転職エージェント

偉そうな転職エージェントへの対処法は?切り捨ててしまってOK!

「転職エージェントが上から目線でムカつく…」

「転職エージェントが偉そうな態度を取ってくるから、連絡したくない」

など、偉そうな転職エージェントに当たってしまった方もいるはずです。

この記事では偉そうな転職エージェントを切り捨てる方法をご紹介します。

これを読めば、偉そうな転職エージェントに当たってしまったときにどう切り抜けたらいいかわかりますよ!

切り捨てるべきかどうか迷った際の判断材料もわかり、今よりももっとうまく転職エージェントを利用することができるようになります。

  1. 転職エージェントを偉そうだと感じるタイミング
  2. 偉そうな転職エージェントの対処法
  3. 転職エージェントの複数利用

転職エージェントが偉そうだと感じるとき

転職エージェントが偉そうだと思っても、切り捨てるのは良心がとがめる…という方も多いはずです。

そこで実際に転職エージェントを切り捨てた経験がある方の話から、偉そうだと感じる転職エージェントの対応をまとめました。

ここではどこまでいけば転職エージェントを切り捨ててもいいかご紹介します。

上から目線で物を言う

転職エージェント中には面談で上から目線な発言をするキャリアアドバイザーもいます。

もし転職エージェントの上から目線の発言が原因で、相談さえしたくない…と感じるようであれば、容赦なく切り捨ててしまってOKです。

キャリアアドバイザーはいくらでも代わりがききます。

態度が悪い

態度が悪い転職エージェントに腹が立つという方も多いです。

失礼な発言をしたりやる気のない態度を取られた場合は、無理に利用しなくても問題ありません。

不快に感じる転職エージェントを利用するよりも、他を利用した方がはるかに転職活動へのストレスが軽減します。

本音を相談しづらい

転職エージェントを利用するメリットのひとつに、キャリアアドバイザーに転職活動への疑問や不安を相談できるという点があります。

もしキャリアアドバイザーの対応に不満があり相談しづらいと感じたならば、無理に転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントの中には相談した際に鼻で笑ってきたり適当な返答をしたりするキャリアアドバイザーもいます。

相談しづらい雰囲気ならば転職エージェントを利用するメリットも半減してしまうので、切り捨ててしまっても問題ありません。

ダメ出しばかりする

「そんな覚悟ではいつまでたっても転職できませんよ!」「今まで会社で何をやってきたのですか?」など、ダメ出しばかりする転職エージェントもなかにはいます。

転職エージェントのダメ出しがごもっともなこともありますが、ダメ出しばかりされると転職への意欲もなくなってしまうでしょう。

転職活動へのモチベーションが下がるような転職エージェントは、切り捨ててしまっても問題ありません。

意見や要望を鼻で笑う

求職者の希望条件や要望を鼻で笑うキャリアアドバイザーもなかにはいます。

鼻で笑っているのは「社会人なのにそんなことも知らないのか」「あなたの経歴でその条件で転職できると思っているのか」など、求職者を馬鹿にする意図も含まれているでしょう。

転職エージェントは求職者よりも立場が上だと勘違いしていることもあるので、失礼な態度をとる転職エージェントは利用しなくていいです。

ストレスフリーに利用できる転職エージェントもあります。

  • 上から目線な発言が多い転職エージェントは利用しなくてもいい
  • 求職者をサポートする気がない転職エージェントは切り捨ててOK
  • 本音を相談しづらい転職エージェントを利用してもメリットがない
  • ダメ出しが多いと転職意欲が下がるので利用すべきではない
  • 求職者を鼻で笑う転職エージェントは利用しなくていい

偉そうな転職エージェントに当たったときの対処法

偉そうな転職エージェントに当たってしまったとき、我慢して利用し続ける必要はありません。

「転職活動がはかどらない」「相談したいこともまともにできない」など、転職活動に支障をきたす可能性もあります。

ここでは偉そうな転職エージェントの対処法をご紹介します。

偉そうな転職エージェントに当たったときの対処法

担当を変更してもらう

転職エージェントが偉そうだと感じたら、エージェントそのものを変える前に担当のキャリアアドバイザーを変更してもらうことを考えましょう。

偉そうなキャリアアドバイザーに当たってしまったとしても、その転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーが全員偉そうなわけではありません。

親身になってくれるキャリアアドバイザーもいるので、まずは担当変更の連絡を転職エージェントにしましょう。

編集部
編集部
転職エージェントの断り方などがわからない方は以下の記事を参考してくださいね。
シンプル!転職エージェントの断り方【そのまま使える10つの例文あり】この記事では、元転職エージェントが転職エージェントの断り方を状況別にご紹介します。この記事には、そのまま使える例文を掲載してるため、すぐにでも断ることができます。また関係が悪くなることがないような断り方をご紹介しているのでご安心ください。...

クレームを入れる

偉そうな転職エージェントには、対応を改善してほしいと思う方も多いはずです。

もし偉そうな転職エージェントに当たってしまった場合、クレームを入れることも考えましょう。

クレームはしてはいけないものではありません。

クレームが入ることで転職エージェントも、自社の悪い点を改善するきっかけになります。

ただしただのクレーマーだと思われてしまったらもったいありません。

誰が見ても妥当で納得できる内容だと判断できるよう、冷静でわかりやすいクレームを意識してください。

編集部
編集部
転職エージェントにクレームをする方法は以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントへのクレーム方法!悪質エージェントの見分け方解説転職エージェントの対応が雑だからクレームを入れたいんだけどと滞りを感じていますよね。この記事では、効果的な転職エージェントへのクレーム方法をご紹介します。これを読めば、転職エージェントの対応が改善するクレームの入れ方がわかりますよ!...

