外資系企業の転職

外資系コンサルの転職は難しい?業務内容や転職ノウハウも徹底解説

  • 外資系コンサルの転職を考えている人

「外資系コンサルに転職したいけれどできるだろうか」

「外資系コンサルに転職するために必要なスキルはなんだろう?」

と考えている方も少なくないと思います。

外資系コンサルは、年収も高く転職先として人気があり簡単ではありませんが、未経験でも転職できる業種です。

この記事では外資系コンサルに転職するために必要なスキルや、外資系コンサルで働くメリットなどを詳しく解説します。

今は「外資系コンサルに転職したいが、何をすればいいのかわからない」という方でも、この記事を読めば、外資系コンサルの転職準備についてよくわかるようになるはずです。

外資系コンサルに興味のある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

  1. 外資系コンサルとは
  2. 外資系コンサルの種類
  3. 外資系コンサルの転職事情
  4. 外資系コンサルへの転職で求められるもの
  5. 外資系コンサルへ転職するメリット
  6. 外資系コンサルへ転職するデメリット
  7. 外資系コンサルの転職に向いている人
  8. 外資系コンサルの転職を成功させるポイント
 

外資系コンサルとは

外資系コンサル-転職-とは外資系コンサルとは、さまざまな企業の経営戦略のアドバイスや、課題の指摘から解決までサポートし、より強い基盤を作り順調な経営ができるようコンサルティングのサービスを提供します。

業界によってさまざまなコンサルがあります。

クライアントごとにチームを組んで、契約期間内にコンサルがそれぞれの役割を果たし、成果を出すことが求められます。

つまりクライアントからの依頼や要望に適切なコンサルティングを行い、結果を出すことで報酬を得る仕事です。

外資系コンサルの種類

外資系コンサル-転職-種類外資系コンサルには大きく分けていくつかの種類があります。

それぞれコンサルティングする分野が違ううえ、規模やコンサルの方法なども変わってきます。

外資系コンサルの転職を成功させるためにも、コンサルの種類についてしっかり理解しておきましょう。

外資系コンサルの種類

1.戦略系

外資系コンサルでもっともよくあるのが「戦略系」です。

企業の経営の戦略や事業の合併、リストラ、M&Aや新規事業の開発など、経営に関わるトップの部分の問題解決をコンサルします。

世界中で戦略系のコンサルは行われていますが、それぞれの地域や業界に適した細やかなコンサルも行います。

戦略系コンサルは、1つのクライアントに対して少人数のチームを組みコンサルするというのが一般的です。

単なるアドバイスだけではなく、クライアントの企業内に密着して実行支援するケースもあります。

2.BIG4

「BIG4」は、世界の4大会計事務所から分離した外資系コンサルで、「旧会計事務所系」とも呼ばれます。

コンサルの企業の規模が大きく、経営戦略、人事、財務、M&Aやシステムの導入など、幅広い分野のコンサルを行います

コンサルする内容が多岐にわたるので「総合系」といわれることもあるようです。

3.専門系

「専門系」は、特定の分野に特化してコンサルを行う企業です。

人事や企業の再生、または小売のブランド戦略など、コンサルを行う分野は幅広い業界と業種になり、さまざまな面からコンサルを行います。

4.IT系

「IT系」には、ベンダー系とSIer系があります。

ベンダー系では、業務の中核のソフトを導入して、使い方のノウハウなどを提供したりするのが基本です。

SIer系は、もともとシステム構築を手がける業種でしたが、システム導入や構築のコンサルを行うようになりました。

今はシステム導入前の経営や業務内容のコンサルも行います。

  • コンサルの種類は経営や人事に関する企業のトップレベルのコンサルを行う企業や、専門分野に特化したコンサル、ITのシステムを扱う企業などがある
  • 世界の4大会計事務所から派生した外資系コンサル企業は規模が大きい

