外資系企業の転職

外資系保険会社への転職の難易度は?特徴やデメリットなども紹介!

  • 外資系保険会社への転職を考えている人

「外資系保険会社への転職は難しいのだろうか?」

外資系の保険会社の仕事はどんな感じだろう?」

と不安に思う方もいるでしょう。

同じ業界でも日系企業と外資系では、働き方や風習などが大きく違うことも少なくありません。

ですから外資系保険会社に転職してから、「外資系保険会社は思っていたより忙しい」、「イメージと違った」と後悔しないように、事前に業界のリサーチをしっかりすることは大切です。

この記事では、外資系保険会社の特徴やメリット・デメリット、さらに外資系保険会社に向いている方などについて詳しく解説します。

この記事を読めば、外資系保険会社の全てがわかります。

外資系保険会社の転職を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

  1. 外資系保険会社とは
  2. 外資系保険会社の特徴
  3. 外資系保険会社と日系保険会社の違い
  4. 外資系保険会社に転職するメリット
  5. 外資系保険会社に転職するデメリット
  6. 外資系保険会社に転職する際の注意点
  7. 外資系生保への転職に向いている人
 

外資系保険会社とは

外資系保険-転職-とは外資系保険会社は、海外に拠点があり、日本に進出している企業です。

海外の保険会社の本社が資本となり、日本国内で保険の商品を販売しています

最近は、アフラックやジブラルタ、プルデンシャルなど多くの外資系の保険会社が日本で営業しているので、外資系の保険会社の商品に加入している人も少なくありません。

また、外資系保険会社の求人もたくさんあります。

  • 外資系保険会社とは、海外に本社がある保険会社のこと

外資系保険会社の特徴

外資系保険-転職-特徴外資系保険会社の特徴についてご紹介します。

日系の保険会社と大きく違うところは、報酬や福利厚生面です。

外資系保険会社の特徴

特徴1.成果報酬

外資系保険会社は、成果報酬です。

自分が商品を販売した実績が、給料に反映されます

そのため、成果を上げている人は報酬に上限はなく、高額な給料をもらうことも可能ですが、結果が出せない人は給料が下がってしまうことも。

成績によってそれぞれの収入の差が大きくなるばかりではなく、月ごとの収入の幅が大きくなることがあるでしょう。

一般的に、入社3年目までは基本給が設定されていて、営業成績がプラスされますが3年目を過ぎると完全歩合の給料体制となる外資系企業が多いです。

特徴2.高収入

外資系保険会社は、結果重視で成果を出した分が給料に反映されます。

そのため、契約を取ることができれば高収入になるので、トップセールスを維持する人は、年収数千万円ということも珍しくありません

外資系保険会社の歩合の計算の仕方は、企業にもよりますが、契約した最初の年が保険料の30~50%、2年目〜4年目までは約8~12%の金額を歩合として給料に加算される仕組みです。

しかし5年目以降になると加算額は0となります。

つまり、常に新規の契約を取ることや、顧客が5年未満のうちに解約しないよう契約成立後もフォローを入れる必要があるということです。

結果が出せないと、その月の収入が激減してしまうこともあるので、いつも成果を出し続けなければいけません。

特徴3.退職金や福利厚生はなし

外資系の特徴として、退職金や福利厚生がないことがあげられます。

「終身雇用」の考えがないので、会社が退職金を積み立ててくれるようなことはありません。

ただし、外資系の企業でも日本で経営する場合には、雇用保険と労災保険に加入する必要があるため、これらの保険に加入することはできます。

しかし厚生年金や健康保険は、外資系の企業によっては加入していないところもあるので、自分で国民年金や国民健康保険に入らなければいけないケースも

また家族手当、住宅補助といった支給もなく、結果を出した分が毎月の給料やボーナスで還元される仕組みになっています。

そのため収入は良いですが、必要な資金は自分で負担する必要があります

  • 外資系の特徴は、成果報酬型。成績をあげていれば高収入が期待できる
  • 退職金や福利厚生はないところが多い

外資系保険会社と日系保険会社の違い

外資系保険-転職-違い外資系保険会社と日系保険会社の働き方の違いについてみていきましょう。

扱う商品や営業の仕方が、大きく違います。

1.オリジナルの保険を扱う

外資系保険会社の商品は、日系の保険会社の商品のように、さまざまな特約や保障のついた総合的な商品ではなく、オーダーメイドでそれぞれのライフスタイルや家族構成などに合わせた商品を扱います

