転職エージェント

転職エージェントの正しい選び方と転職を成功させる上手な活用方法

求人情報の紹介や面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれる転職エージェントは、転職活動を成功させるための強い味方です。

しかし、世の中にはたくさんの転職エージェントが存在するため、「どの転職エージェントを使えばいいの?」と悩んでしまいますよね。

この記事では、転職エージェント選びに迷っている方に向けて、転職エージェントの選び方や転職エージェントを活用するためのコツをご紹介します。

この記事を読んで、転職エージェントの正しい選び方を知れば、希望の業界・業種へスムーズに転職できるだけでなく、「月の残業は20時間以内」「年収を450万円から600万円にアップ」など、理想の条件を叶えられる可能性も上がりますよ!

  1. そもそも転職エージェントとは?
  2. 正しい転職エージェントの選び方
  3. 転職エージェントを上手に活用するためのコツ
  4. おすすめの転職エージェント
 

1.そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントは転職活動の手助けをしてくれるサービスですが、利用する前には「どんなふうに利用するのか」「転職サイトとの違いはなにか」といった部分が気になりますよね。

まずは、転職エージェントに関する、以下4つの基本知識を解説します。

転職エージェントの選び方を確認する前に、そもそも転職エージェントとはどんなものなのか、転職エージェントの基本を確認していきましょう。

1-1.転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用する場合、一般的には以下のような流れで転職活動を進めていきます。

  1. 転職エージェントに利用申し込み
  2. キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリング
  3. 条件にマッチする求人の紹介・応募
  4. 選考(書類〜面接)
  5. 内定

上記の流れのなかで、「キャリアカウンセリング」「求人紹介」以外にも、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策や企業との面接日調整などのサポートをするのが転職エージェントの役割。

ほかにも、転職エージェントによっては、転職活動をスムーズに進めるための無料セミナーを行なっていたり、入社後のサポートをしてくれたりする場合もあり、サポートの内容は転職エージェントによってさまざまです。

1-2.転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

転職活動は、「転職エージェントを利用する」か「転職サイトを利用する」方法で進めていくのが一般的です。

転職エージェントも転職サイトも、どちらも同じように「求人情報を見つけられるツール」ですが、そのサービスの内容は大きく異なります。

転職エージェントを利用する場合は「転職エージェントを介して転職活動をする」のに対し、転職サイトを利用する場合には「直接企業と連絡をとって転職活動をする」のが一番の違いです。

転職エージェントと転職サイトには異なるメリット・デメリットが存在します。

以下にそれぞれの特徴とメリット・デメリットをまとめていますので、あなたはどちらを使うべきかの参考にしてくださいね。

転職エージェントのメリットとデメリット

キャリアアドバイザーから紹介された求人に応募する形で転職活動を行います。

キャリアアドバイザーとコミュニケーションを取る手間はありますが、総合的に転職活動のサポートを受けることが可能。

【メリット】

  • 求人サイトには掲載されていない非公開求人を見ることができる
  • 求人サイトだけでは知ることのできない企業の内情を知れる
  • 転職エージェントは企業とのパイプを持っているので、面接・採用につながりやすい
  • 履歴書・職務経歴書の作成や面接対策などのサポートを受けられる

【デメリット】

  • 転職エージェントとコミュニケーションを取らなければいけないので、手間がかかる
  • 転職エージェントの営業トークによって、不本意な転職をしてしまうケースがある
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いと、転職活動が難航する場合がある

転職サイトのメリットとデメリット

企業が転職サイトに掲載している求人に応募する形で転職活動を行います。

書類作成・面談対策・企業との調整は全て自分で行わなければいけないものの、いつでもどこでも求人の閲覧や応募が可能です。

【メリット】

  • 時間や場所を問わず求人の閲覧・応募が可能
  • 自分だけで転職活動を行うため、自分のペースで転職活動を進められる
  • 転職エージェントよりも求人数が豊富なので、幅広い求人をチェックできる

【デメリット】

  • 非公開求人の閲覧・応募はできない
  • 履歴書・職務経歴書の作成、面接調整・対策などはすべて自分で行わなければいけない
  • 求人サイトだけでは企業の内情がわからないため、入社後にミスマッチを感じるケースもある

