転職エージェント

転職エージェントから合否結果が来るまでは何日?電話とメールどっち?|遅くなってしまう理由も解説

「転職エージェントから合否結果の連絡がなかなか来ない…」

「面接時に教えられた合否結果までの期間を過ぎている」

と、合否結果が出るまでソワソワしてしまう方も多いはずです。

この記事では転職エージェント経由の選考で合否結果がどのくらいで出るのかご紹介します。

これを読めば転職エージェントから合否結果の連絡が来るまでの目安がわかります。

全て読み終える頃には、落ち着いて転職エージェントから合否連絡を待つ余裕が生まれるだけでなく、合否連絡を待つ間に何をすべきかもわかりますよ!

  1. 転職エージェントから合否結果が来るまでの目安
  2. 合否結果が来るまでにやるべきこと
  3. 転職エージェントから合否結果が遅れる理由
  4. 待っても転職エージェントからの連絡が来ないときの対処法
 

転職エージェントから合否結果が来る目安は1週間

転職エージェント経由で企業応募した場合は、企業からではなく転職エージェントから合否結果が伝えられます。

転職エージェントから合否結果が来るまで「選考に落ちてしまっていたらどうしよう…」とやきもきしてしまう方も多いはずです。

転職エージェントから合否結果が来るまでの目安は1週間。

まずは落ち着いて1週間は待ちましょう。

ただし企業によっても合否結果が出るまでの期間は変わります。

ここでは転職エージェント経由で企業に応募した際の合否結果についてまとめました。

電話とメールどちらで来る?

転職エージェントからの合否連絡は電話で来る場合とメールで来る場合があり、一概にどちらで来ると断言はできません。

合否結果を待つ際には連絡の見逃しがないよう、電話とメール両方をチェックしておきましょう。

ただし電話で来る場合とメールで来る場合にはそれぞれ特徴があります。

電話で来る場合

電話で合否連絡が来る場合は、選考に合格している可能性が高いです。

選考に合格した際に電話で来る理由は下記の2点です。

  • お祝いの気持ちを込めて口頭で伝えるべきだから
  • 内定承諾は内定通知が出てからなるべく早く返事をしなくてならないから

内定通知は求職者にとって嬉しいニュースなので、メールよりも口頭で直接お祝いの言葉を伝えた方が気持ちが伝わりやすいです。

また、内定承諾は基本的に内定通知が出てから遅くとも3日以内に返さなくてはなりません。

求職者がメールを見落とすことがないよう、スピード感のある電話で伝える場合が多いです。

メールで来る場合

メールで合否結果が出る場合には2種類があります。

  • 内定通知の電話に求職者が出なかった
  • 選考に落ちている

転職エージェントは基本的に内定通知の連絡を電話で行いますが、求職者が電話に出なかった場合は電話に重ねてメールも送ってくることもあります。

転職エージェントから電話とメール両方が来ている場合は、選考に合格しているかもしれません。

もし転職エージェントからメールだけで選考結果に関する連絡が来ている場合は、残念ながら選考に落ちている可能性が高いです。

転職エージェントも悪いニュースは伝えづらいため、メールで済ませる場合があります。

選考に落ちてしまったとしても、企業は他にもたくさんあるので諦めずに他社に応募しましょう。

編集部
編集部
転職エージェントや企業からのメールの返信の例文を以下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。
転職エージェントからのメールに返信するときの注意点とメール例文「転職エージェントからのメールにどこまで返せばいいかわからない」 「転職エージェントへのメールはビジネスマナーに沿った内容にすべき...

大手企業は合否連絡が少々遅め

転職エージェントから合否連絡が遅いと選考に落ちてしまったのかと不安になるかもしれませんが、企業の特性によっては連絡が遅くなる場合もあります。

特に大手企業は合否結果を出すまでに時間がかかる場合が多いです。

なぜなら大手企業は応募が殺到していることが多く、選考に時間がかかるからです。

また大手企業の中には内定を出すまでのプロセスが複雑な場合があり、合否結果までに時間がかかります。

応募した企業が大手の場合は、通常よりも時間がかかることを念頭に置いて合否結果を待ちましょう。

中小・ベンチャー企業は連絡が早い

大手に比べると中小・ベンチャー企業は合否結果が出るまでが早いことが多いです。

大手に比べて応募が殺到することが少ないということもありますが、内定を出すまでのプロセスが単純な場合が多いからです。

中小・ベンチャー企業はいい人材を早めに囲い込みたいという思いがあり、採用までのスピード感があります。

早い企業なら面接の翌日に内定の連絡があることもあり、大手に比べると合否結果が出るまでが早いです。

1週間経ったら自分から連絡してもOK?