自社の特徴のある商品やサービスを中心に、必要なものだけをシンプルに組み合わせることが可能です。

そのため、日系保険会社の商品よりも毎月の保険料が安くなることも多くあり、「コストを抑えて自分にあった保険に加入したい」と考える顧客に人気で、販売しやすいというメリットがあるでしょう。

2.コンサルしながらの営業

日系の保険会社では女性の営業が多く、保険加入に勧誘する営業スタイルが中心ですが、外資系保険会社の場合は、男性の営業の比率が比較的高く、コンサルしながら保険を販売するやり方が中心です。

それぞれの家族構成や、欲しい保障などを詳しくコンサルしながら、各顧客に必要な保険をカスタマイズしてオリジナルの商品を提案します

そのため、営業マン1人ひとりが代理店となって保険を販売するので、日系保険会社のように全国各地に支店を置く必要がありません。

商品も営業スタイルも無駄がなく、個人の裁量で仕事ができて、結果が報酬に還元されるのが外資系保険会社のスタイルといえるでしょう。

  • 外資系保険会社はオーダーメイド型の商品を1人ひとりにコンサルしながら作って販売する

外資系保険会社に転職するメリット

外資系保険-転職-メリット外資系保険会社に転職するメリットについてご紹介しましょう。

外資系保険会社で働くことは、次の転職のためのキャリアパスにもなります。

メリット1.成果を出せば高収入

外資系保険会社は歩合の割合が高く、特に3年目以降は、完全歩合性の給料になるところも少なくありません

そのため成績をあげていれば、高い報酬を得ることができます

大口の契約や新規契約の数を増やすことで、収入をあげられるので、仕事に対するモチベーションアップに繋がるでしょう。

メリット2.セールスのスキルが上がる

外資系保険会社の仕事では、自分で行動して結果を出すことが求められます。

日系保険会社のように、入社してセールス方法の研修を受けたり、先輩に仕事を教わることはありません。

そのため、外資系保険会社の仕事では、あなたの今までキャリアや経験を活かして、自分で行動して成果につなげる必要があります。

つまり、自分で自由に営業のスキルやノウハウを培うことができるのです。

また、外資系生命保険会社の営業で、商品を提案するプレゼン能力や交渉力、さらにコンサル能力なども身についていきます

さらに、好成績をあげることで高収入を得られるうえ、別の業界や職種に転職するときにも、外資系生命保険会社のセールスのスキルを活かしてキャリアアップできるでしょう。

メリット3.次の転職先のオファーも

外資系の生命保険会社ではヘッドハンティングが日常的に行われています。

そのため、営業の成績が良い人は次の転職先のオファーが来ることも珍しくありません

結果を出し続けていれば、より好条件の外資系保険会社や、業種の違う仕事などにヘッドハンティングされることがあるのです。

メリット4.業界未経験でも転職しやすい

外資系保険会社は、未経験の方も転職しやすい業界といえます。

保険会社で働いたことがない場合でも、コンサルや営業、そのほかの得意分野のスキルを活かして転職して、保険会社で成績を上げて高収入を得ている人が多くいます。

そのため、外資系生命保険会社で活かせるような、得意分野や専門的知識があると保険業界が未経験でも転職しやすいうえ、仕事でも結果を残して高収入を得られる可能性が高まるでしょう

  • 外資系保険会社に転職するメリットは、営業成績をあげていれば高収入を得ることができる
  • 同業他社や他の業種でも活かせるセールスのスキルを磨ける
  • 実力があれば他の外資系保険会社や 別業界へヘッドハンティングされることもある