転職エージェントと転職サイトは対極なメリット・デメリットを持つため、どちらをメインで使うべきかは人によって異なります。

ただ、一般的には転職活動のトータルサポートを受けられる転職エージェントを利用したほうが転職活動がスムーズになると言われていますので、迷ったときには試しに転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。

編集部
編集部
転職エージェントのデメリットをより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントのデメリットを徹底解説!上手に活用する方法とは?転職エージェントのデメリットってなんだろう…と気になってしまいますよね。先に結論を言ってしまうと、転職エージェントにたくさんのデメリットがあるのは事実です。しかし、事前にデメリットを把握しておくことで、転職エージェントのサービスをうまく利用する方法がわかり、転職の失敗を防ぐことができますよ。 ...

1-3.転職エージェントの種類

転職エージェントには、大きく分けて「総合型転職エージェント」と「専門特化型転職エージェント」の2種類が存在します。

総合型転職エージェントは業界や業種にこだわらず、幅広い種類の求人を扱っています。

そのため、業界や業種にこだわりのない方や、いろいろな業界・業種の求人を見ながら転職活動を行なっていきたいと考えている方におすすめです。

一方で、専門特化型転職エージェントでは、ある一定の業界や業種に絞った求人を扱っており、在籍するキャリアアドバイザーも特定の業界・業種のプロフェッショナル。

業界・業種の希望が定まっている方や、専門スキルを活かした転職をしたいと考えている方にマッチします。

1-4.転職エージェントの報酬制度

求職者が転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントは企業側から成功報酬を受け取っているから。

転職エージェントは以下のような仕組みです。

転職エージェントが無料である理由

この成功報酬は、一般的に、転職エージェントを介して求職者の採用が内定した段階で企業から転職エージェントに支払われます。

また、成功報酬の金額は採用した人材の想定年収の30%〜35%程度であることが多いようです。

転職エージェントは成功報酬を獲得するべく、求職者がきちんと内定するように全力でサポートをするのです。

でも、ここで気になるのが「そのしくみだったら、転職エージェントはどこでもいいから内定させようとしてくるんじゃないの?」という部分ですよね。

実は、転職エージェントでは、採用した人材が早期退職した場合には、企業に対して報酬を返金する規定を設けていることがほとんどで、早期退職をされると転職エージェントとしてもデメリットになってしまいます。

そのため、転職エージェントは、求職者が早期退職をせずに長く働き続けていけるような、条件にきちんとマッチした企業を紹介してくれるのでご安心ください。

編集部
編集部
転職エージェントの仕組みをより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。
転職エージェントの仕組みと無料の理由を徹底解説!転職エージェントの仕組みってどうなっているんだろうかと疑問に思っていますよね。この記事では、転職エージェントの仕組みについて具体的にご紹介します。 ...

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • サポート内容はエージェントにより異なる
  • 総合的にサポートを受けることが可能
  • 「総合型転職エージェント」と「専門特化型転職エージェント」の2種類が存在する
  • 求職者が転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントは企業側から成功報酬を受け取っているため
  • 成功報酬の金額は採用した人材の想定年収の30%〜35%程度であることが多い

続いて、転職エージェントの選び方をご紹介します。

2.転職に成功する転職エージェントの選び方

2.転職に成功する転職エージェントの選び方

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、転職エージェントの働きが転職活動に大きな影響を与えるため、転職エージェントの選び方次第で転職の成功率が異なってきます。

転職を成功させるには、以下のようなポイントに気をつけて転職エージェントを選ぶことが大切です。

具体的にどのような部分に気をつければいいのか、詳しいポイントを解説していきます。

2-1.自己分析をしっかりと行ってから転職エージェントを探す

転職エージェントの利用を開始する前に、しっかりと自己分析を行うのが大切。

なぜなら、キャリアアドバイザーと求職者のあいだで、「どのような転職がしたいか、どのような転職がベストであるか」について意思の疎通ができていないと、転職は失敗しやすいからです。
漠然と「転職したいな」の気持ちだけで転職エージェントに登録するのではなく、自分が理想とするキャリアプランやライフプラン、希望の条件について自己分析をしておきましょう。

