転職ノウハウ

20代で転職は何回までが限度?4回はヤバイ?転職回数が多い人の志望理由は

ここ20年間、新卒入社して3割の人が3年以内で辞めるという実態があることをご存知でしょうか?

副業やリモートワークという新しい働き方も増えてくるなかで、転職をすることがポジティブに捉えられるケースも増えているのかもしれません。

しかし20代のうちに転職して良い回数はどのくらいでしょうか。

理由がどうであれ、20代のうちに「4回、5回と転職している」と聞くと採用側は不安になるのではないでしょうか。

この記事では、20代の転職回数について調査した結果をもとに解説していきます。

全て読み終えると、転職回数何回が限度なのかを知ることができますよ!

編集部
編集部
新型コロナウイルスにより、転職活動にも影響が発生しています。

これから転職活動を進める方は以下の記事を参考にしてください。

転職活動はコロナでどうなる?今こそ意識したい転職のポイントを解説コロナの影響で転職活動に動きがあるのか気になりますよね。この記事では、転職活動にコロナが影響しているのかについて詳しく解説しています。...
  • 20代の転職回数の平均
  • 男女別の志望理由
  • 何回からが転職回数が多いとみなされるのか
  • 転職回数が多いことをごまかせるの?
  • 転職回数が多くても、採用されるためには
  • 転職回数が特に問題なしとなる特例
  • 転職は癖になる
 

20代の転職回数の平均

近年、転職する人が増えてきたとテレビやネットで見聞きしたことがありますが、実際のところ20代の転職回数はどのくらいでしょうか?

大手人材企業のリクルート社調べ(2017年度)によると、20代の76%は転職経験がなく残りの24%は転職経験があるそうです。

20代の4人に1人が転職を経験しているのですね。

さらに詳細を見てみると、転職回数が1回の人がほとんどで、2回以上の人はレアケースのようです。

※20代の転職回数

  • 転職経験なし…76%
  • 転職1回経験…16%
  • 転職2回経験…6%
  • 転職3回経験…2%
  • 転職4~5回経験…1%未満

ちなみに、30代になってくると2人に1人は転職経験があり、転職回数が2~3回の人は4人に1人となってきます。

また、厚生労働省の2017年以前の調査では、30%近い人が20代で転職経験をしているという結果もあります。

いずれにせよ、20代で転職をすることは少なくない結果と分かります。

転職市場で20代前半と20代後半は何が違う?男性が転職で求めることは安定かミレニアム世代と言われる10代・20代の転職事情はどうなっていくのでしょうか?とりわけ働き盛りの20代男性にフォーカスを当てて、転職の実情をご紹介していきます。全て読み終えると、今の選択のままでいいのか自分を見つめ直すいい機会になるはずです。...

男女で転職回数に違いはあるのか、男女別の志望理由も調査

平成26年度の厚生労働省の調査によると、20代の30%近くの人に転職経験があるのですが、男女別に見ると女性の方が転職経験者数は40%と多くなっています。

ただし女性は結婚退社するケースもあり、転職ではなく退職を選ぶこともあるため、年代問わず全体的に見ると転職経験者は少ないようです。

一方男性は20代後半にかけて転職経験者が徐々に増えてくるようです。20代後半になると2回以上転職を経験している人は20%程となります。

回数に男女差はそこまでないですが、転職を経験するタイミングは、ライフイベントによって大きく左右され男女差が出てくるようですね。

転職の成功率はどのくらい?年代別の転職傾向と成功するコツも解説この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがどんなことをするべきかがわかります。「本当に期間を空けずに良い企業に転職できるのか」「今の年齢でも転職できるのか」と迷っている方でも、読み終えた後には「転職活動をしてみよう!」と前向きな気持ちになれるはずですよ!...

また、転職理由についても男女別にご紹介します。

※男性の転職理由

1位 ほかにやりたい仕事がある
2位 会社の将来性が不安
3位 給与に不満
4位 残業が多い・休日が少ない
5位 専門技術を身に付けたい

※女性の転職理由

1位 ほかにやりたい仕事がある
2位 残業が多い・休日が少ない
3位 給与に不満
4位 会社の将来性が不安
5位 専門技術を身に付けたい

このように並べてみると、男女で転職理由に大差ないようです。

しかし前年からの推移を細かく見ていくと、2009年度は男性の中で「会社の将来性が不安」がダントツ1位でしたが、2013年度から「ほかにやりたい仕事がある」が急上昇していきます。

一方、女性の詳細を見ていくと「会社の将来性が不安」はずっと3位あたりを推移しており、「ほかにやりたい仕事がある」の項目だけ、常にずば抜けてポイントが高いです。

女性の方が、会社に左右されずにやりたいことをやりたい!と思う方が多いのでしょうか。

また、直近で男女ともにもっともポイントが上がった項目としては「給与に不満」でした。男女ともに賃金に対してシビアな意見を持つようになったことが分かりますね。

転職成功時期はいつ?1年のうちで内定が一番出る月を、知っていますか。転職は自由ですが、その転職する時期は本当に正しいのでしょうか? 実は1月から12月のうち、採用されやすい時期とそうではない時期があります。この記事では、1年間で採用されやすい時期とそうではない時期はいつなのかをご紹介していきます。...

