転職エージェント

転職エージェントに登録や面談を断られる!理由や事例別対処法を解説

「転職エージェントに登録・面談を断られた!」なんて話を耳にする機会は少なくありません。

転職活動中の方のなかには、

  • 転職エージェントに利用を断られてしまって落ち込んでいる
  • 転職エージェントを利用したいけど、利用を断られないか不安に感じている

といった方もいるでしょう。

この記事では、転職エージェントに利用を断られる理由や対処法を解説します。

転職エージェントに利用を断られてしまう理由を知っていれば、利用を断られないための事前対策が可能です。

また、万が一、利用を断られてしまったときでも、対処法さえ知っていれば改めて転職エージェントを利用できる可能性もあります。

理由と対処法を知って、転職エージェントを上手に活用しましょう!

  • 転職エージェントに登録や面談を断られる理由
  • 転職エージェントに利用を断られるケースは多いのか
  • 転職エージェントに利用を断られてしまったときの対処法

1.転職エージェントに登録や面談を断られる理由は?

転職エージェントで扱う求人と、転職エージェントの利用者である求職者の条件がマッチしない場合、転職エージェントは求人の紹介ができないことを理由に登録や面談を断る場合があります。

転職エージェントとしては、単に利用を断りたいわけではなく、「求人を紹介できないのであれば、最初から利用をお断りしたほうがお互いに時間や労力を無駄にせずに済むよね」といった考えがあるのです。

そのため、登録や面談時に「あなたは利用できません!」と面と言われることはほとんどなく、「あなたに合った求人情報の紹介は難しそうです」と、やんわりと断られるケースが大半。

一般的には、以下のような理由で転職エージェントで扱う求人と求職者の条件がマッチせず、転職エージェントが求職者に対して求人を紹介できないケースが多いです。

具体的にはどういった理由であるのかを詳しく解説していきます。

1-1.職歴が求人にマッチしない

  • 新卒後、フリーターとして働いていたため社員としての職歴がない
  • 社員としての職歴はあるが、期間が短く経歴が浅い
  • 年齢に対して転職回数が多すぎる

上記のような職歴の場合、企業からの心象がよくないために、転職エージェントとしては求人を紹介しづらいことが多いです。

転職エージェントは求職者の転職サポートをしてくれるサービスですが、同時に、企業の採用活動をサポートするサービスでもあります。

転職エージェントは、優秀な人材紹介の対価として企業から報酬を得ているため、企業からマイナスイメージを抱かれやすい職歴を持っている求職者には、求人情報を紹介しづらいのです。

また、求職者の職歴に目立ったマイナスポイントがなくとも、転職エージェントのコンセプトとマッチしておらず、求人の紹介ができないケースも。

たとえば、ミドル〜ハイクラス向けの転職エージェントでは、転職先の業界・業種に対する経験値が高い人材を募集する求人を多く扱っています。

そのため、求職者が未経験の業界・業種を希望していた場合、「なかなか条件にマッチする求人がなくて求人の紹介ができない…」といったことがあるのです。

ただ、職歴がない、または浅い人向けの転職エージェントや、未経験の業界・業種への転職をしたい人向けの転職エージェント、転職回数の多さに対する解決策を一緒に考えてくれる転職エージェントも多数存在します。

自分の職歴が転職エージェントが扱う求人にマッチしていないように感じた場合には、自分の職歴にマッチする転職エージェントの利用を検討してみましょう。

※すぐに自分に合った転職エージェントを知りたい方は「3-1.条件にマッチする別の転職エージェントに登録する」からジャンプできます。

1-2.居住地や勤務希望地が地方

多くの転職エージェントは都市部の求人を中心に扱っているため、求職者が地方在住や地方勤務希望の場合、マッチする求人が見つかりづらいことがあります。

地方求人を多く扱っている特徴を強みにしている転職エージェントも存在しますので、地方在住や地方勤務希望の場合には、地方の転職に強い転職エージェントを活用しましょう。

また、ほとんどの転職エージェントでは未登録者でも求人の検索が行えますので、転職エージェントに登録する前には、自分の希望地域の求人数をチェックしておくのをおすすめします!

