転職ノウハウ

サラリーマンが会社を辞めたい時・転職するか留まるかの決断の仕方

サラリーマンが転職を考える時、「今のまま我慢して会社にいるべきか、転職するべきか」と悩んでしまう方が多いと思います。

また「転職しよう!」と思っても、「どんなスキルや経験が活かせるのかわからない」と躊躇してしまう方も多いでしょう。

この記事では、サラリーマンが会社を辞めたいと思った時に、どう行動すればいいのかについて解説します。

この記事を読めば、サラリーマンが会社を辞めたいと思ってから検討すべきことや、転職する場合の方法などがわかります。

会社を辞めた方がいいのか辞めない方がいいのか迷っている方でも、読み終えた後には今後の進路について決断ができるはずですよ!

  • どのぐらいのサラリーマンが辞めたいと思っているか
  • サラリーマンが辞めたくなる理由
  • 辞めた方がいい状況
  • 既婚のサラリーマンが辞めたい場合
 

1.サラリーマンが辞めたいと思う割合は

まず、企業に雇用されているサラリーマン(女性も含む)が、辞めたいと思う割合はどのくらいなのか見てみましょう。

全体を通して、今の職場に仕事の内容や社内の人間関係・通勤時間に満足している方は多く、また不満に感じている点は給料や査定・評価など収入に関することが多いようです。

総合的に会社を辞めたいと思う人よりも満足している人の方が、若干多いという割合になっています。

つまり業務内容や人間関係などが良好で、許容できる給料や査定であれば、辞めたいと思う気持ちはあまり起きないということになります。

一方、収入や昇給などの面で不満があり、業務内容や人間関係もそれほど満足していなければ、辞めたい気持ちが高まるということになります。

辞めたいと考えるサラリーマンは半数弱

2.サラリーマンが仕事を辞めたい理由とは

次に、具体的にサラリーマンが会社を辞めたいと思う理由を見ていきましょう。

企業に雇用されるということは、毎月安定した収入が得られ昇給やボーナス、健康保険や年金、有給などの福利厚生があり努力次第でキャリアやスキルアップができて定年まで働けるということです。

しかしこれらのサラリーマンのメリットと言えるものを捨ててまで、辞めたいまたは転職したいと考える方もいます。

それぞれの企業によって給与形態や社風などの違いはありますが、1つずつ見ていきましょう。

2-1.給料が上がらない

給料が上がらないのは、もっとも働くモチベーションが下がる理由です。

与えられた仕事や指示に従って忠実にこなしているのに「評価されない」。

また勤務態度に特に問題がなく、継続して働いているのに「なかなか給料が上がらない」。

これらの理由は「こんなに働いているのに評価をしてもらえていない」という気持ちになります。

毎年の昇給は会社の業績や景気などで難しくても、頑張って貢献している働きぶりが評価されないと、自分自身の存在価値についても考えてしまうようになります。

「もっとやりがいのある仕事がしたい」「もっと評価される職場で働きたい」と思ってしまうのは仕方のないことでしょう。

2-2.残業手当やボーナスがない

こちらも同じく働く気力を減退させます。

そもそも、やらなければいけない仕事があるから残業するのです。

その分が見込残業として給料に含まれていたり、営業職の成果報酬のような形で「やった分だけ払う」という給与形態の場合、過度な働き方をしても給料で報われないケースが出てきてしまいます。

2-3.拒否できない残業

あなたのペースで仕事をし、納期や期限までに間に合わせることができればOK、という働き方ならば問題ないでしょう。

しかし上司から不意に振られる急な仕事や短い納期の仕事の場合、嫌でも残業しなければいけなくなります。

「悪いんだけど、この資料明日までに作っておいてくれる?」と言われて「今日は帰ります」と言えるサラリーマンはいないでしょう。

「今日は特別急ぎの仕事がないから、早く帰ろう」「定時で帰れる日だから友人と飲み会の約束をした」など仕事が早く終わるつもりでいても、残業でキャンセルせざるを得ないとなるとストレスになります。

2-4.無駄としか思えない会議やミーティング

情報を共有したり、プロジェクトを進めたり、問題点の改善など意思疎通を図るためにはミーティングが欠かせません。

しかし特に変更や連絡事項もないのに出席が必須の定例会議や朝礼・ミーティング等が存在している企業や部署はまだ多くあります。

無駄な時間を過ごさなけれないけないというストレスと、会議に時間を取られたために仕事が終わらず、残業しなければいけないなど業務に支障が出てしまうケースもよくあります。