転職エージェントでは利用開始時にキャリアカウンセリングを行なっているため、具体的な方向性が定まらないのであれば、キャリアカウンセリングのときに相談も可能。

ただ、その場合でも「方向性が決まっていないから、キャリアカウンセリングを受けながら方向性を見出していきたい」と決めておくことが重要です。

本人がわかっていない事柄をキャリアアドバイザーが100%理解するのは難しいので、まずは自分で自分の考えや気持ちに向き合ってみてくださいね。

2-2.サポートが充実している転職エージェントを選ぶ

転職エージェントによってサポート内容は異なるため、転職エージェントを選ぶときにはサポートの充実度もチェックしておきましょう。

このとき、サポート内容が豊富であることも大切ですが、それ以上に大切なのが「自分に合った特色のサポートがあるかどうか」です。

  • 「カウンセリングを重視している」
  • 「求人をどんどん紹介する」
  • 「書類添削や面接対応に力を入れている」

など、転職エージェントごとに違った特色がります。
転職エージェントのサポートが自分に合っているかどうかを確認しながら、充実したサポートを受けられそうな転職エージェントをチョイスしてくださいね。

2-3.非公開求人の数をチェックする

転職エージェントを選ぶときには、「非公開求人の数」も重要な選定基準のひとつです。

転職サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してもらえるのは、転職エージェントならではの強み。

非公開求人数が少ないと転職エージェントを利用するメリットが減ってしまうので、非公開求人数の多い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

数ある転職エージェントのなかでも、特に非公開求人数が多い転職エージェントを3つ紹介します。(非公開求人数は2020年2月7日現在の数字)

「リクルートエージェント」非公開求人162,195件

リクルートエージェント

口コミを見る公式ページへ

非公開求人数がダントツで多い転職エージェントであるリクルートエージェントは、オンラインで転職活動の進捗管理ができる「Personal Desktop」、企業研究・面接対策に活かせる企業情報データベース「AGENT Report」といった独自システムを持っています。

無料で参加できる「面接力向上セミナー」が開催されているなど、転職を成功へと導く仕掛けがたくさん詰まっているのも魅力です。

リクルートエージェント公式ページ:
https://www.r-agent.com/

「doda」非公開求人56,230件


dodaでは、日本全国から海外まで幅広い地域の求人情報を扱っています。

そのため、「求人情報の数に限りがあって、転職エージェントだと情報数が少ない」と言われがちな地方で転職を希望している方や、海外で仕事をしたいと考えている方にもおすすめな転職エージェントです。

また、首都圏での転職関連セミナー開催や、全国の転職者のデータから求職者の適正年収を割り出す「年収査定」サービスもあるなど、転職に役立つ情報が満載です。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

「マイナビエージェント」非公開求人21,964件

マイナビエージェント

口コミを見る公式ページへ

求職者へのサポートが手厚いと評判のマイナビエージェントは、第二新卒や20〜30代の若年層から人気を集めている転職エージェントです。

マイナビエージェントでは求職者へのカウンセリングを重要視しているため、初めて転職をする方や、転職に対してさまざまな悩みや不安を抱えている方でもスムーズに転職活動を進められます。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

2-4.複数の転職エージェントに登録して自分に合っているものを見つける

公式サイトや情報サイトで情報収集をして、自分に合っていそうな転職エージェントをいくつかピックアップできたら、複数の転職エージェントに登録して、実体験をもとに比較をしてみましょう。

「転職エージェントの特色が自分に合っているか」「キャリアアドバイザーとの相性はいいか」といった点は、実際に転職エージェントを利用してみないとわからない部分もあるからです。

複数の転職エージェントを利用するなかで、「これ以上にいいところはない!」と思えるほどの転職エージェントがあればそこだけに絞ってもOK。

また、登録してみてもピンとくる転職エージェントがなければ、また別の転職エージェントに登録してみるのもアリです。

また、初めのうちは、幅広い求人を紹介してもらえる「総合型転職エージェント」と、専門分野における情報収集ができる「専門特化型転職エージェント」の両方に登録するのがおすすめですよ。

編集部
編集部
複数の転職エージェントに登録するメリットとデメリットは以下の記事を参考にしてください。
転職エージェントを複数利用すべき3つの理由と注意点転職エージェントは複数に登録した方がいいって書いてあったけどホントなのかなと疑問に思っていますよね。この記事では、複数利用するうえでのデメリットを踏まえつつ、複数利用することで何が良いのかを具体的にご紹介していきます。 ...

