外資系企業の転職

外資系IT企業へ転職するメリットとは?種類やデメリットも解説!

  • 外資系IT企業への転職を考えている人

「外資系IT企業へ転職したいけれど、忙しいのだろうか?」

「外資系IT企業の仕事や働き方は?」

と疑問をお持ちの方も少なくありません。

時代の最先端を行く外資系IT企業は、自由で風通しの良いイメージがあり、転職したい業界としてもとても人気があります。

しかし、イメージだけで転職してしまうと「こんなはずではなかった」、「外資系ITはきつい」と後悔してしまうことがある場合も。

業界の実情や転職するときの注意点を、あらかじめしっかり把握しておきたいですね。

この記事では、外資系IT企業の転職について詳しく解説していきます。

今は外資系IT企業の特徴や働き方がよくわからない方も、この記事を読めば外資系IT企業のすべてがわかります。

メリットやデメリットも理解して、外資系IT企業に転職するために何をすればいいのか、明確にわかりますよ!

  1. 外資系IT企業は人気
  2. 外資系ITの種類
  3. 外資系ITに転職するメリット
  4. 外資系ITに転職するデメリット
  5. 外資系ITに転職する際の注意点
  6. 外資系ITに向いている人
  7. 外資系ITの転職を成功させるポイント
  8. 外資系IT転職は転職エージェントを使う

外資系IT企業は人気

外資系-IT-転職-人気外資系IT企業は、新卒も転職でも人気の業界です。

転職したい企業のランキングでも、常に上位に外資系IT企業が何社かランクインしています。

日系企業のような「年功序列」や画一的な昇進や評価とは違い、個人の裁量で仕事ができ、結果で評価される外資系ITは働きやすいイメージがあるうえ、スキルアップできそうなイメージがあるようです。

外資系IT企業といってもそのなかでさまざまな業種があり、転職するときには、今までの経験やスキルを活かせるような企業選びをすることも、転職を成功させるためにはとても大切だといえるでしょう。

  • 外資系IT企業にもさまざまな種類がある

外資系ITの種類

外資系-IT-転職-種類外資系ITの種類についてご紹介します。

ITといってもさまざまな分野があり、人気の業界も時代とともに変化しているものです。

そして、IT企業の種類によって仕事内容も大きく変わってきます。

1.WEB系

最近とても人気があるのがWEB系のIT企業です。

Amazonのようなインターネットショッピングサイトや、Facebook、TwitterといったSNS系、またGoogle、yahooなどのポータルサイトがあります。

生活のなかで、目にしたり使っているサービスも多くあるので、馴染みのある企業が多くあるでしょう。

  • WEB系外資系IT企業
  • Amazon
  • Facebook
  • Twitter
  • Google
  • yahoo など

2.メーカー系

ITメーカーは、ハードウェアを開発販売するメーカーと、ソフトウェアを扱うメーカーがあります。

DELLやIBM、HPなどはハードウェア、MicrosoftやAdobeなどはソフトウエアの会社です。

もちろん、ハード・ソフト両方の開発や販売を手掛ける企業や、コンサルティングも行う会社など、幅広いサービスを提供している企業も少なくありません。

以前はIT企業というとメーカー系の人気が高かったのですが、近年はWEB系に人気が集中しています。

メーカー系IT企業

  • DELL
  • IBM
  • HP
  • Microsoft
  • Adobe など

3.ベンダー系

ベンダー系は、本国で開発した商品やサービスを日本向けに販売する業界のことをいいます。

外資系ITベンダーの転職では、システムエンジニアよりも、商品を日本で売るためのスキルを持った人材を採用することが多く、マーケティングや営業の経験がある人が歓迎される傾向です。

