転職エージェント

本当に転職エージェントが信用できない…!対処法と担当変更方法

「転職エージェントが信用できない…」

「わざわざ面談に行ったのに担当の態度が悪すぎる」

こんな悩みがありませんか?

結論を言ってしまうと、「すぐに担当を変える」もしくは「転職エージェントを変える」べきです!

この記事では、転職エージェントとして実際に活躍している現役の人に、信用できないエージェントの特徴を聞き出したものをまとめました。

全てを読み終えると、私が信用できないと思っていたエージェントはやっぱりおかしかったんだ!ということに気づくことができるでしょう。

信用できない転職エージェントの変更方法も例文付きで解説しているので参考にしてくださいね!

  1. 転職エージェントが信用できない全理由
  2. 【例文付き】担当者を変えて欲しいときのメール文章
  3. 転職エージェントと上手く付き合う方法
 

目次

1.転職エージェントが信用できない全理由

転職活動をはじめるとき、転職サイトだけではなく転職エージェントを使えば、より多くの求人に出会うことができます。

しかし、転職エージェントの口コミには悪いものも多く、信用できないと感じることもあるでしょう。

信用できないレベルの低い転職エージェントを避け、うまく転職活動を進めるためには、信用できるかを見極めることがポイントです。

ただ口コミだけで判断できるわけでもないため、信用すべきではない転職エージェントを見極めるための特徴を以下にまとめました。

それでは、信用できない転職エージェントの特徴を1つずつ詳しく解説していきます。

1-1.新人である

あなたの担当が新人のキャリアアドバイザーであれば、変えた方がいいかもしれません。

つまり、あなたが登録した転職エージェントの会社に入社して間もない人が担当だったというときです。

なぜなら、入社して間もないと業界の知識・経験が薄いことがあるからです。

大手転職エージェントの場合、新卒入社後すぐにキャリアアドバイザーとして現場配属されることはよくあります。

また、どのようなエージェントでも、「人事経験はあるけど転職エージェントでの仕事ははじめて」という方が担当になるケースはよくあることです。

エージェントとの最初の面談のときに以下のポイントをチェックしましょう。

  • 担当が若いかどうか
  • 年齢は落ち着いているが発言内容がやや浅くないか

上記のポイントをチェックのうえ、「若い」もしくは「発言内容が浅い」と感じた場合には、「失礼ですが、キャリアアドバイザーは何年目ですか?」とストレートに聞いてしまっても良いでしょう。

そこで、もしあなたがベテランのキャリアアドバイザーを望むようであれば、担当を変え流ことをおすすめします。

ベテランのキャリアアドバイザーの場合、企業とのパイプも太いため、コネなどが使える可能性があります。

1-2.連絡が遅い・連絡が来ない

せっかく相談をしたのに、求人の提案をまったくして来ない、メールの返事がいつも遅いエージェントは利用を控えておきましょう

ただし、相談したタイミングで運よく求人がない場合もあることは頭に入れておきましょう。

条件の良い求人は人気であることが多いため、埋まってしまいやすい傾向があります。

キャリアアドバイザーが複数の求職者を対応していて、業務をさばききれていない、連絡を忘れていたというケースもあります。

その場合は、他のキャリアアドバイザーに変えてもらうか、転職エージェントを変えるか、もしくは登録したそのエージェントに問い合わせてみるのもいいでしょう。

編集部
編集部
転職エージェントから放置された場合は理由があるかもしれません。以下の記事で確認してみましょう。
転職エージェントに放置される理由!連絡が来ないときの対処法は?転職エージェントに登録したが連絡が来ないというお悩みがありますよね。この記事では転職エージェントに放置されてしまう理由と、放置されてしまったときの対処法をご紹介します。この記事を読めば、転職エージェントから放置されてしまった原因がわかりますよ! ...

1-3.希望に沿わない求人を紹介される

転職エージェントの中には、「~社応募すれば、少なくとも~社は受かる」というKPIをもとに、とにかく数多くの求人を提示してくる方針のところもあります。

数多くの求人に応募することは、転職活動でひとつの成功論ではあるものの、求職者の希望や意見を一切聞かずに、提案を続けてくる場合は要注意です。

提案された求人に違和感があれば、「この求人はなぜ私に提案いただいたのですか?ポイントを教えてください」など、意見を求めることをおすすめします。

まともな回答が得られない場合は、即座に別の転職エージェントへ乗り換えをしましょう。

1-4.勝手に応募されている

転職エージェントの悪い口コミで、知らない間に勝手に応募されていたという話がよくあります。

例えば、以下のような口コミです。

応募したい企業様がないことを伝えると、とりあえず応募しろとしつこいです。あれこれ理由を言われます。私の担当エージェントは男性で、強く言われ怖かったです。応募しませんとはっきり言えなかった自分が悪いのですが、その日提示された中からエージェントが選んで20社ほど勝手に応募されてしまいました。

