転職エージェント

転職エージェントへのクレーム方法!悪質エージェントの見分け方解説

「転職エージェントの対応が雑だからクレームを入れたい!」

「転職エージェントのクレームはどこに入れるのが1番効果的かわからない…」

転職エージェントを利用して不快な思いをして、クレームを入れたいと考えている方もいるはずです。

この記事では、効果的な転職エージェントへのクレーム方法をご紹介します。

これを読めば、転職エージェントの対応が改善するクレームの入れ方がわかりますよ!

全て読み終える頃には、悪質な転職エージェントを見分ける方法も理解しうまく転職エージェントを利用する方法もわかります。

  1. 転職エージェントにクレームを入れたくなるタイミング
  2. クレームを入れた後に生じる支障
  3. 転職エージェントにクレームを入れる方法
  4. 悪質な転職エージェントの特徴

転職エージェントにクレームを入れたくなるとき

転職エージェントに腹が立ってもクレームまで入れるのは気がひける…という方も多いはずです。

しかしクレームを入れることで転職エージェントの対応が改善するときもあります。

転職エージェントにクレームを入れる判断をすべきタイミングをご紹介します。

連絡が来ない

転職エージェントから初回面談後に全然求人が紹介されてこない」「選考結果を連絡すると言ったきり、いくら待てども連絡が来ない」など、キャリアアドバイザーからの連絡がないと、クレームを入れたくなる方も多いはず。

連絡が来ない場合にはクレームを入れる前にこちらから連絡をするべきですが、もしそれでも連絡が来なかったらクレームを入れても問題ありません。

連絡すると約束したのに連絡が来ないというのは、放置されている、もしくは転職をサポートする気がない可能性があります。

転職エージェントにクレームを入れることで、連絡をマメにしてくれるようになるかもしれません。

編集部
編集部
転職エージェントから放置されたと思ったら一度以下の記事を見てみてくださいね。
転職エージェントに放置される理由!連絡が来ないときの対処法は?転職エージェントに登録したが連絡が来ないというお悩みがありますよね。この記事では転職エージェントに放置されてしまう理由と、放置されてしまったときの対処法をご紹介します。この記事を読めば、転職エージェントから放置されてしまった原因がわかりますよ! ...

面談で罵倒される

転職エージェントにクレームを入れたくなるときとして、よく挙げられるのが面談時の態度。

転職エージェントによっては面談時に高圧的な態度を取ってくるところもあります。

なかには「そんなんだから内定をもらえないんですよ」と罵倒するキャリアアドバイザーも。

もしあまりにも面談で不快な思いをした場合には、転職エージェントにクレームを入れても問題ありません。

求職者よりも優位な立場にいるキャリアアドバイザーですが、面談で相手が不快に感じる態度を取るのは社会人としても非常識です。

躊躇せずに面談時の対応についてクレームを入れましょう。

嘘の求人を紹介する

転職エージェントに嘘の求人を紹介された場合、クレームを入れても問題ないでしょう。

転職活動は求職者の人生を大きく左右する大きな問題です。

嘘の求人を紹介して入社させるという行為は法律違反にもなり得る話です。

過去には、企業側も転職エージェント側も求職者に嘘をついて入社させ、入社後に条件が違うことに気づいた…という求職者もいました。

「正社員の求人で」と面談で話していたにも関わらず、契約社員の求人を紹介されるなど、まれに出くわすケースなので、我慢せずにクレームを入れましょう。

職務経歴書の添削が雑

転職エージェントは職務経歴書の添削をしてくれますが、まれに添削が雑なときがあります。

職務経歴書の内容を転職エージェントに全て任せるのはいかがなものですが、もしあまりにも添削が雑な場合はクレームを入れてもいいでしょう。

転職エージェントの職務経歴書の添削が甘く、書類選考で落とされてしまったという話もあります。

職務経歴書はあなたの経歴を書面で企業に説明する大事な書類です。

職務経歴書の添削を雑にしていると感じた場合は、クレームを入れても問題ないでしょう。

内定承諾を強要する

内定承諾を強要する転職エージェントにはクレームを入れても問題ありません。

転職エージェントによっては、紹介料ほしさに求職者に対して内定承諾を強要してくるところもあります。

内定を承諾しないとサービスを打ち切ると脅してくる転職エージェントもなかにはいるので、焦って承諾してしまわぬよう注意してください。

転職先の企業によってあなたの人生が大きく変わるので、あまりにも強要が激しい場合にはクレームを入れてもいいでしょう。

編集部
編集部
転職エージェントが急かす理由は明確にあります。詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。
だまされるな!転職エージェントが急かす理由と対処法転職エージェントが求人に応募させようとしてくるとお悩みですよね。この記事では転職エージェントが急かす理由をご紹介します。これを読めば転職エージェントのアドバイスを信じるかどうかの判断ができるようになりますよ!...
  • 連絡があまりにも来ない転職エージェントにはクレームを入れるべき
  • 面談で罵倒する転職エージェントは要注意
  • 嘘の求人を紹介する転職エージェントもいる
  • 職務経歴書の添削が雑な転職エージェントにはクレームを入れよう
  • あまりにもしつこい内定承諾の強要はクレームを入れても問題なし

クレームを入れてもその後の対応は問題ない?