2-5.上司や先輩、同僚などの人間関係

会社というのは赤の他人の集まりです。

社会人になるまでまったく接点がない人間同士が、同じ職場で突然席を並べて、1日の約3分の1の時間を一緒に過ごすようになります。

良い関係が築ければいいですが、上司や先輩、同僚と「ウマが合わない」ということもよくあります。

指示を出す上司と性格が合わなかったり、一緒に仕事をする同僚や先輩とそりが合わないと精神的にかなりストレスになるうえ、仕事にも影響が出てきてしまうものです。

2-6.満員電車での通勤

車で通勤している方や空いている電車で通勤できる方はいいですが、満員電車での通勤を強いられているサラリーマンもかなりいるでしょう。

座るどころか、新聞や本・スマートフォンを見るゆとりもない混雑した電車に乗らなければいけないというのも大きなストレスですし、体力も使います。

会社に着くまでにぐったり疲れてしまいます。

2-7.ランチや飲み会などの付き合い

会社内の上司や同僚との付き合いでランチに行ったり、夜の飲み会なども煩わしいと感じる方も多くいます。

職場の人間関係がうまく行っていれば、それほど苦痛ではないかもしれません。

しかし「定期的に女性だけでランチに行かなければいけない」「お酒が飲めないのに、飲み会に誘われて断ることができない」環境は苦痛と言えます。

  • 給料が安かったり昇給しない、残業代が出ないなど金銭的な不満
  • 職場の人間関係が良くない環境は苦痛
  • 意味のない会議や、行きたくないランチや飲み会が多い

3.サラリーマンが辞めるべき環境とは

サラリーマンでもさまざまな事情があり、転職を考える方がいると思います。

しかし安易に「今の職場が合わないから転職しよう」という考えはおすすめできません。

必ずしも前職よりも仕事内容や給料、働き方や人間関係が改善されるとは限りません。

また「次の職場も合わなかったからまた転職しよう」と転職回数が増えることはデメリットでしかありません。

どうしても転職する方がいい、と思える環境かどうかしっかり検討することはとても大切です。

辞めた方がいい職場なのかどうかを見極める方法を紹介します。

3-1.今の職場の問題点を書き出してみる

なぜ転職を考えているのか、まず問題と思っていることを紙に書き出してみましょう。

不満に感じていることや改善して欲しいと思っていること、人間関係のことなどあなたがストレスに感じていることや負担だと思っていることを書いてみてください。

紙に書き出すことによって、思考を整理することができます。

書き出したら、重要度が高い順に並べ替えてみてください。

つまり「我慢ができない」ものから順番に並べていきます。

3-2.重要度が低いものから検証する

今の職場の問題点、辞めたいとまで思う理由を書き出したら、重要度が低いものから検証してみましょう。

ポイントは「転職したら解決する」という視点ではなく、「このままこの会社に留まった場合に解決できるか」という観点で検証します。

例えば、気が進まないランチや飲み会の場合、「お昼休みを利用して資格の勉強をしたいからしばらく一人で食事をしたい」と伝えてみるといいでしょう。

飲み会の場合も上司や同僚に「もともとお酒が弱く、今まで無理して参加してきたがどうにも翌朝体調がひどく悪くなるので、なるべく参加したくない」と相談してみてもいいですね。

上司や先輩、同僚などの人間関係で悩んでいる場合、別の部署への移動を希望してみるのも一つの方法です。

転勤や異動が多い企業であれば、ウマの合わない上司と働く期間も限られていますし、あなたが先に異動になる可能性も大いにあるでしょう。

辞めずに対策を取って解決できることがあるかもしれません。

3-3.転職しても起こり得る問題か

今あなたが転職したいとまで思う問題は、転職後も起きる可能性があるか考えてみましょう。

例えば、上司や先輩などの人間関係は転職先で必ず解決できるとは限りません。

また新たな悩ましい人間関係がある可能性もあります。

急な残業や定期的な意味のないミーティングも、存在するかもしれません。

今、抱えている問題が職場が変わっても起こり得るかもしれない種類であれば、転職は解決策とは言えなくなってしまいます。

3-4.転職してキャリアアップや収入アップを目指すなら

今の会社での不満やストレスばかりが、転職を考える理由とは限りません。

「違う会社でキャリアアップしたい」「収入を上げたい」と考えているなら、あなたにどんなキャリアやスキルがあるのかも検証しましょう。

今まで働いてきて手掛けた仕事やプロジェクトなど、成果を書き出してみます。

また仕事に必要で取得した資格があるなら、それらも書き出しましょう。

自分の価値をしっかり把握してから、転職したい企業や職種などをリサーチすることで、より転職の成功率は高まります。

またキャリアアップのために転職したい場合、あなたがイメージしている仕事や収入を手に入れるためには、まだスキルが足りないこともあるかもしれません。

そのような場合には転職のことばかりに目を向けずに、まず必要な資格を取る勉強をして、ベストなタイミングで転職できるよう準備をすることも必要です。

3-5.体調不良があったり深刻な人間関係がある場合

もしも、今あなたが職場のことで悩んでいて、それが原因で体調不良になってしまったり仕事を休んでしまうなど深刻な影響が出ている場合、今の会社を辞めるべきかもしれません。

