女性の転職

50代女性でも転職できる?必要なスキルや仕事の選び方なども紹介

50代の女性が転職活動をしようと思うと、「年齢的に難しいのでは?」と悩んでしまう方は多いです。

また、「50代での転職だから定年まで働きたい!」と思っても、どんな業界や仕事を選んで良いのか迷ってしまうこともあるはず。

この記事では、50代の女性が転職を考える時に、どんな風に転職活動をしたら良いのかについて解説します。

この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがやるべきことや転職先の選び方がわかります。

今は「50代になってしまったから今から転職は無理かもしれない…」と迷っている方でも、読み終えた後には「転職活動してみよう!」と動き出せるはずですよ!

  1. 50代女性が転職を考える理由
  2. 50代女性の働く意識の変化
  3. 50代だからこそ再就職を考える女性たち
  4. 50代女性を採用する企業のメリット
  5. 50代女性が転職に成功するためのポイント
  6. 50代女性におすすめの職業

 

1.女性が50歳になってからの転職理由とは

女性が50代になってから転職を考える理由はさまざまあります。

  • 子供が成人したのでフルタイムでやりがいのある仕事をしたい
  • 家庭の世話だけではなく社会とつながって仕事で貢献したい
  • 親の介護のために引っ越しをするので転職しなければいけない
  • 家のローンや子供の学費を払う必要がある
  • 以前の職場をリストラになった
  • 離婚したため働かなければいけない

などそれぞれ事情があり、50代で転職を考えるのではないかと思います。

50代の女性が転職することは難しいのか。正直、簡単ではありません。

平成19年の10月から雇用対策法が改正されて、企業が人材を募集する際に、年齢制限を設けることが禁止されました。

しかし実際には、年齢を理由に書類選考や面接で応募者を選んではいけないはずなのですが、50代の女性が転職することはかなり難しいと言えます。

65歳が定年と考えると50代で転職しても働ける期間は10年〜15年ほどしかありません。企業は即戦力を求めています。

優秀な人を採用しても10年ちょっとで定年になってしまうのであれば、年齢が若くて長く働いてくれそうな人を求めてしまうのは仕方がないとも言えます。

それでも、転職が厳しいからと言ってそれぞれ抱える事情があるのですから、諦めたくはないですよね。

業界や企業によって、50代の女性でも採用してくれることもあります。

後ほど詳しく説明しますが、転職先を選ぶ時にミドルエイジの女性が活躍している業種や職種を選ぶことも、転職を成功させるポイントと言えます。

2.50代女性の仕事への意識が変わってきている

1978年、約50%〜59%の50代の女性が働いていました。

しかし、2018年では約75%〜79%の50代女性が働いています。(参考元:http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r01/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-03.html

日本は高齢化が加速していることもあり、以前までは女性は結婚や出産を機に仕事を辞めて家庭に入る人がほとんどでしたが、現在は50代でも8割近い女性が、なんらかの仕事を持って社会に出ていることになります。

経済的な事情で働かざるを得ない人もいるでしょうし、年齢に関係なく仕事にやりがいを感じて現役で働き続ける女性もいるでしょう。

多くの50代女性が仕事を持っているのです。

3.女性が50代になって再就職を考える

現在の50代の女性は、20代や30代の時に結婚や出産などのライフステージが変わるタイミングで仕事を辞めている、もしくはパートやアルバイトに切り替えて、時間や肉体的な負担を減らして働いてきた人が多いのではないでしょうか。

これは当時の風潮が

  • 女性は結婚したら家庭に入る
  • 子育てや家庭を守るのが女性の仕事

と考えられていたことも大きく関係しています。

またライフステージが変化しても働き続けたいと思う女性にとっても、職場の産休や育休の制度が整っていない、働いている間の預け先の確保が難しい、などの理由で辞めざるを得ないという事情もありました。

若い時に働き続ける環境が整っていなかった50代の女性も、家庭が落ち着いてた今だからこそ、もう一度働きたいと再就職を希望する人も増えています。

4.50代女性を採用するメリットとデメリット

50代女性の採用は企業にとってデメリットだけではありません。

メリットももちろんあります。

そして50代女性ならではのスキルを高く評価し、積極的に採用しているところもあるのです。

50代女性を採用するメリットとデメリットを詳しく説明します。

50代女性を採用するメリット・デメリット

4-1.50代女性を採用するメリット

・出産や育児などの理由で仕事に影響が出ない
・若い女性にはないコミュニケーション能力がある
・社会的なマナーを知っている

20代、30代の女性の場合、出産や育児でしばらく仕事から離れなければいけない期間が出てくる可能性があります。50代女性ならばそのような心配がなく、ずっと働き続けることができます。