出典:ベストワーク

上記の方の場合、20社も勝手に応募されてしまったとのことです。

20社も応募する必要は全くありません。

もし、このように提示された求人に対して全て応募されてしまった場合は、即座に転職エージェントを変更しましょう。

こうなってしまうのは、書類選考率が3割程度とされる転職市場が背景にあるため、まずは1社でも多くの求人に応募しないと始まらないと考えるキャリアアドバイザーが多いことが原因で起きてしまうことがあります。

あながち間違っていない手段ではあります。

ただ、このようなキャリアアドバイザーは、勝手に応募することを悪いと思っておらず、書類に通ったタイミングで求職者に知らせて応募意思を獲得しようと考えている場合が多いです。

多くの求人で選考に進める可能性が上がるというメリットはあるものの、勝手に応募されるのは気持ちの良いものではありません。

このような対応をされた場合は、「なぜ勝手に応募したのか?」と理由を聞いたうえで、納得できなければ他の転職エージェントに切り替える方が良いです。

1-5.電話のみの対応

対面で直接、話した方が求職者と転職エージェントの間で、ミスコミュニケーションが生まれないというメリットもありますが、何でもかんでも電話してくるエージェントも困ってしまいますよね。

応募条件や求人の詳細は、メールで送ってもらった方があとで内容を細かく見返せるメリットもあります。

しかし、電話対応のみだと、「言った」、「言わない」のトラブルになりかねません。

そのため、メール対応を拒むキャリアアドバイザーは怪しいので、利用を控えても良いでしょう。

1-6.転職を急かされる

転職エージェントが企業へ求職者を紹介したときは、紹介手数料としてエージェントに100万円以上のお金が入ります。

そのため、求職者がどんなに迷っていても、「早く転職をしましょう」、「早く内定承諾をしないと求人がなくなります」と言ってくる場合があります。

実際のところ、1週間~1か月の間で転職を決めなかったとしても求人はなくなりません

キャリアアドバイザーが自分本位で転職を急かしてくるなと感じたら、

  • 「なぜ今のタイミングで転職をしなくてはいけないのでしょう?」
  • 「本当にこの内定は、今すぐ承諾しないと取り消しなのですか?」

と、直接聞いてみることをおすすめします。

編集部
編集部
転職エージェントが急かすようなことがあれば、以下の記事を参考に行動に移した方が良いでしょう。
だまされるな!転職エージェントが急かす理由と対処法転職エージェントが求人に応募させようとしてくるとお悩みですよね。この記事では転職エージェントが急かす理由をご紹介します。これを読めば転職エージェントのアドバイスを信じるかどうかの判断ができるようになりますよ!...

1-7.発言が日々変わる

キャリアアドバイザーの発言や提案がコロコロ変わっていると、どうしても信頼できなくなってしまうでしょう。

多いところで1日に3人~6人ほどの求職者と面談しています。

キャリアアドバイザーも人間なので、この方と何を話したのか?どのような提案をしたのか?などを忘れてしまうこともあります。

お互いにどのような話をしたのか、きちんと議事録をとっておくことが大切です。

面談しっぱなし、電話で話しっぱなしにすると、お互いに何もメリットがありません。

もし忘れらてしまうと、その時間も無駄なうえに、何も進展がありません。

しかし、どのような話をしたのか議事録をとっておくことで、「先日はこんなお話をしていましたが…」と、逆に転職エージェントをコントロールできます。

極端に発言が変わる場合は、あまりあなたのことを重要視しておらず、真剣にキャリア相談に載ってくれていない可能性もあるので、信じられない場合はすぐエージェントを変えましょう。

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • 新人である
  • 連絡が遅い、連絡が来ない
  • 数で転職成功率をあげようとしている
  • 勝手に応募されてしまう
  • 電話のみの対応
  • 転職を急かされる
  • 発言が日々変わる

