転職ノウハウ

【男性】あなたの髪型は大丈夫? 面接に勝ち抜く為のヘアースタイル

「転職活動はどんな髪型をすればいいんだろう…」

こんな疑問を抱いていませんか?

転職活動をはじめようとしている方、これから面接の予定を組んだ方は「どんな髪型をすれば、面接官に好印象を与えられるんだろう…」と悩んでしまうはずです。

ほとんどの場合、面接官とは初対面になりますので、第一印象や見た目をよくすることはとても大事です。

結論から言ってしまうと、服装やヘアースタイル等、身だしなみで清潔感を面接官にアピールすることができれば、面接で好印象を与えることができます。

この記事では、転職活動で好印象を与える男性の髪型をご紹介していきます。

全て読み終わると、あなたがどんな髪型をすればいいのかがわかるので、あとは髪を整えるだけになるでしょう。

  • 面接にふさわしい髪型
  • 流行りの髪型はOK?
  • 基本と鉄板の髪型
  • 短くしすぎるのは注意
 

面接に相応しい髪型ってあるの?

面接に相応しい髪型は、もちろんあります。
※業種によっては多少の違いはあるかもしれませんが、この記事では一般企業に的を絞って解説します。

まず長髪や茶髪にするのは良くないでしょう。

あなた自身の個性やポリシーを大切にしたいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、よほど自由な職場でない限り、難しいと言えるのが現状です。

一般的に面接官は中年の男性や女性であることが多いので、彼らに好感触をもってもらえるようなヘアースタイルにするのが無難だといえるでしょう。

流行の髪型で面接に向かうのはOK?

ツーブロックの男性

最近ではツーブロックなどの髪型が流行っています。

サイドとトップの髪の長さを極端に変え、フワッとかぶせる的なヘアースタイルは、今の世代に人気が高く、主に若い男性に支持されています。

社会人に聞いたアンケートの結果に「社会人としてツーブロックはしても良いか?」という質問に対し、肯定と否定がほぼ半々でした。

アンケートに答えた方の声としては「派手なものでなければいいのでは。」という肯定的な意見もありました。

一方で「ツーブロックなどはビジネスシーンでは通用しない。」というような厳しい意見もありました。

これらの意見をまとめると、流行に乗った髪型で面接に向かうのは、リスクを減らすためにも避けた方が良いでしょう。

少なくともメリットはないです。

基本と鉄板の髪型

ベストな髪型

「黒髪」、「ショート」のヘアースタイルであれば、面接官からは清潔感や爽やかさで好印象を持ってもらえる髪型だといえます。

他にも、前髪の長さは眉にかからないようにすると良いでしょう。

おでこを出していると明るい快活な印象を与える事ができるからです。

サイドは耳、襟足はYシャツの襟にかからないように注意しましょう。

面接官はあなたが思っている以上に第一印象を大切にしています。

ここを怠ってしまうだけで、せっかくのチャンスをふいにしてしまうのはもったいないので、気を引き締めていきましょう。

最後に、もみあげの長さもチェックしておくのも忘れないようにするのもポイントです。

短すぎず長すぎず適度な長さでカットしてもらえば、髪型で悪い印象を与えてしまうことはなくなります。

面接のときにしていく好印象の髪型をまとめると以下の通りです。

  • 髪の色は黒
  • 長さは短め
  • 前髪は眉にかからないようにする
  • サイドは耳や襟にかからないようにする
  • もみあげは適度な長さにする

短くするのもあまり良くない

勘違いしてしまう人が多いのが、短ければ大丈夫と考えてしまうことです。

ある企業の人事担当者の話で、こんな話があります。

営業職の中途採用の面接に30歳の前職は工場労働をしていたという青年が面接を受けることに。

面接官のもとへ郵送されてきた履歴書の写真は黒髪、ショートと、見た目がよく好感が持てていた。

しかし、面接日当日にやって来た青年の姿を見て愕然。

青年の髪型はスキンヘッドだったのです。

そのときの面接は残念な結果になってしまい、担当者は「履歴書の写真のまんまの風貌で来てくれたら採用にしてたかも。」とのことでした。

もちろん、髪型以外のところでも何か問題点があったのかもしれませんが、第一印象をよくするにこしたことはありません。

短すぎるのも良くないので、第一印象でウケが良さそうな髪型にしましょう!

まとめ|あなたに合って清潔感がある髪型をしよう!

最後に長い人生の中のほんの一瞬の出来事、面接において、どれだけ見た目がいかに大事か、少しはお伝えできたかと思います。

たった一瞬の出来事で、採用が左右することもありますので、日頃から髪型をはじめ、第一印象を意識しておくことが大切です。

もちろん、髪型だけで面接の合否が決まるわけではありませんが、小さな積み重ねが結果につながります。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。