1-3.求職者の年齢が高すぎるor低すぎる

求職者の年齢が、転職の平均年齢である30歳前後と比べて、高すぎたり低すぎたりすることによって、転職エージェントで扱う求人とマッチしない場合もあります。

雇用対策法によって、募集・採用のときに年齢制限を設けるのは原則禁止とされています。

参考:厚生労働省『募集・採用における年齢制限禁止について

とはいえ、企業は年齢やスキルも採用の判断基準にしています。

表立って年齢による区別はしていなくとも、転職エージェントに「○歳くらいで、○○のスキルを持っている人だと嬉しいなぁ」なんて話をしている場合が多いです。

そのため、

  • 年齢を忘れるくらい理想的なスキルを持っている
  • 年齢が若くて将来の伸びしろがあるため、スキルを度外視できる

などといった背景がない限り、転職エージェントとしては企業の希望から大きく外れた年齢層の求職者を紹介しづらく、結果として求人を紹介できないことになってしまうのです。

転職エージェントのなかには、「20代の若年層向け」「40代以上のハイクラス向け」など、一定の年齢層に向けた転職エージェントも多数存在します。

転職の平均年齢より大幅に高いor低い年齢の方は、事前に転職エージェントのターゲット層もチェックしてから利用を開始してくださいね。

1-4.希望職種が特殊

  • 特殊な分野で、一般的に求人数が多くない
  • 転職エージェントで扱われることが少ない

上記に当てはまるような特殊な職種を希望している場合や、転職エージェントのコンセプトとマッチしていない業界・業種を目指している場合、転職エージェントは求職者に求人を紹介できないことが多いです。

とくに、公務員・芸能系・職人系の職種は転職エージェントで扱われることが少ないため、注意が必要。

転職エージェントに登録する前に求人情報をチェックし、希望する業界・業種の求人数が少なく感じた場合には、転職サイトなど転職エージェント以外の転職ツールの活用も検討してみましょう。

1-5.転職の意思が弱い

求職者の転職の意思が明らかに弱い場合には、転職エージェントから利用を断られてしまう場合も。

転職エージェントは多くの求職者を対応しているため、求職者のモチベーションによっては、求人紹介の優先度が下がってしまうことがあるのです。

  • 「転職を考えているけど、いますぐに転職したいわけではない」
  • 「条件に合った求人を見つけ次第、転職を検討したい」

こんな場合だと、転職エージェントに利用を断られてしまうかもしれません。

なぜなら、転職へのモチベーションが高い人と転職へのモチベーションが低い人、どちらにも同じようなペースや熱量で求人紹介をしていては、負担が大きすぎて転職エージェントがパンクしてしまうからです。

ただ、最近はまだ転職に迷っている方の相談に乗ってくれる転職エージェントもかなり増えています。

転職の意思が固まっていない方は、転職に迷っている場合でも相談に乗ってくれる転職エージェントでキャリアカウンセリングをして、転職の意思や方向性を定めるところから始めてくださいね。

2.転職エージェントに利用を断られるのはよくある話?

転職エージェントに登録・面談を断られるケースは少なくないです。

求職者に問題がなくとも、扱う求人の数やジャンルといった転職エージェント側の問題で利用を断らざるを得ない場合があるからです。

ですので、転職エージェントに利用を断られたからといって、「自分には問題があるんだ…」と過剰に落ち込まないようにしてください!

