女性の転職

30代子持ち女性の転職は難しい?理想の仕事を手に入れるためには

30代で子供がいる女性が転職活動を始めるとき、

「子供もいるし年齢も若くないから転職はもう難しいかな…」

と悩んでしまう方が多いと思います。

また、「仕事と家庭を両立するために転職をしよう!」と思っても、30代で子持ちの場合、なかなか理想の仕事を見つけるのは難しいかも、と迷ってしまうこともあるはず。

この記事では、30代で子供がいても転職を成功させるための仕事や企業の選び方、面接での受け応えの仕方などを解説します。

この記事を読めば、転職を成功させるために、あなたがどんな会社選びの準備をしておくべきかがわかります。

30代でキャリアアップは難しいかもと思ったり、家庭と子育てと仕事を両立できるか迷っている方でも、読み終えた後には「転職活動をしてみよう!」と動き出せるはずですよ!

  1. 30代子持ちで女性が転職を考える場合
  2. 30代子持ち女性を採用する企業とは
  3. 30代子持ち女性の転職先の選び方
  4. 30代子持ち女性が転職を考えるベストなタイミングは
  5. 面接で想定される30代子持ち女性への質問
 

1.30代子持ちで女性が転職を考える場合

子供がいても30代で転職を考える女性にはさまざまな理由があると思います。

  • もっと育児や家庭と両立できる仕事をしたい
  • 子供が成長した後の、長い将来を見据えてスキルアップできる仕事がしたい
  • 子供が小さいうちは家庭優先の仕事をしてきたが、そろそろ自分のキャリアを考えて転職したい
  • 夫の収入だけでは生活が厳しいので働きたい
  • シングルマザーなので働く必要がある

など、理由はそれぞれです。

独身や子供のいない女性が転職を考えるよりも、やはり30代で子供を持ちながらの転職はハードルが高くなることは当然です。

しかし30代の子持ちの女性を積極的に採用したいと考える企業や、家庭の事情を考慮して採用してくれる企業もあります。

実際に30代で子供がいながら転職して、正社員としてより自分らしい働き方でキャリアを積んでいる人もたくさんいます。

転職を成功させる秘訣をこれからご紹介していきます。

  • 30代子持ちの女性が転職したい理由はさまざま
  • 転職は決して簡単ではないが不可能なことではない

2.30代子持ち女性を採用する企業とは

30代の子持ち女性が転職するためには、30代女性を必要な人材として求めている企業を選ぶ必要があります。需要と供給のバランスが合わなければ、いくら転職活動をしても実を結びません。

30代女性で子供がいる人を採用する業界や企業は、どんなところでしょうか。

  • 母親ならではの視点や意見を持って仕事ができる人が欲しい
  • 応募者の今まで働いてきた業界や今までの経歴や経験を見込んでいる(年齢や子供がいるのは構わない)
  • 産休や育休の制度が整っている
  • 他にも多くの女性が家庭と両立しながら働いている

このような企業ならば子供がいる30代の女性を、採用してくれる可能性が高くなります。また求人情報を見て「女性歓迎」や「ママ歓迎」などと謳っている企業に応募してみるのもいいですね。

さらに大手やベンチャーを狙うのもいいでしょう。どうしてなのかその理由もお伝えします。

2-1.大手企業やベンチャー企業がおすすめ

大手企業やベンチャー企業も、30代女性や子持ちの女性を採用する会社が多く、狙い目です。

大手企業の場合、社員がたくさんいるのでもしも子供の体調不良などで、急な欠勤や早退をしなければいけない時でも、フォローしやすいということがあります。

また産休や育休制度が整っている企業ならば、今までも多くの女性が出産や子育てをしながら働き続けているので理解があります。

しかし制度が整っている分、融通がきかないという側面もあり、時短の勤務や育休の日数などの変更や延長ができないという部分もあります

一方ベンチャー企業は新しく、若い人が多いために制度や働き方に柔軟性がある企業も多く、子供のいる女性が働くことに対しても、寛容であるところもたくさんあります。

ただし少数精鋭で運営している場合は、子供がいても仕事量が多かったり急に休みを取りにくいといったことがあるかもしれません

大手企業もベンチャー企業でもメリット・デメリットはあると言えそうです。

  • 女性や母親の視点や感性を求めている企業もある
  • 産休や育休制度が整っていて女性が多く働いている会社がおすすめ
  • 大手企業やベンチャー企業もチェックする