外資系コンサルの転職事情

外資系コンサル-転職-事情外資系コンサルがどのような環境なのかご紹介します。

コンサルティング自体が秘匿性のあるものなので、各コンサル企業の業務内容や職場環境などの内情はなかなか伝わりませんが、すべてのコンサルに共通していることは以下の4つです。

1.移り変わりが早い

コンサルの業界は、人材の移り変わりがとても早いのが特徴です。

外資系なのでもともと日本の企業のような終身雇用という考えを持っている方は少ないですが、平均して3年〜4年間、1つのコンサル企業で働いて、転職するスタイルが一般的です。

1年コンサルの仕事をすると、一般の他の業界の仕事を3年〜4年経験した分の経験やキャリアが得られるといわれています。

そのため在籍年数が短くてもスキルは上がるので、次の仕事のキャリアパスとして短期間コンサルで働く方も少なくありません。

また、さらに良い条件や報酬を得られる別の外資系コンサルからヘッドハンティングされて転職したり、やりたい仕事ができる外資系コンサルに転職することも多くあります。

2.労働環境が厳しい

コンサルの仕事は、「経営者へのアドバイス」です。

そのため、常にクライアントの望む結果が出せるよう、プロとしての知識や行動が求められるうえ、契約期間内に結果を出すというプレッシャーを背負って仕事をしなければいけません。

結果を出すために長時間の労働や、休日の出勤があることも日常的であり、頭脳と体力が必要になります。

外資系コンサルと聞いて、華やかなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際にはストレスを抱えながら、限られた時間のなかでベストを尽くすためにハードな働き方をしているのです。

3.年収が高い

コンサルの仕事はとても労働環境が厳しいですが、その分、年収は他の業界に比べても高いのが特徴です。

コンサルの仕事は、4年目くらいから700万〜1,200万円と1,000万円を超えます。

3年働くと多くの社員が年収1,000万円を超えるので、20代で「1,000万円の年収をもらっている」という人も少なくありません。

また、10年近いキャリアがあったりマネージャークラスになれば2,000万円、パートナーやプリンシパルクラスなら5,000万円〜1億以上もらう社員がいることもあります。

そのため働き方は厳しくても、年収に惹かれる方も多くいるでしょう。

  • 外資系コンサルは、社員の入れ替わりが激しい
  • 経営者を満足させなければいけないので働き方はハード
  • 収入は他の業界より突出して良い

外資系コンサルへの転職で求められるもの

外資系コンサル-転職-求められるもの外資系コンサルに転職するときに、必要なスキルやスペックについてご紹介します。

未経験でもコンサルになることは可能ですが、以下の条件を満たしている方は、より転職に有利になります。

外資系コンサルに必要なスペック

1.高学歴

外資系コンサル企業では、「高学歴の人材」を採用する傾向があります。

経営者や企業のトップを相手に、戦略や商法などのサービスを提供するのがコンサルの仕事です。

そのため勉強を重ね、プレッシャーに負けず実力を発揮し、難関といわれる大学の入試をパスできた人は、仕事でも成果を出せると判断されます。

特に少数精鋭で論理的思考能力が必要とされる戦略系の転職は、狭き門のうえ、書類選考の段階で学歴で落とされることがよくあります。

もしも「学歴が足りない」と思う場合は、総合系のコンサルを検討してみましょう。

学歴がいいに越したことはありませんが、総合系ではスキルを判断して採用する傾向も増えてきています。

また、経営やITの高いスキルがある方も、総合系の外資系コンサルを視野に入れてみてください。

海外のMBA留学経験を終えて、外資系コンサルの転職を狙うというのも1つのやり方です。

2.キャリア

外資系コンサルに必要なキャリアは、さまざまです。

それぞれのカテゴリによって、歓迎されるスキルは違ってきます。

戦略系を希望する方は、前職での経営戦略や財務会計、人事などのスキルが役に立ちます。

また総合系の場合は、扱う案件が多岐にわたるので、1つの企業でさまざまな部署や仕事を手がけてきたスキルを評価されるかもしれません。

IT系を希望しているなら、IT企業でのプログラミングだけではなく、実行管理などの経験が重宝されるでしょう。

一般的に経営企画やマーケティング関連の経歴がある方や、業務の効率化を達成した職歴などは、外資系コンサルでは歓迎されます。

それぞれの外資系コンサルの案件によって、チームの人数や体制、仕事のやり方などが異なってくるので、スキルを活かせるコンサルの仕事は何かを明確にすると転職が成功しやすくなるでしょう