ベンダー系

  • Intel
  • シマンテック
  • EMCジャパン
  • Oracle など

4.コンサル系

コンサル系も外資系IT企業の業種のひとつです。

企業が経営や業務を行いやすくするために、ITを導入するときに最適なサービスを提案したり、導入後の運用や管理などのアドバイスを行います。

ITに関する深い知識が必要なだけではなく、それぞれの企業の抱える課題を理解して、ベストな提案をし、導入にこぎつける論理的思考力も必要とされます。

コンサル系

  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • IBM
  • アーンスト・アンド・ヤング・アドバイザリー など
  • 外資系IT企業には、WEB系、メーカ系、ベンダー系、コンサル系などがある
  • 求められるキャリアや求人の職種はそれぞれ異なる

外資系ITに転職するメリット

外資系-IT-転職-メリット外資系ITに転職するメリットをご紹介します。

なぜIT業界が転職で人気なのか理由がわかるでしょう。

メリット1.最新の技術に触れられる

IT業界の技術の進歩はとても早く、さまざまな開発が各国で進められています。

日本のITの研究や開発や導入は、クライアントの老舗企業や大手の企業の使用するシステムに合わせた技術を利用しなければいけないので、ときには最新の技術があっても使えないということも。

そのため、アメリカよりも日本のIT技術は、数年ほど遅れているともいわれています。

しかし、外資系の企業は決断が早く、新しい技術を導入することにも積極的であるため、日系企業に比べて開発が進んでいるのです。

そのため外資系IT企業に転職することで、最新のテクノロジーに触れながら仕事ができるでしょう。

メリット2.報酬が高い

外資系IT企業は日系企業よりも報酬が高い傾向にあります。

これは「成果報酬」を取っているから。

そのため、結果を出せば、それに対して毎月の給料やボーナスで還元してくれます

また外資系の特徴として、「退職金」がありません。

日本の会社のように、企業が退職金を積み立ててくれない代わりに、実績を出した人には毎月の給料で支払う仕組みになっているのです。

年功序列の昇進や、上司に言われた仕事をこなす働き方に疑問を感じている方や、成果を出し続ける自信があり、結果を評価して欲しいと考える方には働きやすい環境といえるでしょう。

メリット3.自分のペースで仕事ができる

外資系企業では個人を尊重する風潮があります。

さまざまな国の人が一緒に働くので、文化や習慣も受け入れてそれぞれを尊重しながら、自分が与えられた仕事でしっかり成果を出すことが求められます。

そのため、チームで仕事をするというよりも、個人で任された仕事を自分のぺースで進めていくことが重要です。

やるべきタスクが終われば、定時で帰っても誰も文句をいいません。

また、仕事を納期までに終わらせる必要がある場合には、残業や休日も仕事をすることもあるでしょう。

結果を出すために、自分の仕事を自分のペースで進めていくことができるのが外資系IT企業です。

  • 外資系ITに転職するメリットは、最新のIT技術に触れることができる
  • 成果主義なので結果を出せば報酬に反映される
  • 個人単位で仕事を進めるので自分のペースで仕事ができる

外資系ITに転職するデメリット

外資系-IT-転職-デメリット次に、外資系ITに転職するデメリットについてみていきましょう。

日系企業にはないシビアな部分が、外資系の働き方に慣れていない方には、つらいと感じるかもしれません。

デメリット1.成果主義

外資系IT企業は、結果で判断されるので成果をあげられていないと報酬が上がらないばかりか、仕事をもらえなくなったり、社内にいづらくなってしまうこともあります。

日本国内で営業しているので、「結果が出せないとすぐに解雇」ということはありませんが、成果が上がらないと報酬が下がったり降格になることもある厳しい環境といえるでしょう。

