求人サイト

騙されるな!Indeed(インディード)をおすすめしない全理由|悪い口コミや評判の真実

「Indeed(インディード)って利用しても大丈夫?」

「Indeed(インディード)はどんなサービスなの?」

「他の求人サイトよりも良い点はあるの?」

など利用を考えていませんか?

Indeed(インディード)は知名度がある求人検索サイトですが、サービス内容や使い方がわかりづらいと口コミや評判であふれている求人検索サイトです。

その反面、「CMで人気のIndeed(インディード)は月間のアクセス数も求人検索サイトでトップを誇っています。

そんな多くの人が利用しているIndeed(インディード)ですが、結論を先に言ってしまうと、転職活動においてIndeed(インディード)利用をおすすめできません。

この記事を読むことで、Indeed(インディード)がおすすめできない理由について理解でき、またあなたがどのような転職活動をすることで、希望の企業を見つけることができるのかがわかるでしょう。

※おすすめの転職方法をすぐに知りたい方は「仕事探しでおすすめの転職サービス|4つのポイントで徹底比較」をクリックするとジャンプできます。

※すぐに口コミ・評判をみたい方は「Indeed(インディード)の悪い口コミ・評判まとめ」をクリックするとジャンプできます。

 

目次

「Indeed(インディード)」とは?

Indeed(インディード)をおすすめできない理由

公式ページ

リズム感のあるCMでお馴染みの「Indeed(インディード)」。

しかし、「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」といった転職サイトと同じように考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際は転職サイトではなく「求人情報検索サイト」です。

Indeed(インディード)では「職種」や「会社名」などのキーワードと勤務地を入力することで簡単に求人情報を見ることができます。

ここまでは「リクナビネクスト」や「マイナビ転職」などの求人情報サイトも全く一緒です。

しかしインディードでは、様々な求人サイトに掲載されている求人情報を見ることができ、各転職サイト求人にインディードからアクセスすることができます。

つまり、各求人情報サイトに登録することなく、様々な求人情報にアクセスすることができるのです。

求人情報に特化した「Google」や「Yahoo!」のようなものだとイメージすればわかりやすいでしょう。

Indeed(インディード)をおすすめできない全理由

Indeed(インディード)をおすすめできない理由

Indeed(インディード)は検索数も多く、求人系の検索でも毎月トップのアクセス数を誇っています。

そんなIndeed(インディード)ですが、仕事探しにおいておすすめできない理由があります。

その理由とは以下の3点です。

  • 転職支援が一切ない
  • 求人検索においても抽象的な求人ばかりで使いづらい
  • 求人の募集が切れているのが多い

それぞれの理由を詳しく解説していきます。

最大の理由|求人検索サイトであるため、転職支援が一切ない

Indeed(インディード)はダメ!

Indeed(インディード)をおすすめできない最大の理由は、求人検索サイトであるために転職支援が一切ないという点です。

つまり、転職活動において何かわからないことがあっても、相談することはできません。

例えば、以下のようなことに困ってもIndeed(インディード)に頼ることはできません。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方
  • 面接対策
  • 面接日の調整や入社手続き

なぜこのような支援がなければ困るのかを詳しく解説していきますね。

※転職初心者ための用語集

履歴書とは

転職活動の求人の応募の場において、転職希望者が企業の採用担当に向けて提出する書類。あなたの名前、生年月日、住所、扶養家族などの基本情報に加えて、学歴、職務経歴、資格免許などを記載した書類を提出します。

職務経歴書とは

企業の採用担当者があなたの業務経験とスキルを確認するための書類。 あなたが今までどのような仕事に携わり、どのような経験や技能を持ち、どのような実績を残してきたのか。また、それを企業でどう活かすことができるかをまとめた書類。

 

理由1.履歴書・職務経歴書作成のサポートがない

転職活動をしていれば必ず履歴書と職務経歴書などの応募書類を書くことになります。

しかし、多くの人がその書き方が正しいかわからずインターネットで検索するのではないでしょうか?