3.年齢

外資系コンサルで採用されるのは35歳くらいまでの方が多く、転職を考えるなら若いうちの方がおすすめです。

これは、働いている社員が20代〜30代くらいと若い人が多いこともありますが、プロジェクトごとの期限が決まっているので、仕事をしている間は、大変ハードな働き方をすることもあるからです。

「2ヶ月、3ヶ月休みなしで働く」、「毎日深夜0時過ぎまで仕事」ということも少なくありません。

ですから、体力のある若い人でなければ勤まらないのです。

さらに、常にクライアントに合わせて最適なノウハウや手法を駆使して結果を出さなければいけないため、常にインプットや学習することも必要です。

新しい情報を入手し、クライアントが満足するサービスを提供するためには柔軟性に富んだ、吸収力と応用力のある若い人が適しているといえます。

4.英語力

外資系コンサルの場合、英語力は必須です。

担当するプロジェクト内で英語が必要な場合や、クライアントが海外の企業の場合は英語を使ううえ、必要な情報や資料、メールなどが英語ということも日常的です。

転職後にプロジェクトの仕事に集中できるよう、英語で苦労しないために英語力はあらかじめ身に付けておいた方がいいでしょう。

TOEIC700点以上を目標にしてみてください。

  • 外資系コンサルに転職するなら高学歴・若さ・英語力が必要
  • 持っているスキルを踏まえてどの分野のコンサルの仕事がしたいか考える

外資系コンサルへ転職するメリット

外資系コンサル-転職-メリット外資系コンサルに転職するメリットについて解説します。

高収入だけではなく、その後のキャリア形成にも繋がるさまざまなスキルが身につきます。

メリット1.マネジメント能力がつく

外資系コンサルで働くことで、マネジメント能力が身につきます。

与えられた自分のポジションの仕事を、プロジェクトチームのメンバーと共有しながら契約期限内に成果を出し、クライアントを満足させなければいけません。

そのため、プロジェクトの進行状況に合わせて計画的にチーム内での仕事を行う必要があります。

また、想定外のことが起きたときの対応策や計画の変更なども、合わせて考えておかなければいけません。

マネージャークラスの人ではなくても、外資系コンサルの仕事をすれば、マネジメント能力は自然と身につきます

メリット2.論理的な思考ができる

論理的に物事を考え、クライアントである企業の上層部が納得するような戦略やサービスを説明し、実行することが外資系コンサルの仕事です。

そのため常に論理的に物事を考え、仕事を進めて行くことは、外資系コンサルには必要なスキルです。

働いているうちに論理的思考能力は自然と身に付いていきます。

メリット3.仕事を効率よくこなせる

プロジェクトの仕事を、チーム全体の進捗状況に合わせてこなしていかなければいけないので、タスク処理能力が上がります。

また、チーム内の他の人たちの仕事の進め方を見ることができるので、一緒に働くことで自然と仕事を効率よくこなせるようになっていきます。

メリット4.経営ノウハウが身に付く

外資系コンサルでは、経営戦略に関する案件を扱うことも少なくありません。

通常なら企業の経営に関わるポジションに到達するまでには入社後長い時間がかかります。

しかし外資系のコンサルなら、各業界のクライアントの企業の経営状態や経営方針、改善法やその後の変化など、経営に関する知識やノウハウを学ぶことが可能です。

メリット5.破格の収入

外資系コンサルの収入は他の業界に比べて、2倍も3倍も高い場合があります。

働いてる人が若いので、20代のうちから1,000万円の年収を手にすることは一般的で、40代で役員になれば2,000万円以上、さらにもっと高額な年収をもらうことも少なくありません。

