転職ノウハウ

異業種への転職を成功させるためには?対策と業界別難易度も紹介!

今まで働いてきた職種とは別の業界へ転職を考えた時、「未経験での転職は難しいかな?」と悩んでしまう方は多いでしょう。

また、「異業種への転職の成功率は年齢も大きく関係あるだろうから、今の年齢からでは厳しいかも知れない…」と迷ってしまうこともあるはずです。

この記事では、異業種への転職を考えている方へ向けて、成功率を高める対策や各業界への未経験からの転職の難易度ついて解説します。

この記事を読めば、「異業種への転職は難しいから諦めた方がいいのか」「年齢的なことを考えても収入も下がるだろうし、無謀かもしれない」と迷っている方でも、読み終えた後には「異業種への転職にチャレンジしてみよう!」と動き出せるはずですよ!

  1. 異業種への転職は難しいのか
  2. 年代別・異業種の転職難易度
  3. 異業種へ転職する時の準備
  4. 職種別の異業種からの転職事情
 

1.違う業界への転職は難しい?

今まであなたが働いて積み上げてきたスキルやキャリアとはまったく関係のない異業種への転職を希望する時、かなりハードルが高く成功率も低く感じるかもしれません。

しかし実際に求人サイトで検索してみると「未経験者の応募可」となっているところや「未経験歓迎」という求人は、かなりの数あることがわかります。

つまり、求人を出している企業も、業界や業種が未経験であっても社会人としてのマナーを備えた、別の業種での経験やキャリアがある人を求めているところも多くあるのです。

1-1.別の業界でも職種が同じなら転職しやすい

例えば、営業職で今の企業でトップセールスを何度も叩き出した方であれば、別の業界の営業職に転職することは、そんなに難しいことではありません。

扱う商品やサービスが変わるので、販売するものに対する知識を深める必要はあります。

しかし営業の基本的なノウハウを熟知していて、成果もしっかり出していることをアピールすれば収入アップやキャリアアップの転職も可能です。

もちろん、別の業界で異業種の転職も不可能ではありません。

後ほど詳しく説明します。

  • 未経験者を採用する求人は多くある。
  • 違う業界でも職種が同じなら転職は成功しやすい

2.他業種に転職するベストな年代

ここでは、他業種に転職する年齢的なタイミングについて詳しく解説していきます。

ただし、これから紹介するのはあくまでも一般的な話であり、特別なスキルやキャリアがある場合、年齢はあまり関係なく業界や業種が違っても転職を成功させることができます。

2-1.20代が異業種へ転職する場合

異業種への転職は、20代ならばかなり成功率が高くなります。

なぜなら、社会人として仕事の経験があり、まだ若く柔軟性もあるので異業種に転職した場合でも、新しい仕事の覚えが早く即戦力になるからです。

ただし20代の転職成功率が高いからといって、職を何度も変えるのはNGです。

採用担当者に「仕事を覚えてもすぐ辞めるのではないか」「忍耐力にかけるので未経験の仕事をこなすのは難しいのでは」と思われてしまいます。

20代での転職は1回まで。

未経験の業界や業種にチャレンジしたい場合、しっかりとリサーチして、次はないつもりで転職活動しなければいけません。

2-2.第二新卒が異業種へ転職する場合

第二新卒で異業種への転職をする場合、20代と同じく成功率が高い傾向にあります。

採用する企業は、第二新卒は社会人としての基本的なマナーが身についていて、短期間ですが仕事の経験がああります。

働いていた期間が短いので、業界やその会社のカラーに染まることがなく、新しい業種や企業の仕事や社風を受け入れやすいので、積極的に第二新卒を採用する企業もあります。

第二新卒者も一度就職をして働く経験を経て、本当に自分がやりたい仕事や興味のある業界などを考えたうえでの転職になるので、モチベーションが高いこともあり転職が成功しやすいといえます。