ただ、インターネット上の情報も正しいかわからないものです。

Indeed(インディード)を利用して求人を検索できたとしても、履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらうことができません。

転職に慣れた人であればそれでもいいのですが、不慣れな人であればそういったサポートがなければスムーズな転職活動はできません。

Indeed(インディード)で転職をしようとするときに、必ず以下の2点の提出が求められます。

  • 履歴書
  • 職務経歴書

しかしながら、履歴書と職務経歴書の作成方法、書き方がわからなければ求人に応募できたとしても次のステップに進めることができません。

つまり、Indeed(インディード)は「求人を検索するためのサイト」であり、転職するために使うサイトではないことを頭に入れておきましょう。

時間を無駄にしないためにも、履歴書・職務経歴書作成のサポートをしてくれるサービスを利用したほうがいいでしょう。

理由2.面接対策がない

転職活動において避けて通れないのが面接です。

面接は何回か経験すればその場には慣れるかもしれません。

しかし、その面接に問題があったとしても何が悪くて何が良かったのかは誰も教えてくれません。

面接でいつもうまくいかないという方はやはり面接に何か問題があります。

何度も面接で落ちてしまっても、Indeed(インディード)では面接対策をしてくれないので問題点に気づくことはできません。

面接が苦手、いつも上手くいかないという方は面接対策を行なっている転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。

※豆知識

また大手・総合型転職エージェントの「リクルートエージェント」は、登録すると参加無料で「面接力向上セミナー」の参加が可能になります。

面接力向上セミナー

リクルートエージェントの面接力向上セミナーの内容は以下になります。

①面接選考の理解
→転職を成功に導くための必勝法
②面接官の立場をシミュレーション体験
→「企業視点」で求める人物像を理解
③面接で話す内容を決める
→「転職理由」「志望理由」「自己PR」の作成
④ノウハウを伝授
→自己分析方法や職務経歴書の改善ポイントなど