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • 転職の軸を決めておく
  • サポートが豊富なエージェントを選ぶ
  • 非公開求人が多いエージェントを選ぶ
  • 複数のエージェントに登録する

続いて、はじめてでもわかるように転職エージェントを上手に活用するためのコツを解説していきます。

3.転職エージェントを上手に活用するためのコツ

「転職エージェントを選んだら転職活動が終わり」ではなく、転職エージェントを選んでからが転職活動の本番です。

ここからは、悔いのない転職活動をするための、転職エージェントの活用方法をご紹介します。

転職エージェントを上手に活用するコツは以下の4つです。

それでは、転職エージェントを上手に活用するコツについて、詳しい内容を確認していきます。

3-1.転職エージェントを複数利用していることを伝えておく

複数の転職エージェントを同時に利用するときには、キャリアアドバイザーに複数の転職エージェントを利用している旨を伝えておいてください。

「他の転職エージェントを利用しているって伝えるのは失礼じゃない?」と思うかもしれませんが、複数の転職エージェントを利用していることを伝えておかないと、応募がバッティングするなどの問題が生じる可能性が高いのです。

「複数の転職エージェントを利用している」と伝えておけば、直近で応募した企業や紹介を受けた企業などを避けた求人を紹介するように取り計らってもらえます。

ただし、応募済み企業や求人閲覧済み企業の情報は求職者からヒアリングするしかないため、応募済み企業や紹介済み企業の名前くらいは自分で管理しておきましょう。

編集部
編集部
また他社の転職活動状況も教えるようにしましょう。
転職エージェントに転職活動の選考状況を他社に教えるべき?転職エージェントに登録してるんだけど、自分の転職活動の選考状況を伝えるべきなんだろうかとお悩みですよね。この記事では、転職エージェントにあなたの転職活動の状況報告をする必要があるのかということをお伝えします。 ...

3-2.キャリア・生活について嘘をつかない

自分のキャリアや生活に関する情報は、偽りなく正直にキャリアアドバイザーに話してください。

  • 「在職中だから忙しくて転職活動に割ける時間が少ない」
  • 「転職したら残業や休日出勤はしたくない」
  • 「やりたいことが全然見つからない」

などはマイナスイメージになるのではないかと隠してしまう方が多いです。

しかし、キャリアアドバイザーはそういった部分を踏まえて転職活動をサポートするので、隠してしまっては適切なサポートを受けることができないのです。

偽りなく情報を伝えておくとスムーズに転職活動ができるので、些細なことでも素直に相談してくださいね。

3-3.相性の悪さを感じたらキャリアアドバイザーを変えてみる

転職エージェントのサポート内容や求人数には満足しているものの、キャリアアドバイザーとの相性が悪いと感じる場合には、キャリアアドバイザーを変えてみるのもひとつの手です。

遠慮して「担当のキャリアアドバイザーを変えてくれ」なんて言えない方も多いのですが、遠慮ばかりしていてはスムーズな転職活動ができなくなります。

とはいえ、キャリアアドバイザー本人に「あなたでは嫌なので、担当を変えてください」というのは失礼です。

転職エージェントの問い合わせ窓口に、電話やメールでキャリアアドバイザー変更の依頼をしてみましょう。

変更依頼をするときには、「嫌だから」「気が合わないから」ではなく、「転職活動の進め方に対して考え方が違う」「もう少し業界に対する知識をもっている人のほうが安心できる」などと、きちんとした理由を添えてお願いをするようにしてくださいね。

編集部
編集部
合わない転職エージェントだったときの対処法は以下の記事を参考にしてくださいね。
転職エージェントが合わない!キャリアアドバイザーが合わないときの対処法転職エージェントが合わないってことになってませんか?この記事では、あなたの担当キャリアアドバイザーが決定するまでの流れをご紹介し、キャリアアドバイザーが合わないと感じたときの対処法を解説していきます。 ...

