医師の転職

医師の転職回数が多いと不利?転職のデメリットと面接でポジティブに伝える方法を解説

「医師も転職をするの?」

「医師の転職で転職回数が多いと不利になるの?」

という疑問を解消します。

この記事では医師の転職で転職回数が多いと不利になるのかや転職により起こりうるデメリットなどを紹介していきます。

この記事を読むことで医師の転職について理解を深め、転職回数が多くても面接時にポジティブに伝えることができるでしょう。

医師(勤務医・産業医)におすすめ転職エージェント13選|4つの軸で徹底比較この記事では、医師の転職におすすめの転職エージェントをはじめ、医師が転職エージェントを活用するメリット・デメリット、医師が転職活動をする際にやっておくべきことについて解説していきます。求人数、取扱求人、サポート内容、キャリアアドバイザーの質の4つを軸に徹底比較し、本当に医師の転職におすすめできる転職エージェントだけをまとめました。...
  1. 医師で転職回数が多いと不利になるのか
  2. 医師で転職回数が多い理由
  3. 医師で転職回数が多いと起こりうるデメリット
  4. 転職回数の多さをポジティブに伝える方法

医師で転職回数が多いと不利?

医師で転職回数が多いと不利?

転職についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

最近では、サラリーマンでも転職についてマイナスなイメージを持たれることは少なくなりました。

転職エージェントのCMも見られるようになり、ポジティブな印象さえあるかもしれません。

しかし、転職を繰り返している場合にはどうでしょうか?

実績を伴った転職であればいいのですが、大した実績もないにも関わらず転職を繰り返しているとあまりいい印象は持たれないはずです。

では、医師にも同じようなイメージが当てはまるのかといえばそうとも言い切れません。

2017年調査の「賃金構造基本統計調査」では、サラリーマンの平均勤続年数が12.1年に対して医師の平均勤続年数は5.3年と半分以下となっています。

※編集部が調査した結果のまとめ

医師はサラリーマン等に比べて転職が当たり前に行われているということができます。

サラリーマンが5年に1回も転職をしていれば「この人は大丈夫か?」と思われてしまう可能性が高いですが、医師ではこの程度であれば大した問題にはなりません。

しかし、いくら転職が活発な医師であってもあまりにも多すぎると不利になることも考えられます。

目安としては10回までが基準になるので、それ以上の転職はしっかり考えなければなりません。

医師で転職回数が多い理由とは?

医師で転職回数が多い理由とは?

医師の転職が多くても問題にならない理由は、基本的に医師の転職が売り手市場であるからです。

医師は慢性的に不足しており、ある程度の経験年数を持った医師であればスキルも見込むことができ即戦力として採用することができます。

また、医師は多くの臨床経験を必要とします。

そして、そのためには1つの病院に留まるよりも多くの病院を経験する方がいいと判断されます。

このように医師は売り手市場であり、また転職回数よりもスキルや経験を重視する傾向にあります。

そのため、他の職種に比べれば転職回数が多いことはあまり問題にされることはありません。

医師の転職理由で多いのは?医師の転職が年々増加する理由がわかる!「医師の転職理由で多いのは一体なんだろう…?」 この記事ではこんな疑問を解消します。 働く環境や仕事内容に疑問に感じ、働いて...

医師が転職する理由

すべての医師がスキルアップなどポジティブな理由で転職しているわけではありません。

エムスリーキャリア」が調査したところによると、医師の転職理由として最も多かったのは「過剰な業務負荷・リスクの解消」が1位となっています。

2位は「業務方針・内容への不満解消」、3位は「経営方針・内容への不満解消」であり、「スキルの活用・挑戦」は全体の6位(11.4%)にとどまっています。

また、「収入アップ」という理由も多いイメージがありますが全体8位(10.2%)です。

このように、医師の転職理由は思いのほかネガティブな理由が目立つという結果になっています。

  • 医師の転職が多くても問題にならない理由は、基本的に医師の転職が売り手市場であるから。
  • 1つの病院に留まるよりも多くの病院を経験する方がいい。
  • 転職回数よりもスキルや経験を重視する。
  • 医師の転職理由として最も多かったのは「過剰な業務負荷・リスクの解消」が1位。
  • 医師の転職理由は思いのほかネガティブな理由が目立つ。

医師で転職回数が多いと起こりうるデメリット

医師の転職は一般的なサラリーマンなどと比べれば活発であることはわかりました。

しかし、そんな医師といえども転職回数が多くなればデメリットもあります。

転職が多い医師に起こりうるデメリットには以下のようなものが考えられます。

それぞれのデメリットについて詳しくみていきましょう。

退職金が少なくなる

退職金は勤続年数によって決まります。

勤続年数が長くなればそれだけもらえる退職金も増えますが、短い期間で転職を繰り返していると退職金も少なくなります。

また、少しでも支給されればいいですが、全く支給されないことも考えられます。

退職金の規定については勤務する病院や施設によって異なりますが、「○年以上働けば支給される」といって規定があります。

少しでも退職金が欲しいのであれば、最低限その年数以上は働かなければ支給されません。

10回以上の転職があるとすぐに辞められてしまうと考えられる

転職が当たり前の環境である医師であっても、10回以上など転職の回数があまりにも多いと印象が悪くなってしまいます!

