転職エージェント

誰も教えてくれない!転職エージェントの電話面談の全てを解説

「転職エージェントの面談って電話でできるの?」

「もし電話面談ができるとしたら、どんな内容を話すんだろう…?」

こんな悩みを抱えていませんか?

結論を先に言ってしまうと、転職エージェントによって電話面談ができるエージェントと、できないエージェントがあります。

この記事では、転職エージェントで電話面談が向いている人、メリット・デメリット、具体的な内容、電話面談を成功させる全知識をご紹介します。

この記事を読み終えた頃には、わざわざ対面面談をしなくても、電話面談で好印象を与えて、転職を成功させるテクニックがわかりますよ!

尚、この記事は転職エージェントで電話面談をするのがはじめての方向けに書いています。

  • 電話面談が向いている人の特徴
  • 電話面談のメリットとデメリット
  • 電話面談の流れ
  • 成功する電話面談の必勝法
  • 電話面談ができる転職エージェント
 

転職エージェントとの面談は電話面談で済ましていいの?

複数の転職エージェントに登録していくと、対面で面談対応をしてくれるエージェントと電話面談を提案してくるエージェントがいますよね。

「わざわざ転職エージェントの会社に行くのも面倒だし…できれば電話面談で済ましたいんだけど、大事な仕事に関わる面談を電話で済ませていいのかな…?」

という疑問や不安を抱えている方が大勢いると思います。

転職エージェントとの電話面談にはメリット・デメリットがあり、シフト制で働いている方や、都心部から離れた場所に住んでいる方には有効な手段と言えます。

ここでは、電話面談をする前に準備しておくべきポイントや、注意すべき点をご紹介していきます。

電話面談をするのが向いている人

転職エージェントで電話面談をするのが向いている人の特徴は以下の通りです。

  • シフト制で働いていて平日まとまった時間がとれない人
  • 最寄駅から転職エージェントのオフィスまでが遠い人
  • 現職が忙しく転職エージェントのオフィスへ訪問する時間を割かずに効率的に転職活動を進めたい人
  • まだ転職意思が固まっておらず、転職エージェントとはまずは軽めに相談したい人
  • 複数の転職エージェントの担当者の対応の良し悪しを見極めたい人

電話面談ができる転職エージェントはこの記事の最後にご紹介しますが、転職エージェントで電話面談を行うことは珍しいことではありません!

大手転職エージェントであれば、全国各地に面談用ブースを構えたオフィスがあります。

しかし、中小の転職エージェントや業界・職種専門特化型の小規模エージェントは、オフィスが都心に1か所しかないケースが多いです。

面談スペースが小さい転職エージェントは、電話面談やSkype・Wherebyなどのビデオ面談、または求職者の勤務地の最寄り駅付近のカフェなどで面談を実施しています。

「電話面談でさえも時間が確保できない…」という方もいるうえに、飲食店や接客サービス業に勤めている方で店舗の人員が不足していると、休憩時間さえもまとまって取ることができなかったりしてしまいますよね…。

また、直近1週間のシフトが決まらず、転職エージェントに訪問する予定が調整できない…」いう方も多いでしょう。

なかには、平日は朝から晩まで時間外労働が多く、物理的に訪問時間が取れない方もいるかと思います。

上記のように忙しい方であれば、以下のように転職エージェントとの面談を進めていくと良いですよ!

※転職エージェントの面談の進め方(忙しい人向け)

初回面談は電話で実施し、そのあとはメールでやり取りをメインに転職活動を進めます。

どうしても電話のみしかできないときは、「今日このあと〇時から休憩がとれそうなのでお電話可能でしたら折り返しお願いします」などのメールを入れておいて、勤務の隙間時間を狙って電話相談を行うようにしましょう。

電話面談の所要時間は、長くて1時間、短くて15分くらいです。

また、転職エージェントを何度か利用したときにキャリアアドバイザーと相性が悪かった経験がある人は、より慎重に担当のキャリアアドバイザーを選びたいと思います。

せっかく往復何時間もかけて面談に行ったのに、「まともな面談が出来なかった」、「大した求人を紹介されなかった」という声は非常に多いものです。

※ワンポイントアドバイス

一通り初回のみ電話面談をしておいて、印象が良かった転職エージェントに後日、対面面談を行うことをおすすめします。

そうすることで、複数の転職エージェントからあなたにピッタリの担当者を選ぶことができるのです。

電話面談を行う3つのメリット

ここでは、電話面談を行うメリットを3つご紹介します。

電話面談を行うメリットは以下の通りです。

  • 転職エージェント先まで行く時間を省ける
  • 土日や祝日、夜間でも対応してくれる
  • 面接対策や職務経歴書の添削をしてもらえる

それでは、1つずつ解説していきます。

転職エージェント先まで行く時間を省ける

転職エージェントとの電話面談のメリットは、訪問するための移動時間を削減できることです。

たとえば、東京都心部1か所にしか面談ブースがない場合、神奈川・埼玉・千葉の少し遠方の人だと片道1時間半~かかってしまいます。

一般的な転職エージェントとの面談は、1回1時間~1時間半かかるので、往復3時間+面談1時間半だと相当な時間工数がかかってしまいます。

そこで、スキマ時間に電話面談を行えるのであれば、他の予定も入れることができますから、時間を有効的に使うことができますね!