上記のようなキャリアアドバイザーだった場合は、早急に変えるべきです。

続いて、もし上記のキャリアアドバイザーに当たってしまった場合の対処法をお伝えしていきます。

2.【例文付き】担当者を変えて欲しいときのメール文章

ここでは、各転職エージェントの担当変更の申し出先や、問い合わせの窓口をお伝えします。

「この転職エージェントを信頼していいのかな…」

「担当のキャリアアドバイザーの対応に不満がある…」

という場合は以下の問い合わせ窓口を利用してください。

キャリアアドバイザーの変更をしたいときのメール例文はこちらをクリックするとジャンプします。

マイナビ転職エージェントのお問い合わせ窓口

以下のURLは、ログイン情報、会員情報の変更やスカウトサービスの設定などを行ったり、各種問い合わせをするページです。

こちらのお問い合わせフォームから担当のキャリアアドバイザーを変更もしくは退会することが可能です。

マイナビエージェントの担当変更方法

dodaエージェントのお問い合わせ窓口

キャリアアドバイザーの担当変更を申請できる問い合わせ先です。dodaのキャリアアドバイザー変更方法

type転職エージェントのお問い合わせ窓口

type転職エージェントの総合お問い合わせページです。

退会を希望する場合は、MYページ内から申請を行います。

キャリアアドバイザーの変更については詳しく記載がないため、同じお問い合わせ窓口から問い合わせてみましょう。

リクルートエージェントのお問い合わせ窓口

転職サービスの退会から、担当のキャリアアドバイザーの変更、リクナビNEXTのサービスとの違いなどをQ&A方式で紹介しているページです。

リクルートエージェントの転職サービスを退会したい方は以下のURLからジャンプできます。

パソナキャリアのお問い合わせ窓口

パソナキャリア は登録完了時に送られてくるメールに、担当変更や退会したい旨を記載し、返信をする流れです。

パソナキャリアの利用に関するQ&Aページです。

転職エージェントの断り方

転職エージェントの断り方は、以下の記事で状況別に詳しく解説しているので参考にしてください。

シンプル!転職エージェントの断り方【そのまま使える10つの例文あり】この記事では、元転職エージェントが転職エージェントの断り方を状況別にご紹介します。この記事には、そのまま使える例文を掲載してるため、すぐにでも断ることができます。また関係が悪くなることがないような断り方をご紹介しているのでご安心ください。...

3.転職エージェントと上手く付き合っていく全テクニック

ここでは、転職エージェントと上手く付き合っていくテクニックをお伝えしていきます。

転職を成功させるためには、以下のポイントをおさえておくことで転職の成功確率がグンっと上がるはずです。

それでは上記の上手く付き合うテクニックを1つずつ解説していきます。

1.複数の転職エージェントに登録

まず、複数の転職エージェントに登録をおすすめします。

なぜなら、複数の転職エージェントに登録することで

  • 自分に合った求人を見つけやすい
  • 質のいいキャリアアドバイザーが見つかりやすい
  • 完璧な応募書類や自己PRが作れる

などのメリットがあります。

ただ登録するのを1社だけに絞ってしまうと、担当のキャリアアドバイザーが良し悪しもわからないでしょう。

つまり、比較ができないということです。

どの転職エージェントも3分ほどで登録が終わるので、この際に複数の転職エージェントに登録をしてみましょう。

編集部
編集部
複数利用するメリットやデメリットを以下の記事で解説しているので参考にしてくださいね。
転職エージェントを複数利用すべき3つの理由と注意点転職エージェントは複数に登録した方がいいって書いてあったけどホントなのかなと疑問に思っていますよね。この記事では、複数利用するうえでのデメリットを踏まえつつ、複数利用することで何が良いのかを具体的にご紹介していきます。 ...

