転職エージェント

転職エージェントが教える年収アップの裏技を大公開!

  • 転職で年収アップを狙っている人
  • 今の年収に不満を持っている人

「転職するからには年収アップを狙いたい!」

「転職エージェントを利用すれば年収アップできる?」

仕事をするうえで、モチベーションに大きく関係してくるのが年収ではないでしょうか。

転職エージェントの「doda」が提供する『doda転職理由ランキング2018』によると、転職する人の10.5%が給料に不満を持っていることがわかります。

順位 転職理由 割合
1位 ほかにやりたい仕事がある 14.9%
2位 会社の将来に不安がある 10.7%
3位 給与に不満がある 10.5%
4位 残業が多い/休日が少ない 8.2%
5位 専門知識・技術を習得したい 5.1%

出典:doda
つまり、転職に年収アップを期待しているということです。

しかし、転職したからといって必ずしも年収が上がるわけではなく、年収を上げるためには「転職の仕方」が重要になります。

この記事では、どうやったら転職で年収アップできるのか、普通の転職活動ではなぜ年収がアップしにくいのかを詳しくお伝えしていきます。

この記事を読み終える頃には、年収アップの可能性が大幅に高まっているはずです!

 

目次

転職で年収アップは期待できないと言われる3つの理由

<画像>転職で年収アップは期待できないと言われる3つの理由転職に年収アップを期待する人が多いなか、一般的には「転職での年収アップは難易度が高い」といわれています。

確かに、転職で年収アップできるのであれば、給与に不満がある人はもっと少なくて良いはずですよね。

転職で年収アップが期待できないと言われる理由は、以下の3つです。

では、1つずつ解説していきます。

理由1. 給与が固定費であるため

企業が経営を行ううえでは、当然コストがかかります。

このコストには「固定費用」と「流動費用」の2種類があるのですが、毎月企業から支払われる給与は、キャッシュアウトが毎月ほぼ同じ金額である固定費に分類されます。

そのため、給与を大幅に増やすことは難しいとされているのです。

さらに、給与(人件費)は固定費の中で最も大きい割合を占めていることから、企業としては「なるべく人件費を下げたい」と考えるのが普通でしょう。

理由2. 面接の時点でスキルを把握できない

採用の際、企業にとって最も重要なのは、求職者が入社後にどれだけ活躍してくれるかということです。

そのため、面接では経験やスキルをじっくりヒアリングするわけですが、求職者が活躍してくれるかどうかは実際に入社するまでわかりません。

こういったことから企業は、どんなに優秀な人材だとしても、最初から高い給与を設定することを嫌がる傾向にあるのです。

理由3. 年収に賞与が含まれるため

一般的に、内定が出る際の年収というのは「去年や一昨年の給与」と「賞与」を合計したものになります。

つまり、過去の年収が計算されているだけであって、実際にその金額をもらえるかどうかは分からないのです。

その証拠に、企業の内定承諾書には「この年収を保証するわけではない」といった文言が記載されおり、計算上の年収から賞与を減らされるケースも少なくありません。

入社後の給与変更は労働基準法違反になりますが、賞与に関しては企業成績に連動する部分となるため、企業側が自由に調整できるのです。

  • 社員の給与は固定費であるため
  • 年収アップにはキャリアは無関係
  • 年収に賞与が含まれているが、賞与は変動するため年収が下がる可能性がある

転職で年収アップできる人の6つの特徴

<画像>転職で年収アップできる人の6つの特徴

転職での年収アップにはさまざまなハードルがありますが、実際、転職で年収アップを実現している人はたくさんいます。

年収アップを実現している人の共通点は以下の6つです。

それでは1つずつ解説していきます。

特徴1. 年収アップしやすい業界で働いている

実は、転職するときに年収アップがしやすい業界があります。

転職をするときは、「実務経験がある同業界・同職種を選ぶのが有利」と考えるのが一般的です。

しかし、年収アップを重きに置くのであれば、経験の有無というよりも稼ぎやすい業界にチャレンジするのがおすすめです。

年収が高い業界は、

  • 原価(企業の固定費)を低く保って売上を伸ばし続けている企業
  • 原価はかかるけれど社会的ニーズがあり売上が一気に伸びている企業

のどちらかになります。

また、転職前のスキルの経験や汎用性が高い職種においては、異業界への転職でも高く評価されるケースが多いです。

転職前、転職後の業種・職種の違い
同業界/同職種 25%
同業界/異職種 7%
異業界/同職種 39%
異業界/異職種 29%

出典:doda
特徴2. 年収アップしやすい職種に就いている

年収アップがしやすい業界があるように、需要が高く供給が少ない(人材不足)職種は年収アップがしやすいです。

たとえば、不動産投資や生命保険などの営業職は、売上単価が高く利益率を維持しやすいビジネスモデルであるものの、ノルマが大きかったり上下関係が比較的厳しい風土があるせいか離職率が高くなりがちです。

