転職エージェント

転職エージェントの無視が絶対ダメな理由。今後利用できなくなる可能性も

「転職エージェントからの連絡が多すぎるから無視している」

「転職エージェントとは別のルートから内定を獲得したから転職エージェントを無視している」

「転職エージェントとの相性が悪いから放置している」

など、転職エージェントからの連絡を無視してる方もいるはずです。

しかし転職エージェントを無視していると、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。

この記事では転職エージェントを無視してはいけない理由をご紹介します。

これを読めば、転職エージェントを無視するのはやめよう…という考えになります。

転職エージェントを無視することで生じるリスクも理解することができますよ!

  1. 転職エージェントの無視がおすすめできない理由
  2. サービスを利用できなくなるかもしれないNGな無視
  3. 転職エージェントからの連絡がしつこいときの対処法
  4. 転職エージェントが無視するケース
 

転職エージェントを無視してはいけない理由

転職エージェントを無視するのはあまりおすすめできません。

ここでは転職エージェントを無視してはいけない理由をご紹介します。

紹介してもらえる求人が少なくなる

転職エージェントを無視していると、転職エージェントからあまり求人を紹介してもらえなくなります。

転職エージェントも営利目的で転職活動をしているので、なるべく求職者には求人に応募してもらいたいと思っています。

求人をいくら紹介しても全く反応してくれない求職者には、求人を紹介する必要がないと思っても仕方がありません。

転職活動を休止する場合や紹介してもらった求人が希望と異なる場合は、無視をするのではなく転職エージェントへきちんと連絡をしましょう。

求人内容が希望と異なる場合は、きちんと転職エージェントへ連絡することで、希望通りの求人を探してもらえる可能性もあります。

社会人としての常識がないと思われる

転職エージェントとの面談で話した条件に沿った求人を紹介しているにも関わらず、転職エージェントからの連絡を無視するのは社会人として非常識です。

「こういう条件で求人を探している」と伝えられ、その通り求人を紹介しているのに無視するのは相手に失礼でしょう。

転職エージェントは社会人として常識がない求職者を取引先企業に紹介することはできません。選考途中に連絡がつかなくなるなど、取引先に迷惑がかかるリスクがあるからです。

常識がない求職者は今後相手にされなくなる可能性があるので、きちんと転職エージェントへ連絡しましょう。

今後サービスを利用できなくなる場合も

転職エージェントからの連絡を無視し続けていると、最悪の場合サービスを利用できなくなることもあります。

転職エージェントを無視するのはそもそもNGであり、無視をするタイミングによっては転職エージェントに損害が生じる可能性あります。

転職エージェントは今後損害を被るリスクを考えて、連絡を無視する求職者をブラックリストへ登録することもあります。

二度とサービスを利用できなくなるので、転職エージェントからの連絡は無視しないようにしましょう。

  • 無視を続けると紹介してもらえる求人数が少なくなったり、求人を紹介してもらえなくなったりする
  • 無視は社会人としてNGな行為であり、今後困ったときに転職エージェントに助けてもらえなくなる
  • 最悪の場合、転職エージェントを二度と利用できなくなる

サービスが利用できなくなるかもしれないNG無視

無視をするタイミングによっては、二度と転職エージェントを利用できなくなる可能性があります。

ここでは転職エージェントのサービスが利用できなくなる可能性がある状態をご紹介します。

サービスが利用できなくなるかもしれないNG無視

選考途中に消える

選考途中にも関わらず連絡が取れなくなる求職者は、今後転職エージェントを利用できなくなる可能性があります。

選考の結果次第では次の選考に進む可能性もあるため、途中で急に連絡が途絶えると転職エージェントにも応募した企業にも迷惑がかかります。

選考途中に転職エージェントからの連絡を無視するのは、選考途中でバックレたことと同じです。当然ですが二度と求人を紹介してもらえないでしょう。

連絡なしで面接に来ない

連絡なしで面接を当日キャンセルするのは社会人として非常識です。

応募した企業はあなたとの面接のために、業務調整をして何も予定を入れずにあなたとの時間を作っています。

面接を当日キャンセルするのは、いかなる理由であったとしても相手に失礼です。

もし転職エージェントを無視して連絡なしに面接に来なかった場合は、ブラックリストに登録され転職エージェントを利用できなくなるでしょう。

内定通知を無視する

内定通知を無視するのは応募した企業に失礼です。

これまで選考を受けていたにも関わらず、内定を出したとたんに連絡が取れなくなるのは、転職エージェントにとっても非常に困ります。

取引先企業に迷惑をかけてしまうので、内定通知を無視する求職者には求人を紹介することができなくなるでしょう。

  • 選考途中で連絡が取れなくなる求職者は二度とエージェントを利用できなくなる
  • 連絡なしで面接ドタキャンをした求職者はブラックリスト入り
  • 内定通知を無視するのは企業と転職エージェント両者にとって大きな損害

転職エージェントの連絡がしつこいときの対処法

転職活動を一時休止しようと考えているときに、転職エージェントからの連絡がしつこいと嫌気がさしてしまうという方も多いはずです。

しかし転職エージェントからの連絡が多かったとしても、無視をするのはNG!

