女性の転職

出産後の転職は難しい?出産転職で失敗しない方法とは?

女性の社会進出に伴い、女性の働く環境も変化していますが、「出産」や「育児」に関しては日本は諸外国から遅れをとっています。

なかなか会社内での理解を得ることができず、出産後に会社を辞めてしまうというケースも多いです。

また今までは残業や休日出勤などに対応できていたのに、妊娠・出産することで仕事に対する時間をかけることができなくなり、職場の人間関係が悪くなり辞めてしまう、マタハラを受けるなどといったことも起こっています。

育児の大変さなどを考え、出産を機に転職を考える女性は多いですが、どのタイミングで転職すべきか、お給料や手当が下がるのでは?と悩みは尽きないものです。

この記事では、出産を考えたときに転職をすべきなのか、また出産後に転職した場合のメリットなどについてお話していきます。

全て読み終えると、どのタイミングで転職するのがあなたにとってベストなのかということが理解できますよ!

  • 妊娠・出産を考えると転職したほうがいい?
  • 出産後の転職に失敗したケースはある?
  • 妊娠前に転職するメリットとは
  • 妊娠・出産理由の転職で失敗しないためには
 

妊娠・出産を考えると転職したほうがいい?

結婚後の妊娠・出産を考えて転職をしようと決める女性は多いですが、出産後に転職を考えるのはかなり不利になる要因が強いのをご存知ですか?

なぜ、出産後の転職が不利なのかというと、全く新しい会社でやり直すことになるのに、産後間もない赤ちゃんのお世話のため、勤務時間が短くなったり、子どもの急病で会社を休んだり、と育児には予想できないことがたくさんあります。

会社側としては、入社した以上は早く仕事を覚えてバリバリと仕事をこなしてほしいと思っています。

「勤務時間が短いうえに育児で仕事の手が回らない…」なんてことを考えると、同年代で子育てをしていない人を選ぶ確率がかなり高くなります。

また転職先も、募集時は「育児との両立ができる」と言っていても、実際に入社すると「全く違っていた」なんてことも。

そのため今の会社に特別不満がなく、育児制度が整っているのであれば転職しないという考えもあります。

「育児制度が整っていない」、「不満がある」というのであれば、結婚・妊娠前に転職をしたほうが、結果的にはプラスに働くことが多いです。

教えたくない!20代女性の転職成功メソッド|年齢別に紹介この記事では、20代女性の転職を成功させるためのポイントや企業から何を求められているのかなどをご紹介します。読み終えた頃には、転職成功確率がグンっと上がり、希望していた企業に就職できるに違いないでしょう。...

出産前後数年は、勤務条件にどうしても制約ができてしまう

出産後の転職が不利になる理由は以下の3つがあります。

  • 出産後の体調不良が戻らず長時間勤務ができない。
  • 子どもの預け先の確保が難しい。
  • 育児のために時間の制約を受ける。

このような理由で、出産後に転職先探しが難しくなるケースが多いです。

特に子どもが病気がちな場合は、発熱などで遅刻・早退などが増えてしまうと、周囲から「会社に何をしにきているんだ」と言われてしまうこともあります。

また出勤時間がなくてなかなか仕事を覚えることができず自分自身も苦労することに。

女性の場合転職時に年齢を気にする人が多いですが、最近は40~50代の女性が活躍している職場も多いです。

出産後に転職を考えるのであれば、子どもがある程度落ち着いてくる3歳以上になってから転職活動をしたほうが、自分の希望にあった職場を探しやすいでしょう。

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

出産後ワンオペ育児だと仕事が探しにくい

最近よく耳にする「ワンオペ育児」ですが、「うちは大丈夫」と思っていませんか?

出産前後で旦那の態度が変わるということはよくあることで、出産前に家事や育児分担を決めていても、それを無視して妻に育児も家事も押しつけるタイプの男性は残念ながら存在します。

また旦那さんが急に単身赴任などになったとき、近くに実家がないような場合は一人で家事・育児をこなさなければなりません。

このような状況で託児先も見つからないのに転職を探しても、家事も仕事もうまくいかないことが多いです。

うまい具合に転職先が決まっても、育児と仕事、そして旦那さんとの板挟みでノイローゼなどに陥るケースも増えているので、出産後の転職を考えるのであればやはりある程度育児が落ち着いてからがベストと言えるでしょう。

しかし周囲の協力を得ることができ、旦那さんにも家事や育児協力をしてもらえるのであれば、パートや短時間の派遣の仕事なら出産後でも比較的転職先は見つけやすいです。

出産後の転職に失敗したケースとは?

ネットなどで調べてみると、妊娠・出産後に転職活動を行い就職先が決まったものの、失敗だったという人は多いです。

具体的な例を挙げると以下のようなものがあります。

  • 転職はできたが、以前の職場と比べ給料は6割ほど、ボーナスも寸志程度で収入が激減した。
  • 育休期間の感覚が抜けず、仕事に集中できない。
  • 子どもの病気などで遅刻や早退などをすると周囲がよい顔をしない。
  • 妊娠後転職したが産休が取りにくかった。
  • 子育てで夫の協力を得ることができず、ワンオペ育児と仕事で精神的に追い詰められた。
  • 条件の良い会社に就職したが、仕事がハードすぎてついていけなかった。
  • 今までとは全く別業種で、仕事を覚えられなかった。

まだまだありますが、出産後に転職活動を行った人の多くは自分の希望に沿った仕事を探しにくい傾向があるようです。

やはり本人の希望と企業側での募集している人物像に食い違いがあるからでしょう。

またマタハラが理由で転職した会社を辞めてしまうことも珍しくありません。

このような理由から、妊娠・出産を考えた転職は、結婚・妊娠前に行うのが理想的なのです。

妊娠前に転職するメリットとは?