【公式HP】https://www.r-agent.com/info/tenriki/

理由3.面接日の調整・入社手続きのサポートがない

Indeed(インディード)を利用していい求人を見つけても、自分で応募して面接日を調整して、入社が決まれば入社の手続きも自分でやらなければなりません。

そんなのは当たり前と思うかもしれませんが、働きながらこういった作業をするのは思いのほか煩わしいものです。

スケジュール管理が苦手な人や現在の仕事が忙しい人には、そういったサポートがないIndeed(インディード)はおすすめしません。

転職活動は効率的に進めていかなければ面倒くさいと感じ、どこかで妥協してしまいます。

そうならないためにも、そういった部分をサポートしてもらえる転職支援サービスの利用を検討しましょう。

理由4.求人検索においても抽象的な求人ばかりで使いづらい

Indeed(インディード)では「キーワード」と「勤務地」で簡単に検索をすることができます。

しかし、求人検索においてかなり抽象的な検索がされてしまいます。

例えば、「人事」というキーワードで検索をするとします。

Indeed(インディード)で「人事」と検索したときの検索結果

そこで人事の仕事が確実に検索されれば問題ないのですが、人事の職種と関係のない求人まで検索されてしまいます。

それは求人情報に職種と関係のない「人事」というワードが入っているためです。

あなたは職種のつもりで検索をかけていても、求人情報にある言葉を拾ってしまうのでこのように抽象的な検索が行われます。

そのため、関係のない検索結果も相当数引っかかるのでストレスを感じてしまう可能性もあります。

理由5.求人の募集が切れているのが多い

Indeed(インディード)を利用して求人を探していると、いい求人を見つけたと思っても募集期限が切れていたということが多くあります。

この求人の募集期限が過ぎていることは、求人検索サイトでは実はよくあることです。

しかし、利用する側にとってはよくあることだからOKとはなりません。

募集期限が切れているものは検索されてほしくないと思うのが当然です。

そして、そんなことが続けばストレスが溜まり転職活動も嫌になってしまいます。

Indeed(インディード)は様々な求人情報が検索できて便利なように思えますが、実は遠回りしている可能性もあります。

スピーディーに、効率的に満足のいく転職をするためにはプロに頼ることも必要になります。

Indeed(インディード)の求人検索結果画面を見ると、いつ頃に求人が掲載されたかが確認できます。

しかし、「30日前」以降の日付は更新されないため、「30日前」の掲載がもしかしたら1年前に掲載された求人だったということもあります。

そのため、新着の求人は意外と少ないと感じるかもしれません。

仕事探しでおすすめの転職サービス|4つのポイントで徹底比較

結論を言ってしまうと、あなたにピッタリの企業が見つかるように転職を完全無料でサポートしてくれる転職エージェントを利用をするのがおすすめです。

しかし、どんな転職エージェントでもいいわけではありません。

転職エージェントを利用する際には以下の4つポイントに注意して選ぶようにしましょう。

  • 転職支援があるか
  • 求人数が多いか
  • 全国に求人があるか
  • 使いやすいか

上記の4つのポイントを徹底比較したのが以下の表です。

Indeed(インディード) 転職エージェント 転職サイト
転職支援の有無 全くなし 全てをサポート 一部サポート
求人の量 多い(アルバイトなども含む) 多い(非公開求人もあり) やや多い
全国に求人があるか 幅広く検索が可能 地方の求人がやや少ない 幅広く検索が可能
使いやすいか
  • 希望の求人が探しにくい
  • わかりづらい
  • 募集切れの求人が多い
  • 掲載日が不明確
  • 何から何までサポートしてもらえる
  • 年収を査定してくれる
  • 面接対策がある
  • 履歴書や職務経歴書を作成してもらえる
  • 転職フェアに参加できる
  • 中小企業から大手企業までの求人が揃っている
  • 検索がしやすい
  • 転職フェアに参加できる

