看護師の転職

訪問看護師に転職する前に!事前に知っておきたい仕事内容と転職事情

「訪問看護師の仕事内容はどんな感じだろう?」

「夜勤やオンコールはないのだろうか?」

こんな疑問を解消します。

また、「訪問看護師になりたい!」と思っても、「どのくらいの求人数があるのかよくわからないから、転職できるのか不安」と迷ってしまうこともあるはず。

この記事では、訪問看護師の転職ついて詳しく解説します。

この記事を読めば、訪問看護師の仕事内容や転職事情がすベてわかりますよ!

読み終えた後には訪問看護師について理解ができ、転職するかどうかをはっきりと決めて動き出せるはずです!

 

1.「訪問看護師」とは

<画像>そもそも訪問看護師とは?

「訪問看護師」とは、患者さんの家に訪問し、医師からの指示書に従って自宅で療養生活を送る方に医療や診療を行う仕事です。

病院のように大勢の看護師がいてチームで医療に当たるのではなく、1人で患者さんのもとに訪問し話を聞き相談に乗りながら、適切な判断で診療を行う必要があります。

1-1.訪問看護師の具体的な仕事内容

病院からの往診ではなく、訪問看護ステーションから利用者の自宅に向い、医師の指示書をもとに医療やケアを行います。

診療や医療処置の内容はそれぞれ異なりますが、バイタルチェックの他に主にインシュリン注射や血糖値の測定、点滴、カテーテルの交換などがあります。

また持病のある方のケアや緩和ケアなど、患者さんに合わせた幅広い処置を適切に判断して行うことが要求されます。

その他、自宅での療養生活が快適に送れるようにサポートします。

さらに、栄養管理や服薬の指導、歩行や嚥下の訓練や、褥瘡を防ぐためのケアなども行う場合があり、リハビリ中の患者さんには入浴や外出の訓練を行います。

訪問看護は医師が指示したことだけをやるのではなく、利用する方とその家族が健やかな生活を送れるよう、要望や不安に耳を傾け寄り添い、体だけではなく精神面のケアなど幅広いサポートをする必要があるのです。

ですから、訪問診療を行う看護師は、1人ひとりの患者さんとじっくり向き合い、コミュニケーションを取りながら医療ケアを行うことが求められます。

2.訪問看護師に必要な資格

<画像>訪問看護師に必要な資格とは

訪問看護師の仕事をする場合、看護師の資格があれば働くことができます

郊外や地方の地域では車で訪問診療をする場合があるので、車の運転ができるといいでしょう。

基本的に訪問医療では、1人の看護師が訪問して、診療や医療処置などすべてを行います。

患者さんの要望や悩みを聞き、必要に応じてその場で適切なケアを選択しなければいけないので、最低でも3〜5年程度もしくはそれ以上の看護師の経験が必要とされます。

3.看護師の求人で訪問看護が人気な理由

<画像>看護の仕事で訪問看護が人気な理由

看護師の求人のなかでも訪問看護の仕事は、人気があります。

その理由についてご紹介します。

訪問看護の求人が人気な理由

3-1.夜勤がない

訪問看護の仕事は基本的に日勤です。

朝8時半〜9時くらいに看護ステーションに出勤し、その日に訪問する家庭の資料や医療機器などをチェック。

その後訪問に出かけます。

お昼を挟んで予定している件数の訪問診療を行います。

1日に回る家庭は通常約4件〜6件ほどで、都内の場合は自転車で移動することが多いです※地方の場合は車で移動するのが基本的です

夕方16時くらいに看護ステーションに戻り、訪問した患者さんのカルテや申し送りをして1日の仕事は終わりです。

夜勤や準夜勤がないので体力的にきつくはなく、子育て中の看護師にも人気の仕事となっています。

3-2.土日に休める

訪問看護の仕事は、平日の日勤が基本です。土日や祝日が休みになる場合が多いので、週末を休みにすることができます

家族との生活リズムを合わせたい方や、子育てと両立したい方に働きやすい環境といえます。

3-3.給料が良い

訪問看護師の給料は、経験やキャリアでも差がありますが、平均で年収が約435万円ほどです。

パートでの働き方もできてパートやアルバイトの時給の平均は約1,846円となっています。

看護師の平均年収が約480万円です。

訪問看護師の方がやや給料は下がりますが、夜勤がなく土日に休める働き方ができることを考えると、給料は良いといえるでしょう。

(参考元:看護roo!看護roo!