これらの職種では供給(人手)が追いつかないので、常に人材を募集する傾向があります。

また、SEなどの技術職やクリエイティブ系の専門職、経理などの管理職種は、専門知識の習得に時間がかかるため、供給(人手)が追い付いていません。

これらの職種は慢性的な人手不足のため、企業は年収を高めにしてでも採用する傾向があります。

dodaが行った調査によると、最も年収アップ成功者が多い職種は「営業職」であることがわかりました。

◆年収アップしやすい職種

  • 営業職・・・32%
  • 技術系職種(IT/通信)・・・18%
  • 企画・管理系職種・・・13%
  • 技術系職種(機械/電気/組み込み)・・・12%
  • 専門職系(コンサルタント/マーケティング/不動産/福祉)・・・6%
  • その他・・・19.0%

*参考:doda

つまり、これらの供給が追い付いていない職種に職種チェンジすれば、年収アップの可能性が高くなります。

※年収アップ方法にも例外の業界・職種があるので注意しましょう。

たとえば、保育園の保育士は、供給(人手)が追い付いていないのに給与水準は非常に低くなっています。
これはビジネスモデルの問題で、1人の保育士に対してケアを任される子どもの定員が決められていることが大きな要因です。
保育園の売上は、各家庭から支払われる保育園料で多くを賄っているため、企業にとって収入源(子ども・家庭の数)を勝手に増やせないので売上があがりにくいのです。これは介護職も同じように考えられます。単純に供給が追い付いていない、人手不足の企業を選ぶのではなく、企業そのもののビジネスモデルを理解したうえで転職活動を行うことが重要でしょう。

特徴3. 初めての転職

dodaの調査によると、転職で年収アップした人のうち半数以上が「初めての転職」であることがわかります。

転職回数別で見る年主アップ成功者の割合
初めての転職 53%
転職回数1回 26%
転職回数2回 13%
転職回数3回以上 8%

出典:doda

また、年収アップの金額については、転職回数が多い方が高い傾向にありました。

つまり金額は低いものの、初めての転職は年収アップする可能性が最も高いといえるのです。

特徴4. U・Iターンの転職

意外かもしれませんが、東京や大阪といった首都圏よりも、静岡や福岡、北海道の方が年収アップ率が高い傾向にあります。

以下は、職業地別の年収金額アップ率ランキングです。

1位 静岡県 17.1%
2位 福岡県 15.8%
3位 北海道 15.6%
4位 千葉県 15.1%
5位 愛知県 14.4%

出典:doda

U・Iターンの転職となると年収ダウンをイメージする人も多いでしょう。

しかし、地方に本社がある企業への転職や、技術などの専門性を活かした転職であれば、U・Iターン転職でも十分年収アップが狙えるのです。

特徴5. ハイクラスのキャリア経験がある

年収アップがしやすい業界があるように、需要が高く供給が少ない(人材不足)職種は年収アップがしやすいです。

ハイキャリアの経験を存分に活かして転職活動をすることで年収アップがしやすくなります。

ここでの「ハイキャリア」とは、部長以上のマネジメント経験がある人を指します。

20~30代の若手人材、業界経験3年~5年くらいの人は、どうしてもスキルが足りず育成コストがかかります。

その点、部長クラスの役職の人は、即戦力とみなされ現職よりも高年収を提示される可能性が高まります。

そのため、部長以上の役職経験がある人は、年収が上がりやすいと考えていいです。

特徴6. キャリアアップの転職

転職で年収アップするケースとしては、キャリアアップの転職も挙げられます。

ただし、この場合は同一業界・同一職種の場合に限ります。

キャリアアップを考える際に必要なのは、「キャリアアップに対する意欲」「キャリアアップを実現できるという理由」です。

これらを明確に説明し企業側を納得させることができれば、年収アップの可能性を高めることができます。

  • 年収がアップしやすい業界や職種がある
  • 需要が高く供給が少ない職種は年収が上がりやすい
  • ハイクラスのキャリア経験は活きる
  • 採用活動が弱い企業に応募する
  • 売り手市場のうちに転職する
  • 年収が上がりにくいのは事実だが不可能ではない

