看護師の転職

看護師1年目で転職はできる?メリット・デメリットから事前にすべきことを解説!

看護師-外来-転職-種類

何年も勉強し、国家資格に合格して看護師として働き始めても、

「入社1年目だけどやめたい…」

と考える方は少なくありません。

また、じっくり考えて「転職しよう」と決めても「看護師1年目で転職を成功させることはできるのだろうか?」と不安に感じてしまうこともあるはず。

この記事では、1年目の看護師が転職するときの難しさや、1年目に転職するからこそのメリットについても解説します。

この記事を読めば、1年目の看護師が転職を成功させるために、どんなことをすればいいのかがわかります。

転職するべきか、留まってもう少しがんばるかと迷っている方も、読み終えた後にはどうするべきかが、はっきりわかるはずですよ!

  1. 1年目で辞める看護師は少なくない
  2. 看護師が1年目でやめたいと思う理由
  3. 看護師が1年目で転職するデメリット
  4. 看護師が1年目で転職するメリット
  5. 1年目の看護師 が転職を成功させるためにまずやるべきこと
  6. 看護師におすすめの転職エージェント

1.1年目で辞める看護師は少なくない

1年目の看護師は、一般社会でいう「新入社員」にあたります。

看護学校で勉強し国家試験をパスして看護師が、働き始めた1年目に「やめたい」と考えることは実は少なくありません

正規職員で入職した看護師のうち、年度内で退職する看護師は約7.8%もいるのです。

2.看護師が1年目でやめたいと思う理由

看護師が1年目でやめたいと思う理由についてご紹介します。

希望と使命感を持って入職してもさまざまな理由から転職を考える方が多いようです。

それでは1つずつ解説していきます。

2-1.仕事が忙しい

大規模な病院や、大学病院などの仕事はとても忙しいです。

夜勤もある方は、とてもきついシフトをこなさなければいけない場合もあります。

1年目は慣れない仕事で緊張感が常にあるうえに、看護師の人数が少なくて1人ずつの業務量が多かったり、仮眠の時間に環境が違うのでなかなか眠れず、疲労が蓄積してしまうといったこともあります。

仕事の忙しさから体調を崩したり、「このまま仕事を続けていっていいのだろうか」と悩んでしまうのも1年目の看護師の方によくあることです。

2-2.残業が多い

夜勤や準夜勤などのハードなシフトだけではなく、忙しくて勤務時間内に仕事が終わらないこともよくあります。

不規則なシフトでさらに残業も多いとなると、プライベートな時間を確保するのがなかなか難しく、「休みの日は疲れてずっと寝て過ごしてしまう」という方もいるでしょう。

また病院によって残業しても残業代がつかないところもあるので、「仕事が終わらなくてやむなく残業しているのに収入が増えない」といった悩みを抱える看護師もいます。

2-3.研修や勉強会が多い

1年目の看護師はまだまだ勉強をしなければいけない時期です。

研修や勉強会への参加は欠かせません。

しかし仕事が忙しいのに、さらに研修や勉強会に参加することで、自分の時間がほとんどなくなってしまいます。

勤務時間内に参加できる研修や勉強会ならいいですが、勤務時間外や休日でも参加するべき研修や勉強会もあり、何日も連続で休みがない状態が続いてしまうこともあります。

2-4.人間関係

院内での人間関係に悩む看護師も少なくありません。

仕事でわからないことや、質問したり教わりたいことがあるのに「先輩看護師があまり親切ではなくなかなか話しかけられない」ということや、なかには「嫌がらせをさせられる」と言ったケースも。

そうなると、気を抜けない仕事をしているうえに、人間関係が悪いと病院に通勤することまで苦痛になってしまいます。

2-5.仕事のプレッシャー

看護師の仕事は人の命に関わる仕事です。

1年目でも看護師として患者さんの容態を判断し、ケアを行うことを要求される状況もあります。

勤務している科によっては、人が亡くなることが日常的な場合もあり、重大な責任感や命を預かるというプレッシャーが負担になってしまう看護師の方も多くいます。

2-6.通勤に時間がかかる

勤務している病院が僻地にあったり駅から遠い場合、通勤に多くの時間取られてしまいます。

忙しい勤務のうえ、通勤が片道1時間以上かかったりすることで、帰宅が遅くなり、自分の時間が少なくなり、睡眠時間も短くなって疲労がたまってしまいます。

この章でお伝えした「看護師が1年目でやめたくなる理由」をまとめると以下の通りです。

1年目でやめたくなる理由
  • 慣れない仕事で緊張感が常にあるうえに、看護師の人数が少なくて1人ずつの業務量が多かったり、仮眠の時間に環境が違うのでなかなか眠れず、疲労が蓄積してしまう
  • 忙しくて勤務時間内に仕事が終わらないことがある
  • 研修や勉強会に参加することで、自分の時間がほとんどなくなってしまう
  • 人間関係が悪い
  • 重大な責任感や命を預かるというプレッシャーが負担になってしまう
  • 通勤で疲労がたまる