激務ではありますが、それに見合った報酬が得られるといえるでしょう。

メリット6.幅広い人脈が得られる

外資系コンサルで働くと、幅広く質の高い人脈を築くことができます。

外資系コンサルに集まってくる人がみんなスキルの高い人ばかりなうえ、さらにその人たちが転職して、別の業界や別の企業でさらにキャリアアップして活躍していたりします。

外資系コンサルで3〜4年働けば、有益な幅広い業界の人脈ができ、今後のキャリア形成にも役立つことは間違いありません

  • 外資系コンサルで働くメリットは、仕事を効率よくこなすことができるようになり、タスク処理能力が上がる
  • 論理的に物事を考えられるようになり、マネジメント能力も身に付く
  • 企業経営のノウハウが身に付く
  • 幅広い業界の質の良い人脈ができる

外資系コンサルへ転職するデメリット

外資系コンサル-転職-デメリット外資系コンサルへ転職するデメリットをご紹介します。

外資系ならではのシビアな面も見えてきます。

デメリット1.激務

まず、外資系コンサルは激務です。

プロジェクトごとで仕事を進めるため、1度プロジェクトのメンバーになったら、クライアントとの契約期限までに成果を出すために、全力で働かなければいけません

やるべき仕事が終わらなければ、深夜2時でも3時でも仕事をするし、休日も必要なら出勤します。

クライアントが海外の場合、クライアントの時間に合わせて深夜や明け方にミーティングということもあるでしょう。

そのため、ワークバランスを保ちたい方には向いていませんし、転職前の仕事が長時間労働ではなかった方は、体調を崩してしまうケースもあります。

デメリット2.離職率が高い

外資系コンサルは、2〜3ヶ月または数ヶ月ごとに新しいプロジェクトに参加し、仕事を進めていきます。

その際、プロジェクトごとにメンバーが入れ替わるので、一般の企業のように同じ部署で2〜3年働くやり方とは大きく違います。

さらに、外資系コンサルで定年まで働こうと思っている人は、ほとんどいません。

次の転職先のため、または自分のやりたい仕事に必要な経験やキャリアを積んだら転職していく人が多くいます。

そのため収入は良いですが、離職率がとても高い職種といえるでしょう。

外資系コンサルでキャリアップしていくというよりも、先を見据えてキャリアパスの1つとして、外資系コンサルに転職してくる人が多くいるのです。

デメリット3.成果が出ないと解雇

外資系企業というと「すぐクビになる」というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、外資系コンサルでは、成果が出ない場合「事実上の解雇」となる可能性があります。

プロジェクトで担当した仕事で成果が出ない場合、プロジェクトを管理するマネージャーから、担当を外されてしまうのです。

その後、他のプロジェクトが立ち上がってもなかなか声がかからない状態が続けば仕事がなくなるので、自宅待機になり自ら退職するというケースも少なくありません。

直接解雇されるわけではありませんが、外資系の実力主義、成果主義を知っている社員は、社内で仕事ができない現実を理解すると辞めていきます

デメリット4.外資系コンサルから転職すると収入が下がる

外資系コンサルをキャリアアップの1つのステップと考える方が多くいますが、自分のやりたい仕事や目標のために何年か外資系コンサルにい在職して転職する場合、収入が下がる可能性があります。

外資系コンサルでの年収は、仕事もきついですが、その分報酬が高いのが特徴です。

しかし、別の外資系のコンサルに転職する場合は別ですが、違う業界や業種への転職をすると年収が外資系コンサルのときよりも下がってしまうこともよくあります。

キャリアパスとして外資系コンサルに転職し、さらに次の転職を考えている方は、一時的に年収が大幅に上がりますが、生活レベルを上げ過ぎないようにした方がいいかもしれません。

  • 外資系コンサルのデメリットは、激務で離職する人も多い
  • 仕事で成果が出せないと社内失業になる恐れあり
  • 外資系コンサルから別の業界に転職すると収入が下がる可能性も

