転職エージェント

転職エージェントは中断できる?トラブルにならない中断方法と注意点

「転職活動を一時的にストップしたいが転職エージェントは中断できるのだろうか?」

「転職活動が終わったのに、転職エージェントからの連絡が多くて困っている」

転職エージェントを中断できるかわからず、お困りの方も多いはずです。

この記事では転職エージェントの中断方法をご紹介します。

これを読めば、転職エージェントとトラブルにならずに中断することができます。

全て読み終える頃には、再度転職を考えたときも安心して転職エージェントを利用できる状態になっていますよ!

  1. 転職エージェントを中断することは可能
  2. 転職エージェントとのトラブルを回避するための注意点
  3. 転職エージェントを中断する方法
  4. 中断した際の個人情報の取り扱い方法
 

転職エージェント中断することは可能?

そもそも転職エージェントを中断することが可能なのかどうかわからない…という方も多いでしょう。

転職活動を一時的に休止したいときや、転職エージェントとは別ルートで内定を獲得したときは、転職サポートが必要ないはずです。

もちろん転職サポートがいらなくなった場合は、転職エージェントを中断することができます。

ただし転職サポートを中断するときは注意しなければ、転職エージェントとの関係が悪化してしまうこともあります。

お世話になった転職エージェントと関係が悪くなってしまうのは残念ですよね。

ここでは転職エージェントとトラブルを回避して、うまく中断する方法をご紹介しているので、参考にしてください。

  • 転職エージェントを中断することはできる
  • 気をつけないと転職エージェントとトラブルになることも

トラブル回避のための注意点

転職エージェントを中断するときは、気をつけないとトラブルに発展することもあります。

注意点を守って、関係が良好なまま中断しましょう。

内定通知を無視してはいけない

転職活動を終了して転職エージェントが必要なくなったら、転職エージェントを放置してしまう求職者が多くいます。

もし最終選考まで残っている企業があるときは、転職エージェントを絶対に放置しないようにしてください。

編集部
編集部
転職エージェントを無視してしまうリスクを以下の記事でご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。
転職エージェントの無視が絶対ダメな理由。今後利用できなくなる可能性も転職エージェントを無視していると、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。この記事では転職エージェントを無視してはいけない理由をご紹介します。これを読めば、転職エージェントを無視するのはやめよう…という考えになります。...

転職エージェントから内定通知の連絡が来ることもあります。

転職エージェントはあなたへ内定通知を出した後、入社する意思があるかどうか確認しなければいけません。

求職者が内定通知の連絡を無視していると、転職エージェントは取引先企業に「求職者からの連絡が来ない」としか伝えることができず、取引先企業からの信頼も失う可能性があります。