「すぐに辞められてしまうのではないか」、「忍耐力がないのではないか」と思われても仕方ありません。

エムスリーキャリアの調査によると、現職の医師は転職回数が多い医師に対して50%の人が「印象が良くない」と答えています。

その理由としては、「人間関係が築けそうにない」、「チーム医療ができなさそう」といったものです。

このように、転職回数あまりに多いといい印象を持たれなくなってしまいます。

医療現場において人間関係は重要です。

最低限の人間関係が築け、チームとして問題なく動けると判断されるくらいには勤務した方がいいでしょう。

医師におすすめのアルバイトは?高収入や簡単に稼げるバイトも紹介「勉強代や医師同士の付き合いでお金がないからアルバイトを考えてる…」 「時間に余裕ができ始めたから、稼げるアルバイトを始めたい」 ...

転職回数の多さをポジティブに伝える方法

転職回数の多さは医師といえどもネガティブ要因になってしまう場合があります。

しかし、面接官への伝え方一つで印象を悪くしないようにすることは可能です。

印象が悪くならなければ、売り手市場の医師であれば転職を成功させることはできます。

面接の際には以下のようなことに注意するようにしましょう。

それぞれ詳しくみていきましょう。

転職回数を素直に伝える

転職回数が多くなれば不利になるのではないかと思い本当の回数を言いにくいと考えてしまうかもしれません。

しかし、あとで嘘がバレるくらいであれば素直に本当の数を伝えるようにしましょう。

前述したように、医師は転職が元々多い職種です。

勤続年数が平均5年程度であれば6回程度は転職をするということになります。

転職回数が10回以上になれば多いと思われてしまいますが、周りで転職が多いのでそこまで気にせず素直に伝えるようにしましょう。

「スキル向上のため」、「前の病院とは違う経験を積みたかった」などの理由で転職が多くなったと伝えれば相手にもポジティブに受け取ってもらえるでしょう。

短期間での転職は詳しく説明する

いくら医師に転職が多いとはいえ、1年に満たないなど短い期間の転職はいい印象を持たれません。

短期間での転職は「忍耐力がない」、「チーム医療ができない」といった医師として致命的なイメージを持たれかねません。

短期間での転職がある場合には詳しく説明するようにしましょう。

「入職前に提示されていた条件と相違があり収入が想定とかなり開いていた」、「急な家族の介護に伴い転居が必要になった」などしっかりとした理由があれば短期間での転職でも悪い印象は持たれません。

はっきりと伝えられる理由がある場合には、短期間での転職に後ろめたさを感じることなく伝えるようにしましょう。

ちゃんとした事情があれば全てを話す

医師であれサラリーマンであれ上司からの不当な扱いを受けることもあります。

勤務環境が過酷だった、診療方針など考え方の違いでどうしても働き続けるのが難しいこともあるでしょう。

そういった事情があれば面接官に話してしまっても問題はありません。

状況次第では面接官も一定の理解は示してくれます。

しかし、伝え方は重要であり、不満ばかりを伝えてはネガティブなイメージを持たれてしまいます。

例えば、勤務環境が過酷であった場合には、まず現状を伝える、そして改善を要望したが受け入れてもらえなかったなど現状を変えようとしたことを伝えます。

最終的には患者様に最適な医療を提供できる環境ではなかったので転職を決意したというような流れで伝えるといいでしょう。

人間関係の不満は悪く言わない

転職の理由には人間関係もあると思います。

しかし、人間関係が理由であってもそれをストレートに伝えることはおすすめしません。

ストレートに伝えると悪口のようになり、どうしても悪い印象を持たれてしまいます。

例えば、上司との関係がうまくいってなかったような場合には、上司と意見が合わなかったということは伝えても構いません。

しかし、それは自分にも非があり柔軟に意見を聞く必要があったこと、そして次からはそういった反省を生かしたいなどポジティブに終わるように持っていくようにしましょう。

  • 嘘がバレるくらいであれば素直に本当の数を伝える。
  • はっきりと伝えられる理由がある場合には、短期間での転職に後ろめたさを感じることなく伝える。
  • 患者様に最適な医療を提供できる環境ではなかったので転職を決意したというような流れで伝えるといい。
  • 人間関係が理由であってもそれをストレートに伝えることはおすすめしない。

まとめ|医師の転職回数は多くても問題ない

最後にこの記事でお伝えしたことをまとめておきます。

まとめ
  • 医師はサラリーマン等に比べて転職が当たり前に行われている。
  • 医師は売り手市場であり、また転職回数よりもスキルや経験を重視する。
  • 医師の転職理由は思いのほかネガティブな理由が目立つ。
  • 転職回数が多いと退職金が少なくなる。

医師は他の職種に比べて平均的に転職回数が多く、そのため転職回数が面接においてマイナスイメージになることはほとんどありません。

しかし、短期間での転職や転職理由がネガティブなものである場合にはマイナスイメージになってしまいます。

そういった場合には少しでもポジティブなイメージを与えられるような伝え方をすることが大切です。

特に、人間関係においては悪く伝えてしまいがちですが、自分にも非があったこと、その反省を生かしたいことなどを伝え、悪口に終始言わないことが重要です。

また、いくら医師に転職が多いとはいえあまりにも多すぎると転職に不利になってしまいます。

転職は10回までを目安に考えましょう。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。