体力も気力もまだあり、十分に転職しても仕事をこなすことができます。

また50代ならではのやさしい物腰やコミュニケーション能力、基本的な社会マナーが理解できているといったことは、サービス業や接客業でも必要とされる能力と言えます。

もちろん今までずっと仕事をしてきた50代女性の転職であれば、上記のメリット以外に具体的なキャリアやスキルも加味することができます。

4-2.50代女性を採用するデメリット

50代女性を採用するデメリットと考えられる要素についても、知っておく必要があります。

  • 定年までの時間が短い
  • 新しいことを覚えるのに時間がかかる
  • 上司の方が年下でやりづらい

定年までの時間は20代や30代での転職と比べると、どうしても短くなってしまうため、採用する企業としては「せっかく仕事を覚えて即戦力になってもあまり長くは働けない」と思われることもあります。

また新しい仕事の手順やパソコンの使い方などを覚えるのに、時間がかかってしまうことも考えられます。

さらに上司が年下の場合、指示を出したりすることにやりづらさを感じてしまう場合があるかもしれません。

メリット

  • 出産育児などに時間を取られない
  • 50代だからこその気配りややさしさがある

デメリット

  • 定年までの時間が短い
  • 仕事を覚えるのに時間がかかる
  • 上司が年下の場合やりにくケースがある

5.50代の女性が転職に成功するためには

「働きたい!」という意欲だけで行動しても、50代の女性はなかなか転職することはできません。

転職を成功させるためには、50代女性を求めている業種や仕事を見極めて応募することが不可欠です。

ニーズのあるところに自分を売り込むことが大切なのです。

転職を成功させるポイントを一つずつ見ていきましょう。

5-1.自分のキャリアやスキルを見直す

今までどんな仕事をしてきたのか、パートやアルバイトの経験も含めて、もう一度自分の持っているキャリアやスキルを見直してみましょう。

ずっと仕事を続けてきた人ならば、すぐに挙げられるかもしれません。

ブランクが長かった人は思い出すのが難しいかもしれませんが、思い出せる限りでいいので、紙に書いていきます。自分に何ができるのかをまずは把握しましょう。

時系列で仕事を書き出し、業務内容や使っていたソフトなども書き加えてみてください。即戦力として、転職してすぐに活かせるスキルがあるかを整理します。

もちろん家事や育児のノウハウも素晴らしいスキルになりますよ。

また具体的な仕事のスキルだけではなく、内面的なことについても書き出してみてください。50代になるまで、結婚や子育て、親の介護、夫の転勤などさまざまなことを経験してきたはずです。

  • 小さい子供の世話は得意
  • PTAを2年経験した時に人の意見をまとめることが上手くなった
  • 転勤が多く、いろいろな土地に住んだので初対面の人と臆せず接することができる
  • 料理のバリエーションは豊富 和洋中なんでも一通りこなせる

など、年齢を重ねてきた人生経験豊かな50代の女性だからこその、コミュニケーション力や人間性などを高く評価してくれる企業はあるはずです。

5-2.転職サイトで50代女性を募集している企業をチェック

転職サイトでどんな求人があるのかを見てみましょう。

法律によって年齢の上限などは書いていませんが、「50代、60代の方も元気に働いています!」「子育てを終えた主婦の方歓迎!」などと書いてある求人もあります。

転職サイトを見ることで、どんな業種や仕事が50代女性を積極的に募集しているのかがわかります。

5-3.50代女性が転職に活かせる資格を取ることもおすすめ

すぐに転職先を見つけなくてもいい場合は、転職を見据えて、持っていると有利になるような資格をじっくりと取得することもおすすめです。

どんな業種が50代女性を積極的に採用しているのかある程度動向を把握し、自分が興味を持ったり働けそうだなと思える仕事に必要な資格を取ることで、より転職に有利になります。

例えば、50代も活躍している介護職の資格や医療事務の資格などは、持っているだけで転職に活かすことができる資格と言えます。

またそれぞれの家庭の家計に関係する保険や金融商品、不動産、教育資金や年金など資産に関わるあらゆるまマネーに関する幅広い知識を備え、アドアイスやサポートを行うFP(ファイナンシャルプランナー)。

この資格があれば金融に関わる仕事を多く手掛けることができるだけではなく、スキルを自分の家計に活かすこともできます。

とはいえ、転職を成功させるために時間とお金を費やして、好きでもない資格を取る勉強をしてもなかなか身につきません。

まずは自分が働きたいと思える仕事をある程度絞って、資格を取る方が有利かどうかを判断しましょう。

  • 自分のスキルや売りにできることを書き出してみる
  • 転職サイトで50代を採用している業界や職種をチェック
  • 転職に有利な資格を取得する

6.50歳以上の女性でも応募できる正社員の求人とは

50歳以上でも転職できる仕事をいくつか紹介します。業界や仕事によっては未経験でもOKのものもあります。また資格が必要ない仕事もありますから、採用されればすぐに働くことができます。

