看護師の転職

美容外科の看護師の年収って?大手美容外科の給料をそれぞれ比較!

一般の看護師から美容外科の看護師へ転職を考える方も少なくありません。

美容外科に転職するために必要な経験は?」

美容外科での仕事はどのようなことをするの…?」

この記事では、美容外科の仕事内容や年収などについて詳しく解説します。

また大手の美容外科の年収もご紹介します。

この記事を読めば、美容外科の看護師の仕事についてすべてわかると言っても過言ではありません。

「美容外科に興味がある」、「美容外科へ転職したい」という方はぜひ参考にしてください!

  1. 美容外科の看護師へ転職希望する人が多いわけ
  2. 美容外科と美容皮膚科の違い
  3. 美容皮膚科の看護師の年収は
  4. 美容外科での看護師の仕事
  5. 美容外科看護師に向いている人
  6. 美容外科の看護師に向いていない人
  7. 大手美容外科の看護師の年収
  8. 美容外科に特化した転職サイト

美容外科の看護師へ転職希望する人が多いわけ

一般の病院の看護師から美容系の病院の看護師へ転職を希望する方は少なくありません。

美容外科では顔のパーツを整形したり、脂肪吸引や豊胸、脱毛、さらにヒアルロン酸注入やボトックス注射などによる美容整形などを行います。

美容外科の仕事が人気なのは、「日勤のみ」で「残業なし」、「給料が良い」からです。

一般病院勤務の看護師の年収が350万〜400万程度なのに対し、美容外科の看護師の年収は700万から1,000万円近くになるところもあります。

これは美容クリニックは基本的に保険診療ではなく自由診療のため、施術や注射の価格などをクリニックで自由に設定することができます。

そのため、収益をそのまま看護師に還元することができるのです。

夜勤がなく、定時で帰ることができて、給料が高いとあって美容クリニックの求人は人気で転職を希望する看護師も多くいるので、看護師に人気です。

2.美容外科と美容皮膚科の違い

美容系のクリニックは「美容外科」と「美容皮膚科」があります。

どちらを選ぶかによって、仕事の内容や収入も少し変わってくることがあります。

美容外科と皮膚科の差

それぞれの違いを詳しく解説していきます。

2-1.美容外科

美容外科は文字通り、外科的な医療行為を行う病院です。

顔や体へメスを使った外科手術を行います。

看護師もオペの助手の仕事ができるよう、外科手術の経験者が求められます

またオペの代金や施術費用など施術の単価も高いため、看護師の給料も高めに設定されています。

2-2.美容皮膚科

美容皮膚科の場合は、メスを使わない皮膚への施術がメインです。

詳しくは、レーザーやピーリング、ボトックス注射などによる施術、皮膚のトラブルのケアやアンチエイジングの施術などがメインになります。

そのため美容クリニックが未経験の看護師でも転職しやすく、給料面で見ると美容外科より多少低くなる傾向があります。

  • 美容外科は外科手術がメイン、美容皮膚科はメスを使わない施術を行う

3.美容皮膚科の看護師の年収は?

美容皮膚科の年収は、約400〜500万円のクリニックが多いです。

一般の看護師の年収とそれほど差がありませんが、転職して夜勤なしの日勤という働き方ができるので、働く時間と収入で考えると年収アップする可能性が高くなります。

4.美容外科での看護師の仕事内容

美容外科の看護師の仕事はオペの助手だけではありません。

さまざまな業務が一般の病院の看護師の仕事とは異なるので、転職する前に仕事内容について知っておくことが大切です。

それでは1つずつ解説していきます。

4-1.ノルマや報奨金がある

働く病院にもよりますが、施術の担当の指名の件数や、ドクターズコスメの販売などのノルマがある場合があります。

施術に来た患者さんに効果が継続するよう新たな施術法を紹介したり、術後のケアや普段のお手入れのためにドクターズコスメを紹介して購入を促す、などの営業的な行為を行う必要があります。