2-3.30代が異業種へ転職する場合

30代が異業種へ転職する場合は、20代よりも年齢の面で不利になることは当然あります。

しかし、大きなプロジェクトを成功させた経験や、複数の部下をまとめて仕事をこなすなどの管理職の能力や経験も備わっている年代です。

異業種への転職でも、リーダーシップ力を認められて採用される可能性も大いにあります。

ベンチャー企業や創設されたばかりの会社の場合は、管理職が不足していて業界未経験でもマネジメント能力がある人材を求めている場合もあります。

また異業種でも、経理や営業など同じ仕事の場合は今までのスキルや専門的知識を活かして転職することもできます。

2-4.40代が異業種へ転職する場合

40代になると異業種への転職はかなり難しくなってしまうかもしれません。

40代で未経験の場合、新しい仕事や技術を一から覚えることが大変になってくるうえ、企業は管理能力のある人材を求めるケースもあります。

新しい仕事を迅速に覚えてこなしながら、マネジメントもしていける能力が必要です。

また40代後半となると、定年までの期間も限られてくるので採用担当者は、未経験の40代を採用して会社にメリットがあるかを判断します。

40代で未経験の業界に転職を考える場合、自分の希望だけではなく人手不足で人材を募集している業種や、ミドルエイジが活躍している業界などもチェックして視野に入れた方がいいでしょう。

その場合、40代で異業種への転職が成功しても、収入が下がる可能性もあります。

  • 20代や第二新卒は転職が成功しやすい年代
  • 30代はマネジメント能力や今までのキャリアを武器に
  • 40代の転職は不可能ではないが難しいことを理解して

3.異業種の転職にチャレンジする時の対策

異業種への転職は、同業種よりも難しいですが、しっかり対策を立てることで成功率も高くなります。

また業界によって平均収入も変わってくるので、転職した業界によっては未経験でも収入が上がる可能性もあります。

さらに今までのスキルやキャリアとは別の仕事をすることで、自分のキャリアにもより幅が出てきます。

異業種の転職を成功させるためには事前の対策が重要になってきます。

3-1.自己分析でアピールできるポイントを明確に

自己分析は、新卒の就職活動や同業者への転職でもとても大切です。

  • 自分の長所や得意なこと
  • 仕事で活かせるスキルやキャリア(性格的な部分も含め)
  • 今までの経験や仕事での成果(具体的な数字や、チームワーク、相手先とのコミュニケーションなども含め)

など自分の強みになるものは何か、しっかりと分析してください。

紙に書いていくことでより明確に認識できます。

未経験での転職は今までのキャリアやスキル、専門的な知識などを売りにすることができませんが、それ以外であなたの実力や魅力を伝えられるようにしましょう。

また希望する業界や職種がある程度絞れている場合は、「なぜその業種に転職したいのか」「新しいどんな分野の仕事がしたいのか・できるのか」などについても自己分析してみてください。

新しい業種の仕事をすることによって、あなたが今後どのようなキャリアを広げていきたいのかもしっかりイメージしましょう。

なかなか自分のことを客観的に分析して長所や強みを見つけるのは難しいかもしれません。インターネットで簡単に自己分析ができるツールがあるのでそれらを使ってみるのもおすすめです。

おすすめ自己分析ツール

マイナビ https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/jikobunseki
キャリアセオリー https://career-theory.net/job-change-self-analysis-166
リクナビ https://job.rikunabi.com/2021/shindan/?isc=rconbtnshindan

また、転職エージェントでプロの第三者の目であなたの強みを教えてもらうのもいいですね。

3-2.転職したい業界や業種を詳しくリサーチ

転職を考えている業界や業種についても詳しく分析しましょう。

  • 中途採用をどのくらい行っているのか
  • 募集している職種はどんなものがあるか
  • 働いている人の年齢層や、採用する人の年齢に制限はあるか
  • 募集時の必須のスキルはあるか

