看護師の転職

看護師が転職しやすい時期は?転職に適した勤続年数も合わせて紹介

看護師が転職活動を始めようとする時、

「いつから転職活動を始めたらいいのか?」

と悩んでしまう方も多いでしょう。

希望する看護師の転職先を見つけるのはもちろん、退職の申し出の時期なども気になってしまうはず。

この記事では、看護師が転職する時期は何月が適しているか、また何年目に転職するのがベストかいついても解説します。

この記事を読めば、看護師が転職する際のスケジュールが立てやすくなり、転職準備を始めるなら勤続年数何年目がいいのか、といったタイミングもわかります。

いま「転職したいけれど、どの時期に動いたらいいのかわからない」といった方も転職に向けていつから動き出せばいいのかわかるはずですよ!

  1. 看護師の転職活動時期は一般企業とは違う
  2. 看護師が転職するベストなタイミングは?求人が多い時期を狙うべし!
  3. 看護師の転職は勤続年数も重要
 

1.看護師の転職活動時期は一般企業とは違う

看護師が転職するに適した時期は、一般企業の時期とは異なります。

一般企業の場合には新入社員が入社する4月や7月、半期が過ぎた10月などが多いですが、看護師の場合、繁忙期や求人が増える時期が違うので、良いタイミングで転職活動をする必要があります。

また看護師が退職する時もなるべく忙しい時期を避けて、周りの同僚や勤め先に迷惑をかけずに辞めたいですよね。

看護師の転職に適した時期を年間でご紹介します。

2.看護師が転職するベストなタイミングは?求人が多い時期を狙うべし!

看護師が転職を考える時に大切なポイントは、「求人が多い時期を狙う」そして「ボーナスをもらってから辞める」の2点です。

転職するタイミングが悪いと求人数が少なく、あなたの希望する仕事が見つからない場合があったり、競争率が高くなってしまって転職が難しくなることもあります。

また辞める時期も考えておかないと、ボーナスをもらい損ねてしまうかもしれません。

また働いている科にもよりますが、なるべく忙しくて人手が足りない時期に辞めるのは周りの方に迷惑がかかってしまいます。

さらに忙しい時期に新しい職場に転職しても、仕事の手順などをなかなか教えてもらえず苦労したりします。

辞める時も転職する時も、看護師の場合は時期を見計らうことがとても大切です。

基本的に転職したい月の約3ヶ月くらい前から、活動を始めるといいでしょう。

2-1.1〜3月

1月は看護師の求人が増える月です。

12月にボーナスをもらって年内で退職する人が多く、またそれに合わせた1月の求人や、4月の入職する看護師の募集のために求人が増えてくる月です。

ですから時間をかけて転職活動ができる方は、1月に入ってから動き始め、3月の半ばくらいまでに転職先を決めて、4月に入職という流れがゆとりがあっておすすめです。

2月、3月も同様に求人は多いのですが、4月入職に向けて多くの人が動き出し、競争率が高くなります

2-2.4〜6月

4月看護学生や転職する人の入職が終わって、4月から6月は少し求人の数も落ち着きます。

看護学生が就職してくることもあり、指導や教育など普段の仕事内容以外にも業務量が増える時期でもあります。

転職活動を並行して行うには不向きな時期といえます。

2-3.7〜9月

看護師の転職は夏ごろも悪くありません。

6月や7月にボーナスをもらって退職する人が増えるので、7月や8月は求人も増えてきます

9月ごろにまた転職先に入職する看護師が増えるので、夏のボーナスをもらってから辞める人はこの時期に転職活動をして、秋に入職を狙うといいでしょう。

8月はお盆休みがあり、休暇を取る看護師も増えてくるので忙しく、8月で退職するのは病院にとっては迷惑になります

同様に8月に新しい職場に転職すると、忙しい時期に重なって仕事の指導を十分受けられない可能性もあります。

6月または7月に退職し、転職は9月か10月くらいがおすすめです。

2-4.10〜12月

11月、12月の時期も求人が増えてきます。

12月のボーナスをもらって退職する看護師が増えるので、それに合わせて求人数も多くなります。

年末で辞めてブランクを空けずにすぐに転職したい方は、10月ごろから転職活動を初めて1月の入職を目指しましょう。

経済的に少しゆとりのある方や、「ちょっと休んでから転職したい」という方は、12月いっぱいでボーナスをもらって退職し、1月半ばくらいから転職活動を始めて4月に入職という流れがベストです。

2-5.転職活動は3ヶ月程度見る

転職活動にはおおよそ3ヶ月程度時間の余裕を持って行うことをおすすめします。

仕事をしながらだと、休みが不定期で転職先を探したり、応募書類の準備や面接の日程などなかなかスムーズに進められないこともあります。

また希望する転職先が見つからず、時間が経ってしまうことも考えられます。

さらに退職することが決まっても1ヶ月は引継ぎなどもあるため、3ヶ月くらいの期間を目安に転職の準備を進めましょう。

いつから新しい職場で働きたいのかを、生活や家族との関係などと考え合わせて、転職活動はゆとりを持って行いましょう。

4月から働きたいのであれば1月に入ってお正月休みが落ち着いた頃から、7月なら4月の入植した人が落ち着いてきてたらすぐに転職活動を始めるといいでしょう。

また12月のボーナスをもらって辞めて1月から働きたいのであれば、10月くらいから転職活動を始めるのがおすすめです。

2-6.ブランクがあって転職するときにおすすめの時期

出産や育児などで一時期看護師の仕事を離れていて復帰するために転職する場合や、今までとは違う診療科への転職の場合も、転職する時期を見計って入職するといいでしょう。

おすすめは「研修に参加できる時期」です。

4月は看護学生が入職して来るので、研修期間があります

同様に9月や10月も研修が設けられています

このタイミングで転職すると、ブランクが空いていたり未経験でも研修を受けて仕事をスタートできるので安心して働くことができます。

4月なら1月ごろから、9月、10月を狙うなら6月ごろから転職活動をスタートさせましょう。

  • ボーナスをもらってから辞める
  • 辞める時期に合わせて求人数が増えるのでその波に乗る
  • 転職活動は3ヶ月を目安に
  • ブランクが空いたり未経験の転職なら4月や9・10月を狙う

3.看護師の転職は勤続年数も重要

看護師が転職を成功させるためには、勤続年数も重要なポイントになってきます。

何年目で転職するのがベストなのか詳しくご紹介します。

転職に適した勤続年数は?