3-4.キャリアアドバイザーと心を通わせる

転職活動を成功させるためには、キャリアアドバイザーと心を通わせることも大切です。

キャリアアドバイザーも人間なので、「意欲的に転職活動を頑張っている人」と「転職活動に全然やる気のない人」だったら前者のほうを応援してしまうもの。

また、「礼儀正しく丁寧に接してくれる人」と「マナーのなっていない横柄な人」だったら、前者のほうが手厚く対応したくもなるでしょう。

キャリアアドバイザーとこまめに連絡をとったり、いつも礼儀正しく接したり、何かをしてもらったときに素直に感謝を述べたりすれば、キャリアアドバイザーと心を通わせられるはずですよ。

この章でお伝えしたことは以下の通りです。

  • バッティングを防ぐために同じ求人に応募しないように気を付ける
  • 自分の情報を正確に伝える
  • 相性が悪かったらキャリアアドバイザーを変える
  • キャリアアドバイザーとうまくコミュニケーションをとる

さいごに、口コミ・評判が高い転職エージェント3社をご紹介します。

4.利用者満足度の高いおすすめ転職エージェント3社

転職エージェントは口コミを見て選ぶのが当然な風潮があります。

知名度・認知度が高い転職エージェントでも口コミを見ると驚くほど最悪な対応をしているエージェントが多く存在しています。

そのため、口コミを比較して転職エージェントを選ぶという方法が一般的になってきました。

ここでは、口コミ評価が高い上位3社を評価が高い順にご紹介します。

1位:マイナビエージェント
マイナビエージェント

口コミを見る公式ページへ
マイナビエージェント』は、20代・第二新卒から信頼されている転職エージェントNo.1のエージェントです。

マイナビエージェントは非公開求人数が非常に多いため、登録しないと見ることができない求人が多いです。

実際に転職エージェントを使った方が評価している転職エージェントなので、登録しといて損はないと言えるでしょう。

また職種ごとに特化しているのがマイナビの強みです。

もし、以下の職種にあなたが当てはまるのであれば、以下から転職エージェントに相談してみてください。

マイナビエージェント公式ページ:
https://mynavi-agent.jp/

doda』は、求人数と求人の質がトップクラスと評判の転職エージェントです。

また日本国内の求人だけでなく、海外の求人も取り扱っているのが魅力です。

dodaは転職サイトも併用しているエージェントであるため、無理にエージェントの機能を使わなくていいということがメリットでしょう。

エージェントを使わないと決めたのであれば、求人を探して自分で応募する形で進めていけばいいです。

転職エージェントか転職サイトか迷っている方はdodaがおすすめです。

doda公式ページ:
https://www.saiyo-doda.jp/

3位:type転職エージェント
type転職エージェント

type転職エージェント』は、関東に特化している転職エージェントなので、関東圏内に住んでいる方は登録しておくべきエージェントでしょう。

また、type転職エージェントを実際に利用した方の「70%以上の方が年収UPできた!」と年収交渉に強い各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

さらに『LINE』を使ってキャリアアドバイザーとの連絡が取れるため、空いている時間に返すだけで良くなることから、全く手間がかかりにくいエージェントです。

忙しくて隙間時間にしか連絡ができないという方はtype転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェント公式ページ:
https://type.career-agent.jp/

以上が、口コミ評価の高い転職エージェント3社です。

まとめ|転職エージェントの選び方を知って、スムーズな転職活動を!

転職活動を総合的にサポートしてくれる転職エージェントは、以下のようなメリットを持つ転職ツールです。

転職エージェントのメリット
  • 求人サイトには掲載されていない非公開求人を見ることができる
  • 求人サイトだけでは知ることのできない企業の内情を知れる
  • 転職エージェントは企業とのパイプを持っているので、面接・採用につながりやすい
  • 履歴書・職務経歴書の作成や面接対策などのサポートを受けられる

転職エージェントの働きによって転職活動の成功率は左右されるため、以下のようなポイントに気をつけて、よりよい転職エージェント選びをしましょう。

転職エージェント選びのポイント
  • 自己分析をしっかりと行ってから転職エージェントを探す
  • サポートが充実している転職エージェントを選ぶ
  • 非公開求人の数をチェックする
  • 複数の転職エージェントに登録して自分に合っているものを見つける

また、転職エージェントを上手に活用するためのコツは以下の通り。

転職エージェント活用のコツ
  • 転職エージェントを複数利用していることを伝えておく
  • キャリア・生活について嘘をつかない
  • 相性の悪さを感じたらキャリアアドバイザーを変えてみる
  • キャリアアドバイザーと心を通わせる

今回ご紹介したポイントから転職エージェントの選び方や活用の仕方を知って、よりスムーズに転職活動を成功させましょう!

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。