転職ノウハウ

転職の成功率はどのくらい?年代別の転職傾向と成功するコツも解説

「今よりももっとキャリアアップできる仕事がしたい」「給与面や残業時間など働き方が改善できるような仕事につきたい」など転職したい理由はさまざまあると思います。

しかし転職活動をしても本当に希望する業界や企業に採用されるのか、今の職場よりも条件が良いところに転職できるのか、と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

転職する年代によっても成功率は変わってきます。

「もっと若いうちに転職を考えればよかった」「この年で転職できるだろうか」と思い悩んでいる人もいるかもしれません。

この記事では、年齢別に転職の成功率を詳しく分析。

また転職に成功するためのコツについて徹底解説します。

この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがどんなことをするべきかがわかります。

「本当に期間を空けずに良い企業に転職できるのか」「今の年齢でも転職できるのか」と迷っている方でも、読み終えた後には「転職活動をしてみよう!」と前向きな気持ちになれるはずですよ!

  • 転職の成功率に振り回されない
  • 20代は転職に最適な年代
  • 3年未満の転職は第二新卒枠で
  • 30代の転職成功率も上昇している
  • 40代の転職成功率も最近は増えている
  • 全世代で転職成功率を上げるポイント
  • 転職エージェントのサポートで成功率を上げる
 

1.転職の成功率は当てにならない

転職を考える時に、年代別や性別などの転職した人の成功率はどのくらいなのか、気になってしまうのは仕方のないことです。

どれくらいの確率で転職活動をして、実際に成功しているのかを知ることで、あなたが転職に成功する可能性を測れるような気になりますよね。

しかし転職が成功したかどうかというのは、希望する企業に採用された人数だけでは判断することはできません。

採用されて働き始めてから、

  • 「希望の部署に配属されなかった」
  • 「やりがいはあるが、残業が多くて大変」
  • 「どうしても上司と折りが合わない」

など転職前と後でのギャップが生じてしまうかもしれません。

実際に数年もしくはそれ以上働いてみて、前職よりも仕事内容や待遇などが改善されて「転職してよかった。これからもこの会社で働き続けたい」と言えるのが本当に転職に成功した人と言えるのです。