3.30代子持ち女性の転職先の選び方

「転職にチャレンジしてみよう!」と思ったら、どのような流れで転職活動や準備をしていけばいいのでしょうか。

家庭や育児もこなしながら納得のいく仕事ができる転職先を見つけるために、企業を選ぶ際のチェックすべきポイントなどについても見ていきましょう。

それでは1つずつ30代子持ち女性の転職先の選び方をご紹介していきます。

3-1.まずは転職先に求めるものを明確にする

30代になって「子供がいるけれど転職したい」と思ったのはなぜか、理由が必ずあるはずです。まずはそれを自分自身で明確に意識してみましょう。

転職を希望するということは、今よりもより良い職場環境を求めているはずです。

転職活動をして書類選考や面接などを経ても、なかなか次の仕事が決まらない場合もあるかもしれません。

そのような精神的な焦りが出てしまうと、自分が転職したいと思った理由を見失ってしまうことがあります。

「なかなか決まらなかったけれど、内定もらえたのでもうこの会社でいいや」

「本当は残業がないところが良かったけれど、他の会社が決まらないから仕方ない」

などと妥協して転職を決めるのは良くありません。

転職後、働いていて後悔するようなことがないように、転職する際に譲れない条件やポイントというのをしっかりと自分で認識しておく必要があります。

3-2.未経験よりも経験のある業界を

30代子持ちでの転職の場合、なるべく今まで経験したことのある業界や仕事を選ぶ方が採用されやすく、あなたも働きやすいでしょう。

未経験の仕事の場合は、転職した後に多くのことを学んでいかなければいけません。子育てをしながら新しい仕事を覚えていくのは、精神的にも時間的にもかなりの負担になります。

企業側としても早く仕事を覚えて欲しいのに、子供の体調や事情などでなかなか進まないというのでは業務に支障が出てしまう可能性もあるので、未経験で子持ちの女性の採用を控えようとする会社もあります。

今までの経験を活かせるような職種であれば、即戦力として雇ってもらえる可能性も高くなるうえに、給与面でも未経験者よりも優遇されるなどのメリットも期待できます。

3-3.自宅から通いやすい立地

育児や家庭のことをしながら働くことを考えると、なるべく自宅から近いところや通いやすい場所にある会社を選ぶ方がいいでしょう。

例えば通勤に片道1時間かかるとすれば往復で2時間。仕事の時間や家事や育児の時間を考えると大きなロスになります。

良い仕事内容や条件であっても、家庭と仕事を両立するために睡眠不足が毎日続くようでは、身体的にも精神的にも負担が大きく、全力で仕事をすることができません。

また子供の体調不良で急遽帰らなければいけない場合も、職場が自宅に近い方が安心です。転職先を探す時には、仕事内容や条件面も大切ですが、働くこと自体が持続可能かどうかも判断する必要があります。

3-4.女性が多く働いている企業

女性が何人ぐらい働いているのかは、働きやすい職場かどうかを見極めるのにとても大切です。

多くの女性が結婚・出産・育児などと並行して働ける職場は、産休や育休の精度が整っていたり、周りの協力体制がしっかりとしている証拠です。

30代もしくは40代、それ以上の年代の女性がどのぐらい働いているのかによって、ある程度働きやすい環境かどうかがわかります。

気をつけたいのが、女性が多いと言っても20代の若い女性ばかりのケースです。

独身の女性が多く体力もあるので仕事に全力で向かえる人ばかりだと、子供を育てている女性の大変さが理解してもらえなかったり、人間関係に不調和が出てしまう可能性もあります。

応募する時や面接の時でもいいので、どのような年代の女性がどのくらい働いているのかを聞いてみましょう。

企業によっては、実際に働いている30代女性と面談することも可能です。ぜひ聞いてみてください。

3-5.産休や育休制度があるか

あなたが今後もう一人子供を持つかどうかということだけではなく、産休や育休の制度がある会社かどうかもチェックしておきたい点です。

制度が充実していれば、出産した女性や育児をしながら働いている女性がいるはずです。

ライフスタイルが変化する女性に対して、きちんとしたケアができる会社ならば、子供がいても働きやすい職場であると言えます。

3-6.柔軟な働き方ができるか

フレックスタイム制の会社や在宅での勤務ができるような企業なら、保育園や幼稚園の送り迎えなど、より家庭と仕事の両立がしやすくなります。

そのような制度のある企業かどうかをチェックすることと、実際にその制度を利用している社員がどのくらいいるのかも聞いておきたいですね。

転職する際に譲れない条件をいくつか決めておく

自宅から通いやすくフレックス制や時短など働きやすい職場を選ぶ

出産後も働いている女性が多くいる企業か聞く

4.30代子持ち女性が転職を考えるベストなタイミングは

同じ30代の子持ち女性でも転職に良いタイミングというのはそれぞれ違います。

家庭や子供の都合と、自分が転職して仕事にも注力できるような時期を見極めて転職活動をすると、新しい職場にも家族にも迷惑をかけることが少なく、良いスタートを切ることができるでしょう。

30代の子持ち女性の転職に適した時期としては、子供の成長やライフステージの変化するタイミングに合わせることが大切です。

保育園や幼稚園に入る時、また小学校に上がる時などもいいタイミングですね。

ただし入園や入学したては子供にとっても変化が大きく、ストレスになったり体調を崩しやすいので、少し落ち着いた7月ぐらいを目処に転職ができるとベストかもしれません。

さらに子供が小学校2年生ぐらいになると、だいぶ子育ても落ち着き、仕事のことに時間を割けるようになってきます。

それぞれ家庭の事情もあるので、子供の成長に合わせてちょうど良く転職できるとは限りませんが、タイミングを見計って転職活動をすることで、自分も会社にも余計な迷惑をかけずに仕事をすることができます。