デメリット2.トレンドの移り変わりが早い

外資系IT企業ではいつも最新の技術や開発が進められています。

そのため、トレンドも常に頻繁に変わっていきます。

最先端の技術やプログラミングの言語など、新しいものに敏感で学び続ける姿勢、またそれを素早く習得し、柔軟に取り入れられる働き方ができなければいけません

新しい技術や知識についていけないと、重要な仕事を任せてもらえなくなったり、結果が出なくて報酬が下がるなど、雇用にも影響が出てしまうこともあるでしょう。

仕事の成果を出すだけではなく、最新のトレンドの動向をいつも追って、技術や知識を身に付ける努力が必要です。

デメリット3.リストラや撤退

外資系企業の場合、業績が思わしくない部署や支社の精算は頻繁に行われます。

今後、利益が出る見込みがないと本社で判断されると、すぐに部署の統合や廃止、リストラや日本撤退などが実行されます。

そのため、個人で結果を出すだけではなく、部署や日本支社まるごとのリストラや撤退のリスクがあることを常に理解しておいた方がいいでしょう。

  • 外資系ITの転職のデメリットは、成果が出ないと昇進や報酬に響く
  • 技術や用語などトレンドが常に変わるので習得し続ける必要がある
  • 不採算の部署の精算やリストラ、日本撤退のリスクがある

外資系ITに転職する際の注意点

外資系-IT-転職-注意外資系ITに転職するときに、意識しておきたい注意点について見ていきます。

日系企業と違う評価や働き方について理解しておかないと、転職してから大きなギャップに悩んでしまうかもしれません。

注意1.成果主義

成果主義なので、実績が上がれば報酬に反映されたりポジションが上がったりします。

そのため、年下の上司がいることも当たり前。

それぞれの社員が責任ある仕事を任されるため、確実に仕事をこなすだけではなく、結果を出す必要があります。

外資系ITでは、定年まで働くという考えを持っている人が少ないので、転職してスキルアップして、その後のキャリアパスを形成しようと考えている人もたくさんいます。

実力があれば仕事もやりがいがあり、結果を評価してくれるので働きやすい環境といえるでしょう。

注意2.結果が出ないとクビ

結果を出せていれば、入社年数や年齢、性別などに関係なく高い報酬がもらえて昇進もできますが、結果が出せない場合には、解雇される可能性もあります。

「一生懸命やった」といったようなプロセスの評価は一切してくれないので、結果が出せない状態がしばらく続くと、仕事を任せてもらえなくなったり、社内での居場所がなく退職を余儀なくされたりすることも

「結果主義」に緊張感を持って全力で仕事に取り組める方には、キャリアアップのチャンスといえますが、結果主義を怖いと思う方にはクビになるということは大きなリスクと感じるでしょう。

注意3.激務になる場合も

プロジェクトの期限や、仕事の納期などに間に合わせるためにハードワークになることも外資系IT業界では珍しくありません。

結果がすべてなので、最高の仕事をする必要があるのです。

そのうえ、外国にある本社とのミーティングや報告、海外のクライアントとの打ち合わせなどは、相手の営業時間に合わせて行うことが多く、時差の関係で早朝や深夜に働くこともあります。

上司に評価されるような成果を出すことは容易ではなく、ベストなパフォーマンスのためにハードな働き方になることもよくあることを理解しておいてください。

注意4.常に最新の情報を取り入れる必要あり

仕事でベストを尽くさなければいけないだけではなく、変化の早い最新の情報や技術を習得する必要もあります。

最新のトレンドを仕事に活かせないと、良い結果を出すことができないうえ、長く結果が出ない状態が続けば解雇される可能性も出てくるでしょう。

最新の情報をキャッチすることは、仕事で成果を上げるためだけではなく、安定して働き続けるためにも必要なことなのです。

  • 外資系ITに転職すると結果がすべてで判断されて、結果を出せない人は解雇されることも
  • 実績を上げるため、または、海外の営業時間に合わせた打ち合わせなどで長時間働くこともよくある
  • 最新のトレンドを常に取り入れて、成果を出し雇用を安定させる必要がある

