看護師の転職

産婦人科の看護師に転職するには?あなたが向いているのかを事前にチェックしましょう!

「産婦人科に転職したい!」

「赤ちゃんに関わった仕事がしたい!」

こんな疑問を解消します。

一般の病棟では病気や怪我の患者さんと接するうえ、ときには患者さんを看取る場合もあります。

しかし産婦人科では女性の妊娠から新しい命の誕生までをケアするので、「臨床とは違ったやりがいがある」と思って転職を考える方もいるでしょう。

この記事では、産婦人科の仕事内容について詳しくご紹介します。

読み終わる頃には、産婦人科看護師に転職するうえで知っておくべきことがすべてわかりますよ!

また、あなたが産婦人科の仕事が向いているかどうかも、客観的に考えられるようになります!

  1. 産婦人科の看護師に転職するには?
  2. 産婦人科の看護師になるには?
  3. 産婦人科看護師の仕事内容
  4. 産婦人科の看護師の本音
  5. 産婦人科で働く看護師の年収
  6. 産婦人科看護師が向いている人と向いていない人
 

産婦人科の看護師に転職するには?

<画像>産婦人科看護師に転職するには?

医師や看護師が不足しているといわれていますが、実は産婦人科の看護師も不足しています。

そのため求人自体が少なくありません。

産婦人科看護師の求人を探す方法についてご紹介します。

産婦人科看護師へ転職する方法

方法1. 転職サイトを利用する

転職サイトで看護助手の求人情報を得ることができるので、看護や介護系の転職サイトで「産婦人科看護師」とキーワードを入れて検索してみてください。

もし気になる求人があれば、直接応募できるのでスピード感のある転職活動ができます。

「産婦人科看護師」の求人がそもそも少ないので、看護師の求人が多い転職サイトに登録することをおすすめします!

看護師の求人が多い転職サイトをご紹介します。

次の5つの転職サイトを使えば、多くの求人に出会うことができますよ。

多くの求人に出会うことで、あなたが希望する職場が見つかりやすくなります!

では、それぞれの転職サイトの特徴を紹介します。

(求人数は2020年5月4日現在の数字です ※非公開求人は含みません)

1. マイナビ看護師

精神科-看護師-向いている人-マイナビ

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は、看護師の転職に特化した転職サイトです。

大手人材会社のマイナビが運営しています。

訪問看護の求人数は5,953件と、ほかの看護師転職サイトと比べて群を抜いて求人数が多いのが大きな魅力です。

マイナビ看護師は全国に拠点があるため、地方の求人も豊富に取り揃えています。

「休日転職相談会」や「出張転職相談会」といった無料イベントも全国で開催されているので、特に転職活動がはじめての方は参加してみると良いでしょう!

公式ページ

2. 看護のお仕事

精神科-看護師-向いている人-看護のお仕事

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事は、「友達に勧めたいサービスNo.1」を獲得した看護師専門の転職サイトです。

訪問看護の求人数は4,421件もあるので、希望にぴったりな求人が見つかるでしょう。

看護のお仕事は、掲載求人数が多い転職サイトながら、求人がとても探しやすいのが魅力のひとつ。

情報がスッキリまとまっているので、ストレスなく求人を探すことができますよ。

求人には、その求人を担当するキャリアアドバイザーが伝えるリアルな情報も掲載されています。

看護師長の人柄や残業時間、離職率などを包み隠さず伝えているので、仕事選びの参考にしてくださいね。

公式ページ

3. 看護roo!

精神科-看護師-向いている人-看護roo!