どれだけの指名をしてもらうか、商品を販売するかによって給料に差が出たり、報奨金としてノルマを達成した時に、一時金がもらえるようなシステムになっているクリニックもあります。

ノルマや報奨金制度があるクリニックでは、収入の上下が出てきてしまう可能性があるかもしれません。

また院内で営業成績のいい看護師と、売り上げが少ない看護師での立場や院長との関係なども変わってくることも考えられるでしょう。

4-2.患者さんではなくお客さま

美容外科では「患者さん」ではなく「お客さま」として来院する方を接しなければいけません。

病気を治すために来るのではなく、自分の希望する顔立ちや体型になるために施術を受けるので、お客さまの希望になるべく応え、満足してもらえるようなケアをすることが仕事になります。

そのため、医師の指示に従うのではなく、お客さまが主体となる関係ということを忘れてはいけません。

4-3.お盆や年末が忙しい

美容外科では顔や体の外科的手術をするので、術後腫れが引いたり、赤みが治るまでに時間がかかるケースがよくあります。

そのため、お客さまは長い休みのときに施術を受けようとする傾向があります。

1週間〜10日くらい仕事が休みで、外出しなくてもいい時間があるときに美容外科で施術を受ければ、周囲の人に気づかれにくく、顔や体の状態が元通りに戻ってから仕事に行くことができます。

お盆や年末など長期の休暇が取りやすい時期は、美容外科も忙しくなる傾向があるでしょう。

  • 施術やコスメの販売のノルマがある場合がある
  • お客さまとして接して要望に応える
  • お盆や年末年始が休めない場合も

5.美容外科看護師がおすすめな人

一般病院で看護師の経験がある方には、さまざまな違いがある美容外科の仕事ですが、向いているタイプと向いていないタイプがあります。

美容外科の仕事が合っていれば、夜勤がなく給料も悪くないので働きやすく、長く続けたいと思える職場になりますが、合わない方は給料が良くても続けられず離職してしまうケースもあります。

ここで向いているタイプに当てはまったら転職を考えてみるのも良いでしょう!

5-1.美に関心がある

美容に関することに関心がある方は向いています。

肌をきれいにしたり、エイジングケアやボディラインを整えるなど、美しくなることに意欲があり、自分自身もきれいでいたいと思う方なら患者さんの悩みともしっかり向き合えるでしょう。

5-2.おもてなしの心を忘れない

クリニックに来院する方は悩みを抱えていて改善や解消をしたいと思っています。

また施術に対する不安もあるでしょう。

患者さんの悩みに寄り添い、「美しくなりたい」という思いをかなえてあげられるよう、おもてなしの精神で接することができる方が求められてきます。

5-3.コミュニケーション能力がある

美容クリニックに来院する方は健康です。

積極的にコミュニケーションを取り、患者さんに合った施術を勧めたり、普段のケアに適したドクターズコスメの使い方や効能などを伝えることができると、売り上げに貢献することができます。

報奨金がもらえることもあるので、明るく患者さんと話ができる方は、とても有利です。

  • 美容に興味があり接客やサービスができる人
  • 会話やコミュニケーションが取れる人

6.美容外科の看護師に向いていない人

美容外科が向いていないタイプの方もご紹介します。

6-1.働く条件だけで美容外科を選んだ

「今働いている職場の夜勤や勤務がきつくて転職したい」という理由だけで美容外科を選ぶと、転職した後に大きなギャップを感じることになるかもしれません。

保険の診療ではなく自由診療で、病気や怪我を治すのではなく、なりたい姿になろうと施術を受けに来る患者さんばかりなので、看護師が行うケアはもちろん接し方も変える必要があります。