そもそも転職がはじめての方は、転職エージェントを利用する手段しかないでしょう。

Indeed(インディード)ではじめて転職するのは至難の技です。

ここでは、どういったポイントに気をつければ良いのかをわかりやすく解説していきます。

ポイント1.転職支援があるか

Indeed(インディード)には転職支援が何もありません。

Indeed(インディード)を使って転職しようとした方の口コミは以下の通りです。

口コミ・評判
Indeedを実際に使った人の口コミ

Indeed(インディード)を使って転職しようしました。企業に応募した途端に、履歴書と職務経歴書の提出を求められました。

作成方法と書き方などが全くわからなかったので選考に進めず、募集も締め切られてしまいました…。

転職の最大のポイントとして、「転職支援」があるかどうかはとても重要です。

転職エージェントには以下の転職支援があります。

上記のサポートはは当たり前に受けられるサービスです。

この他にも、初めての転職の場合にはキャリアの棚卸しも一緒に行ってくれます。

また、求人の紹介も第三者の視点からその人に合った企業を紹介してくれるので、本当にその求人があなたに合っているのかを見極めてもらえます。

そして、働きながら転職活動をしている時に嬉しいのが、面接の日程調整や入社までのサポートを全て行ってくれることです。

現職の仕事が忙しいと面接の日程調整なども煩わしい作業になりますが、そういったことも全てお任せできるのでストレスなく転職活動を行えます。

また、履歴書や職務経歴書を無料で作成してくれることもあるので、手間をかけずに完璧な応募書類を揃えることができます。

※履歴書や職務経歴書の使い回し方

転職エージェントに登録→応募書類の作成・添削→「転職サイト」や「自己応募」でも同じ履歴書や職務経歴書を併用

個人で転職活動を行うと、各求人に合わせて作成することになり、手間がかかってしまいますが、転職エージェントでは1度作成すればいいので手間を省くことができます。

ポイント2.求人数が多いか

Indeed(インディード)を使った人の口コミは以下の通りです。

口コミ・評判
Indeedを実際に使った人の口コミ

Indeed(インディード)の求人数が多いと聞いていたけど、検索機能が使いづらく、求人数が多くても意味がないなと思いました。

口コミ・評判
Indeedを実際に使った人の口コミ

求人を検索するのに、キーワードを入れなければいけません。

エリア一覧で全部が出てくるわけではないので、本当にこれの求人しかないのかが気になる…。

求人数が多いかは非常に大事です。

そもそも求人数が多くなければ、ほんとにその人に合った求人を紹介できているのかがわかりません。

Indeed(インディード)は求人数が多いと言われていますが、それもそのはず「アルバイト・パート」、「派遣」なども含まれているからです。

「アルバイト・パート」、「派遣」のみの求人募集しかしていないのにも関わらず、「正社員」というキーワードを入れて検索にヒットさせようとしている求人が多いです。

Indeed(インディード)の検索画面の「キーワード」に「正社員」と入力しても、正社員以外の求人もヒットされるので、探す手間がかかってしまうので注意しましょう。

また、求人数と同じくらいチェックしたいのが求人の質です。

転職エージェントは求人に強みがあり、若い世代向けの求人が多いエージェントもあればハイクラスな求人に強いエージェントもあります。

また特化型のITエンジニア専門など職種を強みにしているエージェントもあります。

あなたがどのような転職先を探しているのかを明確にし、その方向に進める求人を多く保有している転職エージェントを探すようにしましょう。

転職エージェントならどこでも同じというわけではありません。

ポイント3.全国に求人があるか

地方でIndeed(インディード)を使った人の口コミは以下の通りです。

口コミ・評判
Indeedを実際に使った人の口コミ

Indeed(インディード)の求人は地方の求人を探るのにとっておきだなと思いました。

僕自身、転職がはじめてだったので、転職エージェントに登録しつつ、Indeed(インディード)で地方求人を探し、その求人を転職エージェントに伝え、エージェント経由で転職に成功しました!

Indeed(インディード)には求人が豊富な分、地方の隠れた求人を探すのにとっておきです。

また転職エージェントは東京や大阪など都心を中心に求人を扱っており、地方の求人はほとんど取り扱ってないということもあります。

そのため、あなた自身で気になる企業の求人を探し、その求人をあなたが登録している転職エージェントに伝え、転職エージェント経由で転職することができます。

これをするメリットは以下の4つです。

  • 履歴書と職務経歴書の作成は転職エージェントに任せられる
  • 転職エージェント経由の方が書類選考率が高まる
  • 面接対策をしてくれるので他のライバルに勝ちやすい
  • 全てのサポートをしてくれるため、働きながら転職活動ができる

転職エージェントは、あなたの希望する地域に特化していればいいのですが、それ以外の場合、あなたの希望の地域の求人を一向に紹介してもらえないということになります。

しかし、大手転職エージェントには全国に求人があるので、そのようなことはなく安心です。

またあなたが希望するエリアがなかったとしても、Indeed(インディード)と併用することで求人を紹介してくれる可能性もあります。

そのため、まず「転職エージェントに登録する」という手段を選ぶのも効率的におすすめです。

ポイント4.使いやすいか

Indeed(インディード)を使って転職した人の口コミは以下の通りです。

口コミ・評判
Indeedを実際に使った人の口コミ

Indeed(インディード)を使って転職しましたが、転職先が決まるまでに6ヶ月もかかってしまいました…。というのも、「募集期限切れの求人にたくさん応募していた」、「応募したが返事がない」、「返事が来るのに2週間以上かかった」ということが度重なったからです…。

はじめから、ちゃんと転職エージェントを使っておけば良かったです…。

使いやすいかどうかも重要なポイントです。

どれだけいいサービスを利用していても使いづらければ使い続けようとは思えません。

実際に使いやすいかどうかは利用してみる必要があります。

Indeed(インディード)は気軽に登録不要で使えるため、まずはIndeed(インディード)を使ってみると良いでしょう。

>>indeedへ

もし、Indeed(インディード)が使いにくいようでしたら、すぐに転職エージェントに切り替えましょう。

まず、興味のある転職エージェントに複数登録し、その中で使いやすいものを中心に利用してみるのがおすすめです。

実際に幾つかの転職エージェントを併用して利用しているという人は多いので安心してください。

補足|転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは以下の表をご覧ください。

転職サイトと転職エージェントの違い

上記が転職サイトと転職エージェントの違いです。

両方とも完全無料ですが、転職エージェントはあなたの転職活動を全てサポートしてくれるので、転職活動がはじめての方や不安のある方は転職エージェントをおすすめします。

※おすすめの転職サイト

『リクナビNEXT』
特徴:転職の王道(アプリもあるので便利)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