外資系保険会社に転職するデメリット

外資系保険-転職-メリット外資系保険会社に転職するデメリットについてもご紹介します。

外資系の働き方やシステムが合わないと、「外資系保険会社の営業はたいへん」と後悔する方も少なくないようです。

外資系保険会社に転職するデメリット

デメリット1. ノルマがきつい

外資系保険会社は、結果で業績が判断され、収入も変わってきます。

毎月のノルマが設定されているところも多く、達成するためにハードな働き方をしなければいけない人も多くいます。

顧客に合わせて営業するので、土日や平日の夜などに仕事が入ることもあり、長時間労働を余儀なくされるケースも。

そのため、「実績をあげられれば給料はいいが、ノルマがきつくてたいへん」と精神的に追い詰められて、離職する人も少なくありません

デメリット2.成績によっては収入が下がる

外資系保険会社は、完全歩合の給料体制を取っているところがほとんどです。

そのため、ノルマを達成できない場合や、成績が良くないと収入が下がってしまいます

成約件数が少なかったり、契約を取っても途中解約されるといった状態が続くと、生活もできないくらい低い給料しかもらえず、「成績が出せず稼げないので転職する」という人もいるでしょう。

外資系保険会社の仕事は、結果が給料に直結する厳しい仕事といえます。

デメリット3.統合や再編がある

外資系保険会社は、日系の保険会社に比べて日本に進出してきた歴史が浅く、また多くの外資系保険会社が参入しているため、業界内での企業同士の合併、再編や統合などが行われる可能性があります。

以前よりも落ち着いてはいますが、業界全体として流動性が高いので、安定性に欠ける面があるといえるでしょう。

  • 外資系保険会社はノルマがあり、達成するのが大変な場合も
  • 結果が出せないと給料が激減してしまうことがある
  • 業界の再建や統合など雇用が不安定な面がある

外資系保険会社に転職する際の注意点

外資系保険-転職-注意点外資系保険会社で転職するときに注意したい点をご紹介します。

自分で応募して転職する場合と、外資系保険会社ではヘッドハンティングで転職してくる人も珍しくありません。

注意1.外資系保険会社ではヘッドハンティングが当たり前

外資系保険会社ではヘッドハンティングされて転職してくる人が多いです。

他の外資系保険会社で成績が良い人だけではなく、他業種でもコンサルタントのスキルが高い人や、営業のキャリアがある人などもヘッドハンティングされます

優秀な人をリサーチし、外資系の保険会社にヘッドハントするのですが、環境や働き方が合わないといった理由で、ヘッドハンティングで転職した人が辞めることも少なくないのです。

注意2.ヘッドハンティングでもリストラやクビになることも

ヘッドハンティングされて入社しても、外資系保険会社は成果主義。

そのため、結果を出せないヘッドハンティングで実力を見込まれて入社しても、クビになる可能性があります

また、組織の再編や統合などで別の部署や仕事になる場合もあり、入社前に聞いていた環境や働く条件とは違ってくることもよくあるので気をつけましょう

注意3.人材補填のためのヘッドハンティングも

ヘッドハンティングと聞くと「優秀な人材を引き抜く」というイメージがある方も多いですが、外資系保険会社の場合、実は人材が足りないという理由でヘッドハンティングしているケースも少なくありません

退職者が多い部署の人材補填のために入社した場合、多くの業務を任されることもあり、ハードワークになってしまうこともよくあります

注意4.どの企業からのヘッドハンティングか見極める

ヘッドハンティングの場合は、どの企業からのヘッドハンティングか入社まで伏せられていることが多くあります。

そのため、給料や労働条件などで転職を決めてしまう人も少なくありません。

しかし、実際は「離職率の高い職場」や「ノルマがきつい」、「激務の会社」からのヘッドハンティングの場合もあります

ですから、転職して後悔しないように、ヘッドハンターから知らされる情報から「どの企業からのヘッドハンティングか」を見極めることが、とても重要です

  • 外資系保険会社では、ヘッドハンティングの転職は当たり前
  • ヘッドハンティングで入社しても結果が出なければリストラの対象に
  • 人材不足の補填のためのヘッドハンティングもある
  • ヘッドハンティングの話がきたらどの企業かを慎重に推測する

外資系生保への転職に向いている人

外資系保険-転職-向いてる人外資系生保の転職に向いている人をご紹介します。

合わない人が外資系生保で働くとノルマがつらく、激務で給料が下がってしまうので精神的にきつくなってしまいます。

転職前に自分が外資系生保でやっていけるタイプか分析することはとても大切です。

1.結果で評価されたい

自分のペースで仕事を進め、結果で評価されたい人には、外資系生保は向いています。

「マニュアル通りに仕事を進めなければいけない」、「企業からの細かい指示がある」、「上司の承認がないと業務を進められない」といった決まり事に縛られることなく、自由に営業することが可能です。