  • 訪問看護師の仕事は、日勤で土日休み
  • 夜勤がなく人気

4.在宅医療の仕事の問題点

<画像>在宅診療の問題点

病院勤務の看護師の仕事よりもとても楽で、給料がいいように見える在宅医療を行う看護師の仕事ですが、職場によってはとても大変で辞めてしまう看護師も少なくありません。

実は訪問看護師の約15%が1年以内に離職してしまうのです。

(参考元:訪問看護の伸び悩みデータ

訪問看護師の仕事のデメリットや大変な点などをご紹介します。

転職する前にぜひチェックしておきましょう!

4-1.訪問件数

看護師が1日に訪問する利用者の数がどのくらいなのかを事前に確認しましょう。

十分に時間的な余裕を持って、それぞれの家庭でケアをするためには1日4件が理想的です。

しかし訪問看護師が不足していたり利用者が多い地域だったりすると、1日に6件または7件回らなければいけないというケースもあります。

一回の訪問で看護師が滞在する時間は約65分ですが、訪問する前後での準備があり、それも含めるとほぼ倍の時間がかかることになります。

すべての訪問診療に関する仕事を看護師が行う場合、朝看護ステーションに出勤して1日フルで訪問したとしても、移動時間も考えて4件が時間的にも限界でしょう。

ただ、看護ステーションに事務員がいて、準備をサポートしてくれる場合は、訪問件数をもう少し増やすことができます。

看護ステーションの規模によって1人の看護師の業務の負担の大きさは変わってきます。

(参考元:訪問看護の伸び悩みデータ

転職するときには「1日の訪問件数はどのくらいか」、「準備などは誰がやるのか」などを確認しておく必要があります

4-2.オンコールや夜勤がある

訪問看護の場合、求人によっては24時間体制のところで夜勤があったり、当番制でオンコールを担当しなければいけない場合もあります。

また緊急の訪問に対応することもあるので、休みの日に仕事や夜に出勤しなければいけないケースもあります。

特に小規模の看護ステーションの場合、オンコールがある勤務だと担当する日数が増えてしまい、「ひと月のうち15日、オンコールの当番を担当しなければいけない」というところもあるので注意が必要です。

夜勤やオンコールがあるのか、ある場合は月に何日くらいなのかを事前に確認しておきましょう。

(参考元:訪問看護の伸び悩みデータ

4-3.教育や研修が不足している

新人の訪問看護師の教育や研修精度がきちんと整っていない看護ステーションもあります。

約7割の看護ステーションでは、新人訪問看護師は5回未満で、すでに1人で訪問医療を行わなければいけません

新人のトレーニングや講習のシステムが整っていないこともあるうえ、人手不足で何回か同行したらすぐに1人で訪問看護を任されるケースも少なくありません。

(参考元:訪問看護の伸び悩みデータ

  • 訪問医療業界の問題点は、1人が抱える訪問件数が多いこと
  • 24時間医療やオンコールがある職場は激務になる可能性も
  • 十分な研修や教育がないまま仕事がスタートすることが多い

5.訪問看護の仕事がおすすめな人と向いていない人

<画像>訪問看護師が向いている人

訪問看護の仕事にもメリットやデメリットがあります。

向いている人にはやりがいを感じられ、病院勤務よりも体力的にも楽で収入も悪くないと思える仕事ですが、向いていない人には体力的にも精神的にもきつく、辞めてしまう方が多い業種です。

訪問看護師への転職を考える前に、あなたが向いているかどうかを冷静に判断することがとても大切です。

5-1.訪問看護師がおすすめのタイプ

  • 患者さん1人ひとりとじっくり向き合ってケアしたい
  • 仕事を自己管理で進められる
  • 言われて動くのではなく自分で判断して医療処置をしたい
  • 緊急時や突発的なことが起きても動じない
  • コミュニケーションが得意

医師からの指示書があるものの、1人で訪問し患者さんの話を聞き、生活状況や様子を観察しながら最適な医療ケアを判断して行うことはとても責任の重い仕事です。

それぞれの症状や在宅ケアを選んだ患者さんの思い、家族の気持ちなどに寄り添って訪問診療を行うことができなければいけません。

向いている人にとっては、1人ひとりの患者さんと長く付き合っていく訪問看護の仕事に強いやりがいと満足感を覚えられるでしょう。

5-2.訪問看護師はやめた方がいいタイプ

  • 大勢の医師や看護師とチーム体制で医療にあたりたい
  • 言われた仕事をこなしていく方が好き
  • 担当の患者を持つより広く多くの患者さんのケアをしたい
  • 臨床経験や最先端医療などまだ勉強したいことがある