何回からが、「転職回数が多すぎ」とみなされるのか

ここまで20代の転職回数の平均値や、転職理由をご紹介してきました。

次に転職回数が多いとみなされるのは何回なのか、その理由もあわせて調査してみました。

20代は転職回数が3回だと多い

理由:「1社に3年は勤めて欲しい」という理由のため

新卒で4年生大学卒業とともに就職すると22歳ですから、3年ずつ2つの会社を経験すると28歳となります。

20代で転職を3回以上するということは、1つの会社に対して就業期間が3年未満ですね。

よって、1つのところで腰を据えて働けないのかな?という印象を受けられてしまうようです。

20代は転職回数2回でも多くて不利

理由:「またすぐに辞めるのでは?」と思われやすい

先のリクルート社の調査にあった通り、全体の25~30%が20代の転職経験者数です。確かに転職経験者は少なくないですが、企業からすると大多数の人は転職をしないので、2回でも多いと判断するケースがあるそうです。

有名企業・人気企業になると、面接設定の前の書類選考である程度振るいにかけますが、転職回数2回というだけで、書類で落とす企業もいるのは事実です。

転職回数が多いことをごまかせる?

20代の転職回数が2回、もしくは3回になると不利になることが分かりました。

どうせ不利になってしまうのであれば、職歴書や履歴書にきちんと書かずに、転職回数をごまかせないか?と考える方もいるのではないでしょうか。

結論、転職回数をごまかして書かないことはやめた方がいいでしょう。

キャリアに空白があると、余計にデメリットに感じる採用担当者もいます。

また、2社目3社目の就職履歴を省いてしまうと、面接の時の志望動機や離職理由の説明に不自然な点が出てくる可能性があります。

万が一、ばれてしまうと「不正をした」と罪を問われることもありますし、ここは正直に正しい経歴を記載するべきでしょう。

転職回数が多くても、採用されるために

「20代での転職回数が多くなってしまった…転職回数をごまかして応募することもできない。」そんな時、どうすれば転職回数の多さがネックにならないのでしょうか?

いくつかのケースをご紹介します。

転職軸を決めることが転職成功の鍵!作り方やES・面接の答え方もこの記事では、転職軸の作り方やES(エントリーシート)への書き方、面接の回答方法などを詳しく解説します。この記事を読めば、転職を成功させるために、転職軸を決めることがどれだけ大切なのかが理解できます。...