年収アップを実現する3つの方法

<画像>転職エージェントを活用して年収アップする3つの方法

年収アップを実現するための具体的な方法は、以下の3つです。

それでは1つずつ解説していきます。

1. 転職エージェントを利用する

1つ目はズバリ、転職エージェントをフル活用することです。

なぜなら、転職エージェントにしっかりと「年収を確実にアップしたい!」と伝えておけば、可能な限り応募先企業へ年収アップの交渉を行ってもらえるからです。

転職エージェントには、法人側の対応をする「リクルーティングアドバイザー」と呼ばれる職種と、転職者のキャリア相談をする「キャリアアドバイザー」というポジションがあります。

一部のエージェントでは、1人の担当者が法人側も転職者側も一気通貫で見ることもあります。

ここでのポイントは、あなたを担当している人が、企業の人事担当者や社長と年収交渉を直接行える立場にいるかどうかです。

あなたのキャリア相談に乗ってくれたキャリアアドバイザーが直接企業に訪問し、求人内容の把握や年収交渉を行ってくれる柔軟性のある人であればとても有利な状態です。

一方で、キャリアアドバイザーは企業とのやり取りはNGで、細かな交渉はリクルーティングアドバイザーに丸投げしている場合もあれば、そもそも応募先企業の言いなりになってしまい交渉力がないキャリアアドバイザーもいます。

あなたの担当者がエージェント内でどのようなポジションか(リクルーティングアドバイザーと共存型か一気通貫型なのか)、年収交渉力がある人なのかを見極めることが重要です。

もし、担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪ければ、担当を変えてもらうよう依頼しても問題ありません。

2. ヘッドハンター経由で転職する

2つ目の年収アップ方法は、ヘッドハンター経由で転職を行う方法です。

転職エージェントとビジネスモデルは一緒ですが、ヘッドハンティングの場合、あなたの経験やスキルを評価したうえでスカウトをしてくるものです。

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントが求職者を企業へ売り込みに行く形になるので、求職者の立場は強くはありません。

しかし、ヘッドハンターから声掛けをされた時点で、あなたの実績は一定評価をされていることになるので、年収アップの交渉に持っていきやすく有利になります。

3. 自分で年収交渉を行う

3つ目の年収アップの方法は、自分で年収交渉を行うことです。

ただし、交渉の際はただ希望年収を提示するだけでは意味がありません。

自分で年収交渉するときのポイントは以下の3つになります。

年収交渉するときのポイント
  • 自分の転職市場価値を客観的に分析
  • 交渉を行うタイミングを見極める
  • 金額の提示方法は割と大事

年収交渉のポイント①

自分の転職市場価値を客観的に分析自分で年収交渉をするときは、経験・スキルをしっかり棚卸しして自分自身の市場価値を客観的に分析することが大切です。

転職活動は、自分という商品を企業にプレゼンし、どれだけ価値があるものか伝える営業活動のようなものです。

よく分からない商品を「〇〇円で買ってください」と言うよりも、

「この商品(自分)は、今市場で必要とされている〇〇の実務経験があり、これだけの実績を出しています。」

具体的な内容を相手の要望(募集要項)に合わせてPRすることが重要です。

年収交渉のポイント②

交渉を行うタイミングを見極める自分で年収アップの交渉を行うときは、交渉するタイミングも非常に重要です。

一次面接のときに、いきなり年収交渉をしてしまうと、印象はあまり良くなりません。

おすすめのタイミングのひとつは、内定提示されたあとのオファー面談の時です。

「オファー面談」とは、内定を前提により具体的な給与・条件提示について説明してくれる面談であり、オファー面談中は企業側も条件を調整する余地があります。
  • 確実に内定がもらえる
  • 企業が自分のことを採用したいと意思が固まっているタイミング