転職した人のアンケートなどから出されている転職成功率というのは、転職者それぞれの主観によって大きく変わってきます。

「残業が増えたけれど給料は上がったから満足」「やりたい仕事につけたので収入が減ったが構わない」など転職に対する考え方は人によって違います。

しかし転職して満足しているなら、すべて成功と数えているケースもあります。

また転職後いつ回答したのか、その後も働き続けているのかがかわからず、正しい統計とは言えません。

大切なことはあなたがなぜ転職したいのか、どんな企業もしくは仕事をしたいのかを自分で認識し、しっかりと対策をして転職活動すれば成功を手にすることができます。

年代別に転職に成功する確率が高い低いというのはあります。

しかし何歳までなら転職が可能で、この年代になると転職が不可能になるといった線引きはありません。

それぞれの年代で転職したい場合、どんな戦略を立てればいいのか具体的に見ていきましょう。

統計の成功率はあくまでも参考に

2.20代は転職成功率が高く最適な年代

20代での転職はもっとも成功率が高いと言えるでしょう。

体力もあり、仕事を覚えて精力的にこなすことができるので、たとえ未経験の業界や仕事でも転職に成功する可能性は大いにあります。

採用する企業もまだまだ伸び代があり、転職して戦力として長く活躍してくれると期待します。

特に20代後半から30歳までの年代は、仕事の経験も積んできていて即戦力として仕事を任せられるので、中途採用をする企業としても頼もしい年代と言えます。

20代の転職成功率を上げるなら

ということに気をつけるといいでしょう。

2-1.ベストな転職時期は入社後3年経ってから

20代は転職成功率が高いとはいえ、入社して1年や2年で転職を考えるのはあまり良くありません。

採用する側にとっては「入社して3年も立たないうちに転職を考えるということはうちの会社もまたすぐ辞めるのではないか」という心配があります。

また「1年しか働いていないのでは同業種でも経験のうちに入らない」「忍耐や努力ができない人」と判断されることもあります。

転職を考える理由は人それぞれありますが、できれば3年以上働いてある程度のスキルや経験を積んでから転職する方がいいでしょう。

2-2.何度も転職を繰り返さない

20代は転職しやすい年代ではありますが、2度3度と転職を繰り返さないように、しっかりとあなたのやりたいことや方向性を見極めて企業選びをする必要があります。

転職してみて「話が違うから他を探そう」「やっぱり別の職種がいいからまた転職しよう」と転職を繰り返すことは20代にとってマイナスになってしまいます。

20代での転職は1回までと肝に銘じてください。

どの年代でも同じですが、転職する回数は極力少ない方が採用担当者には好印象を与えます。

転職先を選ぶ時には、「次の職場でずっと働く」という意気込みを持ってリサーチをしてください。

2-3.3年未満で転職するなら第二新卒枠で転職成功率を上げる

さまざまな事情でどうしても3年働かずに転職したい場合には、第二新卒として転職活動することがおすすめです。

第二新卒というのは入社して1年から3年目までの人のことを言います。

新卒よりも社会人としての基礎的なマナーがわかっているため、採用側も1から教育する必要がありません。

そのため第二新卒の採用を好む企業も増えてきています。

第二新卒として転職活動をすれば、経験やスキルを求められるのではなく、今後の伸び代を評価して採用してもらえる確率が高くなります。

また第二新卒の場合でも転職回数は1回までのつもりで慎重に企業や職種選びをしてください。

  • 20代は転職しやすい年代
  • 3年未満で転職するなら第二新卒で
  • 転職回数は1度まで

3.30代の転職成功率も上昇している

30代は責任のある仕事を任される、部下を取りまとめる役職につくなど、企業の中でも重要な役割を果たす年代です。気力も体力も充実していてまさに働き盛り。

30代は戦力として頼りになる年代と言えるでしょう。しかし30代で多くの人が転職を考えるのも事実です。

社会人として仕事をしてきて折り返し地点とも言える30代に入り、「今の会社(仕事)をずっと続けていくのか」と思う人も多くるでしょう。

また「ずっとやりたかった仕事に挑戦してみたい」「さらにキャリアアップして世界を相手に働きたい」など今まで走り続けてきてきた道でふと立ち止まり、今後の働き方や仕事について考える年代です。

30代はキャリアも経験も十分に積んで即戦力になる人材。定年までまだまだ働ける時間もあるので、最近は30代での転職成功率も上がってきています。

  • 30代は転職のためのスキルも経験も申し分なし

4.40代で転職成功率を上げることは不可能ではない

10年ほど前までは多くの人が、40代での転職はかなり厳しいという見方をしていましたが、最近は高齢化で65歳を過ぎても何らかの形で仕事をしている人が増えてきました。

人生も90年近くなってきた現在、40代での転職も決して難しくはない状況へと変わってきています。

また40代になると過去に転職した回数も1、2回ある人も一般的です。

管理職としてキャリアアップする転職はもちろん、リストラや親の介護など家庭の事情でやむなく転職する人もいます。

40代を中途採用するニーズは増加傾向にあります。採用してから定年まで働く期間も20年近くはあるので、40代になってからでもまだ転職は可能と言えます。

今まで積み重ねてきたキャリアや経験を生かした転職ならば、収入アップや管理職として好条件での採用も決して不可能な話ではありません。

40代の転職は管理職としてキャリアアップ採用も

5.全世代共通!転職成功率を上げるポイント

年代別に転職の成功率がどのようなものかお伝えしましたが、基本的に転職する年齢は成功率には関係ありません。

雇用対策法で、雇用者は採用する人の年齢や応募者の年齢上限を決めることは禁止されています。

そのため本来であれば何歳であっても求人に応募することはできます。

より転職の成功率を高めるためには、全世代に共通したポイントがあります。

これらの抑えておきたいポイントを踏まえて転職活動をすれば成功率はグッと上がります。

一つずつ紹介していきます。

5-1.入念なリサーチを

転職を何度も繰り返さないためにも、行動を起こす前に入念なリサーチをしましょう。

このリサーチはまず自分自身のことから始めます。

あなたがなぜ転職という道を選ぼうとしているのか

  • 今まで経験してきた仕事やキャリアを活かしてステップアップしたい
  • もっと大きなマーケットで仕事がしたい
  • やりたい仕事につきたい
  • 管理職として目の前の仕事だけではなく経営に関しても関わっていきたい

などさまざまな理由があります。

まずはあなたがなぜ転職を考えているのかを改めて、自分自信で理解しましょう。

そのうえで、今度は転職に活かせる経験やスキルは何があるかを考えます。

また転職する時に企業に求める条件は何かについても整理してみましょう。

あなたの求める条件すべてを満たす転職先を見つけるのは至難の技。条件の中でいくつか譲れないものを決めておくといいですね。

転職先に求める条件の優先順位をつけることによって、入社を決めるときの迷いが少なくなるうえに、本当の意味での転職の成功率、満足できる仕事を見つけることができます。

5-2.企業分析はもちろんマーケットの調査も

転職したい業界や企業についてもしっかりリサーチします。

中途採用を募集する時期はいつ頃か、採用人数はどのくらいなのか、業界自体の活気や動向などを事前に詳しく調べましょう。

そうすることで、自己分析した時のスキルや経験が転職した企業でどのように活用できるかイメージもしやすくなります。

5-3.本当に転職したい企業に応募する

「年齢的に転職が難しそう」または「何社か応募したけれど書類選考で落ちた」といったことがあると焦りが出てきてしまいます。

希望する業界の募集やあなたの求めている条件にあった企業が人材募集していたりすると、とりあえず数打てば当たるのでは、とたくさん応募したくなりますが、働きたいと思うところだけに応募しましょう。