取引先企業に迷惑をかける可能性がある求職者は、今後サービスの利用を停止されることもあるでしょう。

二度と同じ転職エージェントを利用できなくなる可能性もあるので、最終選考を辞退することを必ず転職エージェントへ伝えましょう。

選考途中で音沙汰なしはNG

転職エージェントから紹介された企業の選考が残っている状態で、転職エージェントに連絡せずに中断してはいけません。

書類選考や一次面接などの段階で求職者と連絡が取れなくなると、転職エージェントが企業へ謝罪しなければならなくなります。

紹介した側としては、取引先に対して示しがつきません。選考途中で求職者と連絡が取れなくなるということが続くと、転職エージェントは取引先を失うリスクもあります。

選考が残っている場合は、きちんと辞退する旨を転職エージェントに伝えましょう。

面接が残っている場合は早めの連絡を

面接が残っている状態で、転職エージェントに連絡もなしに中断するのはやめましょう。連絡せずに面接をドタキャンするのはもってのほかです。

選考を辞退し、面接をキャンセルすることをきちんと転職エージェントに伝えてください。

面接のキャンセルは遅くとも面接の3日前までに済ませましょう。

面接当日や前日になってキャンセルするのは、企業に対して非常に失礼です。

応募した企業に迷惑がかかりますし、面接をドタキャンする求職者は二度と転職エージェントを使えなくなる可能性もあります。

編集部
編集部
企業との面接の断りたい方は以下の記事に掲載している例文を参考にして断りの連絡を入れましょう。
シンプル!転職エージェントの断り方【そのまま使える10つの例文あり】この記事では、元転職エージェントが転職エージェントの断り方を状況別にご紹介します。この記事には、そのまま使える例文を掲載してるため、すぐにでも断ることができます。また関係が悪くなることがないような断り方をご紹介しているのでご安心ください。...
  • 内定通知を放置していると二度と転職エージェントを使えなくなる可能性あり
  • 選考途中で転職エージェントの連絡を無視し続けるとブラックリストに入る可能性がある
  • 面接が残っている場合に中断したいときは面接の3日前までに連絡する
  • もし転職エージェントを中断する場合は、あくまでも社会人としてのビジネスマナーに沿った行動を!

転職エージェントのサービスを中断する方法

転職エージェントと良好な関係のままサービスを中断する方法は、きちんと連絡を入れることです。

ここでは転職エージェントの中断方法を本番で使える例文も交えてご紹介します。

メールか専用フォームで連絡する

転職エージェントを中断するときは、担当のキャリアアドバイザーか転職エージェントのホームページにある退会用フォームに連絡をしましょう。

転職エージェントを中断すると、基本的に退会と同じ扱いにされますが、再度登録すれば転職エージェントを利用できるので安心してください。

中断する理由は正直に伝えてOK?

転職エージェントを中断する理由は正直に答えて問題ありません。正直に答えた方が転職エージェントから不要な連絡が来なくなる可能性もあります。

理由を伝えたら関係が悪化することはないので、基本的には正直に中断する理由を伝えていいでしょう。

メール例文

メールで転職エージェントを中断する際の例文をご紹介します。

件名:退会のお願い【自分の名前】

(担当者の名前)様

 

いつも大変お世話になっております。

先日面談をしていただいた(自分の名前)です。

先日はお忙しい中、面談のお時間を作ってくださり、ありがとうございました。

 

この度は貴社のエージェントサービスを退会させていただきたく、ご連絡いたしました。

理由は転職活動を考えていることを上司と話し合った結果、転職のタイミングが今ではないと判断したからです。

もう少し今の仕事を続けて経験を積んでから、転職活動をしようと思います。

 

現時点では転職活動をする予定はありませんが、転職活動を再開するときには(担当者の名前)様にまた求人をご紹介していただけますと幸いです。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 

自分のフルネーム

生年月日

(登録者の特定のために転職エージェントが必要としている情報を記載する)

編集部
編集部
そのほか、メールはさまざまな局面で使うことがあると思います。以下の記事では、メールの例文や返信する時の本文を多く掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね!
転職エージェントからのメールに返信するときの注意点とメール例文「転職エージェントからのメールにどこまで返せばいいかわからない」 「転職エージェントへのメールはビジネスマナーに沿った内容にすべき...
  • 転職エージェントを中断するときはメールは専用フォームからエージェントへ連絡する
  • 転職エージェントを中断する理由は正直に伝えた方が良い
  • メールには自分の名前と登録者の特定に必要な情報を記載する

中断すると個人情報は削除される?

転職エージェントを中断すると、個人情報は削除されると思っている方も多いはずです。

しかし転職エージェントを中断しただけでは、個人情報は削除されません。

もし個人情報を削除してほしい場合は、退会メールに「個人情報の削除をお願いいたします。」と一文添えましょう。

個人情報は削除してほしいと伝えなければ、基本的に転職エージェントは保管すると思った方がいいです。

個人情報を削除してほしい場合は、その旨をきちんと伝えなければ、保管されてしまう。

まとめ

転職エージェントを中断することは可能です。転職エージェントを中断するために必要な情報を下記にまとめます。

中断するときの注意点
  • 内定通知を無視してはいけない
  • 選考途中で連絡なしに中断するのはNG
  • 面接が残っているときは早めに連絡する
転職エージェントを中断する方法
  • メールか専用フォームから連絡する
  • 中断する理由を正直に伝える
  • 個人情報を削除してほしい場合は連絡する

転職エージェントを中断する場合は放置するのではなく、きちんとメールかホームページの専用フォームから連絡をしてください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

関連記事