3-1.1年目

新人の看護師が転職したいと思う場合、基本的には看護師が新人のうちは転職時期には不向きです。

おすすめしません。

1年目はさまざまな勉強をまだしている最中です。

体力もあり仕事の仕方の慣れなど柔軟性は高いですが、採用する側から見ると一人前ではありませんし、即戦力にもなりません

ただハードな仕事やシフトで体調が悪くなってしまったり、希望していた科に入職できなかったといった理由で、どうしても転職したい方もいるでしょう。

新人の看護師が辞める時期でベストなのは、3月です。

次の4月に転職できれば、また研修を受けてから仕事始めることができます

3月まで働き続けられない場合、もう少し前に辞めても問題ありませんが、次の仕事を4月から始められるように準備しておくといいでしょう。

3-2.2年目

2年目もやはり転職するには早い時期といえます。

後輩の新人看護師が入ってきますが、まだ仕事の流れやシフトに慣れてきた時期で、キャリアが認められるほどの時間や経験を積んでいません。

転職先の条件も、採用してくれそうなところはあまり良い条件ではないところが多く、満足いく転職をするのはまだ難しい時期だといえます。

3-3.3年目

看護師としてそれなりに知識や技術もついて仕事をこなせるようになり、新人の研修や指導などの仕事も行えるようになってくる時期です。

心にもゆとりができ、仕事とプライベートの時間をうまく両立できるようになってくるのが3年目くらいです。

転職しても即戦力として仕事を任されるようになってくるうえ、体力もあるので与えられた業務をしっかりこなせるようになります。

転職の条件も良いものが出てくるので、希望する仕事も見つかりやすくなってきます。

しかし、一般的に「看護師は3年同じ職場で働いて一人前」と見られるところがあるので、可能であれば4年目に入ってから転職をする方が、より好条件の職場が見つかります。

3-4.4年目〜

3年間同じ職場で働いたことによって、あなたが転職するときの評価はとても高くなってきます。

まだ20代で体力もあり、通常の看護師の経験やキャリアも認められますし、新人の教育や研修などの業務もこなせます

また転職する際のあなたの理想とする働き方や職場、または今後経験を積んでいきたい分野などがはっきりしてくるため、転職先を選ぶときにも迷いがなく行動することができます。

求人を募集しているところも、即戦力になると実力を認めてくれるので採用されやすくなります

4年目以降は成功しやすい転職ができる時期に入ってくるといえます。

ただし、4年未満の間にすでに転職経験がある場合は、多少状況が違ってきます。

採用する側は「またすぐに転職してしまうのでは?」といった不安を感じるところもあるでしょう。

転職経験がある方は、「なぜもう一度転職したいと思ったのか」、「次の職場でどんな仕事をしたいのか」といったことをしっかり伝えられるようにしておくといいでしょう。

3-5.11年目もおすすめ

看護師で10年のキャリアがあるとベテランとみなされます。

管理職の仕事や、チームでの仕事も経験し、転職しても即戦力として働ける人材と評価されます

採用する側が懸念することは、一つの病院に長いとその仕事のやり方に慣れてしまっていて、新しい職場や仕事の手順などを覚えるのに時間がかかるかな、というところがあります。

柔軟性や協調性、チームでの仕事の成果などについてアピールするといいでしょう。

また10年働くと、退職金がそれまでよりもだいぶ上がります

まとまった退職金をもらえるのは11年目に入ってからなので、9年目や10年目で転職を考えている方はもう少し待って退職金をしっかりもらってから転職するといいですね。

  • 転職に有利になる勤続年数は3年目から
  • 4年目や11年目がおすすめ

まとめ|看護師が転職しやすい時期を知って賢くベストな転職を

看護師は一般の企業とは違い、転職しやすい時期があります

また未経験の転職や、ブランクの空いた後の転職に適した時期などもあるので、それぞれの環境に合わせてベストな時期に転職ができるよう転職活動を始めてください。

転職に適した時期
  • 4月の入職に向けて1月から3月まで求人が増える傾向にある
  • 2月・3月は競争率高め
  • 夏のボーナス後から秋にかけての求人も多くなる

仕事を続けながらの転職活動は、少し長めのスパンを見る必要があります。

約3ヶ月くらい前から転職の準備を始めましょう

また看護師の転職が有利になる勤続年数は3年目以降です。

できれば一つの職場で経験と知識、技術を培って、好条件の転職先を見つけたいですね。

転職に有利な勤続年数
  • 丸3年同じ職場で働いてから転職がベスト
  • 退職金をしっかりもらうなら11年目まで待つ

転職を考えるときの参考にしてください。

退職を申し出る時は、遅くとも1ヶ月前までには伝えましょう。

新しい人材の確保や引継ぎなどがあります。

周りに迷惑をかけないよう、退職の意思はなるべく早く、直接の上司に伝えるようにしてください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。