転職エージェントにクレームを入れてしまったら、その後の対応に支障が出るのではないかと不安に思う方も多いでしょう。

しかしクレームを入れたからといって、その後の対応が悪くなることはありません。

クレーマーのような理不尽なクレームは適当に扱われますが、誰が見ても納得できる筋の通ったクレームは、きちんと謝罪され担当のキャリアアドバイザーにも注意がいきます。

担当のキャリアアドバイザーが変更になったり、対応が改善されたりと以前よりも丁寧に扱われるようになるので、クレームは入れたほうがいい場合も存在します。

ただし転職エージェント側から見て妥当だと判断されるためには、筋の通ったクレーム内容でなければなりません。

ただのクレーマーだと判断されないよう冷静に対応しましょう。

あいまいなクレーム内容や冷静さを欠いたクレームは、ただのクレーマーだと判断されます。誰が見ても妥当だと判断できるクレーム内容にしましょう。

  • クレームを入れることで対応が改善することも
  • クレームを入れることで手厚いフォローを受けられるようになることもある
  • 誰から見ても明瞭かつ妥当なクレーム内容にすべき

転職エージェントにクレームを入れる方法

転職エージェントの対応を改善してもらうには、誰の目から見ても納得できるクレーム内容でなければなりません。

転職エージェントの対応が改善するのに効果的なクレームの入れ方をご紹介します。

問い合わせフォームと電話どちらがいい?

まず、クレームの入れ方には2種類あります。

1つめは転職エージェントのホームページにある問い合わせホームからクレームを入れる方法です。

2つめは転職エージェントに直接電話して担当のキャリアアドバイザーの上司にクレーム内容を伝えることです。

クレームを入れる際には、1つめの問い合わせフォームからにしましょう。

ホームページの問い合わせフォームからクレームを入れることで、クレーム内容が社内全体に共有される可能性が高く、より今後の対応が改善されやすくなります。

直接転職エージェントに電話をかけてクレームを入れても問題ありませんが、それでは担当者とその上司にしか情報が共有されないかもしれません。

上司と担当者の間だけで話が完結してしまう可能性があり、対応の改善が不十分になることもあります。

また、電話よりも文章で伝えるほうが冷静にクレームを入れることができます。

クレームを入れる際には問い合わせフォームを利用しましょう。

クレームに必要な内容

誰が見ても妥当な内容だと判断されるためには、クレームの内容にも気をつけなくてはいけません。

クレームの文面作成において、必要な内容をご紹介します。

自分の登録番号、ID、名前

クレームを入れた人の名前だけでなく、IDや登録番号がある場合にはそちらも記入しましょう。

登録番号やIDを記入しておくことで、担当のキャリアアドバイザーが誰か判断がつきやすくなります。

クレーム内容

クレーム内容はわかりやすく簡潔に状況を説明しましょう。

自分が感じた不満を具体的に明記することも重要です。

今後希望する対応

転職エージェントによってクレームの対応方法は異なります。

「社内で共有して二度と同じようなことが繰り返されないよう改善してほしい」「年収重視の求人紹介ではなく、今後は成長性や将来性のある企業を紹介してほしい」など、望む対応がある場合にはきちんと明記しましょう。