転職エージェント経由で応募をした場合、1週間たっても連絡が来ない場合は自分から連絡したくなってしまう方も多いでしょう。

連絡をすること自体は悪くありませんが、絶対に企業に直接問い合わせるのはやめましょう。

転職エージェント経由で応募した場合、企業へ直接連絡するのはNG!

必ず転職エージェントを経由するようにしましょう。

転職エージェント経由で応募した場合、問い合わせは基本的に転職エージェントへしてください。

また、面接が終わってから少なくとも2週間は待つようにしましょう。

1週間程度だと企業に対して合否結果を急かしているようにも思われかねません。

自分から連絡する場合は、2週間空けてからにしてくださいね。

  • 合否結果待ちのときは電話とメール両方をチェックする
  • 電話での合否結果は選考に合格していることが多い
  • メールでの合否結果は選考に落ちている可能性が高い
  • 大手企業は合否結果が出るまでに時間がかかることが多い
  • 中小、ベンチャー企業は合否結果が出るまでが早い
  • 転職エージェントから合否結果の連絡が来ないときは転職エージェントへ連絡する
  • 合否結果の確認の連絡は、面接が終わってから2週間待つべき

合否連絡が来る1週間の間にやるべきこと

転職エージェントから合否結果が出るまでどうしてもソワソワしてしまう…という方もいるでしょう。

合否結果が出るまでただ待っているのではなく、その間にできることをしておくことで転職活動がさらにスムーズに進みます。

次に合否連絡が来るまでにしておくべきことをご紹介します。

他の企業に応募する

あまり考えたくはないでしょうが、応募した企業の選考に落ちている可能性もあります。

もし選考に落ちてしまっていたとしても焦らないよう、他の企業に応募してみるのもいいでしょう。

選考に落ちてから再度企業探しをするのは大変なので、合否結果待ちの間にしておくことでその後の転職活動もスムーズになります。

履歴書や職務経歴書を更新する

転職活動において履歴書や職務経歴書は非常に重要です。

特に書類選考がある企業は、履歴書や職務経歴書だけであなたがどんな人か判断しています。

作成した当初のままにしておくのではなく、ブラッシュアップを重ねることでより素晴らしい内容になるでしょう。

また、職務経歴書を更新することで転職エージェントに転職意欲の高さをアピールすることができます。

もし選考中の企業に落ちてしまっていたとしても、転職エージェントも新たな企業探しに積極的に協力してくれるでしょう。

転職先の企業で役立ちそうなスキルを磨く

転職エージェントからの合否結果待ちの間に、転職先の企業で役立ちそうなスキルを磨いておくのもおすすめです。

ただし確実にその企業に合格していると断言できる状態でない場合は、転職を考えている業界業種で役立ちそうなスキルでもいいでしょう。

もし選考中の企業に落ちていたとしても、次回からの転職に活かせます。

資格を取るために勉強したり、役立ちそうな本を読んだりするのがおすすめです。

合否結果を気にするよりも、はるかに有意義な時間の使い方になります。

  • 合否結果待ちの間に他の企業に応募することで、転職活動がよりスピーディになる
  • 履歴書や職務経歴書のブラッシュアップは、その後の転職活動に役立つだけでなく、転職意欲の高さをエージェントにアピールできる
  • 転職先の企業で役立ちそうなスキルを学んでおくと入社してからもスムーズ