定期的に中途採用の募集をしている企業や業種であれば、能力があれば未経験でも積極的に人材を採用していることがわかります。

またどんな職種があるのかを知ることで、今までのあなたの業務経験やスキルで活かせることがあるかを分析できます。

企業内の年齢層がだいたいわかると活躍している世代が見えてくるうえに、採用の情報に「〇歳くらいまで」とあれば自分の年齢と比べて、転職にチャレンジできるか判断できます。

もちろんあなたの年齢が少し高くても応募することは可能です。

そして応募する時に必須スキルがあるかも要チェックです。

必要な資格が書いてあれば、転職前にその資格を取得することで未経験でも採用される確率が高くなります。

転職先の情報に関しても転職エージェントに相談すると、インターネットで調べたり企業のホームページにあること以上の内部事情がわかる場合があります。

転職エージェントをうまく活用しましょう。

3-3.転職先に求めるものを明確に

異業種の新しい職場に、あなたが何を求めているのかも明確にしておきましょう。

こちらも書き出すといいですね。

  • 新しい仕事でキャリアの幅を広げる
  • 収入アップや福利厚生の充実
  • 勤務時間や休日に関して

など何でもいいので、求めるものを書き出してみてください。

その後、求める条件に優先順位をつけて、新しい職場でこれだけは譲れないという条件を3つほど決めておきましょう。

すべてあなたの希望に合う仕事を見つけるのは難しいですが、優先順位の高い条件がいくつかクリアしている企業なら入社を決める際に迷いが少なくなります。

  • 自己分析をしっかり行う
  • 業界や業種について詳しく調べる
  • 転職先に求めるものを明確にする

4.職種別!異業種でも転職しやすい仕事は?

