転職エージェント

転職時の給与・年収交渉と希望年収について

「転職時の給与・年収交渉ってどうするんだろう…」

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

この記事では、転職時の給与・年収交渉を成功させるコツなどを解説していきます。

最後まで読み終えると、転職の際の給与・年収交渉をスムーズに行うことができるようになりますよ!

  • 納得がいく給与・年収交渉の方法
  • 登録時の希望年収をどう伝えるか
  • 内定後の提示年収に不満があるとき
  • 給与・年収交渉のテクニック
  • 給与・年収交渉でNGなこと
  • 給与・年収交渉ができる転職エージェント

納得がいく給与・年収交渉の方法

転職をするうえで、給与・年収は非常に重要な要素です。

やりがいやライフワークバランス、安定性…など、転職する際に重要な要素は多いですが、年収アップを期待していないとしという人はめったにいないはずです。

誰しも、年収を多く望んで当然なうえ、年収アップが一番の転職理由でなかったとしても、生活が成り立たない給与では転職に踏み切ることはできません。

2018年に調査されたdodaの転職理由ランキング調でも、給与への不満が転職理由の第3位になっています。

自分が望む金額をしっかりと決めたうえで転職活動に臨むことが大切です。

転職エージェント登録時の希望年収は高めに設定する

転職エージェントは採用された求職者の年収でFee(売上)が決まります。

具体的には、求職者の想定年収の30%~35%程度が成功報酬として採用した企業より支払われるのが一般的です。

求職者の年収が利益となるわけですから、転職エージェントとしても安い年収で採用が決まって欲しいわけはなく、なるべく高い年収で採用が決まって欲しいと願っています。

だからこそ、登録時の希望年収を高く設定しても、キャリアアドバイザーは嫌な顔をしません。

希望年収を高めに設定すると、「求職者の転職目的は今より年収を上げることだ!」と認識し、希望年収に合うように企業の選択や転職支援サポートをしてくれるでしょう。

自分の市場価値や希望する職種・業界での年収の相場がわからず、現実的に厳しい(高すぎる)年収設定をしてしまった場合には、妥当な年収ラインを転職エージェント側からアドバイスしてくれます。

収入に関する話題はデリケートなので、友人・知人から情報を集めたり、ネットで調べたりするのは困難です。

キャリアアドバイザーは誰がどの企業にいくらの年収で転職したのか熟知していますので、よほど不満がある場合を除き、アドバイスをもらった年収ラインにしたがって進める方が転職を成功させやすいでしょう。

一方、低い年収で設定してしまうと、キャリアアドバイザーは企業に売り込みやすく、『お買い得ですよ!』というスタンスで相場より低い年収のまま転職活動が進み、そのまま転職が決定してしまうケースが見られます。

