りやすい環境で働きたい」

と考えている40代女性は、正社員だけにこだわらず、派遣社員やパート社員も選択肢に含めて転職活動をしてみましょう。

多くの場合、中途採用の40代女性は、企業から「現場でバリバリ活躍すること」を期待されています。

特に、月給制の正社員だと、プライベートより仕事を優先してでも活躍を求められる傾向があります。

正社員は求人の段階から「週休二日制、残業は○時間程度あり」などと提示されているために、残業などを断りづらい空気もあるでしょう。

しかし、シフト制で勤務する派遣社員やパート社員であれば、希望の時間帯・曜日に勤務可能です。

もともと「働ける日」を提出してシフトが組まれるので、残業や休日出勤を断りやすく、プライベートを優先できる環境を作れるというメリットも。

もちろん、派遣社員やパート社員は、正社員に比べて給与が低かったり、福利厚生の充実度に欠けるデメリットもあります。

しかし、働き方の自由度を優先させたい方は派遣社員やパート社員としての転職にも視野を広げたほうが転職先が見つかりやすいですよ。

3.40代女性が転職を成功させるための面接必勝法

「ある程度ビジネスマナーはあると思っているけれど、採用面接はやっぱり緊張してしまう」なんて方も多いはず。

ここからは、元採用担当者が、40代女性の転職面接必勝法を伝授します。

転職を成功させたい40代女性は、以下のポイントを押さえて転職面接に挑みましょう!

上記4つのポイントについて、具体的な内容を解説していきます。

3-1.面接の服装は「スーツ」が基本

「転職面接はスーツじゃなくてもいい」なんて話をよく聞きますが、基本的にはスーツを着用するのがベストです。

たしかに、転職面接は新卒の採用面接ほど服装に着目しません。

ですが、採用担当者からすると「スーツを着用している人」のほうが、きちんとしている感じを覚えて好印象です。

企業から

  • 「私服でお越しください」
  • 「カジュアルなファッションでOK」

と指定された場合にのみ、スーツではなく、ジャケットを着用したオフィスカジュアルスタイルで臨みましょう。

企業から指定のない場合にはスーツを着て行くのが最適ですが、リクルートスーツは新卒が着用するイメージが強く、40代女性が着用するとチグハグな印象を与えるので避けてください。

スーツはスカートスタイルでもパンツスタイルでもOKですが、どちらにしても丈が短すぎたり長すぎたりしないよう、丈感に要注意。

また、色味は落ち着いた印象を与えるグレー・紺・ベージュがおすすめ。

黒は無地だとリクルートスーツ感がでてしまうので、ストライプ入りなど、リクルートスーツっぽさのないデザインを選びましょう!

インナーには開襟シャツやカットソーを選ぶと、年齢相応の「上品さと社会人経験」を感じられる仕上がりになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

3-2.メイクや髪型などの身だしなみにも気をつける

当たり前ですが、メイクや髪型、ネイルが派手すぎたりだらしなかったりすると、採用担当者からマイナスイメージを抱かれてしまうので気をつけましょう。

特に、大人の女性がやってしまいがちなファンデーションの厚塗りは厳禁です。

厚塗りしたファンデーションは下品な印象を与えるうえに、化粧品特有の香りを漂わせてしまいます。

とはいえ、ノーメイクで行くのもビジネスマナーに反するため、ほどほどにメイクをすることが大切。

厚塗りを防ぐには、ファンデーションではなく化粧下地をしっかりめに塗るようにするのがコツです。

シミやシワ、毛穴が気になる部分にはコンシーラーを叩き込んで、最後の仕上げにファンデーションをうっすらと乗せてみてください。

下地をしっかりめにして、ファンデーションを薄づきにすることによって、厚塗り感を抑えられて上品に仕上がりますよ!