2.自分に合った転職エージェントを利用

自分に合ってない転職エージェントに登録してしまうと、キャリアアドバイザーのやり取りが手間だったりしてしまうため、避けておくべきです。

複数の転職エージェントに登録するのはおすすめしますが、外資に興味がないのに外資に特化した転職エージェントに登録するのは返って手間になってしまいます。

またハイクラス向けの転職エージェントは年収が高い管理職向けの求人ばかりです。

あなたの転職の軸に沿った転職エージェントに登録する必要があります。

また、一度でも登録してしまうと、2週間くらい電話をしつこくかけてくる転職エージェントもあります。

口コミを見ていると、dodaはかなりしつこくかけてくるそうです。

この記事内でしっかりと転職エージェントの比較をして登録するようにしましょう。

3.同じ企業の求人に複数の転職エージェントから応募しない

複数の転職エージェントに登録した際に、やりがちなのが同じ求人に応募してしまうことです。

求人に応募する際に、仕事内容と想定年収、休暇、福利厚生だけ見て応募してしまうため、同じ企業に応募していることに気づかないケースがあります。

仮に同じ企業の求人に応募してしまうと、求人を保有している双方の転職エージェントから「他の転職エージェントからも応募が来てますよ。」と連絡が来てしまいます。

そうなってしまうと、企業と転職エージェントに不信感を与えてしまうきっかけになります。

場合によっては、その企業に応募すらさせてもらえないこともあるため、企業に応募する際は慎重になる必要があります。

4.転職エージェントに登録後はこまめに連絡を取る

転職エージェントに登録後は、あなたの担当のキャリアアドバイザーとこまめに連絡を取るようにしてください。

キャリアアドバイザーは、企業から求人の依頼を受けると、その企業にピッタリの登録者を探して連絡していきます。

そこで知っておくべきことが、「連絡を劣っている」=「転職意欲が低い」と判断されてしまうことです。

連絡を劣っていると、

  • 最新の求人を紹介してくれない
  • 後回しにされてしまう

上記のようなことになってしまい、転職までに時間がかかってしまいます。

なかには、「登録解除」をされてしまうことも無きにしも非ずです。

キャリアアドバイザーは、あなたが内定をもらえるように、必死になって転職のサポートを行います。

連絡が来てた場合には、「2日に1回」は必ず返すように心がけましょう。

5.転職時期は「今の会社よりもいいところが見つかれば」と伝えておく

あなたの担当のキャリアアドバイザーに、「今の会社よりもいいところが見つかれば転職を考えています」と転職意欲をアピールすることが大切です。

このように伝えることで、他の転職希望者よりも優先的に動いてくれたり、あなたにピッタリの求人をいち早く紹介してくれるようになります。

なぜなら、キャリアアドバイザーにもノルマ(売上目標)があるからです。

キャリアアドバイザーも、転職希望者の転職が早く決まれば、すぐに売上になります。

あなたに転職意欲があることをキャリアアドバイザーに伝えることで、

  • あなたは「転職が早い段階で決まる」
  • キャリアアドバイザーは「早く売上につながる」

お互いにWin-Winの関係になるため、事前に転職意欲が高いことをアピールしておくことでいい結果に繋がっていきます。

6.キャリアアドバイザーが合わなければ担当を変更する

キャリアアドバイザーは質にバラツキがあります。

たとえば、新人がいれば、ベテランがいたり、熱血系、消極系…などさまざま。

なかには、同性がいい、異性がいいなどあるかと思います。

あなたが「このキャリアアドバイザーは合わない」と感じたら担当を変更してもらいましょう。

担当の変更は大した問題になりません。

お互いに人間ですので、合わないのは合わないので仕方ないです。

合わないと思ったら勇気を持って担当の変更をお願いしましょう。

念のため、事前に担当の変更のメールの文例を載せておきますね。

▼担当変更の文例

◯◯様

いつもお世話になっております。
<あなたのお名前>です。

現在、◯◯さんにご丁寧に転職のサポートをして頂いており、大変感謝しておりますが、私自身は転職活動がはじめてて不安も多く、他のキャリアアドバイザーのご意見もお伺いしたく思います。

もし可能であれば、私が志望している業界に詳しいキャリアアドバイザーの方とお話をさせて頂きたいです。

お忙しいところ、大変お手数おかけしてしまいますが、何卒よろしくお願い致します。

<あなたのお名前>

編集部
編集部
転職エージェントが合わないときの対処法を以下の記事でご紹介しているので参考にしてくださいね。
転職エージェントが合わない!キャリアアドバイザーが合わないときの対処法転職エージェントが合わないってことになってませんか?この記事では、あなたの担当キャリアアドバイザーが決定するまでの流れをご紹介し、キャリアアドバイザーが合わないと感じたときの対処法を解説していきます。 ...