職種別に、異業種からの転職がしやすい仕事かを詳しく解説していきます。

未経験者歓迎や資格があれば未経験も採用してくれる職種などさまざまです。

あなたが転職を考えている職種があれば、転職する時の参考にしてくださいね。

4-1.異業種からの転職・看護師

看護師になるためには、「看護師資格」か「准看護師資格」が必要です。

正看護師免許は国が発行する国家資格で、准看護師免許は各都道府県から発行されます。

仕事内容には大きな差はありませんが、准看護師は正看護師の指示を受けて仕事をすることとされていて、看護師の方が収入も年間で数十万円多くなっています。

准看護師の資格を取るためには、都道府県知事指定の2年制の准看護師養成所に通う必要があります。

看護師の場合は、3年制または4年制の看護専門学校または看護短期大学、もしくは看護大学に通って取得を目指します。

このため異業種から看護師を目指す場合には、現職を退職して学校に通わなければいけません。

学費以外にも学校に通っている間の生活費のことも考えておく必要があります。

4-2.異業種からの転職・理学療法士

理学療法士はフィジカル・セラピストとも言われるリハビリテーション専門の仕事です。

国家資格である「理学療法士」の資格が必要です。

資格を取るためには、3年制もしくは4年制の養成校や大学、短期大学、専門学校や特別支援学校に通って知識と技術を学びます。

昼間の学校だけなので、理学療法士に転職する場合も学費と資格取得までの生活費の準備が必要です。

4-3.異業種からの転職・介護職

介護職は高齢化社会が進むにつれニーズが高まっている仕事です。

人手が足りない業種でもあるので、比較的転職しやすい業種と言えるでしょう。

介護職にも資格がありますが、無資格でも採用してくれる施設は多くあります。

資格取得を目指す場合、2つ方法があります。

一つは介護施設で働きながら国家資格を取得する方法。

これならば、収入を得て介護の実務経験を積みながら資格が取れるので経済的な負担が少なくて済みます。

介護士の資格を取るまでに介護施設で働きながら、事前に介護職員実務者研修という資格を取得する必要があります。

資格取得までにだいたい3年かかります。

もう一つの方法は、短期大学や専門学校に通って1年〜2年で資格取得を目指すやり方です。

資格取得までの期間が短くて済みますが、学校に通っている間の学費と生活の目処を立てなければいけません。

無資格、未経験でも異業種から転職しやすい業界ですが、資格があった方が役職がついたり収入が上がるなどメリットがあるので、ぜひ資格取得を目指したいですね。

4-4.異業種からの転職・現場監督

建設現場の現場監督は未経験からでも転職できる職種です。
ただし、現場監督の仕事をするためにはやはり資格が必要になります。

1級建築士や1級建築施工管理技士などの資格があると有利ですが、現場によって求められる知識や資格は異なってきます。

資格がない場合でも、実務経験を10年以上積めば現場監督の仕事ができるようになります。

建築専門の大学や高専を卒業していれば実務経験は3年、また建築専門高校を卒業していれば実務経験5年で現場監督になることができます。

いずれにしても長い実務経験もしくは資格取得が必要になってきます。

未経験で転職し、実務経験を積みながら建築士や施工管理技士、1級土木施工管理技士などの資格取得を目指すといいでしょう。

4-5.異業種からの転職・施工管理士

建設現場の工程の管理や安全管理、品質管理などを行う施工管理士は国家資格が必要です。

建築現場で管理技術者の仕事をするために必要なだけではなく、1級施工管理技士の資格があると、建設業者の各営業所にいなければいけない専任技術者として働くこともできます。

施工管理士の資格には土木や建築、電気や建設機械などいくつか種類があります。

一定の実務経験が必要なため、働きながら知識と経験を積んで資格を取得することで施工管理士の仕事ができます。

4-6.異業種からの転職・整備士

車好きな方なら整備士への異業種転職を考えるかもしれません。

自動車整備士になるためには、国家資格の技能検定試験に合格しなければいけません。

しかし未経験でも整備士を目指すことは可能で、実務経験を積みながら1年後から3級の整備士資格を受験することができます。

2級取得にはさらに3年の実務経験が必要になります。

じっくり好きな仕事をしながら資格取得を目指し、スキルや収入アップにつなげる働き方ができます。

また専門学校や大学、養成学校に通い学べぶことで実技試験が免除になったり卒業と同時に受験資格を得ることができます。

約5割の整備工場で整備士は不足しているので、ニーズは高く異業種からも転職しやすい業種といえます。

(参照元:https://www.mlit.go.jp/common/001095345.pdf )

4-7.異業種からIT業界へ転職・SE

専門的で高度な技術と知識が必要とされるように見えるIT業界。

労働時間が長いイメージがありますが、異業種からの転職も可能です。

ただしSEの仕事に異業種からの転職したい場合、20代のうち、遅くとも30代前半までに挑戦しましょう。

SE(システムエンジニア)の仕事はクライアントからの要望を聞き、最適なプログラムを設計し作成する仕事です。

多くの企業が自社専用のシステムを使い、業務を効率化しているうえ今後も多くの企業やプロジェクトごとのシステム開発などが見込まれるので、需要の高い仕事と言えます。

しかしさまざまな新しいシステムやソフトについての知識が深くなければできないうえ、専門用語なども多く使われるので、常に新しい情報に柔軟に対応できる若い年代の方が無理なく転職できるでしょう。

未経験でSEに転職することも可能ですが、最低限のプログラミングのスキルがあった方がいいので、独学またはプログラミングスクールなどに通い、基礎的な知識と技術を身に着けることをおすすめします。

4-8.異業種からIT業界へ転職・プログラマー

プログラマーはSEが設計したシステムをプログラミング言語を使いながら仕様書従い、プログラミングを行う仕事をします。

未経験OKの求人もありますが、知識もプログラミングの経験もないままでは転職は難しいです。

「HTML、CSSを使った業務経験がある」「前職でネットワークの運営をしていたからサーバーに関してはある程度理解できる」など多少IT関係の仕事に携わっているといいですね。