臨床と同じ感覚ではなく、患者さんがなぜ来院するのかというところから考え直し、看護師の接し方を学ばなければいけないでしょう。

6-2.営業や売り込みができない

ノルマのない職場もありますが、指名をしてもらったりコスメを販売したりすることも、院全体の目標として全員の看護師に課せられる場合もあります。

押し付けにならないように営業をするのは、臨床経験しかない方には難しいと感じるかもしれません。

施術や商品を勧めるというのがどうしても苦手」、「営業ができない」と悩む看護師の方も少なくないでしょう。

6-3.患者さんを立てられない

臨床の看護師の仕事では、あなたが医師の指示に従い、患者さんにをケアしたり服薬や治るまでの過ごし方などを指導する形が多いです。

しかし、美容外科では患者さんはお客さまです。

お客さまの希望を叶え、満足してもらえるようなサービスを提供しなければいけません

美容外科の看護師は、サービス業や接客の要素も求められる仕事なので、お客さんを立てた振る舞いをする必要があることを覚えておきましょう。

  • 向いてない人は営業や接客、サービスを行うのが苦手な人

7.大手美容外科の看護師の年収

大手の美容外科の年収について比較してみましょう。

収入だけではなく、仕事の内容や勤務時間などもしっかりチェックしてみてください。

大手の美容外科の年収を把握しておきましょう。

7-1.湘南美容外科の看護師の年収

公式ページ:湘南美容クリニック

湘南美容外科は、年間の来院者数が230万人以上、店舗は北海道から沖縄まで日本国内だけではなく海外にも合わせて101店舗を展開する大手美容外科です。

初診の予約が要らないクリニックが多く、思い立ったときに施術が受けられる手軽さも魅力。

整形や痩身、豊胸手術の他にもレーザーや点滴、注射による美容皮膚科、薄毛治療や美容歯科など幅広い分野の診療を行っています。

看護師の募集もあり、美容外科と美容皮膚科ともに看護師の求人があるのでぜひチェックしてみましょう。

美容外科

  • 業務:手術室でのオペ介助や診療補助、医療レーザー照射など
  • 月収約35万円(エリアや経験により差があり)
  • 年2回の賞与
  • 短期業績手当年4回
  • 残業がある場合、残業代全額支給
  • 9:00~18:00 または10:00~19:00で実働8時間
  • 週休2日(シフト制)

です。

採用の条件は正看護師・准看護師ともに臨床経験が4年以上あれば未経験でも応募することができます

また美容皮膚科の募集は、業務が診療補助、医療レーザー照射などになりますが、美容外科と給料や働く条件などは変わりません。

美容皮膚科の仕事の方が看護師メインで行うスライサーが多くなります。

7-2.共立美容外科の看護師の年収

公式ページ:共立美容外科

開院して32周年の共立美容外科。

北海道から九州まで全国にクリニックがあります。

大学病院や総合病院などのキャリアのある医師が在籍し、美容医療を担当しているので技術も高く仕上がりも美しく痛みの少ない施術を提供しています。

施術は必ず複数の医師や看護師が立ち合い、万全の体制で1人ひとりの施術を行います。

カウンセリングから担当する医師が行い、最適で最善な施術を提案してくれるので患者さんに寄り添ったサポートを行っています。

また働く看護師の離職率が低く、コミュニケーションを取るために食事やイベントなどを定期的に開催。

医師や看護師、スタッフ全員の仲がよくチームワークがいいのが特徴です。

看護師の採用も複数の店舗でしています。

  • 月収30万円~、パートの場合は時給1,500円~(さらに月数万円~数十万円のインセンティブあり)
  • 賞与 4ヶ月分
  • ノルマなし
  • 10:00~19:00(残業はなし)
  • 休み月8日(ローテーション)

