医師の転職

女医が転職を考える理由は?転職で後悔しないためのポイントも紹介!

「結婚や子育てなど、将来のことを考えると常勤医として勤務できるか不安…」

「周りにも相談しづらくて悩んでいる…」

こんな悩みを解消します。

仕事とライフイベントのバランスの取り方に悩む女性医師は少なくありません。

医師としてスキルアップは目指したいものの、一方で家族との時間も大切にしたい方も多いはずです。

まだまだ男性医師のほうが多い世界のため、周りに相談できる女性もいなく、不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、女性医師が転職を考える理由とともに、女医が転職するで後悔しないためのポイントもお伝えします。

この先のキャリアで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね!

  1. 女医が転職を考える理由
  2. 女医の転職後の働き方
  3. 後悔しない転職をするポイント
 

女医が転職を考える理由

女医が転職を考える理由

プライベートに、そして仕事に忙しい女性医師は、より安心して働ける環境を目指して転職することが少なくありません。

とくに、以下の理由で転職を考える方が多いです。

それぞれの理由について、詳しくお伝えしますね。

医師全体の転職理由を知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

医師の転職理由で多いのは?医師の転職が年々増加する理由がわかる!「医師の転職理由で多いのは一体なんだろう…?」 この記事ではこんな疑問を解消します。 働く環境や仕事内容に疑問に感じ、働いて...

結婚 ・子育て

結婚や子育てを機に、医療の現場を離れる女性医師は多いです。

厚生労働省発表の「日本医師会が考える女性医師勤務環境整備」によると、女性医師の休職・離職理由の第1位が「出産」(70%)、第2位が「子育て」(38.3%)となっています。

同調査の「医師の就業率」を見ても、25歳では92.6%だった女性医師の就業率が、30歳では82.8%、35歳では76.0%と下がっています。

男性でも育休が少しずつ取りやすくなってはいるものの、まだまだ女性が育児を行うという意識が社会に根強いのも事実。

子育てのため2~3年休職する女性医師もいる一方で、スキルの低下を懸念して半年で復帰する方も少なくありません。

職場の人間関係

職場の人間関係に悩み、退職を決意する女性医師もいます。

医師の世界は、まだまだ男性社会。

女性ならではの悩みが理解されないこともあり、我慢を続けている方もいるでしょう。

そのため、いまの給与や仕事には満足しているものの、よりストレスなく働ける医局を目指して転職する女性医師は少なくないのです。

ちなみに前述の調査では、育休を取得しなかった644人の女性医師のなかで、「産休を取りづらくて休職・退職した人」が45%を占めています。

周囲の無理解が、女性医師の転職を加速させているという一面も見えてきますね。

夜勤や休日出勤

体力的に厳しく、転職を考える女性医師も少なくありません。

なかには激務で身体を壊してしまい、療養のために休職を選択する方も。

診療科によっては、当直が続いたり、急に夜勤に入ることになったりと、プライベートを犠牲にして働くこともあるでしょう。

そして医師は、書類作成といった雑務が意外に多いもの。

書類の提出期限が迫り、自分の意思に反して残業が増えてしまう方も多いのではないでしょうか?

このように忙しさが常態化し、「この先も忙しい状態が続くのは辛い…」と考え、働きやすい環境を求めて転職する女性医師は少なくないのです。

夫の転勤

夫の転勤に伴い離職する女性医師もいます。

先述の調査でも、女医の休職・離職理由のうち約11%が「夫の転勤」となっています。

いまの医局が働きやすく、このまま長く勤めていきたいと思う方もいるでしょう。

しかし夫の転勤など、家族の事情でやむなく転職を考えなくてはならない女性医師は少なくありません。

実家の両親の看病で、現場を離れる必要があることも。

このような場合、常勤医として働くことは難しいため、スポットとして働くことを選択する女性医師も多くいます。

この章でお伝えした「女医が転職を考える理由」をまとめると以下の通りです。

  • 女医の転職理由はライフイベントに絡んだことが多い
  • 男性社会のため女性ならではの悩みが理解されないことも
  • 家族の事情などで現場を離れざるを得ない女医も多い