外資系ITに向いている人

外資系-IT-転職-向いてる人外資系IT企業で働ける人の特徴についてご紹介します。

高いモチベーションやキャリアアップ志向のある方は、外資系ITは働きやすい環境と思えるでしょう。

1.最先端の技術や情報を知りたい

日系IT企業よりも外資系の方が、最先端の技術や情報を常に発信しています

そのため、最新のITの知識や技術を学びながら働きたいと考える方には、外資系IT企業は充実した環境といえるでしょう。

特にアメリカのIT技術は日本の数年先を行くと言われています。

最先端の情報に触れながら働くことができる環境は、スキルアップにも最適なうえ、次に転職するときにも大きな強みとなるでしょう。

2.結果で判断されたい

日系企業のように年功序列で昇進したり、上司の指示や管理の元で仕事を分担してチーム単位で仕事を進めて行くことが負担に感じる方は、外資系ITに向いているといえます。

外資系の場合は、個人それぞれに責任のある仕事が任され、期日までに結果を出すことが必要です。

しかし、仕事のやり方やノウハウなどは自分で構築して進めていけるので、自由な働き方ができます。

そのため、プロセスは関係なく結果だけで判断されるので、実力があり自分の裁量で自由に仕事をしたい方には外資系ITの働き方は向いているといえるでしょう。

3.高収入を得たい

結果が出せる方は、報酬も上がります。

外資系企業の場合、直属の上司が人事や部下の評価を決定するため。

仕事で成果を出している人にはインセンティブやボーナスなどでしっかり還元してくれるのです。

結果が出せる実力があって、「報酬で評価されたい」、「高収入を得たい」と考える方にとっては外資系IT企業は、やりがいのある職場と思うでしょう。

  • 外資系IT企業に向いている人は最先端の技術や情報に触れて働きたい人
  • 仕事のプロセスではなく結果で判断されたい人
  • 成果を出して報酬で還元されたり高収入を得たいと思う人

外資系ITの転職を成功させるポイント

外資系-IT-転職-ポイント外資系IT企業の転職を成功させるために必要な、3つの要素をご紹介します。

以下の3つに当てはまらないと転職が難しいわけではありませんが、どれか1つでもあると転職のときに有利になったり、採用担当者から歓迎されることがあります。

外資系ITの転職を成功させる3つの要素

ポイント1.キャリアや実績

今までの経歴でIT関連の企業で働いた実績やスキルがあると、外資系IT企業に転職するときに有利です。

ITのなかでも職種は幅広くありますが、外資系の転職の特徴として「専門分野の知識が深い人」を即戦力で採用する傾向があります。

日系企業の場合は、数年単位でさまざまな部署に異動して企業の業務全体を広く担当させることで、ジェネラリストを育成していきますが、外資系では専門的知識を持っている人が歓迎されるというのが一般的です。

そのため、IT業界のキャリアのなかでも、1つの分野に特化した深い知識や技術があると、転職に成功しやすくなります

ポイント2.年齢

外資系IT企業に転職する場合、年齢が若い方が採用されやすくなります。

これは、終身雇用の考え方がないので、長く働いている社員が少なく、若い人が多い業界ということがあるからです。

さらに、実力があれば昇進していくので、30代や40代で役員になる人も少なくありません

また、長時間労働や早朝・深夜の時間に海外とミーティングを行うなど、仕事がハードワークになることもよくあるので、体力のある若い人が好まれるという理由もあるでしょう。

そして常に進化し続けるIT業界の最新の技術や情報を習得し続ける必要があります。

スピード感を持って学習できる能力は若い人の方が高いので、WEB系やコンサル系は35歳くらいまで、ベンダー系でも40歳くらいまでの人が採用されやすいといえます。

ポイント3.英語力

外資系ITに転職する場合、英語力も必要になってきます。

仕事でどの程度の英語を使うかは、職種や仕事内容によっても変わってくるので、ネイティブレベルの英語力を求められるところから英語はまったく使わない仕事まで、さまざまです。