土日や祝日、夜間でも対応してくれる

転職エージェントとの面談方法を電話にすると、土日祝日や夜間にも対応してくれる可能性が高くなるので、日程調整がしやすくなるというメリットもあります。

一般的に転職エージェントは平日の朝9時~夜20時までなど、日中時間帯で対応しています。

土曜日出社を設けている転職エージェントもいますが、日曜日や祝日対応してくれる転職エージェントはかなり少ないです。

しかし面談方法が電話であれば、キャリアアドバイザーも出社しなくて良いので、土日祝日や夜10時以降などの夜間帯も対応してくれる場合があります。

どうしても夜9時、10時以降しか電話をとれない方や、土日にゆっくり相談をしたい方にとっては、電話面談にメリットを感じやすいでしょう。

面接対策や職務経歴書の添削なども受けることができる

転職エージェントとの面談方法を電話にした場合、面接対策や職務経歴書の添削を受けられないのでは?と思う方もいますよね。

実は、電話面談の場合でも、これらの面接サポートは受けられます。

実際に、大手転職エージェントで初回面談から入社決定まですべて電話対応でサポートしている企業もあります。(この記事の最後に紹介しています)

職務経歴書などの書類をメールで送付すれば、転職エージェント側で書類の手直しを行ってくれるので安心です。

細かいところですが、求職者からすると履歴書写真を撮りに行き、写真を切り貼りした履歴書をスキャンしてPDFにするのも意外と手間がかかりますよね。

気の利くキャリアアドバイザーであれば、スマホで撮影した証明写真をメール送付するだけで加工して履歴書に貼り付けてくれて、履歴書作成を巻き取ってくれる転職エージェントもありますよ。

電話で面談をしたからといって、サービスが変わってしまうことは、ほぼないです。

また、電話面談を実施している転職エージェントでも、企業面接を受ける直前にしっかりと面接対策をしています。

普段、キャリア相談に乗っている担当者とは別に、面接官役を担当する人が求職者へ電話をして、本格的な面接ロープレを実施することがあります。

ロープレ終了後は、そのまま電話口で「さっきの質問に対して回答があやふやだった」「声のトーンが低いので、もっと自信を持って話した方がいい」など具体的な指摘をしてもらえるので、電話面談でも非常に効率的に面接準備が可能です。

もちろん時間が作れる方は、対面で面接対策など行った方がより臨場感が出ますが、電話面談だけでも入社までの細やかなサポートを受けることができるので、時間を効率的に使うという点ではメリットだと言えます。

電話面談を行う2つのデメリット

転職エージェントで電話面談を行う2つのデメリットは以下の通りです。

  • 担当のキャリアアドバイザーの人柄がわからない
  • 転職意欲が伝わりにくい

それでは、転職エージェントとの電話面談がデメリットになるケースについて見ていきましょう。

担当のキャリアアドバイザーの人柄がわからない

電話面談の場合、どうしても相手の顔や素振りが見えないのでキャリアアドバイザーの人柄がわかりづらくなります。

人柄が分からないので信頼しきれず、本音でキャリア相談が出来なかったというケースも少なくありません。

転職意欲が伝わりにくい

電話面談だと、会話中の身振り手振りやアイコンタクトがない分、コミュニケーションの難易度が上がります。

もちろん、電話の方が素直に話せるという方もいますが、声色だけで転職意欲の高さを伝えることは難しいものです。

普段、顧客折衝のある仕事をしている方ならまだしも、あまり人と話すことが得意でない求職者にとっては電話面談が不利になる場合もあります。

少しでも転職意欲の高さを伝えるためには、電話面談であっても、しっかり事前準備を行うことが大切です。

※事前準備しておくべきこと

  • なぜ今回転職をしたいのか
  • いつまでに転職を終えて、何月から新天地で勤務開始したいのか
  • 転職で絶対に譲れない条件はあるか
  • どのような業界、職種の求人に興味があるのか

上記の4つは、対面面談でも電話面談でも必ず質問されることなので、明確に答えられるように書き起こすなどして、面談に備えるようにしましょう。

電話面談の流れ

続いて、転職エージェントでの電話面談の流れをご紹介します。

電話面談の場合でも対面面談と目的は同じです。

面談を通して求職者の就業先の希望条件や、今までの経歴、保有スキル、強み・弱みをキャリアアドバイザーと一緒に整理し、あなたの希望に沿った求人の紹介ができるようにするのが目的です。