転職回数が多いことを逆にPRする方法

経験社数が多いということをプラスにとらえると、次のようにPRにもなり得ると思います。

→様々な社風・環境を経験したので変化に耐えられる

→複数の考え方、仕事の進め方を学んだので、コミュニケーション力や多角的に物事を見る力を鍛えられた

→同業界で複数渡り歩いてきたため、競合他社のメリットデメリットを把握している

→同職種で複数社経験したため、同じ〇〇という職種の中でも~と、~という仕事の進め方を共に身に付けた

このように、多種多様なものに適応する力や知識の幅広さはPRすることができそうです。

退職理由が明確で筋が通っている

無理に自分をPRしなくとも、きちんと筋の通った退職理由を伝えることも重要です。

→たしかに3年も就業期間がない場合は、落ち着かない印象を抱かれます。しかし、退職理由が明確に説明できれば問題ないそうです。

どう考えて離職をし、前職の何の経験を、次にどう活かしたいのかと具体的に落とし込めていれば採用に至るケースはあるそうです。

3か月や半年で辞めていても理由が説明できれば大丈夫

「入ってみたら想定外の業務ばかりやらされた」「社内でパワハラにあった」など、短い期間で退職する場合は特別な理由がある可能性が高いです。

ここで面接通過するためには、嘘をつかずに「なぜ辞めたか」をまず伝えること。

そのうえで、どんな実務経験を積み、短い期間ながらも何を目標に動いて、何のスキルが身に付いたかを自己分析することが大切です。

しっかりと自己分析結果を伝え、採用側の求める人物像とマッチしていれば、採用される可能性は大いにあります。

転職エージェントを使う

転職エージェントが保有する求人には、「未経験OK」や「転職回数が多くてもOK」という求人が存在します。

ただ、場合によっては紹介を断られることもあるのが現実です。

登録するのと相談だけは無料なので、登録してみる価値はあるでしょう。

転職サイトだと、「未経験OK」などの求人がありますが、転職エージェントによるサポートがないため、転職回数が多いと書類選考が落ちてしまうことがほとんどでしょう。

そのため、転職回数が多いのであれば、転職エージェントをとりあえず使ってみるのがおすすめです。

転職エージェントの書類選考の仕組みと選考率を上げるテクニックを徹底解説!転職エージェントの書類選考って通過率どのくらいなんだろうと気になりますよね。結論を言ってしまうと、会社によってまちまちです。この記事では、正式に発表されている書類選考の通過率・通過するためのテクニックをご紹介していきます。...

転職回数が特に問題なしとなる特例

実は、20代の転職回数が3~4回と多くなってしまっても、問題なしとされるケースも存在します。

問題なしになるケースは以下の通りです。

※特例

  1. パワハラ・セクハラ・給与未払いや残業代計算をごまかすなどのブラック企業だった場合
  2. 両親の介護・事故などの家庭事情
  3. 倒産による会社都合の退職
  4. 明確な理由・意思表明をもとに確実にキャリアアップとして転職している場合
  5. 仕事ができるため、取引先に引き抜かれた・ヘッドハンティングされた場合 

❶~❸、❺は分かりやすいかと思いますが、論点になるのは❹のケースでしょう。

❹の場合は、「前職の仕事を通して何を身に付け、どのような実績を出し」「次の目標はどのようなことで」「どういう理由で次の会社を選んでいるのか」と、流れを意識しながら説明できるようにしましょう。

「やりたい仕事がなかった」「人があわなかった」「残業が多かった」と端的に伝えてしまうと、この人は嫌なことがあればすぐに辞めるなと思われてしまいます。

必ず、嫌な理由を伝える場合は、前向きな内容もセットにして伝えるようにして、キャリアアップをしていることをアピールしましょう。

転職は癖になる

本来、初めての転職に踏み切るときは勇気を振り絞って動いているはずです。

しかし、2回、3回と転職を繰り返すと転職することに慣れてしまい癖になっていく可能性が高いです。

20代で4回目、5回目の転職に踏み切る前に少し立ち止まって考えてみましょう。

すべてを他責にしていませんか?

辞めたい理由を話し出すと、「上司がわかってくれない」「同僚より給与が低い」などネガティブな理由が出てくるのは分かります。

しかし、上司にきちんと時間をかけて理解してもらえるように話しましたか?同僚と比較して、自分の方が仕事は出来ているという根拠はありますか?

書類選考が通らなくなる

20代で転職回数が4回目、5回目となると急に書類選考に通らなくなってきます。

面接さえたどり着かない場合、転職エージェントを頼りながら、企業をたくさん探さないといけません。

正直手間はかかるでしょう。

転職エージェントの書類選考の仕組みと選考率を上げるテクニックを徹底解説!転職エージェントの書類選考って通過率どのくらいなんだろうと気になりますよね。結論を言ってしまうと、会社によってまちまちです。この記事では、正式に発表されている書類選考の通過率・通過するためのテクニックをご紹介していきます。...

今の会社に残る方が給与や待遇は上がるかもしれない

今の悩みは一時的であり、あと半年もすれば評価制度が変わるかもしれません。

あなたの直属の上司が異動になり、あなたをもっと評価してくれる人が現れるかもしれません。

転職をすればすべて1からのスタートですので、今の会社に残った方がメリットが多い場合もありますよ。

転職エージェントが教える年収アップの裏技を大公開!「転職することで、年収がアップすることを期待している」こんな期待を持って転職活動をしているのではないでしょうか?この記事では、どうやったら転職で年収アップできるのか、なぜ普通に転職活動をすると年収がアップしにくいのかを詳しくお伝えしていきます。 ...

まとめ|20代の転職回数は少なめにしておこう!

この記事では、20代の転職回数についてお伝えしてきました。

まとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 20代は4人1人は転職経験がある
  • 男女ともに志望理由は変わらない
  • 20代は3回から転職回数が多いと見られる
  • 2回であっても不利はある
  • 転職回数を誤魔化すのはやめておくべき
  • 転職回数が特に問題なしとなる特例がある
  • 転職は癖になる

あくまでも平均値は、20代で2~3回が限度となるので、それ以上転職を重ねる場合は慎重に進めるようにしてくださいね。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。