転職エージェント

だまされるな!転職エージェントが急かす理由と対処法

「転職エージェントが求人に応募させようとしてくる…」

「転職エージェントが内定承諾を急かしてきてうるさい…」

と転職エージェントに転職活動を急かされた経験がある方もいるはずです。

この記事では転職エージェントが急かす理由をご紹介します。

これを読めば転職エージェントのアドバイスを信じるかどうかの判断ができるようになりますよ!

全て読み終えれば転職エージェントが急かしてきたときの対処法も身につき、今よりも転職エージェントをうまく利用できるようになります。

  1. 転職エージェントが急かすこと
  2. 転職エージェントが急かす理由
  3. 転職エージェントから急かされたときの対処法
 

転職エージェントが急かすこと

転職エージェントが急かしているのかどうか判断がつかないときもあるでしょう。

転職エージェントが急かすタイミングは主に3つあります。

まずは転職エージェントが急かすことをご紹介します。

転職活動をスタートするタイミング

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーから面談の日程交渉で連絡が来ます。

あなたが転職活動を本気でスタートしようと思っていなくても、面談の日程交渉のタイミングや、面談中に転職エージェントが「早く転職活動を開始すべきです」と急かしてくる場合もあるので注意しましょう。

相談だけのつもりで転職エージェントに登録したら、転職活動をスタートするまでしつこく営業電話が来ることもあります。

もしあまりにも営業電話がしつこいようであれば、電話の頻度が高すぎると正直に伝えてもいいでしょう。

求人への応募

転職エージェントとの面談では、キャリアアドバイザーが企業選びの希望条件を聞いてきます。

キャリアアドバイザーはあなたの希望条件に沿った求人をいくつか紹介してくれますが、もし求人に応募するように急かしてきたら注意が必要です。

転職エージェントは本当にあなたのことを考えて求人への応募をすすめているわけではないかもしれないからです。

希望の条件とマッチングしない場合や、ピンとこない場合は無理に応募する必要はありません。

キャリアアドバイザーに正直に応募する気はないことを伝えましょう。

内定承諾

転職エージェントは内定承諾を急かしてくることもあります。

ただし入社する気がある場合、内定承諾はなるべく早くした方がいいです。

内定承諾をする場合は、転職エージェントから内定通知があってから遅くとも3日以内には連絡しましょう。

もし内定承諾するかどうか迷っている場合は、内定承諾をするか迷っていることと理由を正直に打ち明けるのがおすすめです。

あなたの将来がかかっているので、悩んでいる状態で内定承諾をすべきではありません。

正直に転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

  • 転職活動を早くスタートするよう急かす転職エージェントもいる
  • 求人に応募するよう急かしてくるエージェントには注意する
  • 内定承諾をするかどうかは早めに連絡するべき

転職エージェントが急かす本当の理由

転職エージェントがどうして急かすのかわからないという方も多いはずです。

転職エージェントが急かす理由がわかれば、本当に自分のことを思って急かしてくれているのかどうか判断がつきやすくなります。

次に転職エージェントが急かす理由をご紹介します。

ノルマを達成するため

転職エージェントは自分のノルマを達成するためにあなたを急かしている可能性があります。

転職エージェントは求職者との面談を無料にしているところがほとんどです。

転職エージェントは紹介した企業にあなたが採用されたときに、企業から紹介料をもらえます。

企業からの紹介料が転職エージェントの利益につながるので、紹介料目当てにあなたの転職活動を急かしているかもしれません。

特に中小の転職エージェントはキャリアアドバイザー個人にノルマが課せられていることが多く、ノルマ達成のためにあなたを急かしてくるキャリアアドバイザーも必然的に出てきます。