以下が、電話面談の具体的な流れです。

※具体的な電話面談の流れ

  • キャリアアドバイザーの自己紹介、電話面談の目的を共有
  • 求職者の自己紹介(最終学歴、転職回数、1社ずつ経歴の確認)
  • 今回なぜ転職をしたいのか、いつまでに転職を終えたいのか転職時期を確認
  • 今後どうなっていきたいのか、キャリア全般に対する考えを共有
  • 他の転職エージェントの利用状況、応募状況確認
  • 求職者の強み弱み、資格やスキル、人柄をアピールして今転職すべきか相談
  • 希望条件の詳細をすり合わせ(希望条件の優先順位をつける)
  • すぐに応募できる求人があれば求人の提案
  • 電話面談後のスケジュール確認

ヒアリングの順番が前後することはありますが、おおよそ上記の内容を電話面談で聞かれます。

電話でも割と聞かれることが多いので事前に準備しておくことで、うまく応えられるはずです。

電話面談を成功させるための3つのテクニック

転職エージェントとの電話面談は、必ず事前準備が必要です。

電話面談を成功させるためのテクニックをおさえていきましょう。

あらかじめ伝える内容を決めておく

電話面談を成功させるためには、質問に備えてあらかじめ伝える内容を決めておくことがもっとも重要です。

  • なぜ転職をしたいのか
  • いつまでに転職活動を終えたいのか

転職意思が強いかどうかで、キャリアアドバイザーの対応も変わってきます。

上記の2点は必ず自分の中でまとめておき、電話面談の冒頭の自己紹介に盛り込んで伝えると効果的です。

例)

はじめまして。本日は面談よろしくお願いします。

実は現職でずっと営業職を務めてきたのですが、以前からずっと夢だった航空業界にどうしても挑戦したいと思い、転職活動をはじめました。今年の12月賞与をもらってから退職し、最短で1月から次の会社で働くのが理想です。現在A社とB社に応募をしていますが、他の転職エージェントは利用していません。よろしくお願いします!

上記のように、要点を盛り込んで伝えると非常にスムーズに電話面談が進みやすくなりますよ!

転職意欲を持って伝える

転職エージェントとの面談では、対面でも電話でも、転職意欲があることを伝えることが大切です。

キャリアアドバイザーは多いときで1日5人、6人と新規候補者と面談をしており、その中で優秀な人材を探し出して企業に提案をしていきます。

また転職エージェントによっては、電話面談を求職者のスクリーニングの場と考えている場合があるので注意が必要です。

スクリーニングとは、転職エージェントが複数の候補者(求職者)から、面談により最も有望な人材を選抜すること。

転職エージェントは転職意欲が高く、今すぐにでも転職したい方や、専門的な経験スキルがあり複数企業からの内定可能性が高そうな方を優先的に囲い込もうとしていることを理解しましょう。

繰り返しになりますが、電話面談では「なぜ転職をしたいのか」という明確な目的を伝えるとともに、どのくらい真剣に転職活動をしているのかを伝え、キャリアアドバイザーを味方につけることが重要です。

ネガティブ発言は控えめに

電話面談のときに、「今の仕事がしんどすぎて転職先を選ぶ気力がなくて…」「私なんかが転職できるか不安です」といったネガティブ発言ばかりしてしまうことは避けましょう。

この求職者は『内定をもらえる見込みが低い』と判断されて対応を後回しにされるケースがあります。

ひどい場合だと、電話面談をしたあと、一切お礼のメールもせずに音信不通になってしまう転職エージェントもあります。

求職者にとっては完全無料でありがたいサービスである転職エージェントですが、転職エージェントもビジネスとして転職支援を行っているという点を理解し、ネガティブ発言は避けておくといいでしょう。

キャリアアドバイザーも求職者全員に仕事の紹介をするわけではないので、大人な対応ができるように心がけましょう!

まとめ|電話面談ができる転職エージェント

マイナビエージェント」では、転職に関することであれば、何でも相談することができますよ!

電話相談を受けるには、まずは登録して、「転職しようか悩んでいて…」と伝えれば大丈夫です!

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

では、この記事でお伝えしたことを以下にまとめておきます。

電話面談がおすすめな人
  • 平日まとまった時間が取れない人
  • 最寄駅からエージェントまでのオフィスが遠い
  • 忙しくてエージェントのオフィスまでが遠い
  • 軽めに相談したい
  • 担当者の対応の良し悪しを見極めたい
電話面談を行うメリット
  • 転職エージェント先まで行く時間を省ける
  • 土日や祝日、夜間でも対応してくれる
  • 面接対策や職務経歴書を添削してもらえる

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

関連記事