美容外科や美容皮膚科未経験の看護師も積極的に採用しています。

7-3.品川美容外科の看護師の年収

公式ページ:品川美容外科

北海道から沖縄まで全国で38のクリニックがある品川美容外科。

今までの症例は800万件以上になります。

カウンセリングから術後のアフターケアまで、担当医がしっかりフォローしてくれます。

各施術には保証期間があり、期間内であれば再治療は無料で行えるのが特徴。

また美容外科の他に美容皮膚科やワキガ、歯科の診療やサプリ、コスメなども扱っています。

看護師の採用情報です。

  • 月収36万円以上
  • 院の目標に達した場合報奨金あり
  • 入職の祝金20万円
  • 10:00~19:00
  • 年間の休日105日〜130日

正看護師でも准看護師でも応募ができます

また未経験者も歓迎で、プリセプター制度が整っているのでしっかり仕事を覚えることができるので安心して就職ができます。

長期休暇制度があり、最長で2週間休みを取ることができます

興味のある施術をモニターで受けたり、受けたいクリニックの施術は50%割引で受けることもできるので美容に興味がある方にはおすすめです。

その他、結婚休暇や産休、育休や時短勤務など女性が働きやすい制度の他、家庭と仕事を両立できるさまざまな休暇や制度が整っているのが特徴です。

8.美容外科に特化した転職サイト

美容外科の求人を扱う転職サイトを使って看護師の求人情報を探すのもおすすめです。

働きたいエリアで求人があるのか、また給料や条件面についても確認することができます。

美容外科が探せる転職サイト

8-1.美容外科求人ガイド

公式ページ:美容外科求人ガイド

美容クリニック専門の転職サイト。

全国の美容クリニックが非公開求人も含めて約5,000件

登録後、キャリアアドバイザーがあなたの今までのキャリアや希望する働き方や条件などを詳しくヒアリングし、あなたにピッタリな転職先を探して紹介してくれます。

面接の対策や、転職先の職場環境や人間関係など求人情報ではわからない内部事情も教えてくれ、面接の日程調整も行ってくれるので初めての転職でも安心。

最短で2週間で新しい転職先を見つけることができ、スピード感を持った転職活動ができるサイトです。

8-2.美容整形ジョブ

公式ページ:美容整形ジョブ

大手から地域密着まで、美容外科や美容皮膚科などの美容クリニックの他にも自由診療を行っている病院やクリニックの看護師求人、さらには採用情報の他に一般病院の求人も扱う美容整形ジョブ。

勤務地や正看護師や准看護師の選択、フリーワードでの検索ができます。

登録してキャリアアドバイザーにあなたの経歴や希望を詳しく伝えて、非公開求人も含めてマッチする転職先を紹介してもらうことも可能です。

入職日の調整や条件面の交渉、さらに入職後のフォローなども充実しています。

転職サイトを利用して業界に精通しているキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動をするのもおすすめ

まとめ|美容外科看護師の仕事は年収以外にもメリットあり!

美容外科の看護師は、一般の看護師よりも年収が高いです。

これは単純に給料だけではなく、「日勤で残業がほとんどない」、「休みが取りやすい」といったことも考えると、仕事とプライベートを両立できる働きやすい職場と言えるでしょう。

美容外科の転職が人気の理由
  • 夜勤がない
  • 残業もほぼない
  • 美容に関する知識が増え施術を受けることもできる
  • 一般の看護師に比べて給料が良い

しかし美容クリニックでの看護師の業務内容や患者さんへの接し方は、一般の看護師とは大きく異なります。

美容外科看護師の仕事
  • オペの介助
  • 「患者さん」ではなく「お客様」に接する
  • 指名や施術、コスメ販売などノルマがある場合も

今までのキャリアを活かして美容クリニックに転職はできますが、働くときには大きく意識を変えなければいけないところもあります。

美容外科看護師に求められる要素
  • 接客やサービス業の意識
  • 売り上げを伸ばすための営業

美容クリニックは、自由診療のため臨床看護師よりも働く条件や給料面で良いところがたくさんあります

しかし臨床経験があっても美容外科の看護師で働くためには、さまざまな努力も必要となります。

転職して後悔しないよう、美容外科看護師の特徴をしっかり理解してから行動してくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。