7.経歴や資格、スキルは正直に伝える

キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行う際に、あなたの情報を正直にすべてお伝えしてください。

嘘の情報を伝えてしまうと、企業からの内定の取り消しのことはもちろん、転職エージェントはあなたを今後一切サポートしないようになってしまいます。

なので、あなたの正確な情報をしっかりと伝えるようにしましょう。

8.キャリアアドバイザーが企業に提出する「推薦文」を確認する

転職エージェント経由で転職活動を行うと、キャリアアドバイザーが企業にあなたの推薦文を書いて提出してくれます。

その推薦文は確認しておいたほうがいいです。

キャリアアドバイザーのなかには、「〜のようで」「〜と言っているので」「〜やる気はあるので」などとひどい推薦文を書いている場合もあるようです。

一番あってはならないのが、推薦文と面接時のあなたの発言が相違していることです。

そのため、面接の前に、「私が発言することと、推薦文の内容が異なるといけないので、私が今まで言っていたことを再確認するためにも、推薦文を見せて頂いてもよろしいでしょうか?」と声をかけるのもいいかもしれません。

9.自分に納得する企業が見つかるまで転職活動を続ける

転職活動において、一番やってはいけないことは「妥協」です。

キャリアアドバイザーが言うことのすべてが正しいとは限りません。

この記事で何度かお伝えしてますが、転職エージェントはあなたの転職が決まることで、企業から紹介手数料(売上)を受け取ります。

そのため、キャリアアドバイザーのなかには、紹介手数料を目当てに、あなたが望んでない企業であっても引き合わせる可能性もあります。

転職エージェントは、あくまであなたの転職活動をサポートするのが仕事です。

転職するのはあなた自身ですので、妥協せず、「ここで働きたい!」と思える企業が見つかるまで転職活動を続けるようにしましょう!

10.キャリアアドバイザーと良好な関係づくりを心がける

キャリアアドバイザーもあなたの転職が成功するように、サポートを行なっていきます。

そのため、あなたの態度が悪かったり、マナーが悪いと求人の紹介をしない場合があります。

もし、転職エージェント経由で入社が決まった企業で、あなたがトラブルを引き起こしてしまった場合に、責められてしまうのは転職エージェントです。

なので、感謝を伝えつつ、大人な対応を心がけるようにしましょう。

11.転職サイトと併せて転職活動を行う

転職エージェントにすべての求人があるとは限らないです。

そのため、転職サイトを併せて転職活動をオススメします。

しかし、転職サイトはサイトに登録後、求人探しを自分で行い、面接日の調整も自分で行い、履歴書や職務経歴書の作成も自分で行います…ほとんど自分で行う必要があるのです。

転職サイトと転職エージェントを併せて利用することで、幅広い求人を見つけることができ、あなたの転職先の選択肢が広がります。

はじめての転職活動であれば、転職エージェントに登録して、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成し、転職サイトで使い回しすることも可能です。

また応募したい企業が転職サイトと転職エージェントのどちらにも掲載されていたとしても、職種やポジション(役職)などの募集内容が違う場合があります。

なので、転職サイトと併せておくことにデメリットはないので、時間に余裕がある方はぜひ併せて登録をオススメします。

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • 複数の転職エージェントに登録
  • 自分に合った転職エージェントを利用する
  • 同じ求人に複数のエージェントから応募しないようにする
  • 転職エージェントに登録後はこまめに連絡を取る
  • 転職意欲が高いことを伝えておく
  • 自分に合ったキャリアアドバイザーを見つける
  • 正確な情報をしっかりと伝える
  • 推薦文と面接の発言で異なら内容にする
  • 妥協をしない
  • 大人な対応を心がける
  • 転職サイトを併用する

続いて、口コミ評価が高い転職エージェント3社をご紹介します。

利用者が選ぶ!おすすめの転職エージェント3社

「転職エージェントが信用できない」という結論に至った方は、口コミを見て転職エージェントを選ぶといいでしょう。

口コミは実際にその転職エージェントを使った方のものなので、一番参考になるでしょう。

ここでは、口コミ評価が高い上位3社をご紹介します。

1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント

口コミを見る公式ページへ

マイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

doda』は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットでしょう。

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいです。

転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント

type転職エージェント』は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう。

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ:
https://type.career-agent.jp/

以上が、口コミ評価の高い転職エージェント3社です。

転職エージェントが信用できない場合は、口コミを参考に転職エージェントを選ぶべきです。

まとめ|転職エージェントを信用できないのであれば即行動!

この記事では、転職エージェントが信用できないときの対処法などをお伝えしてきました。

この記事をまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 信用できるかを見極める
  • 問い合わせ窓口から問い合わせる
  • ポイントを押さえることで転職成功率がグンっと上がる

転職エージェントが信頼できないのはどのようなケースか、怪しいエージェントを見極めるポイントをご紹介しました。

どの転職エージェントも、担当者変更を申し出ることができるので、問い合わせ窓口を覚えておくと便利です。

転職エージェントとうまく付き合いながら、転職活動をスムーズに進めていってくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。