「なぜ妊娠前に転職したほうがよいのか?」と、疑問に思う人は多いでしょう。

妊娠前に転職することのメリットは、以下のようなものがあります。

  • 産休・育休が取りやすい
  • 育休復帰後の給料が下がりにくい
  • 出産や育児に関して周囲の理解を得やすい

上記のようなメリットがあるからといって、転職後にすぐ妊娠してしまうのはNGです。

企業によっては転職後1年は育休が取れない仕組みになっていることもあります。

また転職直後は職場内の人間関係もうまく築けていないため、転職直後に妊娠してしまうと人間関係が悪化したりマタハラの原因になってしまいます。

ベストな出産タイミングは、転職後1年以上経過したころでしょう。

周囲の人たちと人間関係を築き信頼関係を作り上げておくことで、育休や産休などを利用しやすい環境にすることができます。

また妊娠までにしっかりと仕事をこなしていき、会社にとって自分が優秀でなくてはならない存在だということを、周囲にアピールすることで職場復帰もしやすくなるのです。

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

妊娠・出産理由の転職で失敗しないためには?

妊娠前に転職活動を行う場合でも、前職から給料や手当が下がる場合が多く妊娠・出産を考えている転職であるのなら、キャリアプランを維持したままの転職は難しくなります。

転職後も正社員として働き、産休や育休を取得したいというのであれば、結婚前に正社員で転職し、落ち着いた環境の中で転職するのが無理のない方法と言えるでしょう。

一方、出産後に育児をメインとして仕事に復帰するということを考えるのであれば、派遣社員や契約社員、パートといった働き方で仕事を探すほうが転職しやすいようです。

※すぐに転職を考えている方は…

1位:『マイナビエージェント』
おすすめ度:
特徴:20代・30代・第二新卒の実績が豊富
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

2位:『doda』
おすすめ度:
特徴:自分の市場価値がわからない人にとっておき
【公式HP】https://doda.jp/

3位:『type転職エージェント』
おすすめ度:
特徴:転職者の71%が年収UP
【公式HP】https://type.career-agent.jp/

そして転職先選びに失敗しないためには、以下の3点に注意しましょう。

  • 企業の言うことを鵜呑みにしない
  • 実際に応募先企業で働く自分をイメージする
  • 今までのキャリアや知識を活かせるかどうか

求人票で「働くママが多い」とうたっていたり、企業側が「働いているママがたくさんいる」という言葉を聞くと安心してしまいがちです。

しかしここでいう「働くママ」とは、全員が自分と同じように出産で転職した人とは限りません。

「働くママ=自社での勤務歴が長く出産した人」の場合が多いので、ある程度経験や実績のある人の場合が多いのです。

また高い給与や好条件につられてあまり考えずに入社すると、自分が予想していたのとは全く違って、残業が多い・休みが取れないなどといった状況に陥ることもあります。

早く社会復帰したいという気持はわかりますが、求人内容や企業の情報などをしっかりと集めて、自分のキャリアや経験を活かせるか、今の生活環境に合うかどうかを考慮して応募しましょう。

9割の人が知らない!転職・転職活動の不安を解消する方法とは?「そうだ!転職しよう」と、思い立ったのはいいものの、実際に転職活動をはじめようとすると、いろんな「不安」が出てくるはずです。そこでこの記事では、不安を解消する方法をご紹介します。...

転職エージェント選びは慎重に!

結婚や妊娠・出産の絡んだ転職活動は1人だとなかなかうまくいかないことが多いため、必要に応じて転職エージェントを利用することをオススメします。

しかし、この時「商売っ気の強い転職エージェント」は避けましょう。

本人があまり乗り気でない場合でも、コンサルタントに乗せられてその気になってしまい、転職活動に失敗することが多いからです。

転職エージェントを利用する場合は商売っ気が少なく、女性の転職活動を親身になって応援してくれるような転職エージェントを選ぶのがポイントです。

女性の転職に強い転職エージェントはココ!失敗しないコツも徹底解説この記事では、転職活動をしようとしている女性に向けて、転職エージェントの選び方を徹底解説します。この記事を読めば、あなたにぴったりな転職エージェントの選び方がわかるはずです。あなたに合った転職エージェントを選ぶことができれば、1ヶ月後に転職をすることも難しくありませんよ!...

まとめ|出産後の転職は難しいので、タイミングは出産前がおすすめ!

妊娠や出産で転職を考える人は多いですが、出産後も正社員を望むのであれば、結婚前もしくは妊娠前に転職を行うのがベストなタイミングと言えるでしょう。

出産後に転職を考えるのであれば、育児がひと段落着いてからのほうが、条件の良い仕事を探しやすくなります。

どちらの場合も1人で転職先を探すのは大変ですので、転職エージェントを利用して、情報を集めたりキャリアコンサルタントに企業との交渉を任せることで、転職活動がうまくいきやすくなります。

転職エージェントを選ぶ時は、女性の活躍を応援している商売っ気の少ないところを選ぶようにしましょう!

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。