転職エージェントが急かしてくるときは、本当にあなたのことを考えて急かしているか考えてみた方がいいでしょう。

人気がない求人かもしれない

転職エージェントは会社からではなく、取引先企業から急かされている場合があるかもしれません。

取引先企業は自社のホームページや転職サイトだけでは人材を確保することができないため、転職エージェントに求人を登録していることが多いです。

取引先企業としてもなるべく早く人材がほしいため、転職エージェントに応募がないことを問い詰めている可能性があります。

人気のない求人であればあるほど、それは顕著かもしれません。

もしあなたの応募や内定承諾を急かしてくる場合は、人気がない求人だからかもしれないので注意してください。

応募が殺到している

転職エージェントがあなたに内定承諾を急かしてくる場合は、その求人に応募が殺到しているかもしれません。

企業側としてはあなたに入社してもらわなくても他に代わりがたくさんいる場合もあります。

早く内定承諾をしないと他の人が採用されてしまうので、内定承諾を急かしている可能性があります。

この場合はあなたのことを思っている場合と、紹介料がほしい場合があります。

人気の求人はあなたが利用している転職エージェントとは別ルートで応募が殺到している場合があり、あなたが内定承諾をしないと自社に紹介料が入りません。

事務系、管理部門系の求人は人気

特に一般事務や人事、経理などの求人は応募が殺到しやすいという特徴があります。

あなたがその企業に入らなくても代わりがたくさんいる場合は多く、早めに内定承諾しないと他の人に取られてしまうかもしれません。

求人が事務系や管理部門系の場合、転職エージェントは本当にあなたのことを思って内定承諾を急かしている可能性もあるので、注意しましょう。

求職者にぴったりな求人だから

転職エージェントは必ずしも自社の利益のためだけに、あなたの転職活動を急かしているわけではありません。

面談で話したあなたの企業選びの軸や希望条件と、求人がぴったりな可能性もあります。

特になかなかマッチする求人が見つからない場合は、ぴったりな求人が見つかった際に応募や内定承諾を急かしてくる可能性もあります。

人気の求人の場合もあるので、自分にぴったりな求人だと思ったら早めに対応しましょう。

本当に求職者のことを考えている場合もある

転職エージェントはあなたのためを思って転職活動を急かしている場合があります。

あなたの年齢や経歴によっては、転職活動のタイムリミットが差し迫っている可能性があるからです。

転職業界では基本的に経歴よりも年齢が重視されます。

ある程度誇れる経歴を持っていたとしても、年齢が高ければ転職活動が困難になる可能性が高くなります。

転職エージェントはあなた紹介できる求人に限りがあるため、なるべくいい条件で転職してもらいたいと思い、急かしている可能性も考えられます。

転職活動では若手を重視する企業が多いということを念頭に置いて、転職活動をしてくださいね。

求職者が内定辞退を繰り返している

あなたがあまりにも内定辞退を繰り返していると、転職エージェントは内定承諾を急かす場合があります。

内定辞退を繰り返していると、条件がいい求人も少なくなってくるため、あなたのことを考えて転職エージェントは急かしているかもしれません。

内定辞退が続くと転職エージェントからサービスを打ち切られるなど、見捨てられる可能性もあるので注意しましょう。

  • ノルマ達成のため急かす転職エージェントもいる
  • 人気がない求人に対して応募や内定承諾を急かす可能性がある
  • 事務や経理、総務などのバックオフィス系は人気が高く内定承諾を急かしている可能性がある
  • 求職者にぴったりな求人が見つかった場合には応募や内定承諾を急かしがち
  • エージェントが急かすのは、転職活動のタイムリミットが近づいていることもある
  • 内定辞退を繰り返していると急かされることがある

転職エージェントから急かされたときの対処法

転職エージェントから急かされたとき、どう答えていいかわからない…という方も多いでしょう。

転職エージェントから急かされたときの対処法を知っておくと、転職エージェントの主張をうまくかわすこともできます。

最後に転職エージェントから急かされたときの対処法をご紹介します。

急かす理由を聞く

まずは転職エージェントに急かす理由を聞いてみましょう。

急かす理由を聞いて何になるのかと思う方も多いでしょうが、急かす理由を聞くことで「転職活動を急かしすぎです」と暗に伝えることができます。

また、急かす理由を聞くことで納得する答えが返ってくるかもしれません。

「この求人は非常に人気が高く応募が殺到しているので、内定承諾が早ければ早いほど入社意欲の高さを企業に示すことができます。

「正直この求人を逃すと、弊社で紹介できる求人のレベルが低くなってしまう可能性があります。」

など、何かしらの理由を教えてくれるので、答えを出す判断材料にもなるでしょう。

転職エージェントから急かされた場合は、まず急かす理由を聞いてみましょう。

キャリアアドバイザーに正直に伝える

キャリアアドバイザーに正直に「急かすのをやめてほしい」と伝えることも重要です。

1番シンプルで気持ちを伝えやすい方法ですが、悪質な転職エージェントでない限り対応を改善してくれるでしょう。

もしあまりにも改善されない場合は、担当のキャリアアドバイザーを変更してもらうことも考えた方がいいかもしれません。

自分の市場価値を考える

転職エージェントはあなたのことを本当に思って転職活動を急かしている可能性もあります。

もし転職エージェントが利益のために急かしているのか、本当にあなたのことを考えて急かしているのか判断がつかない場合には、一度立ち止まって自分の市場価値を考えてみる必要性があります。