転職エージェントを変える

担当のキャリアアドバイザーを変更しても改善されない場合は、無理にその転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントには種類がたくさんあるので、他の転職エージェントを利用してみましょう。

別の転職エージェントを利用する場合は、前の転職エージェントの対応が嫌だったから変更したことを具体的なエピソードを絡めて、はじめに伝えてみるのもいいでしょう。

新たに利用した転職エージェントはどういう対応をすると転職エージェントを利用してもらえなくなるのかわかるので、手厚い対応をしてもらえる可能性が高くなります。

  • 偉そうな転職エージェントに当たってしまっても、その会社のキャリアアドバイザーが全員偉そうなわけではない
  • クレームを入れることで担当者の対応が改善する可能性がある
  • 以前に利用した転職エージェントの不満を新しい転職エージェントに伝えることで、手厚い対応をしてもらえる可能性も

転職エージェントは複数利用しよう

転職エージェントはたくさんあるので、必ずしも1社に絞る必要はありません。

転職エージェントを同時に複数利用すべき理由をご紹介します。

編集部
編集部
複数登録した方がいい理由などは以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントを複数利用すべき3つの理由と注意点転職エージェントは複数に登録した方がいいって書いてあったけどホントなのかなと疑問に思っていますよね。この記事では、複数利用するうえでのデメリットを踏まえつつ、複数利用することで何が良いのかを具体的にご紹介していきます。 ...

相性が悪ければ切り捨てられる

偉そうな転職エージェントに出会ってしまったときなど、転職エージェントとの相性が悪いと感じるときもあるでしょう。

転職エージェントに同時に登録しておけば、相性が悪い転職エージェントをすぐに切り捨てることができます。

1社しか登録していないと、新しく転職エージェントを探す作業や初回面談で、再度時間がかかってしまい転職活動が一時的にストップしてしまいます。

はじめに複数社に登録しておくことで、スピード感を持って次の行動に出ることが可能です。

たくさんの求人に出会える

転職エージェントによって持っている求人は異なります。

転職エージェントはネットで公開している求人と公開していない求人があります。

ネットで公開されていない求人を非公開求人といい、給与や待遇などの条件がいい場合が多いです。

非公開求人は転職エージェントに登録して面談をしなければ応募することができないため、より多くの非公開求人に出会うためには複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

複数登録におすすめな転職エージェント

転職エージェントに複数社登録するなら、まずは大手から登録するのがおすすめです。

ここでは複数登録におすすめな転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントに頼らず一人で転職活動をする方法

転職エージェントに急かされるのが嫌な場合は、無理に転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントを利用する以外にも転職活動を進める方法はたくさんあります。

転職エージェント以外で転職活動を進める方法は主に3つです。

転職サイトを使って応募する

転職サイトを使えば、自分1人で転職活動をすることができます。

キャリアアドバイザーがいない分、企業とのやりとりや職務経歴書の準備などは全て自分でやらなくてはいけません。

また、転職エージェントに登録されているような好条件の求人に出会える可能性が低くなります。

自分のペースで転職活動をしたい方にはぴったりでしょう。

ハローワークを使う

自分1人で転職活動を続けるのが不安だという方は、ハローワークもおすすめです。

ハローワークにいるキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

ただしハローワークのキャリアアドバイザーはあくまで公務員であり、ボランティアで転職活動をサポートしています。

転職エージェントのように丁寧で親切な対応を必ずしもしてくれるとは限りません。

少々適当な対応をされる可能性があるので、あまり期待せずに利用しましょう。

SNS経由で応募する

最近ではSNSも人材採用に利用する企業が増えてきています。

転職サイトや転職エージェントなどに比べると、採用までのスピード感は遅くなるでしょう。

急かされることに不満があり、転職活動に余裕がある方はSNS経由で応募してみるのがおすすめです。

編集部
編集部
転職エージェントを使わないで転職する方法をもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
転職エージェントを使わないで転職する6つの方法とメリット・デメリット転職エージェントを使わないで転職する方法ってあるのかお悩みですよね。この記事では、あえて転職エージェントを使わないで転職する方法や転職エージェントを使わないで起こり得るデメリットとメリットを詳しくご紹介します。 ...
  • 転職エージェントを複数登録しておくことで、相性が悪い転職エージェントに当たっても、すぐに次の行動に移せる
  • より多くの非公開求人に出会うために、複数の転職エージェントに登録しておくべき
  • 転職サイトを使えば、偉そうな発言をされることなく自分1人で転職活動ができる
  • ハローワークならキャリアアドバイザーからアドバイスをもらいながら、転職活動をすることができる
  • 転職活動に余裕がある方は、SNS経由で企業に応募してみるのもあり

まとめ|偉そうな転職エージェントは無理に使わない

偉そうな転職エージェントを無理に使う必要はありません。

転職エージェントを切り捨てても問題ない場合を下記にまとめます。

転職エージェントが偉そうだと感じるタイミング
  • 上から目線
  • 態度が悪い
  • 本音を相談しづらい
  • ダメ出しが多い
  • 求職者の意見や要望を鼻で笑う

偉そうな転職エージェントに当たってしまったときの対処法を下記に挙げます。

偉そうな転職エージェントへの対処法
  • 担当のキャリアアドバイザーを変更してもらう
  • クレームを入れる
  • 転職エージェントを変える

転職エージェントは複数利用すべきです。

複数利用におすすめな大手の転職エージェントをまとめます。

複数利用におすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • ランスタッド
  • Spring転職エージェント
  • dodaエージェント

偉そうな転職エージェントに当たってしまっても、対処法はたくさんあります。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

 

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。
関連記事