会社や仕事、職場の人間関係のことを考えると体調が悪くなったり、仕事に行くことができなくなってしまうようであれば、早めに医師の診断を受けましょう。

そして医師と相談のうえ、退職や転職が一番いいということになれば、それはあなたの心と体を守るためのベストな選択ということになります。

  • 辞めたい理由を書き出し、留まって解決できる問題か転職しても起こる問題かを検証する
  • キャリアアップの転職は自分のスキルを把握し必要ならさらに資格取得を
  • 深刻な体調不良や人間関係で悩む場合には医師の診断を

4.既婚のサラリーマンが辞めたい時には

じっくり会社を辞める検証をしてみて、やはり「転職するのが一番いい」という結論に至ったのであれば、思い切って転職活動をしてみましょう。

今の仕事を続けながら転職先を探すことはできるので、収入面の不安も極力減らすことができます。

人生は一度きり。

そしてサラリーマンとして働けるのは人生のなかの40年ほどです。

いろいろな不満を抱えながら働き続けるよりも、全力で自分に合った転職先を探して、満足できる環境で働く方がよりあなたの人生も充実します。

ただし、転職がベストな選択だと思っても躊躇してしまう場合があります。

それは既婚者のサラリーマンです。

家族がいる場合、自分だけの都合や考えで会社を辞めるわけにはいかなくなります。

既婚のサラリーマンが仕事を辞めたい時には、どのようにしたらいいのかお話しします。

4-1.家族の同意を得る

まずは家族に会社を辞めたいことを相談し同意を得ることが必要です。

今の会社や仕事はあなたの問題ではありますが、転職するとなると収入や生活スタイルが変わる可能性があります。

あなたの家族にも影響が出ることなので、必ず相談し同意を得るようにしましょう。

「なぜ会社を辞めたいのか」「辞めた後どうするつもりなのか」これだけはしっかりと説明できるようにしておいてください。

4-2.家族に反対されたら

家族はあなたが会社を辞めることに反対するかもしれません。

一家の働き手があなただけの場合、会社を辞めると収入がゼロになってしまいます。

また子どもがいる場合、学費や習いごとなど子どもにかかる費用もあります。

相談する時点では、次の仕事が決まっているわけではないですから、家族はこの先の生活に不安を感じて反対することも考えておきましょう。

反対された場合、決して押し切って勝手に辞めてしまったりせず、納得してもらえるまで根気良く話し合いをしてください。

4-3.辞めた後のプランを説明する

会社を辞めた後、どうするつもりなのかもきちんと説明しましょう。

「転職が決まってから辞める」「失業手当をもらいながらゆっくり次の仕事を決めたい」「自分で仕事を始めたい」など、それぞれ辞めた後のプランがあると思います。

あなたがイメージしている辞めた後について、家族に話してください。

また辞めた後の収入についてもしっかり話し合う必要があります。

配偶者も働いている場合は、転職するまでに期間があいたり、収入が多少下がっても世帯の家計が一気にゼロになるわけではないので、少し心にゆとりが持てます。

しかし稼ぎ頭があなただけの場合、仕事を辞めた後の家計についても話し合って家族に納得してもらう必要があります。

次の転職先が決まるまで貯蓄を切り崩していくのか、転職する目処が立ってから今の仕事を辞めるのかなど、辞めた後の経済的な面も家族に納得してもらうことが重要です。

まとめ|サラリーマンが会社を辞めたい場合じっくり考えて行動を

サラリーマンが仕事を辞めたくなる時は、サラリーマン人生のなかで1度や2度ではありません。

その度に転職していては、収入が上がらずキャリアを上げることも難しくなってしまいます。

辞めたいと思った時にするべき事
  • 辞めたい理由を書き出し重要度をつけ検証する
  • 転職しても起こり得る問題か考える
  • キャリアアップするために辞めるなら時期を見極める

以前とは違い、転職はどの年代でも不可能な時代ではありませんが、だからこそ安易に職場を変えることを考えずに、今抱えている問題をどう解決していけるのかを検討することが大切です。

熟考した後に、辞めることがベストだと決めたらまっすぐ前を見て、次の仕事のことを考えましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。