公式サイト:https://www.kango-roo.com/

看護roo!(カンゴルー)は、「動画でわかる看護技術」などを運営する転職サイトです。

訪問看護の求人数は4,159件と、看護師転職サイトのなかでもトップクラスの求人数を誇っています。

特徴は、コンサルタント(キャリアアドバイザー)が求人企業側も担当していること。

コンサルタントは、訪問看護ステーションなどが求める人物像や、そこで働く人の雰囲気を熟知しています。

そのため求職者にとっては、転職する前に、転職先の雰囲気をしっかり掴めるといったメリットがあるんですね。

また面接練習などを手厚くおこなってくれるのも、看護roo!を利用するメリットのひとつです。

面接が苦手な方や、面接が就活以来という方は、面接練習を積極的にお願いしてみましょう。

公式ページ

4. スーパーナース

精神科-看護師-向いている人-スーパーナース

公式サイト:https://www.supernurse.co.jp/

スーパーナースは、看護師の転職を20年以上サポートしてきた老舗の転職サイトです。

訪問介護の求人数は1,927件と、これまで紹介してきた転職サイトよりは少ないですが、柔軟な働き方ができる求人を多く取り揃えています。

また、「プライベート看護」の求人を見ることができるのも特徴のひとつ。

プライベート看護とは、自費(保険診療)の訪問看護を希望する患者さん向けのサービスのことです。

患者さんとゆっくり向き合いたい方は、プライベート看護求人への応募も選択肢のひとつとなるでしょう。

「訪問入浴」や「デイサービス」といった単発派遣の求人も多いので、正社員に捉われない働き方を希望する方もスーパーナースに登録してみてください。

公式ページ

5. MCナースネット

精神科-看護師-向いている人-MCナースネット

公式サイト:https://mc-nurse.net/

MCナースネットは、医師が設立した会社「メディカル・コンシェルジュ」が運営する転職サイトです。

訪問看護の求人は、1,693件取り扱っています。

MCナースネットは全国25拠点に支社があり、支社数はほかの看護師転職サイトと比べると約2倍以上。

そのため、全国各地の訪問看護ステーションの求人を検索することが可能です。

また、利用者満足度も95%以上と高いことから、転職活動がはじめてで不安な方でもMCナースネットであれば安心して利用できるでしょう。

公式ページ

  • 「マイナビ看護師」は訪問看護の求人数が断トツで多い
  • 「看護のお仕事」は求人の探しやすさがピカイチ
  • 「看護roo!」は転職先の雰囲気を深く知りたい方におすすめ
  • 「スーパーナース」は多様な働き方ができる求人が豊富
  • 「MCナースネット」は地方の求人も多く取り扱っている

方法2. 知人の紹介

クリニックなどで働いている知り合いがいたら、産婦人科看護師を募集しているクリニックがないか聞いてみましょう。

知人の紹介で、産婦人科看護師を募集しているクリニックに応募すると話が早く進みます。

ただし、産婦人科看護師が足りていないけれど、「人件費がない」という理由で採用してもらえない場合もあるので注意が必要です。

  • 産婦人科看護師の仕事は求人サイトでチェックするか知人に紹介してもらおう!

産婦人科の看護師になるには?

<画像>産婦人科の看護師になるには

産婦人科には、看護師の他に助産師もいます。

看護師として産婦人科で働きたい場合、看護師の資格があれば問題ありません

しかし、産婦人科で助産師の仕事がしたい場合には、看護師の資格を取った後、助産師養成学校で最低1年以上勉強をしなければいけません。

さらに、助産師の国家試験に合格する必要があります。

産婦人科の看護師の役割と志望動機

助産師と看護師の違い

産婦人科では、助産師も看護師も医師の指示に従いサポートしますが、助産師と看護師ではサポート内容が異なります。

助産師は出産のときに分娩のサポートができますが、看護師は妊産婦のケアをしたり、新生児の体重を計るなど、医師と助産師の補助が主な仕事になります。

また、助産師は助産院を開院して、正常分娩の妊婦を受け入れたり、出産の介助をしたりすることができますが、看護師にはできません。

さらに「新生児指導」は助産師だけが行える業務です。

これに対し看護師は、医師と助産師のサポートや妊婦さんや新生児、来院する患者さんのケアが主な仕事になります。

産婦人科看護師のよくある志望動機

産婦人科を希望する看護師の志望動機でもっとも多いのは、「命の誕生の瞬間に立ち合い、やりがいを感じたい」というものです。

  • 「出産のサポートを行い、赤ちゃんの産声を聞き、生まれた赤ちゃんのケアをしたい」
  • 「出産前の妊婦さんの心のケアをし、無事に出産ができるようサポートをしたい」
  • 「妊娠から出産まで、妊婦さんと赤ちゃんの変化を見守り、無事に出産ができるよう心身のケアをしてあげたい」

など、臨床の看護師とは違うやりがいや使命感を感じ、産婦人科を志望する方が多いようです。

  • 産婦人科での看護師の仕事は医師と助産師のサポートがメイン
  • 新しい命の誕生に携わる仕事に魅力を感じる看護師が多い

産婦人科看護師の仕事内容

<画像>産婦人科の看護師の仕事内容

産婦人科は妊娠している方だけが患者さんではありません。

一般的には「産科」と「婦人科」両方の診察を行うのがほとんどなので、出産以外にもさまざまな症状で訪れる患者さんがいることを理解しておく必要があります。

それぞれの仕事内容についてご紹介します。

産科

産科では妊婦さんの定期検診や分娩を扱います。

また妊娠中の過ごし方食事の指導産後の1か月健診母親学級(父親学級)なども行います。

他にも、帝王切開や無痛分娩を行う病院や、母体に持病があり出産を控えている方、胎児に異常があり慎重なケアを行いながらの出産、中絶手術など、取り扱うケースはさまざまです。

