転職エージェント

転職エージェントに転職活動の選考状況を他社に教えるべき?

「転職エージェントに登録してるんだけど、自分の転職活動の選考状況を伝えるべきなんだろうか…?」

こんな疑問を解消します。

この記事では、転職エージェントにあなたの転職活動の状況報告をする必要があるのかということをお伝えします。

この記事を読めば、転職活動の選考状況を他社に伝えるべきなのかということがハッキリすると思いますよ!

  • 転職活動の状況報告はすべき?
  • 採用は信頼関係が大切
  • 信頼関係を築くためには
  • 複数社に登録しすぎて状況報告が不可能な場合
  • 口コミ評価が高い転職エージェント

1.転職エージェントに転職活動の状況報告はなたの判断で慎重に!

転職をする際に、複数の転職エージェントへ登録をしている方がほとんどです。

転職エージェントは、無料で利用できるうえに、複数社に登録することで情報を多く取得することができます。

編集部
編集部
転職エージェントを複数利用するメリットやデメリットを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントを複数利用すべき3つの理由と注意点転職エージェントは複数に登録した方がいいって書いてあったけどホントなのかなと疑問に思っていますよね。この記事では、複数利用するうえでのデメリットを踏まえつつ、複数利用することで何が良いのかを具体的にご紹介していきます。 ...

そうすることで、転職成功の可能性を広げることができるようになります。

そのほか、自分に合ったキャリアコンサルタントと出会うためなどメリットはたくさんあります。

そこで困ってしまうことは、「転職活動状況の報告」です。

複数の転職エージェントへ登録していると、キャリアアドバイザーに良い印象を与えないのではないかと思ってしまうはずです。

この記事では、元転職エージェントが転職活動の他社状況を伝えるべきかについて詳しく解説していきます。

2.採用は信頼関係が大切

企業の人事は数少ない情報で求職者を判断し、採用を決めなくてはならない大変な業務をしています。

そこを少しでも緩和するため、転職エージェントに頼って採用活動を行っており、企業側は転職エージェントを信頼して求人依頼を出しているのです。

転職エージェントとしても求職者が信頼できなければ、簡単に企業へ紹介なんてできません。

「御社が第一希望です。」と言いつつ内定辞退が続出したら、キャリアアドバイザーは求職者とどんなコミュニケーションなのかと疑われてしまいます。

さらに、企業間の信頼関係は壊れ、取引などしてもらえなくなってしまうでしょう。

そのため、転職エージェントと求職者間の信頼関係はとても大事なのです。

転職エージェントとの信頼関係はとても大切!

3.信頼関係を築くために

嘘をつく人間は信頼できないと思われるのが一般的です。

キャリアアドバイザーは求職者が嘘をついていることがわかれば、信頼関係が崩れてしまう原因になります。

転職エージェントは採用のプロなので、採用関連に関しての「嘘」の察しはとても鋭いです。

転職エージェントと求職者間で良好な関係を築くためにも、

  • 自己応募で進んでいる企業
  • 他社転職エージェントへの登録

などを報告すべきです。

より良い転職活動を進めるためにも、複数の転職エージェントへ登録していると言うことは、キャリアアドバイザーも理解してくれます。

むしろ、ポジティブに捉えてくれるエージェントもいるので、自信を持って伝えても問題ありません。

「たくさんの転職エージェントに登録しましたが、キャリアアドバイザーの○○さんが一番頼りになります。是非御社から紹介された企業で採用が決まればいいです。」

などというような話しができる関係であれば、熱心に良い企業を紹介してもらえるはずです。

あなたの転職活動の選考状況などは知らせておくべき!

たくさんの転職エージェントに登録しすぎて状況報告が困難な場合

求職者のなかには、転職エージェント10社に登録をして、気になった企業に自己応募しているという方がいます。

すべての転職エージェントへ状況報告をしていては時間と労力がかかってしまいますよね。

そういう場合には、報告する会社を絞りましょう。

会社で選ぶのではなく、あなたと合う転職エージェントで判断して報告をしましょう。

他の転職エージェントは「情報収集用」という位置づけで良い転職先の紹介があったときだけ動き、普段はメールだけの対応でいいと思います。

このような臨機応変な対応も効率良く転職活動をするのに大切です。

たくさんのエージェントに登録してしまった場合は、頼れるキャリアアドバイザーだけに転職状況を伝えるようにしましょう。

口コミ評価が高い転職エージェント

ここでは実際に転職エージェントを使った方が選んだ口コミ評価の高い転職エージェント上位3社をご紹介します。

1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめ度:

口コミを見る公式ページへ

マイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

2位:doda
doda
おすすめ度:

doda』は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットでしょう。

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいです。

転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント
おすすめ度:

type転職エージェント』は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう。

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ:
https://type.career-agent.jp/

以上が、口コミ評価の高い転職エージェント3社です。

最後にこの記事をまとめておきます。

まとめ|転職エージェントに他社状況は伝えたほうが良い

この記事では、転職エージェントにあなたの転職活動の選考状況などを伝えるべきなのかということをお伝えしてきました。

この記事をまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 状況報告は慎重に!
  • 信頼関係が大切
  • 信頼できるエージェントだけに上京報告を

もし、今の転職エージェントが信頼できないとすれば他の転職エージェントを利用する手段を選んだ方がいいかもしれません。

ずるずると転職が決まらなくなると、信頼関係の問題ではなく、あなたのスキルの問題で、「サポートしても転職が決定死なそうだな…」と思ってしまう可能性があります。

登録しているエージェントで選考の通過が難しい場合は、他の転職エージェントに切り替えることをおすすめします。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。