ですが、なかには、登録や面談のときに利用を断られたわけではないのに、以下のように転職エージェントと音信不通になるケースもあります。

  • 面談後、求人の紹介などの連絡が一切ない
  • 普通に利用していたのに、あるときを境に急に音信不通になった

こんなことが起こると、「自分が何か粗相をしたために、転職エージェントに見捨てられてしまったのではないか…」と不安になりますよね。

どうして転職エージェントと音信不通になってしまうのか、その原因を解説していきます。

2-1.門前払いはされていないのに…転職エージェントが音信不通になる原因

門前払いはされなかったけれど、利用を始めてから転職エージェントと音信不通になったときには、以下のような原因が考えられます。

  • 登録審査基準は満たしていたものの、登録後に現在紹介できる求人がない
  • 利用中に、紹介できる求人が尽きてしまった
  • 応募・選考後に企業からの返信が滞っている

この通り、求職者に問題があって音信不通になってしまうケースは少ないものの、連絡が遅れてしまう旨を事前に伝えてくれる転職エージェントのほうが丁寧です。

担当のキャリアアドバイザーの性格によっても連絡のマメさは変わってきますが、連絡頻度に違和感やストレスを感じたら、担当のキャリアアドバイザーや利用する転職エージェントを変えることも検討してみましょう。

編集部
編集部
転職エージェントに放置されてしまう理由などを以下の記事で解説しているので参考にしてくださいね。
転職エージェントに放置される理由!連絡が来ないときの対処法は?転職エージェントに登録したが連絡が来ないというお悩みがありますよね。この記事では転職エージェントに放置されてしまう理由と、放置されてしまったときの対処法をご紹介します。この記事を読めば、転職エージェントから放置されてしまった原因がわかりますよ! ...

3.転職エージェントに利用を断られるときの対処法

転職エージェントは求職者に求人を紹介できないときに利用を断るものですが、具体的に、どんな原因で求人を紹介できないのかは教えてくれません。

気になっていた転職エージェントに利用を断られると、ショックも大きいうえに、「転職エージェントが使えないなんて、どうやって転職活動を進めればいいんだろう…」と方向性に迷ってしまいますよね。

ここからは、転職エージェントに利用を断られてしまった場合の対処法についてご紹介します!

まず、代表的な対処法は以下の3つ。

それぞれの対処法について、具体的な内容を確認していきます。

3-1.条件にマッチする別の転職エージェントに登録する

職歴・地域・年齢などのミスマッチが理由で利用が断られたと考えられる場合には、あなたの条件にマッチする別の転職エージェントに登録してみましょう。

ここでは、

  • 既卒・第二新卒・フリーター向け転職エージェント
  • 20代向け転職エージェント
  • 40代以上向け転職エージェント
  • 地方在住・地方勤務希望者向け転職エージェント

をご紹介しますので、あなたの職歴・地域・年齢に合った転職エージェントに登録してみてくださいね。

既卒・第二新卒・フリーター向け転職エージェント

社員としての職歴がなかったり、職歴が浅いような既卒・第二新卒・フリーター向けの転職エージェントは「ハタラクティブ」と「ジェイック」です。

ハタラクティブとジェイック、それぞれの特徴は以下の通り。

ハタラクティブ
ハタラクティブ

ハタラクティブ」は20代の若年層向け求人を多く扱う転職エージェント。

未経験からの正社員就職を積極的に応援しており、2020年2月現在、80.4%とかなり高い内定率を誇っています。

就職アドバイザーが就職活動の基本を教えてくれるほか、公式サイトには「フリーターの転職」「ニートの転職」「大学中退の就職」など他にはないコラムが掲載されている点も魅力です。

口コミを見る公式ページへ

ジェイック
ジェイック

未経験の就職に特化した転職エージェントである「ジェイック」では、未経験者を積極採用している企業と、書類選考免除での集団面接会を開催しています。

書類選考免除による人柄重視の選考スキームにより、職歴がない・浅いといった方でもスムーズに就職活動が可能。

また、ビジネスマナーや履歴書・面接対策など内定率をアップさせる無料の就職講座を受けられたり、就職後のサポートを行なっている点もジェイックならではの特徴です。

口コミを見る公式ページへ

どちらの転職エージェントも既卒・第二新卒・フリーターにぴったりの転職エージェントですので、職歴がネックとなって転職エージェントを利用できなかった方でも安心して利用できるはずですよ!