産科の看護師の仕事は、

  • 妊婦さんのバイタルチェック
  • 体重や腹囲の測定
  • 採血
  • 検査(エコーなど)の準備
  • 医師の診察の補助
  • 母親学級の講師

などが主な仕事です。

また、入院病棟がある病院ではこれらの業務の他に、

  • 入院中の妊婦さんのケア(検温、点滴など)
  • 薬の管理
  • 分娩のモニターの準備
  • 産後のケア(検温・採血・赤ちゃんの沐浴など)

などが加わります。

さらに陣痛の段階では、医師の指示のもと看護師が経過を観察するというケースもよくあります。

お産の進み具合をデータを計測しながら観察し、妊婦さんが無事に出産できるよう、妊婦さんのそばで心身のサポートをすることも産科の看護師の重要な仕事です。

婦人科

生理不順、不妊治療、子宮がんや筋腫などの婦人科系の疾患などの治療、更年期障害、がん検診など、婦人系の病気やさまざまなトラブルに対応するのが婦人科です。

検査や治療、症例によってはオペも行います。

婦人科の看護師の仕事は、

  • 検査の準備(採血・エコー・内診など)
  • 医師の診察のサポート
  • 手術前後の患者さんの心身のケア

などがあります。

婦人科系の疾患や手術で患者さんが入院する場合は、

  • バイタルチェック
  • 採血や点滴
  • 服薬の指導
  • 手術や治療(放射線治療や化学療法なども含む)後の患者さんの心身のケア

なども行います。

どちらも共通して必要なのは?

産科も婦人科の看護師にも共通して必要なのは、コミュニケーション能力です。

出産前の女性は、ホルモンの変化もあり不安を抱えています。

また、初めて出産する方は育児も初めてですよね。

出産で体力を消耗していても、すぐに子育てが始まります。

さらに、婦人科に来る患者さんは年齢層も幅広く、さまざまな不調を抱えて来院します。

疾患があり精神的に不安定になる患者さんや、更年期の症状がつらくて日常生活に支障をきたす方、治療で子宮や卵巣を摘出しなければならない方など状況もそれぞれです。

不妊治療を行っている患者さんの場合は、「いつまでやれば妊娠できるのか」という先の見えない不安を抱えているうえ、高額な治療費という現実的な問題もあります。

看護師は患者さんひとりひとりの症状や様子を把握し、コミュニケーションを取りながら身体だけではなく心のケアを行うことも大切です。

また妊娠、出産や婦人系疾患などに関する専門的な知識も求められますが、学びながら働ける病院も多いので、未経験でも転科しやすいのが産婦人科看護師です。

看護師は内診NG

妊婦さんが分娩するまでの間、看護師がバイタルチェックをしながらお産の進行具合を管理します。

その際は、内診で産道の様子をチェックすることで、破水していないか、子宮の開き具合や胎児の下がり具合などを確認します。

このお産のときの内診は、医師と助産師だけが行い看護師は内診ができません。

しかし、病院によって看護師が行える業務に差があることがあり、以前は看護師が内診をしていた病院もありました。

現在は看護師が内診を行うことは禁止されています。

・産科は出産に関するケア、婦人科は患者さんの年齢も症例も幅広い
・一人ひとりの状況を把握し寄り添って心身のケアをすることが大切
・お産の内診は看護師にはできない

産婦人科の看護師の本音を暴露

<画像>産婦人科看護師の本音

実際に産婦人科で働いている看護師は、日々の業務で命が誕生する瞬間を何度も経験し、赤ちゃんのケアをするなどやりがいを持って働いています。

しかし産婦人科の看護師の仕事にまったくデメリットがないわけではありません。

産婦人科で働いていて、最初のうちは経験不足で納得できるケアができずに悩む看護師も多くいます。

また、死産や母体の異常・不調、さらに赤ちゃんに異常があるなどの理由で、無事に出産できないケースにも対応しなければいけません。

産婦人科の看護師は、やりがいのある仕事ですが、母体や赤ちゃんの命に関わる重篤な状況になることもあり、決して楽な仕事とは言えないでしょう。

産婦人科の看護師が現場で感じている本音をご紹介します。

産婦人科の看護師が怖いと思うとき

出産は誰もが順調に進むわけではありません。

ときには妊婦さんの命が危なくなったり、赤ちゃんが無事に生まれてこないトラブルが発生することもあります。

母体の出血が多い

出産後に、母体からの出血が多かったり、出血が止まらないという場合があります。

赤ちゃんを分娩した後は胎盤が子宮から剥がれて出てきますが、そのとき大量に出血したりなかなか出血が止まらないと、ショック状態に陥ったり、最悪の場合は死亡してしまう可能性もあるでしょう。