女医の転職後の働き方

働き方改革が叫ばれていますが、医師の世界も例外ではありません。

医師としてスキルアップを目指す一方で、家族との時間を持ちやすい働き方を選択する女性医師も増えてきています。

そこで、女性医師転職後の働き方について3つのパターンを紹介します。

それぞれメリット、デメリットとともにお伝えします。

今後の働き方の参考にしてみてくださいね。

再び常勤医として転職

まずは、再び常勤医として復帰する道です。

専門医としてのキャリアをさらに築いていきたい女性医師は、半年ほど育休を取得してすぐに復帰することも多いですね。

また、同じ医局で常勤医としての仕事を続けたくても、人間関係が悪化して医局を離れる決意をする女性医師も少なくありません。

この場合、給料が下がったり、通勤時間が多少増えたりしても、転職することでイキイキと仕事に向き合えるようになることもあります。

再び常勤医として転職するメリット

常勤医を目指して転職するメリットは、何と言っても安定した給与が得られることです。

医師不足のため、常勤医以外の道を選択してもすぐさま生活に困窮することはないですが、固定収入は生活や心の安定につながります。

さらに、転職することで現職より福利厚生が手厚い医局で働けることも。

小さな子どもがいる女性医師の場合、子どもの急な発熱などで休みを取らなくてはいけないことも出てくるでしょう。

こうした場合でも、有給が取りやすい制度などがある医局であれば、大きなストレスを抱えることもありません。

常勤医は責任も大きく、忙しい仕事であることは確かです。

しかし転職して、自分にとって働きやすい環境を見つけられれば、プライベートと仕事とのバランスを取ることは不可能ではないのです。

再び常勤医として転職するデメリット

一方で、転職先がプライべートへの理解が少ない環境だと、常勤医として働くうえで支障が出てくることもあります。

急な用事などで休まなくてはいけなくなっても、周囲の目が気になり言い出せないことも。

特に転職して1年ほどは、まだまだ環境にも慣れず、常勤医としての仕事もこなさなくてはならない忙しい毎日が待っています。

疲れがたまるなか、休みが言い出しにくい環境だと心身ともに参ってしまうこともあるでしょう。

そのため常勤医として転職する場合は、働きやすい環境であるかを慎重に考えることが欠かせません。

  • 再び常勤医として働くことで、給料が下がったり、通勤時間が多少増えたりしても、転職することでイキイキと仕事に向き合えるようになる。
  • 常勤医を目指して転職するメリットは、何と言っても安定した給与が得られる。
  • 転職先がプライべートへの理解が少ない環境だと、常勤医として働くうえで支障が出てくることもありえる。