転職する時期は子供の成長や入学などのタイミングに合わせる

5.面接で想定される30代子持ち女性への質問

転職活動をして面接を受ける時に、30代の子供がいる女性ならではの良く聞かれる質問があります。

あらかじめき来そうな質問を想定しておいて、前向きな返答ができると採用担当者にも好印象を与えることができ、転職成功率も高くなります。

このようなものが考えられます。

これらの質問に好印象を与える返答についても紹介しましょう。

5-1.お子さんはいくつですか?

履歴書には子供の生年月日を書く必要がありません。しかし面接で子供がいるという話になると、子供の年齢は必ず聞かれると言ってもいいでしょう。

採用する側としてはあまり小さい子供がいる場合、子供が体調を崩したり、熱が出たと言った理由で帰宅しなければいけなくなり、業務に支障が出ることが多くなるのではと推測します。

もしもの時には自分以外の家族がきちんと対応できるということを言えるといいですね。

また小学生以上の子供がいる場合には、

「子供も小学〇年生になりまして、だいぶ手がかからなくなったのでこれからは自分の仕事に集中したいと思っています。

とアピールしましょう。

5-2.お子さんがまだ小さいですが業務に支障はありませんか?

未就学児の子供がいる場合に、こちらも必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

採用担当者としては、「小さい子供が体調不良になった時にどんな対策が取れるのか」「遅刻や早退などが頻繁にある人ならば業務に支障が出る」ということを心配します。

「夫がフレックスタイム制の仕事をしておりますので、普段の送り迎えは分担で行っています。急な子供の体調不良でのお迎えも頼むことができます」

「近くに私の両親がいますので、何かあった場合預かってもらうことができます。どうしても難しい場合には早退をお願いすることもあるかもしれません」

このように子供が小さくても万が一の時には身内で対応できるので、業務にはほとんど支障がない、ということを伝えられるといいでしょう。

また一人で子育てをしている場合でも

「延長保育があるので、前もって分かっていれば残業もできます」

といった返答ができると、採用担当者に好印象を与えることができます。

5-3.ご家族は仕事をすることに対してご理解がありますか?

30代の子持ち女性の場合、「転職することはご家族も了承していますか」と聞かれることもあります。

これは仕事と家庭を両立させようとする上で、どのくらい家族が協力的なのかを知るためです。協力的であれば業務に支障をきたすことも少なくなります。

「夫の方が帰りが早いので食事の支度をしてくれています」

「保育園は夫が朝連れて行って私が夕方迎えに行っています」

「両親が近いので何かあると預かってもらうことができます」

といった、仕事には極力影響が出ない体制があることをアピールできるといいですね。

家族の理解が得られていることや、仕事と家庭や育児が両立しやすい環境であることをアピールする

6.確認しておきたいことはどんどん質問しよう

子供がいながら転職して新しい職場で仕事をしてくためには、慎重に転職先を選ばなければいけないですし、働き始める前に不安なことや疑問点はなるべく解消しておきたいものです。

面接の時に、気になることがあればどんどん聞いてみましょう。雇用者と労働者、お互いに良い関係性を築きながら長く働いて欲しい(働きたい)という思いは同じです。

「残業はどのくらいありますか?」「時短勤務制度がありますか?」「女性で子育てをしながら働いている方はいますか?」

など子持ちの女性でも働きやすい環境かどうか、いろいろ質問して確かめてみてください。

採用担当者も長く真面目に働いてくれる人を求めているので、誠実に答えてくれるはずです。事前に確認したいことはどんどん聞いてみてくださいね。

確認しておきたいことや不明な点は、転職する前にきちんと解決する

まとめ|子持ちの30代女性の転職は働きやすい企業を選ぶことが重要

30代の子持ちの女性が転職したい時に、押さえておきたいことは以下の通りです。

転職先選びのポイント
  • 転職先に求めるものを明確にする
  • 今まで経験した業界や職種を選ぶ
  • 自宅から通いやすい場所
  • 女性が活躍している職場
  • 産休や育休制度が充実している
  • フレックスや時短など柔軟な働き方ができる

また

転職の面接時によく聞かれること
  • 子供の年齢
  • 子供がいても業務に支障はないか
  • 家族の理解が得られているか

年齢的なことや子供がいるということは、転職には大きなハンディと思ってしまいがちですが、子供がいる女性の感性や働きぶりを高く評価し、積極的に採用している企業もあります。

転職を成功させるためには、自分の望む働き方ができる職場を探すだけではなく、子持ちの女性の働きぶりを評価してくれる企業を選ぶことも、とても大切です。

自分のやりたい仕事や家庭とのバランスが取れるかどうか、そしてワーキングママが働きやすい理解のある会社かどうかを見極めてくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。