外資系コンサルの転職に向いている人

外資系コンサル-転職-向いてる人次に、外資系コンサルに転職してもしっかり仕事をこなして、キャリアを積んでいけるタイプをご紹介します。

1.タフな人

まず第一に、心身ともにタフな方が向いています。

長時間労働や、休みなしの連続勤務などは当たり前なので、体力が必要なうえ、クライアントに評価される成果をあげる必要があるので、常にプレッシャーと戦いながら仕事をしなければなりません。

さらに外資系コンサルの社内でも、仕事の成果が出なければ、次のプロジェクトの声がかからない可能性もあります。

体力もストレス耐性もある方が、外資系コンサルで生き抜いていける方です。

2.集中力がある

コンサルの仕事は、限られた期間で確実に成果を出さなければいけません。

そのためプロジェクトの期限内に、頭脳を駆使してベストな結果を出す必要があります

プロジェクトに参加して終了するまでの期間、集中して業務に取り組める方は、外資系コンサルに向いています。

3.高学歴

外資系コンサルのなかでも特に、戦略系への転職を考えている方は、高学歴が必要です。

また総合系もやはり高学歴を優遇する傾向にあります。

しかし20代で外資系コンサルへ転職する場合は、未経験でも成功する可能性はあります。

金融や総合商社、メーカーやIT企業、広告代理店などの業界で、人事や経営戦略、マネジメントなどの経歴がある方は比較的有利です。

またMBAをランクの高い大学で取得している方も歓迎される場合もあります。

4.明確なキャリアパスがある人

外資系コンサルの仕事を長く続ける方はあまりいません。

そのため、「なぜ外資系コンサルで働きたいのか」、「外資系コンサルで得た経験やキャリアを次にどう活かしたいのか」を明確にしておく必要があります。

外資系コンサルで働く目的がはっきりしている方は、モチベーションを持って仕事ができるので、多くのキャリアを積むことができるでしょう。

[補足]英語はできた方が良い

外資系コンサルに転職を考えるなら、英語は話せた方がいいでしょう。

目安となるのはTOEICですが、仕事ができるレベルを目指すならTOEIC850点以上は必須です。

もしくは海外留学の経験や海外に住んだ経験などがあり、基礎的な英語力を持っていると、入社してから英語で困ることがありません。

  • 外資系コンサルに向いている人は心身ともにタフで集中力がある人
  • 高学歴や外資系コンサルで働く明確な目標がある人も
  • 英語はできた方が良い

外資系コンサルの転職を成功させるポイント

外資系コンサル-転職-ポイント外資系コンサルへの転職は、しっかり対策を取って臨む必要があります。

転職成功のためのポイントをご紹介します。

ポイント1.外資系は狭き門

外資系コンサルのなかでも特に戦略系や大手の総合系などへの転職の成功率は低く、採用してもらうことは容易ではありません。

特に未経験からの転職の場合、採用されても資料作成や情報収集などの仕事がメインのアナリストの職になることもあります。

しかし離職率も高く、採用は常に積極的に行っているところが多いので、常に求人情報をチェックしておくようにしましょう。

ポイント2.面接対策を

外資系コンサルの転職では面接の対策が重要です。

一般の企業の面接でも、直接話をすることで採用担当者は、その人の性格や特徴を見極めようとします。

外資系コンサルの場合は、コンサルの1人ひとりがノウハウや知識、サービスをクライアントに提供するので、その人の特性を知ることはとても重要なのです。

なかでも特に重要視されるのが「論理的思考能力があるか」ということです。

クライアントを説得する根拠や手法を論理的に説明できる能力は必須といえます。

また、コンサルの仕事はルーティンではありません。

想定していないクライアントからの質問に柔軟に応えたり、常に不測の事態や予期せぬことが起こったときに臨機応変にうまく対応できるか、ということも面接で見られています。

