転職ノウハウ

ガチガチ面接を卒業!緊張をほぐす5個の具体的方法と2個の心構え

「転職の面接で緊張してうまく話せなかった…」

「面接で緊張してしまいそう…」

と失敗した経験があったり、心配していたりしていませんか?

面接では「今後の状況はこの一瞬で決まってしまう」、「できるだけ良い自分を見せたい」など、ついつい考えてしまい緊張してしまうものです。

しかし、緊張によって本来のパフォーマンスが出せないと落ち込んでしまったり、良い結果が出なかったりしてしまいます。

そこで、この記事では、面接で緊張をしないとっておきの方法をお伝えします。

全て読み終えることで、緊張せず、リラックスした気持ちで面接に臨ことができますよ!

  • 緊張をほぐす方法
  • 心構え
 

緊張をほぐす方法

緊張をほぐす方法は以下の5つがあります。

緊張をほぐす方法
  • 面接へ行く前に練習する
  • 笑顔になる
  • 呼吸法で落ち着く
  • ツボ押し
  • 指先を温める

それでは1つずつ解説していきます。

面接へ行く前に練習する

緊張をほぐす一番の方法は、「面接に対して自信と持つこと、そして慣れること」です。

「結局それですか?」と思われるかもしれませんが、やはり大切なことです。

転職の面接で聞かれることはある程度予測できます。

その限られた質問だけでも構わないので、文章でまとめて、なんども声に出してイメージトレーニングをしましょう。

面接対策を行ってくれる転職エージェントも多いので活用してみると良いでしょう。

※豆知識

また大手・総合型転職エージェントの「リクルートエージェント」は、登録すると参加無料で「面接力向上セミナー」の参加が可能になります。

リクルートエージェントの面接力向上セミナーの内容は以下になります。

①面接選考の理解
→転職を成功に導くための必勝法
②面接官の立場をシミュレーション体験
→「企業視点」で求める人物像を理解
③面接で話す内容を決める
→「転職理由」「志望理由」「自己PR」の作成
④ノウハウを伝授
→自己分析方法や職務経歴書の改善ポイントなど

【公式HP】https://www.r-agent.com/info/tenriki/

トレーニングを十分行ったとしても緊張をするかもしれませんが、練習を何度もしたということが自信に繋がり堂々と話せるようになります。

あくまでポイントだけは覚えておくようにして、自然な話し方を心がけましょう。

笑顔になる

身体の神経系には交感神経と副交感神経という2種類があります。

交感神経が強くなると、人間の体は緊張するようになっています。

一方、笑顔には副交感神経を活性化する力があり、緊張を解く効果があります。

疑似的に笑顔を作っても効果があるので、表情を柔らかくするのもかねて笑顔を作ってから面接へ向かいましょう。

呼吸法で落ち着く

腹式呼吸のやり方

緊張をすると心拍数はどんどん上がっていくようになっています。

そこで、特殊な腹式呼吸を行うことで心拍数を下げ、緊張状態をほぐす方法をご紹介します。

その腹式呼吸の方法とは、「目をつぶり、お腹に手を当てて、1,2,3,4拍で鼻から息を吸い、同じく1,2,3,4拍で鼻から息を吐く。これを4回繰り返す」というもの。

この呼吸の効果を実験したところ、この呼吸をすると心拍数は1分で20以上も下がり、さらにはリラックスさせる副交感神経の数値も上がったという結果も出ています。

ツボ押しでリラックス

緊張をほぐすツボ出典:あがり症の原因・克服ナビ

手のひらには緊張をほぐすツボがあります。

面接の前にこっそりギュギュっと押すと緊張が薄れていきます。

  • 労宮:ここをじっくりと押して、ゆっくりと離す動作を5回ほど繰り返す。
  • 神門:ぐりぐりとゆっくりと、回しながら指圧する。
  • 内関:親指で強く押したり、ぐりぐりと刺激する。

指先を温める

人は緊張すると指先の温度が下がるのを知っていましたか?

緊張すると血液を体内の中心部に集めようとするので、必然的に指先の温度が下がります。

反対に指先を温めてあげると身体はリラックスするようになっています。

面接のときに指先を温めるオススメの方法は、身体のなかで比較的温かい部位である太ももに手を置くことです。

これでしたら面接中でもさりげなくリラックス効果を得られます。

面接のときの心構え

面接のときの心構えは以下の2つがあります。

面接のときの心構え
  • すでに評価されていることを思い出す
  • 面接官の気持ちを考える

それでは、1つずつ解説していきます。

すでに評価されていることを思い出す

面接の前に書類選考をしましたか?もし書類選考が通っているのであれば、すでにあなたの経歴などに納得して面接をしていることを忘れないでください。

そもそも面接とは、会社が一緒に働ける仲間を見つけるために行っています。

あなたを落とすために面接をしているわけじゃありません。

思い描く人物像なのかを確かめることが面接の目的です。

安心して面接を受けてください。

すでにあなたは評価されているのです。

面接官の気持ちを考える

面接官と話をすることは緊張すると思います。

ただ、面接感も大変な仕事だということを理解しましょう。

限られた時間の中であなたのポテンシャルの部分を引出し、本当に一緒に働ける人なのかどうかを見抜く必要があります。

しかし、その質問をしたことで相手が委縮し、本来の力が出せなかったのではないかと感じ、落ち込む面接官は意外と多いです。

その場合は、あなたができるだけ面接を良い空気にして変えられるくらいの気持ちでいましょう。

面接官も人間です。

怖がらずに接するようにしましょう。

まとめ|面接でガチガチに緊張するのはもう卒業!

この記事では、面接でガチガチに緊張するのを防ぐ方法と心構えをご紹介しました。

まとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 面接へ行く前に練習する
  • 笑顔になる
  • 呼吸法で落ち着く
  • ツボ押し
  • 指先を温める
  • すでに評価されていることを思い出す
  • 面接官の気持ちを考える

「些細なこと…」と思ってしまうかもしれませんが、面接は人生のうえで大切な場面です

緊張を上手にほぐして、あなたを思う存分アピールし転職を成功させましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。