給与体系にもよりますが、一般的に入社後に大幅な年収アップを実現するのは困難です。

低い給与で入社をしてしまうと、生涯年収では大きなにマイナスになってしまいます。

入社する最初の年収が非常に重要なので、安易に妥協せず、少しでもよい待遇で迎えてもらえるようしっかりアピールしましょう。

内定後の提示年収に不満がある場合

自分が望む年収と大きく開きがある場合は、率直にそのことを転職エージェントに伝えましょう。

給与・年収に不満が残った状態では納得して入社すると、入社後のモチベーションも保ちにくいでしょう。

金銭に関わる交渉が苦手な方は多いと思いますが、転職エージェントに希望を伝えれば交渉は転職エージェントが行なってくれるので、心理的な負担は最小限で済むはずです。

どうしても希望する年収での採用が厳しい場合には、将来的に到達する可能性があるのかを確認することが大切です。

どういう形で昇進や昇給があるのか、人事制度をあらかじめ確認しておきましょう。

賞与やインセンティブなどの不確定要素は、年によってばらつきがあるので、最低でも過去3年のデータを確認してください。

賞与、インセンティブの額がどのように決まっているかも一緒に確認した方がよいでしょう。

こういった基準が明確になれば、年収に関する不安も解消され、安心して働きはじめることができるでしょう。

給与・年収交渉テクニック

年収交渉をするうえで大前提となることは、「あなたの魅力」です。

「絶対にうちの会社に入社して欲しい」と採用担当者に思ってもらえなければ、年収交渉をすることが逆効果になりかねません。

こういった当事者ではわかりにくい微妙な温度感は転職エージェントに確認するのが一番です。

転職エージェントは、あなたの面接終了後に企業人事と密にコミュニケーションを行います。

当然ですが、企業の採用意欲が高いほど年収交渉がうまくいく可能性が高いです。

ただ「年収を上げてほしい」とだけ言っても、企業としては検討がしづらくなります。

なぜなら、企業側は人件費を抑えるために少しでも低い年収で採用したいと考えるからです。

そんなときは、強力な交渉材料となるのが「他社の選考状況」です。

複数社の内定を、複数の転職エージェント経由で獲得できていると、非常に交渉が進めやすくなります。

転職活動も終盤に差し掛かかり、内定を何社か獲得している場合を例に挙げましょう。

以下のように転職エージェントに伝えた場合、転職エージェントや採用担当者はどのように考え、動くでしょうか。

「私としては貴社の仕事内容や社風的に第一志望の企業だけれども、他の内定企業からは『年収550万円』のオファーを頂いており、貴社提示額『500万円』との開きがあって”家族(妻)”の同意を得る事が難しく悩んでいます」

転職エージェントとしては、別の紹介会社経由で転職をされてしまうと売上になりません。

そんな事態を避けるために、希望年収に近づけられるように企業との交渉を頑張ります。

そうすると、転職エージェントは企業に対して、

「本人としては仕事内容や社風を重視したいと話しておりますが、他社と年収の差がありすぎますと家族(奥さん)の同意を得るのも難しくなるため、年収550万円のラインに近づけて頂くことは可能でございますでしょうか。」

というようなことを企業側へ伝えてくれるのです。

転職先企業としても、必要な人材とならば他社への流出を避け、何とか採用したいと考えるので、可能な範囲内で高い条件を出そうとしてくれるというわけです。

編集部
編集部
確実に転職エージェントを使って年収UPする方法は以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントが教える年収アップの裏技を大公開!「転職することで、年収がアップすることを期待している」こんな期待を持って転職活動をしているのではないでしょうか?この記事では、どうやったら転職で年収アップできるのか、なぜ普通に転職活動をすると年収がアップしにくいのかを詳しくお伝えしていきます。 ...

現在年収を偽るのは絶対NG

いくら年収を上げるためとはいえ、「○○会社から年収○○○万円で内定をもらっています。」といった嘘をつくのはやめましょう。

これまで何度も話しておりますが、キャリアコンサルタントは採用のプロです。

  • どういう方が○○会社で内定が出るのか。
  • どのポジションが最適なのか。
  • 年収相場はいくらぐらいか。

様々な情報がキャリアアドバイザーの頭には入っているうえ、幅広いネットワークとこれまでの経験から、嘘かどうか簡単に見破られてしまいます。

また、仮に転職エージェントに見破られなかったとしても、社会保険料や源泉徴収額などから転職先の企業にはいずれ嘘がバレることになります。

その企業へ入社したいかどうかが一番重要

転職の際に金額面の条件は非常に重要なことです。

しかし、何より大切なことは「あなたがその企業に本当に入社したいかどうか」という気持ちです。

仕事内容、職場環境、社風など自身に合っていれば、充実した毎日が送れるかと思いますし、長く勤務することによって将来的な昇格・昇給が見込めるかと思います。

まとめ|転職エージェントに給与・年収交渉を任せよう!

この記事では給与・年収交渉についてお伝えしてきました。

最後に、この記事の内容をまとめておきます。

まとめ
  • 自分が望む年収額を決めたうえで転職活動を行う
  • 転職エージェントに登録時の希望年収は高めに設定する
  • 提示年収に不満があれば、転職エージェントに素直に伝える
  • 内定を複数獲得すると年収交渉がしやすい
  • 現在の年収を偽るのはNG

くれぐれも金額面だけに目をとらわれずに転職活動をして頂ければと思います。

「転職エージェントなんてどこも同じ」なんて思って登録をしようとしていませんか?

自分の転職にピッタリの転職エージェントを選ばないと、無駄に時間だけかかり、納得いく転職先が見つからない可能性もあります。

転職してから「あの転職エージェントを使って失敗した!!」なんてことがないように、自信をもっておすすめできる転職エージェントを紹介します。

そこで、利用者満足度がNo.1の転職エージェントである『マイナビエージェント』に登録するべきです。

マイナビエージェントの口コミを見ると、他の転職エージェントよりも圧倒的に評価が高いことがわかりました。

実際に転職エージェントを使った方の口コミで比較したときにおすすめの転職エージェントは以下になります。

1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめ度:

口コミを見る公式ページへマイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

2位:doda
doda
おすすめ度:

doda』は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットでしょう。

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいです。

転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント
おすすめ度:

type転職エージェント』は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう。

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ:
https://type.career-agent.jp/

以上が、口コミ評価の高い転職エージェント3社です。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。