転職ノウハウ

転職で面接に受からない理由知ってますか?ポイントと対策を解説!

業界未経験でも非常にいいものを持っているのに、

「面接でなかなか受からないなぁ…」と悩んでいる方もいるでしょう。

この記事では、面接には受からないけど「惜しい」方がどう面接に対する、また転職活動に対して何をどう改善すればいいのかお話をしたいと思います。

この記事を読めば、ほんの少しだけ受かる人材に変わります。

決定的なワンピースが足りない?あなたの面接

まず前提として完璧な人は存在しません。

採用企業もそんな当たり前のことは分かっています。

ただ、それ以上に面接に受かる人、落ちる人では決定的なワンピースが存在しています。

能力があるのに面接で落ちるのはなぜか

では本当に能力があるのに面接で落ちてしまうのは、「インプレッション(印象)」です。

つまり、印象操作ができていないというのが答えです。

裏を返せば書類選考の段階であなたのやって来た仕事や経験は見ているわけですから、会う前からダメなわけではありません。

会ったときのインプレッションがダメだから面接に落ちてしまうのです。

面接は企業にとって「検証」の場です。

面接で落ちるということは例え能力があったとしても、検証の場で下手を打ってしまえば能力がないとみなされ面接に落ちてしまうのです。

あなたが能力はあるのに面接で落ちているのは見せ方が下手なのです。

見せ方というワンピースが足りていないから面接で落ちているという可能性があることを知っておくと同時に、自分はそれにあてはまるのか見直してみましょう。

あなたは大したことありません。いい加減目を覚ましませんか?

では、なぜインプレッションが悪くなるのでしょうか。

インプレッションを悪くする最大の要因は偉そうだったり、空気を読まずよくしゃべるということだったりということが挙げられます。

面接官はあなたの武勇伝を聞きたいわけではないので、偉そうに話をしたり、これでもかとしゃべりまくったりするのはご法度です。

相手が聞きたい情報を誠実にかつ端的に答える。これこそインプレッションを上げる正しい答え方と言ってよいでしょう。

不安だから情報をたたみかけるようにしゃべりすぎてしまう方も直しましょう。

適切な回答ができる人が受かるので、こういう方は逆に開き直り端的に答えるようにしてください。

受ける業界を間違えていませんか?

これは営業職の選考にありがちなことですが、ちゃんと的確に端的に答えていても、ある業界では評価され、ある業界ではまったく評価されないケースというのは非常に多くあります。

例えば、私が属している人材紹介業出身の人材だと、メーカーへの転職は合わないと判断されるケースがあります。

なぜなら同じ営業職だったとしても、業界により売り方が全く異なりますし、あなたは無意識に現在所属している会社の仕事に合わせようと努力しているため、逆のルート型の営業スタイルが合わなくなっていることも少なくありません。

同業他社に転職したい!即戦力でも内定が出ないケースも多いこの記事では、同業他社に転職するときの面接の心得なども含めご紹介していきます。全て読み終えると、同業他社の転職が成功しやすくなるに違いないでしょう。...

また、もしかしたら「その商習慣そのものが合わないかもしれない」と面接官がバイアスをもった状態で面接をしている可能性もあります。

上記のようなことを想定したうえで、企業側の欲しい人物像や働き方をしっかり考え「自分は合う」と提案するくらいの気持ちで面接に臨むくらいが丁度いいでしょう。

無理矢理合わせる必要はありませんが、ありのままで受かるという気持ちは捨てましょう。

目先の金で転職する奴は転職に成功しない

よく年収を上げるために未経験業界、未経験職種を受けたいという方がいますね。

そんな方は今すぐ転職をやめてください。

確かに結果年収が上がるというケースは存在します。

ただそれは現職や前職の年収がひどいか、かなり有能な方かどちらかです。

あなたはなんの戦力にもならない状態から、会社にご飯を食べさせてもらうことになります。

それを理解していますか?理解していたらそんな荒唐無稽な話はありません。

それを言っていいのは実力がある人だけです。

一方で高い給料の提示をされた時、それはすなわち給料に見合った成果を短期で出せというプレッシャーです。

実際、とある平均年収の高い上場会社は最初の1年は徹底して育成をし、成果を無視するという方針を立てているため、年収300万そこらの年収で採用する会社もあるくらいです。

業界、業種未経験の方が目先の金のための転職をするというのは、原理原則からもあなたのためにも決して勧めません。

お金は働いて結果を出してもらうものです。

そのため、採用側は目先の金を増やす転職をする人間を例外はあれ、決して良しとしません。

転職エージェントが教える年収アップの裏技を大公開!「転職することで、年収がアップすることを期待している」こんな期待を持って転職活動をしているのではないでしょうか?この記事では、どうやったら転職で年収アップできるのか、なぜ普通に転職活動をすると年収がアップしにくいのかを詳しくお伝えしていきます。 ...