3-3.業務に役立つ経験を整理しておく

転職面接を受ける前には、面接を受ける企業の業務内容に役立てることのできる経験や能力を整理しておいてください。

即戦力を求められる40代女性は、面接で「業務に役立つスキル・知識がどのくらいあるか」をアピールする必要があります。

それなりに社会人経験を積んだ40代の女性は、ガッツリ面接対策をしなくても、その場で上手に受け答えできることも多いはずです。

ですが、自分の経験や能力を事前に整理しておくことで、あなたの魅力を漏れなく企業に伝えられます。

ただ単純に「いままでの実績」を語るのではなく、その実績がどうやって業務に役立つのかを整理し、上手にアピールをしてくださいね。

3-4.子持ち・シングルマザーは「できること」をアピール

仕事に費やせる時間に制限があって、面接で不利な状況になってしまいがちな子持ち・シングルマザーの40代女性は、「できること」のアピールに意識を向けましょう。

面接のときには、どうしても

  • 「残業・休日出勤はできません」
  • 「17時以降の勤務はできません」

などと、働いたあとに「できないこと」をアピールしがちです。

実際、できないことはできないと事前に伝えておかないと、入社後にミスマッチが起きてしまう可能性もあるため、できないことを伝えるのも大切です。

しかし、この「できないこと」をポジティブに言い換えるだけで、採用担当者からの印象は断然によくなります!

たとえば

  • 「残業は難しいけれど、休日出勤は一週間前から言ってもらえればできます」
  • 「17時までしか勤務できないけれど、早朝出勤はできます!」

と、できないことよりも、できることを強く主張するのです。

子持ちやシングルマザーである以上、さまざまな事情があって、どうしてもできないことがあるのは当たり前。

でも、「できない」だけではなく、できないことをカバーできるような「できること」を見つけていくと、転職面接は驚くほどうまくいくようになりますよ!

4.40代女性におすすめの転職エージェント

ひとくちに「転職エージェント」といっても、世の中にはたくさんの転職エージェントが存在します。

いざ転職エージェントを利用しようと思っても、「どの転職エージェントを選べばいいのかな」と迷ってしまう女性も多いはずです。

ここからは、女性から人気の高いおすすめ転職エージェントをご紹介しますので、転職エージェント選びの参考にしてくださいね。

3-1.女性専門転職エージェント「Type女性の転職エージェント」

Type女性の転職エージェント

口コミを見る公式ページへ

年間5,000人以上もの女性転職希望者にキャリアカウンセリングを行った実績を持つType女性の転職エージェントは、女性の転職に関するさまざまなノウハウを蓄積している転職エージェントです。

Type女性の転職エージェントでは、転職を決めている女性だけでなく、

  • 「転職しようかどうか迷っている」
  • 「いい条件の企業が見つかったら転職を検討したい」

といった女性でもキャリアカウンセリングを受けることができます。

さらに、面接対策の一環として面接メイクアップサービスを行っていたり、公式サイトには女性の転職に関するコラムが掲載されていたりと、女性専門転職エージェントならではの細やかなサービスも魅力です。

  • キャリアアドバイザーは女性スタッフがメイン
  • 転職が決まっていない女性でもキャリアカウンセリングを受けられる
  • 悩みに合わせた無料相談セミナーや個別相談会あり
  • 非公開求人:有(求人数は未公開)
  • 産休・育休制度の掲載情報:求人検索ページにはなし
  • 残業制度の掲載情報:求人検索ページにはなし

Type女性の転職エージェント公式ページ:
https://type.woman-agent.jp/

3-2.初転職でも2回目以降でも使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
口コミを見る公式ページへ

転職エージェント業界でもトップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントは、転職活動支援のための独自システムを持っていることが特徴です。

応募状況や面接予定をオンライン管理できる「Personal Desktop」システムや、企業情報が詰まっており企業研究や面接対策に役立つ「AGENT Report」システムなど、独自システムによって、より効率のよい転職活動を実現可能。

非公開求人も非常に多いために、自分の理想の働き方が叶う企業を見つけやすいメリットもあります。

  • 非公開求人数が15万件以上とかなり多い
  • 独自システムにより効率的な転職活動が可能
  • 面接力向上セミナーにより「必勝面接スキル」が身につく
  • 非公開求人:有(2020年2月6日現在161,295件)
  • 産休・育休制度の掲載情報:有
  • 残業制度の掲載情報:有

リクルートエージェント公式ページ:
https://www.r-agent.com/

3-3.20代女性におすすめ「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

口コミを見る公式ページへ

「忙しいので効率よく転職活動がしたい!」「初めての転職で何をどうしたらいいか、まったくわからない」そんな、一人ひとり異なる悩みに寄り添いながら転職活動をサポートしてくれるマイナビエージェントは、20代女性から人気の転職エージェントです。

マイナビエージェントは、「求職者にとってベストな道を一緒に考えてくれる」と評判で、ときには「いまは転職すべきではないですよ」とアドバイスしてくれることもあるそう。