また履歴書や職歴などの書類は、1社ずつ丁寧に志望動機や活かせる経験やスキルを書いてください。

あなたの熱意が伝わるよう書類を書くところから心を込めてくださいね。

興味がある企業やあなたの経験が活かせると思う企業だけに応募することが、書類選考の通過率を上げるためにはとても重要です。

応募したい企業が複数あったとしても、それぞれ志望動機やその企業に採用されたら何ができるかを考え、応募書類にはしっかりとした自己アピールを書くようにしましょう。

  • なぜ転職したいのか、転職にアピールできるキャリアやスキルを洗い出す
  • 転職したい業界や企業のリサーチはしっかりと
  • 行きたい企業、やりたい仕事だけに応募を

6.転職エージェントの利用で成功率UPを

転職活動を自力で行ってもなかなかうまくいかない場合もあるかもしれません。

働きながら転職活動を行うということは、企業分析をして書類を送ったり、面接の日程を仕事の合間に組んだりとなかなか大変な作業です。

また一定の期間転職活動を一人で行ってみてうまくいかない場合には、だんだんと焦ってしまい冷静な判断ができなくなってしまうことがあります。

本当に自分に合っている企業や仕事なのか、収入や福利厚生などは納得がいくか、などしっかりチェックするようにしましょう。

自力での転職活動がうまくいかない場合や、企業とあなたの経験やスキルが合うかのマッチングがうまくできない場合、転職エージェントの力を借りるのもおすすめです。

また転職エージェントは無料で利用できます

転職エージェントでできることを一つ一つ見ていきましょう。

6-1.アドバイザーのサポートがある

転職エージェントを利用すれば、アドバイザーが転職に関するさまざまなことをサポートしてくれます。

登録後にアドバイザーと面接して、あなたの転職先の希望する条件やスキルなどを話します。

アドバイザーがあなたにマッチした企業を紹介してくれます。

6-2.非公開の求人に応募できる

転職エージェントなら、個人が調べて応募できる求人サイトに載っている採用情報以外にも、一般に公開されていない「非公開求人」や、転職エージェントからしか応募できない「独占求人」などもあります。

自分で転職先を探すよりもより多くの採用情報から、あなたにもっとも合った転職先を見つけることができます。

6-3.転職先の情報を知ることができる

転職エージェントを利用することで、応募したい企業の情報を面接前に知ることができます。

キャリアアドバイザーは、人事担当者や募集している部署の管理職などと採用に関する話をしています。

アドバイザーが見た実際の社員や社風などを教えてもらうことができます。

個人で転職活動をすると求人サイトや企業のWebサイトの採用情報など限られた情報しか得られませんが、内部事情を知ることができるのです。

また過去の採用試験や合格者の傾向も知っているので、面接時に聞かれやすいことなども事前に教えてもらえる場合があります。

6-4.客観的なアドバイスをもらえる

一人で転職活動をしているとどうしても、主観でものを見てしまい、インターネット上の情報だけに頼りがちで、視野が狭くなってしまいます。

転職エージェントのアドバイザーと話すことで第三者の立場から、そして転職のプロの目線であなたにアドバイスをくれるので、最適な職種や企業を選ぶことができるようになるでしょう。

  • 転職エージェントを利用すればアドバイザーがいろいろサポートしてくれる
  • 非公開求人の応募や事前に企業内部の情報を知ることができる
  • 公平な目でベストな転職を応援してくれる

まとめ|転職の成功率はあなた次第!入念なリサーチでベストな選択を

転職の成功率は年齢で決まるものではありません。

自分のスキルや経験を活かせる転職先を選び、新卒と同じようにしっかり企業や業界をリサーチすることが転職を成功させるためには重要です。

働きながら次の転職先を調べ、書類の準備や面接のスケジュールを組んだりするのは一人ではなかなか大変です。

そんな時には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
  • アドバイザーが個別にしっかりサポート
  • 転職先企業の内情を教えてもらえる
  • 客観的でプロの目線で転職先とのマッチングを考えてくれる

転職する時に大切なことを見失わないようにして、必要ならば転職エージェントの力を借りて転職を成功させてくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。