通常の分娩後の出血量は、200ml〜300ml程度といわれています。

そのため、それ以上の出血が続く場合は、看護師も「怖い」と感じるようです。

緊急の処置やオペができる病院ならば、迅速に対応することができますが、小規模な病院の場合は緊急輸送して対応しなければいけません。

無事に赤ちゃんが生まれてきても、医師や助産師、看護師にとってしばらくは気が抜けない状態が続きます。

赤ちゃんの心音が下がる

赤ちゃんの頭が無事に出てくるまでにも、看護師が「怖い」と思うことがあります。

陣痛が起きている間は、常に看護師が子宮の状態と赤ちゃんの心音をチェック。

心音が弱くなった状態が続いたり、何度も心音が弱まったりすると、赤ちゃんが死亡する危険が高くなるうえ、後遺症が残ってしまう場合があります。

心音が弱くなるのは、赤ちゃんが狭い産道を通るときに起こりやすく、難産の場合にも危険が高まります。

たとえ陣痛が始まる直前まで順調であっても、分娩までの間に何が起きるかわからないというのがお産です。

産婦人科の看護師がきついと思うとき

産婦人科の看護師の仕事を「つらい」と感じてしまうときもあります。

看護師の仕事自体がハードなので、身体も心もタフな方が向いていますが、産婦人科だからこそあるつらさもあるようです。

夜勤

一般の病棟勤務の看護師にも夜勤はありますが、産婦人科の病棟がある場合は夜勤があります。

夜勤では出産後の患者さんの赤ちゃんの管理、陣痛が始まった患者さんがいれば分娩の準備、妊婦さんが破水したり出血した場合は、医師の指示に従ってその対応をします。

他にも、急患を受け入れている病院の場合は、外部から妊婦さんが運ばれて入院することも。

緊急性が高い患者さんが多い場合、夜勤はとても忙しくなるため、きついと感じる看護師も多くいます。

患者さんのケア

産婦人科では、経過が順調な妊婦さんばかりではありません。

がんの治療を行ったり、摘出手術や流産、死産といった症例の方にも対応します。

また、抗がん剤で苦しむ姿や、子どもを望んでいたのに摘出手術をしなければいけない方、我が子を亡くしてしまった方と向き合わなければならないこともあり、きついと感じてしまうのです。

同じ女性として気持ちがわかるからこそ、きついと感じるようです。

「なんて言葉をかけていいのかわからない」という状況に直面したことがある看護師は多いですが、患者さんの痛みを受け止め、少しでも心と体の傷が癒えるようプロとして接しなければいけません。

患者さんからのクレーム

産婦人科は患者さんからのクレームが多くある科でもあります。

分娩に関する医師や看護師の処置や対応などに不満を感じたり、防ぎようがなく赤ちゃんが亡くなってしまったり、後遺症が残ったりした場合などは、訴訟にまで発展することも。