※女医が後悔しない転職をするポイントをはやく知りたい方は…
「後悔しない転職をするポイント」をクリックするとジャンプします。

フリーランス医師に転身

フリーランス医師に転身

フリーランス医師に転身するのも、転職後の働き方のひとつです。

厳密には雇用形態が「非常勤勤務」となり、自分にあった働き方が選べるようになります。

転職サイトでは、フリーランス医師の求人は「スポットアルバイト」と呼ばれることが多いですね。

週3日はプライベートにあて、残り4日で働くなど、常勤医では実現できない自由な働き方ができることから、フリーランス医師はいま注目を集めています。

フリーランス医師のメリット

フリーランス医師のメリットは、給料の高さです。

医師不足に悩まされている医療機関は多く、フリーランス医師を急募するところも増えています。

そのため、日当直に終日入って10万円近くもらえるなど、常勤医と比べて高い給料をもらっているフリーランス医師は実は多いのです。

また、スポット案件などは勤務時間が明確です。

そのためサービス残業などをする必要がなく、スケジュールが調整しやすいといったメリットもあります。

フリーランス医師のデメリット

フリーランス医師のデメリットは、確定申告などの手間が増えることです。

常勤医の場合は、勤務先の医局が税金の支払いなどを代わりに行ってくれます。

一方でフリーランスになると、確定申告などの事務作業を基本的にはひとりで行う必要があるのです。

フリーランスといえども、医師の仕事は忙しくなりがち。

疲れた身体に、煩雑な事務作業がのしかかるのは意外に大変なものです。

また勤務先の医局によっては、福利厚生の利用に制限が出ることも。

フリーランス医師としてより充実した働き方を目指す場合は、勤務先の福利厚生の受給要件をしっかり確認しておくようにしましょう。

  • 雇用形態が「非常勤勤務」となり、自分にあった働き方が選べるようになる。
  • フリーランス医師の求人は「スポットアルバイト」と呼ばれることが多い。
  • フリーランス医師のメリットは、給料の高さ。
  • フリーランス医師のデメリットは、確定申告などの手間が増える。
  • 勤務先の医局によっては、福利厚生の利用に制限が出ることもある。

転科

美容外科

数は少ないものの、転職にあたって「転科」を決意する女性医師もいます。

特に外科や麻酔科、産婦人科といった激務になりやすい診療科に勤めている方は、転科を考えたことがあるのではないでしょうか。

転科のデメリットは、入職前後でかなりの勉強量と努力が必要なこと。

一方で、勤務形態を大きく変えるなら検討の余地のある方法です。

転科の場合、年齢が若いほうが採用される可能性が高いので、思い立ったらすぐに行動するといった思い切りの良さも大切になるでしょう。

落ち着いて働きたい場合におすすめなのが、以下の診療科です。

それぞれ説明しますね。

美容外科

美容外科は拘束時間が比較的少なく、プライベートと仕事の両立をうまく取って働きたい方におすすめです。

給料も高いので、生活の基盤をしっかり築きたい場合の選択肢としても入ってくるでしょう。

さらに美容外科は、今後伸びていく領域でもあります。

特に女性医師の需要が非常に高い領域でもあるため、「最初の診療科選びに少し間違えてしまった…」と感じている方は検討してみると良いでしょう。

健診・人間ドッグ

健診・人間ドックは、子育て中のフリーランス医師に人気です。

肉体的負担が少ないのは、ほかの診療科にはあまりないメリットのひとつ。

緊急性もなく落ち着いて働けることからも、転科候補として人気を集めています。

働き方に融通が利きやすいので、プライベートとの両立も可能。

給料はそこまで期待できませんが、働き方を第一に考えている女性医師には特におすすめです。

リハビリテーション科

リハビリテーション科も、転科で人気の診療科のひとつ。

手術訴訟のリスクがほぼなく、ストレスなく働けることが大きなメリットです。

高齢化に伴い、今後のニーズが高い領域でもあります。

「リハビリテーション」は、まだまだ研究が活発で、奥が深い世界といった一面も。

現場だけでなく、研究にも力を入れていきたい女性医師にはぴったりな診療科とも言えるでしょう。

  • 常勤医は安定感があるが人間関係などで再び悩まされるリスクもある。
  • フリーランスは給料が高いが事務作業は増える。
  • 転科は勉強がかなり大変だが働き方を大きく変えるチャンス。

女医が転職するうえで後悔しないようにするためには

転職は、人生の大きな転換点です。

理想の環境に飛び込めたら「ステップ」となる一方で、想像とは違う環境に飛び込んでしまうと「人生のロスタイム」が生まれてしまうことも。

特に女性医師の場合はライフイベントも多いため、この先の人生プランを踏まえ、慎重に転職先を選ぶ必要があります。

そこで、後悔しない転職をするためのポイントを3つ紹介します。

どれも、女性医師の転職にあたっては欠かせないことです。

それぞれ解説しますね。

 「譲れない条件」を決める

まず、自分のなかで「譲れない条件」を決めましょう。

なぜなら、転職の目的が明確でないと、どの求人もよく見えたり、逆にイヤなとこばかりが目に付いたりと、仕事選びが進まなくなるからです。

たとえば、「医局を辞めても専門医が取得できる病院で働きたい」といったように、これだけは譲れない条件を決められると良いですね。

どれだけ良く見える医局にも、給料が低かったり、福利厚生が少なかったりといった「デメリットに感じられること」はあるものです。

希望がパーフェクトに叶えられる求人には、なかなか出会えません。

そこで大切になるのが、やはり「譲れない条件」があることです。

「これだけは手に入れたい!」といったものがあると、仕事探しもスムーズになるうえに、何より転職後に後悔する可能性を減らすことができます。

転職活動に入る前に、「何のために転職するのか?」を冷静になって考えるようにしましょう!