転職エージェントからの合否連絡が遅れる理由

1週間たっても転職エージェントから合否結果が来ない場合は、少々不安になっても当然でしょう。

ただし合否結果が遅いからといって、選考に落ちたと判断するにはまだ早いです。

もしかしたら選考に落ちたことが合否連絡が遅れている理由ではないかもしれません。

まだ内定通知が出る可能性が残っているので、転職エージェントからの連絡は見逃さないようにしましょう。

ここでは転職エージェントからの合否連絡が遅れる理由をご紹介します。

応募が殺到している

大手企業や高条件の求人には応募が殺到している可能性があります。

応募が殺到していると当然ですが選考に時間がかかります。

あなたが選考に落ちたと判断するにはまだ早いです。

もしかしたら内定候補にまだ残っているかもしれません。

諦めずに合否結果を待ちましょう。

採用決定までのプロセスがややこしい企業もある

大手企業にありがちですが、採用決定までのプロセスが複雑化している場合があります。

面接合格を出すまでに上司に転出する書類があったり、社内会議を複数回開いて採用者を決定したりと、企業によっては時間がかかることもあるでしょう。

内定を出すギリギリまで迷っている場合もあるので、焦らずに気長に待ちましょう。

キープ人材にされることも

合否結果まで時間がかかっているとしたら、もしかしたらあなたはキープ人材にされているかもしれません。

企業が採用したいと思っている本命人材はあなたとは別にいて、本命人材が内定承諾をするまで待っているのかもしれません。

キープ人材かもしれないことを念頭に置いて、合否結果はあまり気にせずに他の企業に応募するなど、やるべきことをやりましょう。

新卒採用と重なっている

大手企業ならば新卒採用と中途採用の人事担当者は別れていることが大半ですが、中小企業もしくはベンチャー企業ならば、人事担当者に新卒採用と中途採用どちらも任されている可能性もあります。

新卒採用と中途採用を同時にこなさなくてはならない場合、両方の採用が被ってしまったら人事担当者は激務になることもあるでしょう。

人事担当者がいそがしくて中途採用だけに専念できなければ、選考に時間がかかるのも当然です。

1週間で連絡が来なかったとしても、すぐに不合格と判断するには早いでしょう。

不採用だから保留にしている

企業は採用したいと思っている人材へは連絡を早めに取りますが、不採用と判断した人材には連絡を後回しにする傾向があります。

採用者に内定通知を出すのに精一杯で、あなたへの連絡を忘れている可能性もあります。

不採用の場合は連絡が遅くなるということを念頭に置いて、他の企業を応募することも考えましょう。

転職エージェント側に原因がある場合も

合否結果の連絡が遅れているのは企業側の問題ではなく、転職エージェント側に問題がある場合もあります。

転職エージェントは基本的に紹介した求人に応募した求職者が採用されなければ利益が入りません。

求職者に早く内定承諾をしてもらうために、内定が出た求職者から先に合否結果の連絡をしている可能性があります。

あなたが選考に落ちていた場合は、転職エージェントもあなたのへの合否連絡を後回しにしていることがあるでしょう。

基本的に連絡が遅れているときは不採用の可能性があるので、ただ合否連絡を待つだけではなくスキルを磨いたり他の企業に応募したりするのがおすすめです。

  • 大手企業や好条件の求人には応募が殺到するため、選考に時間がかかる
  • 採用までのプロセスが複雑化している企業は、合否結果までに時間がかかる
  • 新卒採用と中途採用をどちらも行なっている採用担当者は激務のため、合否結果までに時間がかかることも
  • 不採用の場合は連絡を保留にする企業が多い
  • 転職エージェントが合否結果を伝えるのを渋っている可能性も

1週間以上待っても合否連絡が来なかった場合の対処法

転職エージェントから放置されていると感じた場合、どのような対応を取ればいいのでしょうか?

今後放置されないためには、どのような対処法があるのかご紹介します。

転職エージェントから放置されたときの対処法
  • 自分から連絡する
  • 担当者を変更してもらう
  • 転職エージェントを変える
編集部
編集部
転職エージェントから放置されてしまったときの対処法などは以下の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。
転職エージェントに放置される理由!連絡が来ないときの対処法は?転職エージェントに登録したが連絡が来ないというお悩みがありますよね。この記事では転職エージェントに放置されてしまう理由と、放置されてしまったときの対処法をご紹介します。この記事を読めば、転職エージェントから放置されてしまった原因がわかりますよ! ...

まとめ|転職エージェントの合否結果が来るまで約1週間

最後にこの記事でお伝えしたことをまとめておきます。

転職エージェントからの合否結果のまとめ
  • 転職エージェントから合否結果が来るまでの目安は1週間
  • 内定通知は電話で来ることが多い
  • 不採用通知はメールで来ることが多い
  • 大手企業は連絡が遅く、中小やベンチャーは連絡が早い
  • 連絡が遅い場合は転職エージェントへ確認する
合否結果までにするべきこと
  • 他の企業へ応募する
  • 履歴書、職務経歴書をブラッシュアップする
  • 転職先で役立つスキルを磨く
合否結果が遅れる理由
  • 応募が殺到している
  • 採用決定までのプロセスが複雑化している
  • キープ人材にされている
  • 新卒採用と重なっている
  • 不採用だから連絡を保留にしている
  • 転職エージェントが連絡を後回しにしている

転職エージェントから合否結果がなかなか来なかったとしても、ただちに選考に落ちたと判断するのはまだ早いです。

ただし単に合否連絡を待つのではなく、自分から行動することも必要になります。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。