外資系コンサルに転職するためには、外資系コンサルの仕事の特性を理解し、自分が適している人材だということをうまくアピールする必要があるでしょう。

さらにコンサルの仕事は、クライアントの求めるノウハウや手法を伝え、満足する成果を提供することです。

クライアントの求めているものを、的確に捉え、期限までに成果を出すためにはコミュニケーションも重要になるため、「期待に応える」、「喜ばれる」ことにモチベーションを感じられることも大切な要素だといえます。

それらを面接でしっかり伝えられるようにしましょう。

ポイント3.外資系コンサル希望なら転職エージェントを利用する

外資系コンサルの転職を考えるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

コンサル業界だけではなく、それぞれの外資系コンサルの特徴や、求められているスキルや学歴などを転職エージェントが把握しているので、求人情報以外の内情も詳しく教えてもらえます。

また、書類通過しやすい職務経歴書の書き方や、面接対策などを行ってくれるので、事前にしっかり準備をすることが可能です。

転職エージェントを利用する場合には、外資系コンサルに強いところを2〜3社選んで登録しましょう。

各転職エージェントによって持っている求人案件が違ううえ、キャリアアドバイザーとの相性もあるので、複数登録して同時に利用して転職活動をするのがおすすめです。

  • 常に求人情報はチェックしておく
  • 面接対策が重要
  • 転職エージェントを利用する

まとめ|外資系コンサルの転職は容易ではないけれど可能!

外資系コンサル-転職-まとめ外資系コンサルの転職は、収入が良く、業界が未経験での転職もしやすいことから人気があります。

しかし、同業他社への転職や一般企業の未経験からの転職よりも、はるかにハードルが高いことを覚えておきましょう。

外資系コンサルの特徴
  • 人材の入れ替わりが早い
  • 労働環境がきつい
  • 高収入

外資系コンサルの転職で求められるもの
  • 高学歴
  • キャリア
  • 若い人
  • 英語力

また、外資系コンサルで働くメリットはたくさんあります。

外資系コンサルで働くメリット
  • マネジメント能力がつく
  • 論理的思考ができる
  • タスク処理の向上
  • 経営ノウハウが身に付く
  • 他の業界に比べて高収入
  • 幅広い人脈が得られる

もちろん外資系コンサルのデメリットもあるのでしっかり理解しておくことが大切です。

外資系コンサルで働くデメリット
  • ハードワーク
  • 離職率が高い
  • 成果が出ないと社内解雇に
  • 外資系コンサルから転職する場合収入が下がる

しかし、外資系コンサルに向いている人が転職すれば、仕事でさらにキャリアアップでき、次の仕事への幅が出てきます。

外資系コンサルが向いている人
  • タフな人
  • 集中力がある人
  • 高学歴
  • 外資系コンサルで働く明確な目的がある人

外資系コンサルにも種類があるので、自分の経歴やキャリア、そしてやりたい仕事などをしっかり分析して、適切な企業に応募することが大切です。

外資系コンサルの種類
  • 戦略系
  • 総合系(BIG4または旧会計事務所系)
  • 専門系
  • IT系

コンサルの業務は商品を扱うのではなく、サービスや手法・ノウハウを提供し、クライアントの企業をより良い経営状態にすることです。

そのため、プロジェクトに関わる1人ひとりの人材自体が商品となり、面接が重要視されるのです。

外資系コンサルへの転職の成功ポイント
  • 論理的思考で話す
  • 臨機応変に対応する
  • 外資系コンサルに強い転職エージェントを利用する

外資系のコンサルは、幅広い業界と業種の仕事があるので、あなたの今までの経歴を活かして転職することは決して不可能ではありません。

まずは「自分は外資系コンサルで何ができるか」、「外資系コンサルでどんな仕事をしてキャリアを作っていきたいのか」を明確にしましょう

転職エージェントのプロの力を借りて、転職軸をしっかり定めてあなたの経歴を活かせる外資系コンサルへの転職をサポートしてもらうこともおすすめです。

外資系コンサルの転職は、高収入ですがシビアで決して楽ではありません。

しかし明確な転職軸があれば転職は可能です。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。