3.看護師が1年目で転職するデメリット

1年目で看護師が辞めるデメリットについてご説明します。

国家資格を持っているので、転職できないわけではありませんが「1年目の転職」のデメリットはそれなりにあります。

ここで説明することはしっかり目を通しておきましょう。

1年目で転職するデメリットを1つずつ解説していきます。

3-1.教育が受けられない

1年目で看護師が転職すると、1人前ではないので次の病院でも研修や教育を受けなければいけません。

年度の途中で転職した場合、転職先が教育や研修の体制が整っていなかったり、人手不足で十分な教育を受けられないケースがあります。

実務経験があっても即戦力にはならないので、年度途中では教育や研修の準備ができていないことを理由に、1年目の看護師を採用しないところもあります。

また「中途半端に実務経験がある看護師よりも看護学生を新卒で採用したい」という意向の病院もあるので、転職が難しい場合があります。

3-2. 即戦力にならない

求人を募集していても、高いスキルや経験のある看護師を求めている病院では、1年目の看護師は採用してくれません

人手が足りないのですぐに即戦力になってくれる看護師を求めていたり、教育する環境が十分に整っていないという理由で、経験のある看護師だけを採用する病院もあります。

一般的に「看護師は3年働いて1人前」と考えられているので、3年未満の転職希望者を採用しないケースもあります。

3-3.不安を持たれる

1年も経たないうちに転職を希望する看護師に対して、「採用してもまたすぐ辞めるのではないか」と不安を持つ病院も少なくありません。

また1年の間にすでに1度転職をして2度目の転職をしようとする場合も、不安を持たれることは間違いないでしょう。

看護師でも転職の回数が多いのはデメリットでしかありません。

事前に、退職した理由を前向きに説明できるようにしておきましょう。

この章でお伝えした「看護師が1年目で転職するデメリット」のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 1年目で看護師が転職をすると十分な教育が受けられなかったり、即戦力にならないと断られる可能性も
  • また1年未満で辞めてしまうことを不安に感じる病院もある

4.看護師が1年目で転職するメリット

看護師が1年目で辞めるメリットについてもご紹介します。

1年目で転職をする看護師を受け入れてくれるところもないわけではありません。

では、1年目で転職するメリットを1つずつ解説していきます。

4-1.新しい環境にすぐ馴染める

1年目で転職する場合今までの職場のルールや、やり方に染まっていないので、新しい環境にすぐに馴染んで働くことができます。

そのため、教育しやすい、育てやすい人材と捉えて積極的に採用する病院もあります

4-2.体力がある

1年目の看護師は20代前半で若くて体力があります。

夜勤も問題なくこなせるので、転職してさまざまな勉強や教育を受けながら長く働いて欲しいと思う病院も少なくありません。

4-3.出産や育児で休むリスクが少ない

1年目のうちは産休や育児休暇を取る看護師は多くないので、「転職してからもしばらくはフルで働いてくれる」という期待を持たれることが多いです。

20代後半や30代の看護師は、キャリアはあるが、妊娠して休暇を取る可能性もあると採用先からは考えられてしまいます。

そのため、1年目の看護師は、しばらく仕事に注力できるという強みがあるといえるでしょう。

4-4.第二新卒を狙える

1年目で転職を考える場合、4月の入職を狙って転職活動するのがおすすめです。

第二新卒なら、転職先で研修や教育を受けることができます。

第二新卒を積極的に採用する病院もあるので、年度の途中で転職するよりも、4月に第二新卒で入職する方が、さまざまなことを教わりながら仕事を始めることができるでしょう。

この章でお伝えした「看護師が1年目で転職するメリット」のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 1年目で転職するメリットは、体力があり新しい環境に馴染みやすいと評価されること
  • 第二新卒で転職を狙える
  • 妊娠や出産の休暇をしばらく取らないだろうと思われる

5.1年目の看護師が転職を成功させるためにまずやるべきこと

1年目で転職を考える場合、まずは行動する前にじっくり「本当に転職がベストな道なのか」について考える必要があります。

5-1.今の職場のまま解決できることがあるか

看護師が働きはじめて、さまざまな経験をし「転職したい」または「看護師をやめたい」と思う理由が出てきたら、まず「転職して解決する問題か」について検証してみてください。