もちろん未経験OKで採用されても、プログラミングに関する勉強をする必要はあります。

4-9.異業種からIT業界へ転職・デザイナー

Webサイトのデザインを行うのがデザイナーの仕事です。

クライアントからヒアリングをし、サイトのイメージに合うようなフォントやロゴ、アイコンなどを作っていきます。

デザインのセンスも問われます。

デザイナーの仕事も異業種から転職は可能ですが、PhotoshopやIllustratorを使ったことがある、または業務経験があるといったスキルは必須といえます。

4-10.異業種からの転職・管理栄養士

管理栄養士は国家資格がなければできない仕事です。

企業や市町村の栄養管理や栄養指導、病院や学校の給食管理など幅広い職場があります。

働く場所は多岐にわたり、病院・学校・介護施設・企業などさまざまです。

管理栄養士の資格を取るためには、管理栄養士養成課程か栄養士養成課程のある大学または短期大学、専門学校などで学ぶ必要があります。

これらはすべて昼間の学校なので、管理栄養士になるためには仕事を辞めて学校に入学する必要があります。

その後、管理栄養士国家試験に合格することで管理栄養士になることができます。

4-11.異業種からの転職・保育士

夫婦共働きや離婚などで働く女性が増えたこともあり、保育士の仕事もとてもニーズの高い仕事です。

また資格がなくても異業種から転職できる仕事でもあります。

保育士の資格は国家資格ですが、厚生労働大臣指定の保育士養成のための大学・短期大学・専門学校などを卒業することで、試験を受けなくても資格を取得することができます。

短期大学や専門学校には夜間のものもあるので、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

また年2回、一般社団法人全国保育士養成協議会が実施する筆記と実技の試験に合格することでも、資格を取得できます。

さらに無資格でも保育士補助で働きながら資格取得の勉強をすることも可能なので、未経験、異業種からチャレンジしやすい仕事といえるでしょう。

4-12.異業種からの転職・接客業

接客業はとても幅の広い仕事で、飲食や小売、フライトアテンダントやマッサージやエステティシャンなど幅広い分野での仕事があります。

接客業は異業種からの転職がしやすい業界です。

特に飲食業は人手が足りない状態なので、年代関係なく資格がなくても未経験でも、転職成功率は高いといえます。

接客業で大切なことはお客様が望んでいることを推し測り、適切なサービスやアドバイスを提供することです。

30代や40代の方の、仕事のキャリアだけではなく人生経験が活かせる仕事でもあります。

どんな種類の接客が自分の今までの経験やスキルを活かせるのか、自己分析して絞って転職活動をすると成功しやすい業種といえます。

  • 資格が必要な仕事や働きながら資格を取得してスキルアップできる仕事もあり
  • 転職前に学ぶための費用や生活費なども考えなければいけない場合も

まとめ|異業種への転職は入念な自己分析とリサーチが成功のカギ

異業種からの転職を成功させるための対策を紹介しました。

異業種への転職を考えるなら
  • 年代で異業種から転職する成功率は変わってくる
  • まずは自己分析をして自分の強みやなぜその業種に転職したいのかを考える
  • 転職した業種や職種が絞れてきたらしっかりリサーチ
  • 必要かつ可能ならば事前に資格取得を

業種や仕事によって、資格をまず取らなければ働くことができない場合もありますが、実務経験を重ねることで、試験が免除になったり受験費用が安くなる資格もあります

また無資格・未経験で働き始めて、経験を積みながら資格取得を目指すことができる仕事もあります。

「異業種へなぜ転職したいのか」「転職したらそこで何ができるのか」「どんなキャリアの方向性を求めるのか」をしっかり自己分析しましょう。

転職した業界の動向や職種についても入念にリサーチしてくださいね。

あなたが次のキャリアプランを明確にイメージでき、必要な準備や努力をすれば、たとえ異業種の転職でも成功率は高くなります。

新しい分野で新しい可能性を見出して活躍してください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。