『doda』
特徴:知名度抜群!(アプリも最近リリース)
【公式HP】https://doda.jp/

また、転職エージェントは全てをサポートしてくれるのに、なぜ無料なのか?という疑問を持つ方がいるでしょう。

転職エージェントが完全無料な理由は以下の表をご覧ください。

転職エージェントが無料である理由

転職エージェントはあなたの転職活動の何から何まで無料でサポートしてくれるので、「怪しい…」という声もありますが、上記のように無料で使える理由がわかれば安心ですよね。

結論:転職するなら「転職エージェント」がおすすめ!

転職エージェントはIndeed(インディード)同様、完全無料で利用することができ、そのうえ、あなたの転職活動を全てサポートしてくれます。

またキャリアアドバイザーという、あなた専任のパートナーも付くので不安や疑問などがあったらすぐに相談することができます。

※ワンポイントアドバイス

2020年3月現在、コロナの影響もありますが、転職の動きは活発です。

逆に、転職活動がスムーズに進める時期でもあるので、今がチャンスかもしれません。

転職エージェントを使って転職を成功させるポイント

転職エージェントを使って転職すると決めた方に、あなたの転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

これからご紹介するポイントのすべてを実践しなければいけないということではありませんが、なるべく実践するようにするだけで、スムーズに納得のいく転職をすることができるようになります。

転職エージェントをうまく活用する方法は以下の10個のポイントをおさえておきましょう。

それでは、上記の活用術を1つずつ解説していきます。

ポイント1.複数の転職エージェントに登録

複数の転職エージェントに登録をおすすめします。

複数に登録することで以下のメリットがあります。

  • あなたに合った求人を見つけやすい
  • 質のいいキャリアアドバイザーが担当になりやすい
  • 完璧な応募書類や自己PRが作れる

1社に絞ってしまうと、あなたの担当のキャリアアドバイザーが良し悪しもわからないはずです。

どの転職エージェントも3分ほどで登録が終わるので、複数の転職エージェントに登録をしましょう。

口コミ評価の高いおすすめ転職エージェント

結論として、転職エージェントを使った方が上手く転職できます。

そして転職エージェントを使うことで、転職の失敗を防ぐことができるうえにスムーズに転職活動を行うことができるでしょう。

そこで、利用者満足度がNo.1の転職エージェントである『マイナビエージェント』に登録するべきです。

マイナビエージェントの口コミを見ると、他の転職エージェントよりも圧倒的に評価が高いことがわかりました。

実際に転職エージェントを使った方の口コミで比較したときにおすすめの転職エージェントは以下になります。

1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめ度:

口コミを見る公式ページへマイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

 

2位:doda
doda
おすすめ度:

doda』は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットでしょう。

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいです。

転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント
おすすめ度:

type転職エージェント』は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう。

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ:
https://type.career-agent.jp/

以上が、口コミ評価の高い転職エージェント3社です。

ポイント2.あなたに合った転職エージェントを利用する

あなたに合ってない転職エージェントに登録してしまうと、キャリアアドバイザーのやり取りが手間だったりしてしまうため、避けておくべきです。

複数の転職エージェントに登録するのはおすすめしますが、外資系企業に興味がないのに外資系に特化した転職エージェントに登録するのは返って手間になってしまいます。

また、一度でも登録してしまうと、1週間くらい電話をしつこくかけてくる転職エージェントもあるので、あなたが希望する企業の求人がありそうな転職エージェントのみに登録を行いましょう。