さらに、マイナビグループの各種人材紹介サービスと連携しているため、専門職の求人情報にも特化しています。

求職者に寄り添うアドバイスをくれるマイナビエージェントは、キャリアプランやライフプランが確立しておらず、さまざまな迷いが生じやすい20代女性にとってベストな転職エージェントであるといえます。

  • 専門職の求人情報にも特化している
  • 各業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍
  • 一人ひとりに対するサポートが手厚い
  • 非公開求人:有(2020年2月6日現在21,872件)
  • 産休・育休制度の掲載情報:有
  • 残業制度の掲載情報:求人検索ページにはなし

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

3-4.30代女性におすすめ「パソナキャリア」

パソナキャリア
口コミを見る公式ページへ

パソナキャリアには、「女性活躍推進コンサルティングチーム」と呼ばれる女性の活躍支援に特化したサービスを提供するためのチームが存在し、女性の転職を全力で支えています。

パソナキャリアでしか求人公開をしていない「独占求人」が多い点もパソナキャリアならではの特徴で、独占求人として上場企業などの大手優良求人が多数掲載されています。

そのため、キャリアアップを狙う30代の女性におすすめ。

出産や子育てを機に年収がダウンしてしまった女性が、パソナキャリアを通じた転職により大幅な年収アップに成功した事例などもあり、女性としてのキャリアプランを見直したいと考えている方にもぴったりですよ。

  • 女性活躍支援に特化した専門チームによるサポートがある
  • 独占公開の大手優良求人多数
  • 条件が合う場合にのみ転職を検討したい人向けの「スカウトサービス」あり
  • 非公開求人:有(求人数は未公開)
  • 産休・育休制度の掲載情報:有
  • 残業制度の掲載情報:有

パソナキャリアの公式ページ:
https://www.pasonacareer.jp/

3-5.40代女性におすすめ「JACリクルートメント」

JACリクルートメント

口コミを見る公式ページへ

30代〜50代向けのハイクラス転職支援を行っているJACリクルートメントは、国内外を問わない幅広い企業ネットワークを持つ転職エージェントです。

JACリクルートメントでは、求人を出している企業を担当しているコンサルタントが直接求職者の転職サポートも行う、「両面型スタイル」の体制を取っています。

これにより、企業情報を熟知しているコンサルタントから、企業の詳しい情報を聞けるのが魅力。

ある程度キャリアプランとライフプランを確立させたなかで、もう一歩上のステータスを手に入れたいと考えている大人の女性におすすめの転職エージェントです。

  • ミドル〜ハイクラスの求人情報が多数
  • 企業ごとにコンサルタントが変わる両面型スタイル
  • 国内外を問わずに幅広い企業と出会える
  • 非公開求人:有(2020年2月6日現在非公開求人率60%)
  • 産休・育休制度の掲載情報:未登録者には未公開
  • 残業制度の掲載情報:未登録者には未公開

JACリクルートメントの公式ページ:
http://www.jac-recruitment.jp/

まとめ|40代女性の転職はポイントを押さえれば失敗しない!

難しい思われがちな40代女性の転職ですが、「40代女性は転職できない!」なんてことはありません。

しかし、40代女性の転職には以下のような現実が待ち受けており、若年層に比べると厳しい部分があるのも事実です。

40代女性の転職の現実
  • 40代女性の平均年収は315万円前後
  • 40代女性は未経験からの転職が難しい
  • 管理職は既婚者より独身者のほうが優遇されやすい

そのため、40代女性が勢いだけで転職活動をしてしまうと失敗をしてしまうこともあります。

40代女性が転職に失敗しないためには、以下のようなポイントを押さえて転職活動をすることが大切。

40代女性の転職のポイント
  • 女性向けの転職エージェントを利用する
  • 未経験or事務員など女性に人気の業界・業種を狙うなら資格を取得する
  • 正社員ではなく、派遣社員やパートにも視野を広げてみる

また、実際に転職活動を始めて企業の面接を受ける場合には、以下のような点に気をつけることが40代女性の転職を成功に導くためのコツです。

40代女性の転職面接のコツ
  • 面接の服装は「スーツ」が基本
  • メイクや髪型などの身だしなみにも気をつける
  • 業務に役立つ経験を整理しておく
  • 子持ち・シングルマザーは「できること」をアピール

40代女性の転職は、今回ご紹介した情報を活用して転職活動を進めていけば、決して難しいものではないです。

ポイントやコツをしっかりと押さえて、転職活動を成功させましょう!

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。