仕事が忙しい、残業が多いという悩みや重責のプレッシャーは、仕事に慣れて手際良くこなせれば減っていくかもしれません。

またあと1、2年がんばって続けて、転科や異動の希望を出すという方法もあります。

人間関係の問題も異動が定期的にある科ならば、先輩が異動で出ていく可能性もあるうえ、妊娠や出産で辞めたり休暇を取る可能性もあります。

今の仕事を続けながら解決できることがないか、もう一度よく考えてみましょう。

5-2.看護師を辞めようと思っている場合

「看護師を辞めて別の仕事に転職したい」と考えている方は、さらにじっくり考えてみる必要があります。

看護師の仕事から離れてしまうと、ブランクが空いてしまうことになります。

資格を持っていれば、いつでも看護師の仕事ができますが、新人で辞めてしまいブランクを空けてしまうと、看護師としてまた転職するのはとても難しくなってしまいます。

さらに看護師以外の仕事でも人間関係に問題がある職場はたくさんあるうえに、未経験での転職になるので、収入や待遇が看護師の仕事よりも必ず良くなるとは限りません

  • 転職しようかと悩んでいるときに、同じ職場の先輩や同僚に相談するのはNGです。引き止めらてしまったり、口止めしても他の人に話が漏れてしまう可能性があります。

さまざまな人から、アドバイスをもらうと冷静な判断ができなくなってしまいがちです。

1人で考えるか転職エージェントに相談するのもいいでしょう。

6.看護師におすすめの転職エージェント

「やはり転職したい」と思ったら転職エージェントを利用するのがおすすめです。

1年目だと他の病院や業界全体のことなど、まだわからないことがたくさんあるでしょう。

1人で転職活動をすると情報収集が足りなず、条件のみで判断してしまい、転職に失敗してしまう可能性があります。

看護師向けの転職エージェントならば、看護師業界に精通したキャリアアドバイザーがあなたの現在のスキルや転職の希望条件などを詳しくヒアリングして、最適な転職先を紹介してくれます。

時には「今転職しない方がいい」というように、あなたにベストなアドバイスもしてくれます。

6-1.看護roo!

看護roo!

全国の50,000件以上の求人がある看護roo!。看護師専用の求人サイトで、誰でも求人情報を見ることができますが、登録するとキャリアアドバイザーが詳しく転職のサポートをしてくれます。

サイトには載っていない入職した看護師の声を聞けたり、面接の練習や求人への応募の代行、面接日の調整などもしてくれます。

6-2.ナース人材バンク

ナース人材バンク

エリアや路線、キーワードなどから求人情報を探せるナース人材バンク。

全国の看護師求人を探すことができます。

正看護師・准看護師・助産師や保健師など幅広い職種の求人があります。

登録することで、あなたの住んでいる地域に特化したキャリアアドバイザーがあなたの希望条件を聞いて、あなたにピッタリの求人を紹介してくれます。

面接対策や面接日の日程調整、さらに入職するときの給与や働き方などの条件面の交渉も代わりに行ってくれます。

6-3.マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビが運営する看護師に特化した転職エージェントです。

登録をすると、キャリアアドバイザーがあなたのスキルや希望する転職の条件などを詳しく聞き、マッチングする転職先を紹介してくれます。

医療機関ごとに担当者が定期的な訪問を行いコミュニケーションを取っているので、職場の雰囲気や働く環境などを現職の看護師から詳しくヒアリングを行っています。

その豊富な情報収を特別に教えてくれます。

書類選考や面接に関するアドバイスなども無料でサポートしてくれます。

6-4.看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は、12万件以上の医療機関の求人情報を扱う転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングをしてくれて、最適な転職先を紹介してくれます。

条件の良い非公開の求人も多く、登録後は非公開求人からも応募することができます。

仕事の紹介時には、職場の雰囲気や離職率、看護師長の人柄など求人票にはない細かい内部事情も教えてくれるので、転職後のミスマッチを減らすことができます。

もちろん面接日調整や入職日、条件の交渉なども代わって行ってくれます。

6-5.ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは職業紹介有料事業者の認定を受けている転職エージェント。

また看護師満足度第1位にも選ばれており、全国の医療機関の転職情報と転職を希望する看護師をマッチングさせています。

各エリアに精通したエリア別担当が在籍しているので、地域性やあなたの希望条件なども合わせて最適な転職先を、非公開求人も含めた膨大な量の求人から紹介してくれます。

登録後、キャリアアドバイザーが転職するまで、転職先の紹介だけではなく、履歴書の書き方や面接対応、入職後の悩みの相談まで細かなサポートをしてくれます。

まとめ|1年目の看護師も転職できる!

1年目の看護師が転職する場合、国家資格を持っているので不可能ではありません。

しかしまだ勉強や教育が必要な時期であるため、希望する条件や働き方の仕事を見つけられるとは限らず、転職は簡単ではないでしょう。

看護師の転職のデメリット
  • 即戦力にならないので採用してもらえないケースがある
  • 転職先で十分な教育が受けられない場合も
  • 1年目の転職に不安を覚える職場もある

看護師の転職のメリット
  • 体力と柔軟性があるので新しい環境に馴染みやすい
  • 第二新卒で転職する手も
  • 出産や育児休暇を取るケースが少ないと思われる

じっくりと考えて転職するのが一番だと思ったら、転職エージェントを利用するといいでしょう

求人情報や個人で調べただけではわからない内部事情などを知ることができるうえ、非公開の求人に応募することもできます

また「転職をしようか迷っている」といった相談にもキャリアアドバイザーが乗ってくれます。

他にも応募書類の書き方や面接の対応の仕方、面談日の日程調整から条件面や入職日の交渉まで代わって行ってくれるので、働きながら転職活動する方もしっかりサポートしてもらえます。

看護師におすすめの転職エージェント
  • 看護roo!
  • ナース人材バンク
  • マイナビ看護師
  • 看護のお仕事
  • ナースではたらこ

転職エージェントのサービスはすべて無料で受けられるので、業界に精通したプロの力を借りて満足できる転職をしましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。
関連記事