自分のスキルや希望する仕事、働き方に合った仕事を見つける参考にしてくださいね。

6-1.全国どこでも働くことができる医療事務

医療事務の仕事をするためには資格が必要になりますが、病院内での受け付けや会計の仕事ができます。

座って行う仕事なので体力的な負担も少なく、全国の病院が職場になるのでどこに行っても転職しやすい仕事と言えます。夜勤などもなく定時で帰れるところも魅力です。

6-2.今後もニーズのある介護職(ヘルパー)

少子高齢化が進むなか、介護職や高齢者のための仕事の求人はたくさんあります。

介護や福祉の仕事は人手が足りないこともあり、50代女性でも転職しやすい仕事と言えます。あなたにも親の介護の経験があるならば、それは立派なスキルと言えます。

また介護職はヘルパーの資格があります。資格を持っていることで転職に有利になるだけではなく、給料が上がったり管理職として働くことも可能です。

ただし高齢者のお世話なので、体力も必要で職場によっては夜勤がある場合もあります。

6-3.50代主婦にもおすすめの求人 ハウスクリーニング

一般家庭や店舗、オフィスなどの清掃を行うハウスクリーニングや家事代行。共働きの家庭も増えて利用する人も多くなっている仕事です。

50代の女性ならば自分の家の掃除をしてきたので、たくさんのコツや知識を活かすことができるでしょう。プロが使う洗剤や機械を用いるので、自分で行う掃除よりも時短で体力も使いません。

また女性ならではの目線で細かいところの汚れをしっかり落としたり、家事代行をこなすことができるので、50代女性も活躍できる仕事です。

6-4.50代女性ならではの気配りが活かせる 飲食や販売などのサービス業

飲食店や販売業なども人手が足りていない業界なので、未経験の50代女性でも転職しやすい仕事と言えます。

50代ならではの穏やかで思いやりのある接客は、多くの接客業で必要とされるスキルです。人と接するのが好きな人、人の世話をしたり人が喜ぶ顔を見るのが好きな人に向いている職業と言えます。

ただしサービス業もお客様に合わせた働き方になるので、シフト制で土日の出勤や早番、遅番などがあります。また、基本的に立ち仕事なので、体力も必要とされます。

6-5.子供が好きなら 保育補助やベビーシッター

子育ての経験がある、または子供が好きな50代女性ならば、保育補助やベビーシッターの仕事がおすすめです。

保育補助とは保育士をサポートして子供たちの世話をする仕事です。子育てや家事の経験を活かすことができるので、主婦からの転職にも最適です。

またサポートなので、保育士の資格がなくても働けるのも魅力です。保育補助やベビーシッターは小さい子供を相手にするので、可愛くて元気がもらえる仕事と言えます。

6-6.やりがいを求めるなら営業職

保険をはじめとするさまざまな商品やサービスを売る営業職は、50代女性でも転職しやすい職種の一つと言えます。自分で契約を取った分、お給料も上がるのでやりがいがあります。

相手の求めているものや、家庭・環境に合わせた商品やサービスを紹介する仕事は、年齢を重ねた女性だからこそ、推し量れるような度量がある人に向いています。

営業職に転職する前にあらかじめ確認しておきたいのが、ノルマがあるのか、また固定給(売り上げた分がお給料として払われる場合、売れなかったときの最低の給与が低い場合があります。)なのかといったところです。

50代女性におすすめの職業は以下の通りです。

  • 医療事務
  • 介護や福祉施設でのヘルパー
  • ハウスクリーニングや家事代行
  • 飲食や販売業などのサービス業
  • 保育補助やベビーシッター
  • 営業職

まとめ|50代の女性も転職は可能!スキルや資格を武器にあなたにあった仕事を見つけよう

50代女性の転職は簡単ではありませんが、不可能でもありません。

自分が今まで培ってきたスキルや経験などはすべてキャリアとして今後の仕事に活かすことができます。

50代女性ならではの経験やスキルを求めている業種も少なくありません。

まとめ
  • 自分のキャリアやスキルを見直す
  • 50代女性を求めている業種を見極める
  • 転職に有利な資格を取る

また転職する時に気をつけたい点はこちらです。

50代での転職が簡単ではないからこそ、焦って内定が出たところに飛びついてしまいがち。

何社も受けて決まらないかもしれないし、家庭の事情ですぐにでも働かなければいけないかもしれない。

しかし簡単ではないからこそ、採用されたら定年までさらには延長して嘱託として、長く働き続けられるような仕事をじっくり選ぶ必要がある。

業務内容はもちろんですが、給与面や勤務形態などがちょっと気になるけれど、採用してくれると言うからここでいい、と言う安易な気持ちで転職を決めないでくださいね。

あなたの持っているスキルや、あなたがやりがいを持って働ける仕事は何か、転職活動を実際に始める前によく見つめ直してください。

そして50代の女性を高く評価している職種に応募しましょう。納得のいく職場に転職をして、やりがいのある仕事をしながら人生をさらに充実させてくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。