しかし、社内で働く外国人もいるので、ミーティングや仕事の指示や報告、メールなどは公用語の英語で行われることがほとんどです。

外国人の上司や同僚と英語でコミュニケーションが取れて、メールの文面を理解できる程度の英語力は、身に付けておく必要があります。

目安としては、最低TOEIC750点以上を目指しましょう。

また、仕事の内容によってはさらに高いレベルの英語力が求められることもあります。

さらに、入社して英語を使う必要のない部署で働く場合でも、いつ社内の統合や再編などで英語が必要になる仕事に異動になるかわからないので、入社後も英語を学ぶことが大切です

  • 外資系ITの転職を成功させるためには、専門的なIT分野の知識と経歴を持つ
  • 40代になる前に転職する
  • 英語力を磨いておく

外資系IT転職は転職エージェントを使う

外資系-IT-転職-エージェント外資系ITに転職する場合、転職エージェントを使うのがおすすめです。

求人情報だけではわからない、それぞれの企業の内情や社風、業務内容などを詳しく教えてもらうことができます

また、非公開の求人に応募できたり、外資系ITの転職で必要となる、英文履歴書や職務経歴書の添削や英語の面接の対策などのアドバイスをもらったりすることも可能です。

外資系企業に強い転職エージェントやIT業界に特化した転職エージェントなどもあるので、3〜4社を選んで登録をして、並行して利用しながら転職活動をすることをおすすめします。

  • 外資系IT企業への転職には転職エージェントを使用すべき!

まとめ|外資系IT企業は業界最先端!実力とやる気があれば転職も可能

外資系-IT-転職-まとめ「外資系ITは転職難易度が高い」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、日系企業とは違い個人で自由な働き方ができて結果で判断されるので、実力のある方や人間関係が煩わしい方、日系企業の風習に馴染めない方には働きやすい環境といえます。

外資系ITに転職するメリット
  • 最新の技術や情報を得られる
  • 報酬が高い
  • 自分のペースで仕事ができる

外資系ITに向いている人
  • 最先端の技術や情報を知りたい
  • 結果で判断されたい
  • 高収入を得たい

逆に、日系企業のチームで仕事を分担する働き方や、年功序列で昇進していくシステムに慣れている方には、外資系ITの働き方はリスクが高いと感じるでしょう。

外資系ITに転職するデメリット
  • 成果だけでプロセスは評価されない
  • トレンドの移り変わりが早く常に情報を仕入れる必要がある
  • リストラや撤退が頻繁に行われる

外資系ITのなかにも業種が分かれているので、今までのキャリアや経歴を活かせるような分野に転職することも大切です。

外資系ITの種類
  • WEB系
  • メーカー系
  • ベンダー系
  • コンサル系

外資系ITの転職を成功させるためには、持っていると有利になる要素があります。

外資系ITの転職を成功させる3つの要素
  • 専門的な分野に特化したITの深い知識やキャリア、実績
  • 仕事をこなせる体力と技術や知識が習得しやすい若い年齢
  • 最低でも外国人の上司や同僚とコミュニケーションが取れる英語力

自分で仕事の管理がしっかりできて結果を出せる方にとっては、外資系IT企業の働き方や成果報酬のシステムは、わかりやすく快適な環境といえるでしょう。

しかし日系企業の風習に馴染んでいる方にとっては、実力主義や組織の編成や日本撤退によるリストラは、リスクが高いと感じるかもしれません。

外資系IT企業は人気の転職先ですが、合う人と向いていない人がいます。

自分の今までのキャリアやスキルをもう1度振り返り、外資系ITで活かせる分野の強みは何か、転職軸をしっかり確認しましょう。

そして、「結果主義」、「成果報酬」といった外資系の働き方ができるか、考えてみてください。

もし「やはり外資系IT企業に転職したい!」と思ったら、あなたの経歴を活かせるような分野の外資系ITを選んで転職活動をしましょう。

転職エージェントの力を借りるのもおすすめです。

ITの最先端の企業で働くことは、あなたのキャリアを上げるうえ、さまざまな国の人と働くことで人間性も豊かになるはずです。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。