ここでは転職エージェントからの連絡がしつこいときの対処法をご紹介します。

連絡頻度を減らしてもらう

転職エージェントからの連絡を無視するのではなく、まずはキャリアアドバイザーに「連絡頻度を少なくしてほしい」と正直に伝えましょう。

ストレートに伝えれば転職エージェントも理解してくれます。もし転職活動を休止する場合は、一度転職エージェントの利用を中断することを伝えてもいいでしょう。

連絡を無視して放置するよりは、転職活動を中断することを伝えた方が親切です。

担当者を変更してもらう

連絡頻度を減らすよう転職エージェントへ連絡しても改善されない場合は、担当のキャリアアドバイザーを変更することも検討しましょう。

求職者の要望を聞いてくれない担当者は、ストレスを感じることが多いです。

相性が合わないこともあるので、変更してもらった方が連絡頻度にストレスを感じず利用することができるかもしれません。

編集部
編集部
転職エージェントを変更したい時は、以下の記事の例文を活用して断る連絡を入れましょう。
シンプル!転職エージェントの断り方【そのまま使える10つの例文あり】この記事では、元転職エージェントが転職エージェントの断り方を状況別にご紹介します。この記事には、そのまま使える例文を掲載してるため、すぐにでも断ることができます。また関係が悪くなることがないような断り方をご紹介しているのでご安心ください。...

転職エージェントを退会する

あまりにも連絡がしつこく対応が改善されない場合は、転職エージェントを退会しましょう。

転職活動を続けたい場合は他の転職エージェントを利用できます。

もし退会した転職エージェントを再度利用したいと思ったら、いつでも再登録が可能です。

そのまま転職エージェントの連絡を無視していると、再度利用しようと思ったときにサービスが停止されているかもしれません。

転職エージェントを放置するのではなく、必要ないときは必ず退会の連絡をしましょう。

編集部
編集部
転職エージェントの退会方法は以下の記事を参考にしてくださいね。
【そのまま使える例文付】転職エージェントの退会方法!本番で役立つメール例文も紹介転職エージェントの退会方法がわからないという疑問がありますよねこの記事では転職エージェントをメールで退会する方法をご紹介します。これを読めば転職エージェントから不要な営業電話や求人紹介メールが来なくなりますよ!...
  • 転職エージェントからの連絡がしつこいときは、連絡頻度を減らすよう連絡すべき
  • 改善を申し出ても変化がなければ担当変更を検討する
  • どうしてもしつこい場合は、転職エージェントを変えるべき

転職エージェントが無視する場合も

求職者が転職エージェントを無視する場合についてご説明してきましたが、反対に転職エージェントが求職者を無視するケースもあります。

最後に転職エージェントが無視する場合についてご紹介します。

リクルートエージェントは無視が多い

リクルートエージェントは他の転職エージェントに比べて、無視が多いという噂があります。

リクルートエージェントは大手の転職エージェントなので、登録者数がたくさんいます。

登録者数が多い分、転職意欲が高くて高いキャリアを持っている求職者を優先して、転職サポートをしているかもしれません。

転職難易度が低い求職者の方が内定を早く獲得し、転職エージェントに利益が入る可能性が高いです。

リクルートエージェントは転職が難しいと判断した求職者を後回しにしているかもしれません。

dodaは連絡なしのことが多い

dodaエージェントは登録した後に面談についての連絡が来なかったり、面談後に求人紹介の連絡が来なかったりするようです。

dodaは紹介できる求人がないと判断した場合、求職者に連絡をしない傾向があります。

dodaも大手の転職エージェントなので、たくさんの登録者がいて求職者を選り好みできる可能性が高いです。

転職難易度が低い求職者から先に転職サポートをするので、紹介できる求人がない求職者は連絡なしに放置しているのかもしれません。

  • リクルートエージェントは転職難易度が低い求職者を優先する傾向
  • dodaは紹介できる求人がない登録者を放置することがある

まとめ|転職エージェントの無視はダメ!

転職エージェントを無視するのは絶対にやめましょう。

最後にこの記事で言いたかったことをまとめます。

転職エージェントを無視してはいけない理由
  • 求人を紹介してもらえなくなる
  • 社会人としての常識がないと思われる
  • サービスを停止されることもある
転職エージェントを利用できなくなるNG無視
  • 選考途中で連絡が取れなくなる
  • 連絡なしで面接に来ない
  • 内定通知を無視する
転職エージェントから連絡がしつこいときの対処法
  • 連絡頻度を減らすよう伝える
  • 担当を変更する
  • 転職エージェントを退会する
無視や連絡なしが多い転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • doda

もし転職エージェントからの連絡がしつこいと思っても、無視を続けるのはやめましょう。

転職エージェントと円満に別れることで、本格的に転職活動を始めようと思ったときに手厚いサポートを受けることができますよ!

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。