20代の若年層向け転職エージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 職歴が浅い
  • 初めての転職である

といった20代には、楽天リサーチの「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に選ばれたこともある「マイナビエージェントがおすすめ。

マイナビエージェントは、ほかの大手転職エージェントと比較すると利用者数が比較的少ないものの、だからこそ、求職者一人ひとりに対するサポートが手厚いです。

「20代の転職は理想のキャリアを実現するためのチャンス」と考えているマイナビエージェントでは、今のあなたにはもちろん、未来のあなたにとってもプラスとなる転職サポートをしてくれますよ。

口コミを見る公式ページへ

40代以上向け転職エージェント

転職の平均年齢である30代前後よりも高い年齢層である40代は、「リクルートエージェント」か「ビズリーチ」を使ってみましょう。

以下がリクルートエージェントとビズリーチの特徴です。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

リクルートエージェント」の最大の特徴は、業界トップクラスの求人数を誇っていること。

求人数が多ければ、それだけ条件にマッチする求人を見つけやすくなります。

そのため、ほかの転職エージェントではなかなか自分にマッチする求人を見つけられなかった方でも、リクルートエージェントであれば希望が叶う求人を見つけられるはずですよ。

履歴書や職務経歴書といった応募書類を徹底的に添削してくれるため、いままでの経験やスキルを最大限にアピールする応募書類を作成しやすいのも嬉しいポイントです。

口コミを見る公式ページへ

ビズリーチ
ビズリーチ

「即戦力採用なら」のフレーズで有名な「ビズリーチ」は、ハイクラス転職にぴったりの転職エージェントです。

求人の3分の1は年収1,000万円以上であるため、十分にキャリアを積んできた40代でも納得の条件での転職が実現できます。

ビズリーチでは、プロフィールの公開→企業orヘッドハンターと呼ばれるビズリーチスタッフからのスカウト→選考の流れになっているため、「今よりもいい条件の場合にのみ転職を考えたい」といった方も使いやすいしくみになっています。

ヘッドハンターは、いわゆるキャリアアドバイザーと同じ働きをする存在のため、キャリアの相談や各種転職サポートも受けられますよ。

口コミを見る公式ページへ

地方在住・地方勤務希望者向け転職エージェント

地方在住や地方勤務希望により転職エージェントで求人を探しづらい…と感じている方には、地方求人を多く扱っている「リクルートエージェント」か「doda」の利用がベスト。

リクルートエージェントとdodaの特徴は以下の通りです。

リクルートエージェント
リクルートエージェント

公開求人・非公開求人ともに圧倒的な求人数を扱っている「リクルートエージェント」では、地方の求人情報も見つけやすいです。

地方在住、または地方勤務希望が原因で利用を断られる心配はないため、ほかの転職エージェントでは利用を断られてしまった方でも、ぜひ一度登録してみてください。

リクルートエージェントの支店は全国各地にあり、地方在住でもキャリアアドバイザーとの面談や、選考対策のたびに遠方まで足を運ぶ必要がないのもおすすめポイントです。

口コミを見る公式ページへ

doda
doda

日本全国から海外まで、求人の取り扱い地域が幅広いことで評判の「doda」は、首都圏から地方に転職したい方や地方から都心部の転職をしたい方におすすめです。

いままでの経歴から適正年収を診断する「年収査定」や、自分に向いた働き方がわかる「キャリア診断」、選考合格の可能性が高い企業を見つけられる「合格診断」など、診断コンテンツが充実しており、手軽にあなたに合った転職の方向性を探せます。

さらに、東京・大阪・名古屋以外でもイベントや転職フェアを開催しているため、地域を問わず、充実した転職サポートを受けられますよ。

口コミを見る公式ページへ

どんな条件でも登録しやすい「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

無料相談へ

条件ごとにおすすめの転職エージェントを見ても、どの転職エージェントに登録すべきか迷ってしまった方には、どんな条件でも登録しやすい「マイナビエージェント」が最適!