院内見学は必ず行う

気になる求人がいくつか見つかったら、院内見学にぜひ行ってみてください。

働く場所やスタッフの雰囲気は、医局によって大きく変わるもの。

実際に入職したあとにイメージとのギャップに戸惑うことのないよう、院内見学に行くことを強くおすすめします。

院内見学のポイントは、以下の2つです。

このポイントを押さえることで、より多くの情報を手に入れることができ、満足のいく転職先を選ぶことができますよ。

では、それぞれのポイントについてお伝えします。

同年代の女医の先生と話をする

院内見学の際は、同年代の女医の先生と話せる機会をつくるようにしてください。

なぜなら自分が抱えている悩みを共感してくれることが多く、同じ目線でアドバイスしてくれることが多いからです。

「休みを言い出しやすい環境ですか?」といった突っ込んだ質問をしてみるのも良いでしょう。

同年代の先生からの声は、ときにシビアで、厳しく聞こえることもあるかもしれません。

しかし、リアルな声を聞けるのは、院内見学に行くからこそ得られるメリットでもあります。

現実的な声も踏まえ、納得したうえで転職することで、入職後に大きなギャップを感じずに働けることもあるのです。

医師とコメディカルの関係をチェックする

人間関係は、安心して働くうえで大切な要素のひとつ。

患者さんとの関係はもちろん、医師やコメディカルとの関係性が良好であるに越したことはありません。

そこで院内見学の際は、特に医師とコメディカルとの関係をチェックしてみてください。

廊下を通る医師に対して、コメディカルが挨拶をしない医局は「黄色信号」。

逆に挨拶が活発で、スタッフ同士が尊敬しあって働いている様子が見られたら、安心して働ける可能性が高いでしょう。

院内見学は緊張もあり、雰囲気を掴むことまで意識が向かないかもしれませんが、人間関係の良さは医師としてのパフォーマンスにも影響してくるものです。

雰囲気を少しでも掴むことを目標に、院内見学に行ってみてくださいね。

院内見学のポイント
  • 院内見学の際は、同年代の女医の先生と話せる機会をつくるようにする。
  • 院内見学の際は、特に医師とコメディカルとの関係をチェックしてみる。

転職エージェントに相談する

医師の転職では、転職エージェントを使うことが欠かせません。

なぜなら忙しい医師に代わり、希望にあった求人を紹介してくれるからです。

応募先への書類送付や面接日調整といった事務作業も代行してくれるので、「転職したいけど時間がない…」といった場合には頼りになる存在と言えるでしょう。

また医師ならではの悩みやキャリアの築き方について、医師専門のコンサルタントが相談に乗ってくれるのもメリットのひとつ。

特に女性医師の場合は、ライフイベントと仕事との両立など考えることが多く、なかなか答えが出ないもの。

その点、転職エージェントのコンサルタントは、女性医師の転職も数多くサポートしてきた医師転職のプロ。

過去に転職を成功させた女性医師の例や、客観的な意見も含めて相談に乗ってくれるので、自分では気づけなかった視点を手に入れられることでしょう。

医師向けの転職エージェントは数多くありますが、そのなかでも特に女性医師の転職でおすすめの3つの転職エージェントを紹介します。

より詳しく医師のおすすめ転職エージェントを知りたい方は以下の記事を参考にしてください!