ポイント3.同じ企業の求人に複数の転職エージェントから応募しない

複数の転職エージェントに登録した際に、やりがちなのが同じ求人に応募してしまうことです。

求人に応募する際に、「仕事内容」と「想定年収」、「年間休日」、「福利厚生」のみを見て応募してしまうため、同じ企業に応募していることに気づかないケースがあります。

仮に、同じ企業の求人に応募してしまうと、求人を保有している双方の転職エージェントから「他の転職エージェントからも応募が来てますよ。」と連絡が来てしまいます。

そうなってしまうと、企業と転職エージェントに不信感を与えてしまうきっかけになります。

場合によっては、その企業に応募すらさせてもらえないこともあるため、企業に応募する際は慎重になるようにしましょう。

ポイント4.転職エージェント後の登録後はこまめに連絡を取る

転職エージェントに登録後は、あなたの担当のキャリアアドバイザーとこまめに連絡を取るようにしてください。

キャリアアドバイザーは、企業から求人の依頼を受けると、その企業にピッタリの登録者を探して連絡していきます。

そこで知っておいて欲しいのが、「連絡を劣っている」=「転職意欲が低い」と判断されてしまうことです。

連絡を劣っていると、

  • 最新の求人を紹介してくれない
  • 後回しにされてしまう

上記のようなことになってしまい、転職までに時間がかかってしまいます。

なかには、「登録解除」をされてしまうことも無きにしも非ずです。

キャリアアドバイザーは、あなたが内定をもらえるように、必死になって転職のサポートを行います。

連絡が来てた場合には、「2日に1回」は必ず返すように心がけましょう。

ポイント5.転職時期は「今の会社よりもいいところが見つかれば」と伝えておく

あなたの担当のキャリアアドバイザーに、「今の会社よりもいいところが見つかれば転職をします」と転職意欲をアピールすることが大切です。

こう伝えることで、他の転職希望者よりも優先的に動いてくれたり、あなたにピッタリの求人をいち早く紹介してくれるようになります。

なぜかと言いますと、キャリアアドバイザーにもノルマ(売上目標)があるからです。

キャリアアドバイザーも、転職希望者の転職が早く決まれば、すぐに売上になります。

あなたに転職意欲があることをキャリアアドバイザーに伝えることで、

  • あなたは「転職が早い段階で決まる」
  • キャリアアドバイザーは「早く売上につながる」

お互いにWin-Winの関係になるため、事前に伝えておいて損はないでしょう。

ポイント6.キャリアアドバイザーが合わなければ担当を変更する

キャリアアドバイザーは質にバラツキがあります。

たとえば、新人がいれば、ベテランがいたり、熱血系、消極系…などさまざま。

なかには、同性がいい、異性がいいなどあるかと思います。

あなたが「このキャリアアドバイザーは合わない」と感じたら担当を変更してもらいましょう。

担当の変更は大した問題になりません。

お互いに人間ですので、合わないのは合わないので仕方ないです。

合わないと思ったら勇気を持って担当の変更をお願いしましょう。

念のため、事前に担当の変更のメールの文例を載せておきますね。

▼担当変更の文例

◯◯様

いつもお世話になっております。
<あなたのお名前>です。

現在、◯◯さんにご丁寧に転職のサポートをして頂いており、大変感謝しておりますが、私自身は転職活動がはじめてて不安も多く、他のキャリアアドバイザーのご意見もお伺いしたく思います。

もし可能であれば、私が志望している業界に詳しいキャリアアドバイザーの方とお話をさせて頂きたいです。

お忙しいところ、大変お手数おかけしてしまいますが、何卒よろしくお願い致します。

<あなたのお名前>

ポイント7.経歴や資格、スキルは正直に伝える

キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行う際に、あなたの情報を正直にすべてお伝えしてください。