の方が、自分の立場が有利になるので年収交渉が成功しやすいでしょう。

オファー面談が設けられていないときは、最終面接の場で交渉しても大丈夫です。

年収交渉のポイント③

金額の提示方法は割と大事自分で年収アップの交渉をするときに、金額の提示方法は意外と重要です。

転職の面接を受けていると、どこかのタイミングで面接官に「直近の年収は?」、「希望年収は?」と聞かれることがあります。

この時、とっさに直近の年収をそのまま伝えてしまう人も多いかと思いますが、ここでは必ず「今まで働いてきた中で、年収が最も高かったときの金額」を伝えることをおすすめします。

業績賞与や残業有無の関係で、直近の年収がたまたま低かった場合、その年収を伝えてしまうのは損です

通勤交通費や家族手当、資格手当などを含んだ総額で年収計算し、あなたの最高年収をベースに交渉していくようにしてください。

※ワンポイントアドバイス
内定が欲しいがゆえに「前職と同じ年収で大丈夫です」と控えめに言ってしまうと「この人はガッツがないしお見送りにしよう」となってしまいますし、現職の年収が400万円ほどの人が「1000万円欲しいです!」と言うのもナンセンスです。

たとえば、「入社後3か月で貴社での仕事の進め方や環境に1日でも早く慣れるよう努力し、4か月目からは〇〇の経験を活かして〇〇円の売上を上げていけるようにしたい」と具体的な目標を伝えてみたり、「家族を養うために〇〇万円は稼げるようになりたい」など、家庭状況を伝えると説得力があります。

  • 年収アップには転職エージェントを活用すべき
  • キャリアや実績がある場合はヘッドハンターを経由するのがおすすめ
  • 自分で年収交渉をする場合は事前準備が重要

転職エージェントを活用して年収アップする際の注意点

転職で年収アップを狙う場合、まずは転職エージェントを利用するのが効率的です。

ただし、最終的な判断は自分で下す必要があるため、以下の4つに注意しましょう。

注意1. 「基本給」と「みなし残業」をチェックする

高い年収を提示されても「基本給」と「みなし残業」のチェックは忘れずにしよう!

転職で年収アップをするときに押さえいておきたいのは、募集要項の正しいチェック方法です。

たとえば求人票に「年収450万円」と書いてあった場合、その内訳をしっかりチェックするようにしましょう。

例1:みなし残業が年収の大部分を占めている場合

  • 想定年収450万円
  • 月収30万円
  • 業績賞与2回(3か月分)

*月40時間の固定残業代10万円を含む。(月40時間を超えた分は別途残業代支給)

この求人で注意すべき点は、月40時間までは固定残業代10万円を支払うので、もし30万円以上稼ぎたい場合は、「40時間以上残業をしないといけないよ」ということです。

もし前職で、残業ほぼ無しで年収400万円稼いでいたとしたら、この求人に応募するのは避けた方がいいですよね。

一見、年収が上がるように見えますが、実労働時間が長くなっているので生産性は下がってしまうので要注意です。

注意2. 「大手企業=年収アップ」ではない

一般的に、大手企業では給与規定を参照する方法で年収を決定することが多いです。

そのため、面接で高評価を得た人材であっても「既存社員と同じ●級▲号棒からスタート」となるケースが多く、大手だからといって年収アップできるとは限りません。

逆に、企業規模が小さいほど1人の人材が企業に与える影響は大きくなるため、柔軟な方法で年収を決定してもらえる可能性が高くなります。

注意3. 賞与額は経営状況に影響する

経営状態が現れやすいものの1つとして賞与があります。

そのため、転職で業績が好調な企業を選べば賞与額が高くなり、年収アップにつながる可能性があるでしょう。

ただし、目先の賞与額だけを意識するのはあまりに安易です。

安定した給与をもらい続けるためにも、業績や成長性はもちろん、企業利益の還元方法や賞与の算出根拠などをチェックするようにしましょう。

注意4. 入社後に年収アップする可能性もある

現職よりも年収が下がってしまった場合、多くの求職者はデメリットだと感じることでしょう。

しかし、企業は雇用契約において必ず試用期間を設けるため、試用期間後に年収アップする可能性も十分あり得ます。

また、試用期間以外でも、入社後の査定で給与のベースアップをしてくれる企業があるのも事実です。

そのため、低い年収を呈示されたからといってあっさり辞退したり、転職時にひつこく交渉したりするのは控えましょう。

  • 募集要項の正しいチェック方法を理解する
  • 中小企業やベンチャー企業の方が柔軟性がある
  • 金額だけではなく、企業利益の還元方法や賞与の算出根拠なども確認する
  • 入社後に年収アップする可能性も視野に入れる

転職エージェントを活用した年収アップに関するFAQ

<画像>転職エージェントを活用した年収アップに関するFAQ

ここでは、転職時の年収アップについてよくある疑問をご紹介します。

転職エージェント経験者による回答もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Q1. コネがあった方が収入アップしやすい?