また婦人系のデリケートな疾患の診察や治療なので、看護師の態度や言葉に敏感になっている患者さんも少なくありません。

名指しでクレームが入れば、病院側からもヒアリングで呼び出されることもあり、精神的につらいと感じてしまう看護師も多いようです。

  • 分娩時の赤ちゃんの心音が弱くなったり産後母体の出血が多いのは怖い
  • 夜勤や患者さんのケアやクレームで精神的に疲れてしまうことも

産婦人科で働く看護師の平均年収

<画像>産婦人科で働く看護師の平均年収

産婦人科の看護師の収入は、一般の看護師と変わりはありません。

クリニックで病棟がない場合の産婦人科看護師の平均年収は、夜勤がないのでその分収入が減りますが、約310〜380万円です。(参考元:看護師の給与データ

助産師の資格があるともう少し収入が上がります。

また、不妊治療に特化したクリニックなどは自由診療ということもあり、多少給料が高めです。

夜勤専従のアルバイト収入

産婦人科の夜勤専従のアルバイトの仕事もあります。

1回の夜勤で最低でも30,000円以上のところが多く、週に3日くらいから夜勤だけで働くことができるので、高収入を目指す方にはおすすめです。

産婦人科看護師が向いている人と向いていない人

<画像>産婦人科看護師に転職を検討している人は要チェック

産婦人科は特殊な科であるため、一般の病棟や外来から転職すると、戸惑うことや知識不足に悩むこともあるかもしれません。

転職してから、「こんなはずじゃなかった」、「想像していたよりも大変」などとならないよう、産婦人科の看護師が向いている人と向いていない人をご紹介します。

産婦人科に転職を考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

向いている人

以下のような人は、産婦人科看護師に向いていると言えるでしょう。

患者さんの状況にじっくり向き合える人

産婦人科に来る患者さんは、年齢も症状もさまざまです。

また出産する方やがんの治療を行う方などは、入院や通院の回数も増えます。

ひとりひとりの状況を見て、それぞれ患者さんと向き合い寄り添うケアができる方は向いているでしょう。

子供が好きな人

産婦人科には新生児が常にいます。

また赤ちゃんの都合で昼も夜も関係なく泣き声が聞こえてきます。

忙しいときでも夜勤でも、泣き声でイライラするようなことがない方が理想的です。

おおらかな人

産婦人科で治療を受ける患者さんのなかには、病状や治療がつらく、精神的に不安定になる方も少なくありません。

一時的に患者さんからきつい言葉を投げかけられても、くよくよしない強さとおおらかさが産婦人科の看護師には求められます。

思いやりがある人

自分自身の人生経験がある程度あったほうが、患者さんの気持ちを理解しやすいといえます。

それぞれの患者さんの病気や症状を把握し、その方の立場や、年齢、家族関係などまで考えて接することができる思いやりのある方が、産婦人科の看護師に向いています。

リーダーシップが取れる人

出産前に容態が急変したり、お産の途中で緊急手術に切り替え帝王切開を行うケースもあります。

産婦人科では緊急に対応しなければいけない患者さんもいます。

そのため状況を判断して、すぐに的確な行動が取れるリーダーシップのある方が産婦人科の看護師に向いているでしょう。

向いていない人

以下のような人は、産婦人科看護師に向いていないと言えます。

ルーティンな仕事がしたい人

出産だけではなく、産婦人科には毎日さまざまな病気や症状の患者さんが来るので、それぞれに必要な治療や処置のサポートと、患者さんへのケアが必要になります。

いつも決められた仕事をこなしていきたい方には、産婦人科は向いていません。

臨機応変に対応できない方は難しいでしょう。

協調性がない人

医師や助産師とも連携をとって仕事をしなければいけないうえ、多くの患者さんの悩みや不安に寄り添ってケアするためには、コミュニケーション能力は不可欠です。

NOと言えない人

共感しながらも、看護師として伝えるべきことがはっきりいえる必要があります

患者さんに寄り添うのはとても大切ですが、悲しみやつらさを共感するばかりで服薬指導や治療後の生活のアドバイスなどがしっかりできないのは問題になります。

  • 向いている人は、子ども好きでおおらか、患者さんを受け止めながらもしっかり指導できる人
  • 向いていない人は、決められた仕事をこなしていきたい人や、協調性がないまたは優しすぎる人

まとめ|産婦人科看護師の転職は今後のキャリアパスにも

産婦人科-看護師-転職-まとめ産婦人科の仕事は、一般病棟とは別の意味で命を預かる仕事です。

出産に立ち合い、新しい命の誕生の瞬間を見ることは、看護師にとって何度経験しても感動するとき。

そのため、仕事のやりがいや充実感を感じやすいといえるでしょう。

しかし、婦人科という広い領域で疾患や不調を抱えて来院する患者さんも多く、幅広い知識とコミュニケーション力が必要になります。

最後にこの記事でお伝えしたことをいかにまとめます。

産婦人科の仕事内容
  • 患者さんのバイタルチェックや検査・オペの準備
  • 分娩時の妊婦さんのサポート
  • 患者さんのメンタルケアなど

また、産婦人科の看護師は赤ちゃんと癒される仕事である反面、命の危険もつきものです。

産婦人科看護師が怖いと思うこと
  • 分娩後の大量出血
  • 赤ちゃんの心音が下がる

産婦人科看護師がつらいと思うこと
  • 患者さんの心のケア
  • 患者さんからのクレーム
  • 夜勤

産婦人科に転職すると、新生児から成人まで専門的な知識と技術を身に付ける必要があるうえ、幅広い患者さんに対応できるコミュニケーション力や精神面のケアも問われることになります。

しかし産婦人科看護師の経験は、あなたのキャリア形成にも大きな影響を与えてくれる、素晴らしい仕事です。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。
関連記事