嘘の情報を伝えてしまうと、企業からの内定の取り消しのことはもちろん、転職エージェントはあなたを今後一切サポートしないようになってしまいます。

なので、あなたの正確な情報をしっかりと伝えるようにしましょう。

ポイント8.キャリアアドバイザーが企業に提出する「推薦文」を確認する

転職エージェント経由で転職活動を行うと、キャリアアドバイザーが企業にあなたの推薦文を書いて提出してくれます。

推薦文は必ず、あなたの目で確認することをオススメします。

なぜなら、キャリアアドバイザーのなかには、「〜のようで」「〜と言っているので」「〜やる気はあるので」などとひどい推薦文を書いていることがあるからです。

一番あってはならないのが、推薦文と面接時のあなたの発言が相違していることです。

そのため、面接の前に、「私が発言することと、推薦文の内容が異なるといけないので、私が今まで言っていたことを再確認するためにも、推薦文を見せて頂いてもよろしいでしょうか?」と声をかけるのもいいかもしれません。

ポイント9.自分に納得する企業が見つかるまで転職活動を続ける

転職活動において、一番やってはいけないことは「妥協」です。

キャリアアドバイザーが言うことのすべてが正しいとは限りません。

この記事で何度かお伝えしてますが、転職エージェントはあなたの転職が決まることで、企業から紹介手数料(売上)を受け取ります。

そのため、キャリアアドバイザーのなかには、紹介手数料を目当てに、あなたが望んでない企業であっても引き合わせる可能性もあります。

転職エージェントは、あくまであなたの転職活動をサポートするのが仕事です。

転職するのはあなた自身ですので、妥協せず、「ここで働きたい!」と思える企業が見つかるまで転職活動を続けるようにしましょう。

ポイント10.キャリアアドバイザーと良好な関係づくりを心がける

キャリアアドバイザーもあなたの転職が成功するように、サポートを行なっていきます。

そのため、あなたの態度が悪かったり、マナーが悪いと求人の紹介をしない場合があります。

もし、転職エージェント経由で入社が決まった企業で、あなたがトラブルを引き起こしてしまった場合に、責められてしまうのは転職エージェントです。

なので、感謝を伝えつつ、大人な対応を心がけるようにしましょう。

転職エージェントをうまく活用するポイント|まとめ

転職エージェントをうまく活用する方法について、だらだらとお伝えしてきましたが、いかに要点をまとめておきます。

  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 求人を比較したうえで転職エージェントを選ぶ
  3. 同じ企業の求人に応募しないように注意する
  4. 転職エージェントとの連絡はこまめに!
  5. 転職時期は「今の会社よりもいいところが見つかれば」と伝えておく
  6. キャリアアドバイザーが合わないと感じたら変更してもらう
  7. 経歴や資格、スキルは正直に伝える
  8. 「推薦文」を確認する
  9. 妥協は絶対にしない
  10. キャリアアドバイザーと良好な関係づくりを心がける

※特化型転職エージェントを選ぶ場合は…

「どんな転職エージェントなのか」を知りたい方は会社名をクリックすると、公式HPで詳細を確認することができます。

①ハイキャリア・外資特化の転職エージェント
・『ビズリーチ
・『JACリクルートメント
・『転機(ハイクラス転職)

②第二新卒・フリーター特化の転職エージェント
・『ハタラクティブ
・『ジェイック
・『就職ショップ

③ITエンジニア特化の転職エージェント
・『レバテックキャリア
・『マイナビエージェント(IT)
・『パソナテック

④薬剤師特化の転職エージェント
・『薬キャリ
・『マイナビ薬剤師
・『リクナビ薬剤師

⑤看護師特化の転職エージェント
・『看護roo!
・『マイナビ看護師
・『ナース人材バンク

⑥介護士特化の転職エージェント
・『きらケア介護求人(正社員)
・『きらケア介護求人(派遣)
・『かいご畑

Indeed(インディード)の悪い口コミ・評判まとめ

ここではIndeed(インディード)の悪い口コミ・評判をご紹介します。

求人検索サイトとしては知名度も抜群に高いIndeed(インディード)。しかし、悪い口コミの方が多いのも事実。実際にIndeed(インディード)を使った人の口コミや評判を見ていきましょう。