あなたの年齢や経歴的にすぐに転職活動をスタートしなくても余裕があるかどうか考えてみましょう。

もしタイムリミットが近づいていると感じたならば、転職エージェントの意見も聞いてみる必要があります。

他の転職エージェントに相談してみる

転職エージェントは1社に絞る必要はありません。

同時に複数の転職エージェントを利用してもOKです。

もし他の転職エージェントにも登録している場合は、他社に相談してみるのもいいでしょう。

他社に相談することで、「今の年齢と経歴ならそこまで急がなくても大丈夫だと思います」など、何かしらの意見をもらえるはずです。

もしかしたら急かしてきた転職エージェントが言っていることが正しいこともあるので、一意見として取り入れてみましょう。

転職エージェントは、あくまで自社の利益になる意見をいう傾向にあります。

相談した転職エージェントの主張を一意見として捉え、いろいろな会社の意見を比較検討しましょう。

別の方法で転職活動を行う

転職エージェントに急かされるのが嫌な場合は、無理に転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントを利用する以外にも転職活動を進める方法はたくさんあります。

転職エージェント以外で転職活動を進める方法は主に3つです。

編集部
編集部
転職エージェントを使わない転職方法をより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
転職エージェントを使わないで転職する6つの方法とメリット・デメリット転職エージェントを使わないで転職する方法ってあるのかお悩みですよね。この記事では、あえて転職エージェントを使わないで転職する方法や転職エージェントを使わないで起こり得るデメリットとメリットを詳しくご紹介します。 ...

転職サイトを使って応募する

転職サイトを使えば、自分1人で転職活動をすることができます。

キャリアアドバイザーがいない分、企業とのやりとりや職務経歴書の準備などは全て自分でやらなくてはいけません。

また、転職エージェントに登録されているような好条件の求人に出会える可能性が低くなります。

自分のペースで転職活動をしたい方にはぴったりでしょう。

ハローワークを使う

自分1人で転職活動を続けるのが不安だという方は、ハローワークもおすすめです。

ハローワークにいるキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

ただしハローワークのキャリアアドバイザーはあくまで公務員であり、ボランティアで転職活動をサポートしています。

転職エージェントのように丁寧で親切な対応を必ずしもしてくれるとは限りません。

少々適当な対応をされる可能性があるので、あまり期待せずに利用しましょう。

SNS経由で応募する

最近ではSNSも人材採用に利用する企業が増えてきています。

転職サイトや転職エージェントなどに比べると、採用までのスピード感は遅くなるでしょう。

急かされることに不満があり、転職活動に余裕がある方はSNS経由で応募してみるのがおすすめです。

  • 急かす理由を聞くことで転職活動において有益な意見をもらえることがある
  • 急かしすぎだと正直に伝えることも重要
  • 自分の市場価値から判断してエージェントの意見を取り入れるか考えるべき
  • 他の転職エージェントの意見も聞いてみるべき
  • 自分のペースで転職活動をしたい方は転職サイトの利用がおすすめ
  • 利益優先で急かさないキャリアアドバイザーならハローワーク
  • 転職活動に余裕があるならSNS経由で応募もあり

まとめ|転職エージェントが急かしてくる理由はさまざま

転職エージェントが急かしてくるタイミングを下記にまとめます。

転職エージェントが急かすこと
  • 転職活動を始めるタイミング
  • 求人への応募
  • 内定承諾

転職エージェントが転職活動を急かすのには目的があります。

転職エージェントがあなたの転職活動を急かす理由を下記に挙げます。

転職エージェントが急かす理由
  • ノルマの達成
  • 取引先企業から急かされている
  • 応募が殺到している
  • 求職者にぴったりな求人だから
  • 転職活動のタイムリミットがあるから
  • 求職者が内定辞退を繰り返しているから

急かす転職エージェントの対処法を最後にまとめます。

急かされたときの対処法
  • 急かす理由を聞く
  • 急かすのをやめてほしいと伝える
  • 自分の市場価値を考える
  • 他の転職エージェントに相談する
  • 別の方法で転職活動をする

転職エージェントから急かされたときは、急かす理由をまず考えてみましょう。

正しく対処することで、キャリアアドバイザーの対応が改善することもあるので、落ち着いて対処してください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

関連記事