別にパーフェクトな人間を振る舞うことではありません。人間得意なこと、苦手なこともありますし、若い人なら醸成されていないことも多いでしょう。

ただ、採用が考えていることなどをある程度想定して、どう対策をするかということが必要だということをお伝えしたくて、少しパンチの聞いた伝え方をしました。
次章では、改善の方法についてお話をしたいと思います。

何を改善すればいいか

それでは業界未経験の方は何を改善すればよいのでしょうか。

いくつかの観点から改善すべき点を解説します。

一番改善すべきは頭の中

まずは転職に対する考え方や姿勢を考えていきましょう。

一番変えなければならないのは、転職は「ゴール」だという考え方です。

転職はあなたがやりたいことを実現すること、また成果を出すために行う「方向転換」であり、転職をするということは成功のためのプロセスです。

そのため、その権利を勝ち取るためにどうすればいいのか、何がアピールできていけばいいのかということを考えるのは勿論のこと、あなたが転職で勝ち取るものは何かを明確にしてください。

間違えても転職して年収を上げること、ただ残業時間を減らすということを目的にするのはやめましょう。

転職をして成果をだして年収を上げる、残業時間を減らし、効率的に働いた結果成果を出せるなど「成果」ということをゴールに考えることが大事です。

転職エージェントが教える年収アップの裏技を大公開!「転職することで、年収がアップすることを期待している」こんな期待を持って転職活動をしているのではないでしょうか?この記事では、どうやったら転職で年収アップできるのか、なぜ普通に転職活動をすると年収がアップしにくいのかを詳しくお伝えしていきます。 ...

面接はあなたの独演会ではない

面接はあなたが自慢話をしたり、延々と冗長的な話をしたりする場ではないということは上述でお伝えしました。

面接はあなたを売り込むための「商談」の場です。

商談をするためには事前の情報収集、また商談の場で相手の空気を読み、かつ自分の主張をする「バランス感覚」が求められます。

商談の場なので勝負に行くときもあります。

時に相手に勝ち負けを委ねに行く場面もあるでしょう。

絶対に勝てる商談などありませんが、勝つための準備をしたり、勝負に行くときは勝負に行ったりと覚悟を見せることも大事です。

自分の言いたいことをすべて主張せず、シンプルな回答に徹する、時に熱く伝えたいときはあえて尺をもって話すという強弱も必要でしょう。

勝つためには円滑でシンプルなコミュニケーションと勝負に行く主張とを交えて売り込むのが大事です。

このようなコミュニケーションこそ「できる奴」というあなたのインプレッションを上げるコミュニケーションとなるでしょう。

仮説を絶対だと思ってはいけない

どうしても目指したい業界があるならそこに向かって戦えば良いでしょうが、何をしていいのか分からなくて「たぶんやりたいのはコレだ」という仮説のもと、面接を受けている方もいるでしょう。

でも面接に落ちていくなかで、「本当にやりたい仕事」や「これが自分の目指す道か」を疑ってください。

このプロセスは、面接を受ける中で自分の目指す道に徐々に近づいていき、本当に目指すべき道が明確になってきます。

常に自分の志向に対しPDCAを回していき、最適を探ってくというのも大事です。

あなたの立ち位置を知りましょう

今は空前の売り手市場だと言われています。

そのため、求職者において自分が偉いと思っているケースが散見されます。特にこれは高学歴、大手出身の方に見られる傾向です。

しかし、よく考えてください。

あなたは何の戦力にもならない状態で養ってもらう「ヒヨっ子」です。そのことを自覚しておきましょう。

そうすることで謙虚さが生まれ、面接官に対し無礼がないように接しようと考えるはずです。

また、そういう姿勢こそがあなたのインプレッションを上げることに繋がるのです。

仕事は改善の連続です。
改善や変化を自分で起こせない人は仕事でも役に立ちません。なぜなら常に世の中は変化し、ビジネスの世界はその変化に合わせないといけないからです。

そんなビジネスの世界で生きていくために、たかだか面接で変化を出せない方は勝負ができません。面接においても常に改善意識を持ち、臨むと良いでしょう。

まとめ|面接で落ちる理由を考えよう!

いろいろお話しましたが、結局面接はインプレッションが占める割合が大きなイベントです。

そのためにもインプレッションの良い行動を目指していきましょう。

そして、このインプレッションはあなたの振る舞いはもちろんのこと、あなたの考えや熱意、目標意識などを変えていくことで改善されていくものです。

面接で結果の出ていない人は上記のような変化を自分の中で作っていますか?

作れていないのなら今すぐ変わるための努力をしてみましょう。

根本を変えてるのも良いでしょう。

そして、あなたはこの面接の中でたとえ落ち続けていたとしても改善を繰り返し、自分が働きたい企業での就職が決まったとき、「変化」や「改善」の重要さに気が付くのです。

改めて、インプレッションと改善というこの2キーワードを武器に、明日からの面接に臨んでみてはいかがでしょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。