結果が出ていれば上限なく報酬もあがるので、目標に向かって常に努力ができて結果が出せる人は、外資系の生保の営業はやりがいのある仕事といえるでしょう。

2.自己管理して働ける人

毎月のノルマを達成したり、自分で決めた目標を達成するために自己管理をして働くことができる人も、外資系生保に向いています。

生命保険会社の営業は、顧客に合わせて働かなければいけません。

そのため、土日や平日の仕事が終わった時間にコンサルをする必要もあります。

またノルマを達成するために、締めの前に業務が集中するなど、結果を出すためにしっかり自分でスケジュールを立てて、タスクを完了できる人が生保の営業に向いているといえるでしょう

3.日系の生命保険会社で働いたことがある

外資系生保で働いたことがなくても、日系の生命保険会社で働いた経験がある方は、外資系保険会社の転職もスムーズにいくでしょう。

保険という商品に関する知識があるうえ、日系の生保でもノルマはあるので、今まで成果を出してきた実績があります

外資系保険会社でもそのスキルを発揮でできるでしょう。

4.営業経験がある

生保営業の経験がなくても、他業種で営業経験がある人は、外資系生命保険会社で今までのキャリアを活かして働くことができます

プレゼンや交渉力だけではなく、相手の状況を考えて最適なサービスを提供するノウハウを知っているので、顧客が満足できる外資系生命保険の商品を提供することができるでしょう。

  • 外資系生保に向いている人は実力を評価されたい人
  • 仕事のペースを自己管理して進められる人
  • 日系の生保や営業経験がある人

まとめ|外資系生命保険の転職は未経験でも結果が出せればOK!

外資系保険-転職-まとめ外資系生命保険は、未経験でも転職しやすい業界です。

結果主義なので、年功序列ではなくしっかりノルマを達成できていれば高収入が期待できます

しかし、終身雇用という考えがないので、福利厚生や退職金は期待できません

外資系保険会社の特徴
  • 成果に見合った報酬
  • 高収入も目指せる
  • 退職金や福利厚生はなし

そのため、日系生保から転職すると業務内容や環境などさまざまな面で違いを感じるでしょう。

外資系と日系保険会社の違い
  • オーダーメイドの保険を扱う
  • コンサルしながらの1人ひとりにあった商品を勧める

外資系生命保険に転職するメリット
  • 成果を出した分収入で還元
  • 営業のスキルが上がる
  • ヘッドハンティングされる場合も
  • 業界が未経験でも転職しやすい

外資系保険会社に転職するデメリット
  • ノルマがきつい
  • 成績が出せないと収入が下がる
  • 業界内で統合や再編がある可能性も

また、外資系生命保険の転職の特徴としてヘッドハンティングがあります。

実力を認められて引き抜かれることもある反面、ヘッドハンティングだからこそのトラブルもあるので気をつけましょう。

外資系保険会社に転職するときの注意点
  • 外資系保険会社ではヘッドハンティングが当たり前
  • ヘッドハンティングされても結果次第ではリストラやクビになることも
  • 離職率が高い人材補填のためのヘッドハンティングもあり
  • どの企業からのヘッドハンティングか見極めることが大切

外資系生保の転職は日常的に行われているので、外資系や生保業界が未経験の人や、営業やコンサルのキャリアがある人なども歓迎されます。

外資系生保の転職に向いている人
  • 結果で評価されたい
  • マネジメント能力がある人
  • 日系の生命保険会社の経験がある
  • 営業経験がある

自分で考えて仕事を管理して行動できる方や、目標に向かって努力できる方にとっては、外資系生命保険会社の働き方は自由なうえ、結果をすぐに報酬で評価してくれる働きやすい環境といえます。

しかしノルマが達成できないと給料が下がったり、ヘッドハンティングされても好条件のまま働き続けられるとは限りません。

シビアに成果だけを評価されますが、結果を出し続けていられる人は高額な収入を得られる業界です。

転職前に外資系生命保険会社と自分の適性をしっかり比較して、ベストな転職先を選んでくださいね。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。