1人の患者さんとは1対1または1対家族で長く付き合うことになる訪問看護なので、チームでの仕事に慣れている方や、出された指示に従う働き方を好む方には向いていません。

また「まだ現場での経験や勉強を続けたい」と思っている方や「最先端の医療分野での仕事に興味がある」という方もやめておいた方がいいでしょう。

  • 訪問看護師に向いているのは自己管理ができて1人の患者さんと長くじっくり向き合いたい方
  • 向いていないのはチーム医療に慣れている方や経験や技術をまだ学びたい方

6.訪問看護ステーションの仕事を探すなら転職サイト

訪問看護の求人や訪問医療の仕事を探すなら、転職サイトを利用するのがおすすめです。

<画像>訪問看護師におすすめの求人サイト

訪問看護師の求人が多い転職サイトを、早速ご紹介します。

次の5つの転職サイトを使えば、多くの求人に出会うことができますよ。

では、それぞれの転職サイトの特徴を紹介します。

(求人数は2020年5月4日現在の数字です ※非公開求人は含みません)

1. マイナビ看護師

精神科-看護師-向いている人-マイナビ

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は、看護師の転職に特化した転職サイトです。

大手人材会社のマイナビが運営しています。

訪問看護の求人数は5,953件と、ほかの看護師転職サイトと比べて群を抜いて求人数が多いのが大きな魅力です。

マイナビ看護師は全国に拠点があるため、地方の求人も豊富に取り揃えています。

「休日転職相談会」や「出張転職相談会」といった無料イベントも全国で開催されているので、特に転職活動がはじめての方は参加してみると良いでしょう!

公式ページ

2. 看護のお仕事

精神科-看護師-向いている人-看護のお仕事

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事は、「友達に勧めたいサービスNo.1」を獲得した看護師専門の転職サイトです。

訪問看護の求人数は4,421件もあるので、希望にぴったりな求人が見つかるでしょう。

看護のお仕事は、掲載求人数が多い転職サイトながら、求人がとても探しやすいのが魅力のひとつ。

情報がスッキリまとまっているので、ストレスなく求人を探すことができますよ。

求人には、その求人を担当するキャリアアドバイザーが伝えるリアルな情報も掲載されています。

看護師長の人柄や残業時間、離職率などを包み隠さず伝えているので、仕事選びの参考にしてくださいね。

公式ページ

3. 看護roo!

精神科-看護師-向いている人-看護roo!