A: コネ転職で年収がアップすることは、ほぼありません。

コネで転職すると、給与面や待遇で有利になりそうなイメージがありますよね。

しかし、実際は「内定をもらいやすい」というだけであって、年収がアップするケースは極めて少ないといえます。

Q2. 年収アップに資格は必要?

A: 年収アップにつながる可能性があります。

資格があると手当てなどが付き、結果として年収アップにつながる可能性が高いです。

ただし、評価されるのは業界や職種に活かせる資格であり、全く関係ない資格を持っていても意味がありません。

Q3. 別業界・別職種の転職で年収アップは無理?

A: 前職の経験やスキルによっては可能です。

転職前のスキルの経験や汎用性が高い職種においては、異業界への転職でも高く評価されるケースが多いです。

Q4. 年収交渉して印象は悪くならない?

A: 全く問題ありません。

転職エージェントに年収交渉を依頼することはもちろん、面接時に自分で交渉しても、相手に悪印象を与えることはありません。

ただし、交渉するからにはそれなりの実績やスキルが必要になりますし、「自分には何ができる」ということを明確に伝える必要があります。

根拠もなく安易に交渉すれば、悪印象を与える可能性があるので注意しましょう。

Q5. 希望より低くオファーされたらどうする?

A: まずは理由を分析しましょう。

給与交渉に応じてもらえず、さらに現職よりも低い年収を呈示されてしまった場合、そこには必ず原因があるはずです。

その原因が自分自身にある場合は、その原因を解消すれば今後年収アップできる可能性は十分にあるでしょう。

一方、低い年収を提示された原因が企業側にある場合は、いくら努力しても評価してもらえない可能性があります。

そのため、評価制度がしっかりしている企業を選ぶことが大切です。

年収アップにおすすめの転職エージェント3社

<画像>年収アップにおすすめの転職エージェント3社

転職エージェントを利用すれば年収アップはほぼ実現することができます。

しかし、中には交渉を得意としていない転職エージェントもあるので、給与交渉に強い転職エージェントを選ぶことが重要です。

ここでは、給与交渉を得意としているおすすめ転職エージェント3社をご紹介します。

年収アップにおすすめ転職エージェント
1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめ度:

口コミを見る公式ページへ マイナビエージェント」は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いのが特徴です。

実際に転職エージェントを利用した方が高評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えます。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みなので、あなたが希望する職種に「IT」「看護師」があれば以下の職種に特化しているマイナビの併用をおすすめします!

マイナビエージェント公式ページ: https://mynavi-agent.jp/

2位:doda
doda
おすすめ度:

doda」は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットですね!

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいだけです。

そのため、転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ: https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント
おすすめ度:

type転職エージェント」は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう!

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ: https://type.career-agent.jp/ 

まとめ|転職エージェントを利用した転職は年収アップの絶好のチャンス!

<画像>転職エージェント年収アップまとめ

この記事では、年収アップが難しいことやさまざまな角度から転職で年収アップをする方法をお伝えしてきました。

この記事をまとめると、以下の通りです。

まとめ
  • コツを掴まないと年収アップが期待できない
  • 年収アップができない理由がある
  • 転職の方法次第で年収アップが期待できる
  • 年収ダウンで入社したがアップする可能性もある
  • コネで転職したら年収アップできるのは嘘

今からでもトライできる方法があるので、是非試してみてください

転職エージェントを使うことで、転職の失敗を防ぐことができるうえにスムーズに転職活動を行うことができるでしょう。

採用をする企業の立場からすると、固定費である人件費(年収)は、一気に上げられるものではないと理解しましょう。

一番大切なのは、転職した後にしっかり成果を出し、コツコツと社内の評価を得ることです。

基本に立ち返ると、より売上につながる動きを出来る人が結果的に評価され、年収アップの可能性が高まるものだと覚えておきましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。