マイナビエージェントは20代・30代から高い支持を得ている転職エージェントです。

しかし、「求職者にとって最善の転職活動を」といった意識の強い転職エージェントのため、年齢や地域といった条件に合わせてベストな転職サポートをしてくれます。

どこに登録すべきか迷ってしまった際には、とりあえずマイナビエージェントに登録して、キャリアカウンセラーのアドバイスを受けながら、自分にとってベストな方向性を探してくださいね。

3-2.希望条件を変えて同じ転職エージェントに登録する

転職エージェントから「あなたの希望条件にマッチする求人が見つかりませんでした」と利用を断られた場合、もし、希望条件を変更できるのであれば条件を変えるのもアリ。

「こういった条件も検討しているのですが、この条件だと求人はありますか?」と転職エージェントに相談してみましょう。

「希望条件を変えてまで登録するなんて…」と恥ずかしい気持ちになってしまう方も多いですが、転職活動では、企業研究や転職活動を進めるうちに希望条件が変わるのはよくあること。

転職エージェントにマイナスイメージを抱かれることはないので、安心して条件の変更を申し出てくださいね。

3-3.転職サイトなど別のツールで転職活動をする

  • 別の転職エージェントに登録してみたけれど、やっぱり利用を断られてしまった
  • 一度利用を断られたことで、転職エージェントを利用する気がなくなった
  • 特殊な業界や業種を希望しているため、転職エージェントだと求人が探しづらい

こういった場合には、転職サイトなど転職エージェント以外の転職ツールを利用して転職活動を進めてみましょう。

転職エージェントはさまざまなサポートをしてくれるために、利用すると転職活動がスムーズに進みやすいと言われています。

しかし、転職エージェントを使わなければ転職に失敗するなんてことはありません。

転職エージェントを使わなくとも、理想的な転職を叶えている方は数多く存在します。

ときには転職エージェントを利用しないのも、転職を成功させるためには必要な決断であると頭に入れたうえで、あなたにとってベストな方法を見つけてくださいね!

転職エージェントを使わないで転職する6つの方法とメリット・デメリット転職エージェントを使わないで転職する方法ってあるのかお悩みですよね。この記事では、あえて転職エージェントを使わないで転職する方法や転職エージェントを使わないで起こり得るデメリットとメリットを詳しくご紹介します。 ...

まとめ|転職エージェントに断られても転職活動を諦めないこと!

転職エージェントは、企業と求職者、それぞれが掲げる条件のミスマッチによって求人を紹介できないために、登録や面談を断る場合があります。

具体的に、以下のようなミスマッチにより、利用を断られるケースが多いです。

利用を断られる理由
  • 職歴が求人にマッチしない
  • 居住地や勤務希望地が地方
  • 求職者の年齢が高すぎるor低すぎる
  • 希望職種が特殊
  • 転職の意思が弱い

さらに、利用自体はできても、以下のような原因により転職エージェントと音信不通になってしまう場合も。

エージェントと音信不通になる理由
  • 登録審査基準は満たしていたものの、登録後に現在紹介できる求人がない
  • 利用中に、紹介できる求人が尽きてしまった
  • 応募・選考後に企業からの返信が滞っている

転職エージェントの連絡頻度にストレスを感じる場合には、キャリアアドバイザーの変更や転職エージェントの変更を検討してみましょう。

また、転職エージェントに利用を断られてしまったときには、以下のような対処法をとってみてください。

利用を断られたときの対処法
  • 条件にマッチする別の転職エージェントに登録する
  • 希望条件を変えて同じ転職エージェントに登録する
  • 転職サイトなど別のツールで転職活動をする

上記の対処法を取ることによって、転職エージェントが利用できたり、転職エージェントを使わなくても転職活動をしたりできます。

転職エージェントに利用を断られるケースは少なくありませんので、利用を断られたからと落ち込まずに、前向きに転職活動をしていきましょう!

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。