公式サイト:https://www.kango-roo.com/

看護roo!(カンゴルー)は、「動画でわかる看護技術」などを運営する転職サイトです。

訪問看護の求人数は4,159件と、看護師転職サイトのなかでもトップクラスの求人数を誇っています。

特徴は、コンサルタント(キャリアアドバイザー)が求人企業側も担当していること。

コンサルタントは、訪問看護ステーションなどが求める人物像や、そこで働く人の雰囲気を熟知しています。

そのため求職者にとっては、転職する前に、転職先の雰囲気をしっかり掴めるといったメリットがあるんですね。

また面接練習などを手厚くおこなってくれるのも、看護roo!を利用するメリットのひとつです。

面接が苦手な方や、面接が就活以来という方は、面接練習を積極的にお願いしてみましょう。

公式ページ

4. スーパーナース

精神科-看護師-向いている人-スーパーナース

公式サイト:https://www.supernurse.co.jp/

スーパーナースは、看護師の転職を20年以上サポートしてきた老舗の転職サイトです。

訪問介護の求人数は1,927件と、これまで紹介してきた転職サイトよりは少ないですが、柔軟な働き方ができる求人を多く取り揃えています。

また、「プライベート看護」の求人を見ることができるのも特徴のひとつ。

プライベート看護とは、自費(保険診療)の訪問看護を希望する患者さん向けのサービスのことです。

患者さんとゆっくり向き合いたい方は、プライベート看護求人への応募も選択肢のひとつとなるでしょう。

「訪問入浴」や「デイサービス」といった単発派遣の求人も多いので、正社員に捉われない働き方を希望する方もスーパーナースに登録してみてください。

公式ページ

5. MCナースネット

精神科-看護師-向いている人-MCナースネット

公式サイト:https://mc-nurse.net/

MCナースネットは、医師が設立した会社「メディカル・コンシェルジュ」が運営する転職サイトです。

訪問看護の求人は、1,693件取り扱っています。

MCナースネットは全国25拠点に支社があり、支社数はほかの看護師転職サイトと比べると約2倍以上。

そのため、全国各地の訪問看護ステーションの求人を検索することが可能です。

また、利用者満足度も95%以上と高いことから、転職活動がはじめてで不安な方でもMCナースネットであれば安心して利用できるでしょう。

公式ページ

  • 「マイナビ看護師」は訪問看護の求人数が断トツで多い
  • 「看護のお仕事」は求人の探しやすさがピカイチ
  • 「看護roo!」は転職先の雰囲気を深く知りたい方におすすめ
  • 「スーパーナース」は多様な働き方ができる求人が豊富
  • 「MCナースネット」は地方の求人も多く取り扱っている

7.自分のペースで転職活動したいなら求人サイト

「気軽に訪問看護の仕事について調べてみたい」、「まだ転職するか迷っている」という方は、条件を指定して絞り込んで検索できる転職サイトで相場を調べてみるのもいいですね。

7-1.ジョブメドレー

<画像>ジョブメドレー

ジョブメドレーは、北海道から沖縄まで全国の訪問看護ステーションの求人を検索できます。

都道府県で絞り込むこともできるのはもちろん、雇用形態や希望給与を入力して探すこともできます

働きたいエリアの訪問看護の仕事の給料の相場を知ることもできます。

公式ページ

7-2.コメディカルドットコム

コメディカルドットコム

コメディカルドットコムは、国内最大級の医療と介護の求人サイトです。

気になった求人情報に直接応募することができます。

訪問看護の仕事は全国で700件以上あり、エリアや給与形態、キーワードや特徴などを入力して検索することができます。

気になる求人情報があればそのまま直接応募することができ、採用担当者とすぐにやりとりが始まるのでスピード感のある転職活動をしたい方におすすめです。

公式ページ

まとめ|訪問看護の転職は向き不向きあり!転職前に入念なリサーチを

訪問看護師の求人は少なくはありません。

しかしそれは離職者が多く、常に人材を募集しているケースであったり、少人数の看護ステーションで1人の業務量が多く、激務の職場だったりする場合もあります

仕事の管理がしっかりできて、訪問先でも利用者と家族の方の様子を観察し、コミュニケーションを取りながら適切なケアができる方にはとてもやりがいのある仕事だと言えます。

1人の患者さんと長く付き合っていくので、じっくり向き合ってベストな医療を提供したいと考える方にもおすすめです。

最後にこの記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

訪問看護のメリット
  • 夜勤やオンコールがない
  • 土日が休みの日勤
  • 仕事内容に対して給料が良い

訪問看護のデメリット
  • 訪問件数が多かったり24時間体制の場合は夜勤もオンコールもあり激務になりがち
  • 十分な研修を受けられないまま訪問看護をスタートさせることも

訪問看護に向いている人
  • 仕事のペースを自己管理でき、突発的な出来事にも動じない
  • 患者さん1人ひとりとの関係を大切にしながら医療ケアをしたい

しかし向いてない方が訪問医療の仕事に携わると精神的にも辛く、仕事を長く続けることができない方が多いようです。

訪問看護に向いていない人
  • チーム医療に慣れていて決められた仕事だけをしたい
  • 広く浅く多くの患者さんのケアをしたい
  • まだ看護師としてさまざま勉強したいことがある

訪問看護の仕事への転職を考えているなら、転職サイトや求人サイトを利用するといいでしょう。

転職サイトではキャリアアドバイザーと相談しながら転職先を探せるので、職場の様子や働き方、残業の有無など細かい情報を事前に知ることができます。

訪問看護の転職情報が探せるサイト
  • 看護roo!
  • 看護のお仕事
  • ナースではたらこ

また求人サイトも利用して、訪問看護の仕事の条件や給料などの相場をチェックしながら、キャリアアドバイザーから転職先の情報も聞いて、働きやすい職場を見つけてみてください。

訪問看護の求人が見つかる求人サイト
  • ジョブメドレー
  • コメディカルドットコム

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。