担当のキャリアアドバイザーを変更してほしい旨

もし担当のキャリアアドバイザーを変更してほしい場合には、その旨をきちんと明記しましょう。

きちんと変更してほしいことを伝えないと、担当者が変更されない可能性があります。

クレーム例文

クレームの例文をここでは紹介します。

ただしあくまで以下は例文であり、クレームの文面はあなたが実際に体験したことやそれによって感じたことをリアルに書くことが重要です。

例文に縛られないようしてください。

「いつも大変お世話になっております。

貴社で転職のサポートをしていただいている(あなたの名前)です。

この度(担当のキャリアアドバイザーの名前)様に内定承諾を強要されるというトラブルがありました。

転職活動は私にとって非常に大きな決断ですので、このような対応はとても不快でした。

今後の転職活動においても支障が生じるので、申し訳ございませんが担当を変更していただくことは可能でしょうか。

私のペースで転職活動ができるように支援していただける担当者をご紹介いただけますと幸いです。

何卒、よろしくお願いいたします。」

リクルートエージェントにクレームを入れる方法

リクルートエージェントにクレームを入れる場合にも、問い合わせフォームからにしましょう。

リクルートエージェントには熱血的なキャリアアドバイザーが多く、少々高圧的な担当者や強気な担当者が多いという噂があります。

もし悪質な対応をされた場合には、ホームページの問い合わせフォームからクレームを入れてください。

マイナビエージェントにクレームを入れる方法

マイナビエージェントにクレームを入れる場合も同様にホームページの問い合わせフォームを利用しましょう。

マイナビエージェントに他社と比較して多いのは、キャリアアドバイザーの知識不足やあいまいな返答です。

転職活動において相談するために転職エージェントに来たのに、的確なアドバイスをもらえなかったと感じる方がいたのでしょう。

マイナビエージェントの場合も問い合わせフォームを利用してクレームを入れてください。

  • クレームはホームページの問い合わせフォームから入れる
  • クレーム内容に必要な項目が抜けていないかチェックする(名前、登録番号、クレーム内容、今後希望する対応、担当者の変更希望)
  • リクルートエージェントは問い合わせフォームからクレームを入れる
  • マイナビエージェントは問い合わせフォームからクレームを入れる

悪質な転職エージェントの特徴

クレームを入れることで転職エージェントの対応が改善するケースは多いです。

しかしクレームを入れる以前になるべく悪質な転職エージェントには出くわしたくない…と考える方が多いのではないでしょうか?

最後に悪質な転職エージェントの見分け方をご紹介します。

悪質な転職エージェントの特徴

連絡がマメでない

「転職エージェントに登録してから連絡が遅かった」「相談した内容の返信が来るまでいちいち遅い」など、連絡がマメでない転職エージェントは要注意です。

求職者に早く内定を獲得してもらうため連絡スピードが早いのが普通。

もし転職エージェントから連絡が遅い場合には、今後重要な連絡も遅れる可能性があります。

連絡がマメでない担当者はトラブルが起きる前に変更も考えましょう。

作業が雑

「転職エージェントからのメールは毎回誤字脱字がある」「メールに添付されている書類が言われていたものと違う」など、作業が雑な転職エージェントも注意が必要です。

メールの誤字脱字などの小さなミスなら問題ありませんが、職務経歴書の添削などあなたの選考に関わることでミスがあったら大変です。

雑な作業が目立つ際には、一度担当者に話をしてみてもいいかもしれません。

態度が悪い

「見下しているような態度が目立つ」「要望を無視した求人ばかり紹介してくる」など、面談時の態度が悪い場合も注意しましょう。

面談時に社会人として非常識な態度をしてくるキャリアアドバイザーは、たいてい悪質である場合が多いです。

内定承諾の強要など、あとあとトラブルにもなりかねないので早めに担当者を変えてもらってください。

嘘をつく

「面談時に話した条件と違う求人にも関わらず、伝えてくれなかった」など、嘘をつくキャリアアドバイザーは要注意です。

キャリアアドバイザーの話が嘘だったと入社してから気づいてら手遅れな場合があります。

面談の時点で嘘をつく担当者は信用しないほうがいいでしょう。

なるべく早く担当のキャリアアドバイザーを変えてもらうことをおすすめします。

  • 連絡をマメにしてくれない担当者は要注意
  • 作業が雑な担当者はあとあと重大なミスをする危険性あり
  • 態度が悪い担当者は悪質な可能性が高い
  • 嘘をつく担当者は信用してはいけない

まとめ|転職エージェントのクレーム方法

転職エージェントにクレームを入れても問題がないタイミングを以下に挙げます。

クレームを入れるべきタイミング
  • 連絡が来ない
  • 面談で罵倒される
  • 嘘の求人を紹介される
  • 職務経歴書の添削が雑

転職エージェントにクレームを入れるときのポイントを以下に挙げます。

クレームを入れるときのポイント
  • クレームを入れてもその後支障はない
  • 問い合わせフォームからクレームを入れる
  • クレーム内容は誰が見ても納得するような文章にする

クレーム内容に必要な項目はこちらです。

クレームに必要な項目
  • 名前、登録番号、ID
  • クレーム内容
  • 今後希望する対応
  • 担当者を変更してほしい旨

悪質な転職エージェントの見分け方を以下に挙げます。

悪質な転職エージェントの特徴
  • 連絡がマメでない
  • 作業が雑
  • 態度が悪い
  • 嘘をつく

正しいクレーム方法を知っておくことで、手厚い対応をしてもらえる可能性が高いです。

悪質な転職エージェントを事前に見抜いて、うまく転職エージェントを利用しましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。
関連記事