「求人情報のデタラメな記載」に対する悪い口コミ

求人情報がたくさん掲載されていても、求人の正確さが重要です。

実際に使用した人の口コミを見てみましょう。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

たくさんの求人から必死に探して、接客がないお仕事を見つけました。これだ!と思って面接まで行きました。しかし、Indeed(インディード)に掲載されていたのと全然違う業務内容で、勤務時間もまでも違いました…。面接を終えましたが、交通費も無駄になり、時間を無駄にした気がしました。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

釣り案件や偽の記載が結構ある。本当に求人を出している企業が掲載されているのかが最大の疑問。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

面接時に「履歴書なし」と書いてあったが、実際は履歴書郵送・書類選考がありました…。デタラメな募集が多いのかな…なんかショックでした。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

勤務時間帯相談OKと記載されていましたが、「その時間帯は募集してないですよ?」と上から目線で強気で断られました。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

自分が希望する求人があって、「大型免許持ってる方は未経験でも歓迎!」という文字が!すぐに電話したが経験者じゃ無いと駄目との事…。電話で断られた、何が「未経験者歓迎?」

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

「オープニングスタッフ募集!」ってとこに電話して面接にも行ったが不採用。学歴、年齢不問って書いてあっても不採用!

「求人の募集切れ」に対する口コミ

求人がたくさん掲載されていても、その求人の募集が切れていては意味がありません。

実際のところどうなのでしょうか?事前に確認しておきましょう。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

良い点は、求人数の多さ。様々なジャンルのお仕事を募集しているので見ているだけでも楽しいです。ただ、応募するとなると募集が終わってるのとかあったので、大変そう。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

インディードを使ってWEB応募を10社くらいしたが、何も連絡がない。

「検索機能」に対する口コミ

検索の利便性もとても大切です。使ったユーザーの意見はどのようなものなのでしょうか?

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

検索に不便すぎる!「スポンサー求人」が検索結果に混ざり邪魔で本当に検索しにくい。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

手間!スマホで検索すると、求人を出している企業の評価を見るのにかなり手間がかかる。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

単純に検索エンジンの機能が、使えなすぎる。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

「千葉 正社員」と検索すれば「千」「葉」「正社員」「社員」のどれが含まれていたらヒットする。探せないでしょこれじゃ。

「ブラックな企業の求人」に対する口コミ

転職エージェントや転職サイトには「悪徳な求人」「マルチ商法などの求人」は一切掲載されていません。

その面、Indeed(インディード)はどうなのかをチェックしましょう。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

求人に申し込み、説明を受けましたが、サプリメントを買って当社に送ればお金払いますという感じ。怖い、怖い。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

インディード経由で、求人に応募しました。しかし、1ヶ月以上経ってもその企業から連絡が来なかったので、応募した企業に電話をして確認したら「あなたの応募は届いていません」と言われました。ありえない。履歴書も職務経歴書も送ったのに…。プライバシーどうなってるの。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

怪しい求人が混じってた。応募してみたらマルチ商法…。なんでもありか…。

口コミアイコン
Indeed(インディード)を実際に使った人の口コミ

採用されたと思ったら、すぐに「パワハラ」。すぐ退職しました。ありえない。

まとめ|Indeed(インディード)は知名度が高いが転職ではおすすめできない

Indeed(インディード)は今最も勢いのある求人情報検索サイトです。

確かに多くの求人情報を見ることはできるのですが、転職支援は一切行ってくれません。

つまり、気になる求人を見つけたとしても、その後の転職活動はあなた自身でどうにかしなければなりません。

もし、はじめての転職の場合にはどう動いていいかもわからないかもしれません。

転職活動をどのように進めたらいいかわからない、転職のサポートをして欲しいという場合には転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば自分で求人に応募することはもちろん、担当者が客観的にあなたに合った求人を紹介してくれます。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

おすすめ転職エージェント

『マイナビエージェント』:電話面談OK
特徴:20代・30代・第二新卒の実績が豊富
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

『doda』:電話面談OK
特徴:自分の市場価値がわからない人にとっておき
【公式HP】https://doda.jp/

『type転職エージェント』
特徴:転職者の71%が年収UP
【公式HP】https://type.career-agent.jp/