医師(勤務医・産業医)におすすめ転職エージェント13選|4つの軸で徹底比較この記事では、医師の転職におすすめの転職エージェントをはじめ、医師が転職エージェントを活用するメリット・デメリット、医師が転職活動をする際にやっておくべきことについて解説していきます。求人数、取扱求人、サポート内容、キャリアアドバイザーの質の4つを軸に徹底比較し、本当に医師の転職におすすめできる転職エージェントだけをまとめました。...

女性医局

女性医局

「女性医局」は、女性医師の転職に特化した転職エージェントです。

専任のコンサルタントは、長期的なキャリアを踏まえ、理想の働き方について親身に相談に乗ってくれます。

出産、育児、そして介護などのライフイベントについて相談できる存在が近くにいるのは、忙しく働く女性医師にとって嬉しいですよね。

電話相談もできるので、転職をそこまで考えていなくても、まずは気軽な気持ちで利用してみるのも良いでしょう。

公式ページ

  • 女性医師
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 関東近郊の転職
対応エリア 関東近郊
公開求人数 約3,600件
取扱求人 常勤・非常勤
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都千代田区平河町1-3-6 BIZMARKS麹町2階
公式サイト http://www.josei-ikyoku.jp/

民間医局

民間医局

「民間医局」は、多くの女性医師の転職をサポートしてきた老舗の転職エージェントです。

歴史の長さは全国の病院とのコネクションの強さにも現れており、求人の多さに関してはほかの転職エージェントに引けを取りません。

女性医師のための充実したサービスが受けられるのも、民間医局の特徴のひとつ。

家事代行サービスや、妊娠に伴う所得補償保険なども利用できるので、より安心して働きたい女性医師の強い味方となることでしょう。

公式ページ

  • ライフイベントに合った働き方を提案してほしい
  • 福利厚生を重視している
対応エリア 関東近郊
女性医師向けの公開求人数 約40件
取扱求人 常勤・非常勤・スポット
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
  • 面接同行・同席
  • 独自の福利厚生サービス
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE
公式サイト https://www.doctor-agent.com/

DOCTORVISION(ドクタービジョン)

DOCTORVISION(ドクタービジョン)

「DOCTORVISION」は、幅広い求人を扱う転職エージェントです。

たとえば「短期勤務」「当直なし」といった柔軟な働き方を目指せる求人も多いので、希望にぴったりな仕事に出会える可能性が高いでしょう。

DOCTORVISIONは、日本調剤のグループ会社です。

信頼性が高く、多くの医師が登録しているので、はじめて転職エージェントを利用する場合でも安心して利用することができるでしょう。

公式ページ

  • 自分で交渉するのが苦手な人
  • ライフイベントに合った働き方を提案してほしい
対応エリア 全国
女性医師向けの公開求人数 約40件
取扱求人 常勤・非常勤
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
  • 応募書類の作成
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー40階
公式サイト https://www.doctor-vision.com/
  • 「譲れない条件」を決めることで転職後の後悔を減らせる
  • 院内見学を行うときは人間関係を要チェック
  • 転職エージェントは忙しい医師の頼れるパートナー

まとめ|女医の転職はライフプランをもとに慎重に

この記事では、女性医師の転職について、転職理由や転職後の働き方、転職のポイントについてお伝えしてきました。

改めてまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 出産や育児で転職を考える女性医師はかなり多い
  • 常勤医だけでなくフリーランスという道も
  • 転職で後悔しないためには「譲れない条件」を決める
  • 忙しい場合は転職エージェントを使って効率的に進める

ライフイベントで何かと忙しい女性医師にとって、環境や働き方を変えるための転職は現実的な選択のひとつです。

しかし慎重に転職先を決めないと、「想像していた環境とちがう…」と転職を後悔してしまうことも。

特にはじめて転職を考える場合には、どんな環境が自分にあっているのか、なかなか分かりませんよね。

そんなときは、今回お伝えした転職エージェントに登録して、コンサルタントに相談してみてください。

ライフイベントや希望を踏まえた客観的な意見を聞くことで、より落ち着ていて仕事選びができ、後悔のない転職活動を送れるようになるでしょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。