医師の転職

医師の転職理由で多いのは?医師の転職が年々増加する理由がわかる!

「医師の転職理由で多いのは一体なんだろう…?」

この記事ではこんな疑問を解消します。

働く環境や仕事内容に疑問に感じ、働いていくうちに今後のキャリアや方向性についての考え方が変わったり、家族との関係で転職しなければいけない方もいるでしょう。

この記事では医師が転職を考える理由は何があるのか、また転職を決めたらどのような形で転職活動を進めていけばいいのかについて解説します。

この記事を読めば医師の転職理由や、あなたが転職するべきかどうかがわかってくるでしょう。

いまは「転職したいけれど留まった方がいいのか」、また「働きながら転職活動をどうやって行えばいいのか」と考えている方も、読んだ後には転職について前向きに考えることができるはずですよ!

  1. 転職する医師が増えている
  2. 医師の転職理由
  3. 医師が転職の際にすべきこと
  4. 医師が転職する方法
  5. おすすめの転職サイト
  6. おすすめ求人サイト
 

1.転職する医師が増えている実態

「医師の勤務実態及び働き方の 意向等に関する調査」によると、医師の転職は年々増えている傾向にあります。

医師専門の転職エージェントが増えて、医師の転職市場が広がり、忙しい意思でも転職しやすくなってきたのも大きな理由でしょう。

医師の場合、他の職業よりも転職しやすい業種といえます。

なぜ転職したいのか理由を明確にし、転職先に求める条件や仕事内容といった転職軸をしっかり持っていれば、満足行く転職ができるでしょう。

2.医師の転職理由

医者が今の職場を「辞めたい」と思い、転職を考える理由にはどのようなものがあるのかを詳しくご紹介します。

もし、あなたが医師を辞めたいと考えているのであれば、以下の記事も参考にしてください!

医者が辞めたいと思う時とは?留まるか転職するべきかの判断の仕方「医者の仕事がつらい」、「医師を辞めたい」と悩んでしまいますよね。また、「医師を辞めたとしても、他にどんな仕事ができるのか」と不安に思ってしまう方もいるはず。この記事では、医者が辞めたいと思う理由や、留まるべきなのか転職するべきなのかの判断の仕方について解説します。...

2-1.収入

医者が転職を考えるとき「年収をもっと上げたい」という理由が多くありました。

「この働き方ならもっと年収をもらってもいいはず」、「別の医者の収入を聞いて、もっと年収のいい仕事をしたいと思った」など、理由はさまざま。

また医者の仕事は激務のことが多いです。

そのため、仕事内容と収入が見合っていなかったり、子供の養育費や親の介護などで家計の負担が大きくなることを考えて、収入の良い仕事に転職したいと思う方もいます。

医師の平均年収を知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

医師の平均年収を働き方や診療科目・年代・雇用形態別で徹底解説!「医師の平均年収っていくらなんだろう?」 「医師の年収は働き方や診療科目によって違いがあるのかな?」 という疑問を解消します...

2-2.勤務形態

当直がある勤務の場合は、とてもハードなシフトで働くことも当たり前。

また、夜勤明けの通常の勤務や外来をこなす場合は、連続30時間以上の勤務も当たり前。

オペやオンコールなどでほとんど休みが取れないなど、激務をこなしている医師も少なくありません。

医師の約4割が32〜36時間未満の勤務をこなしています。

また別の医師の退職により、業務が集中してしまうなど医師不足によるしわ寄せも深刻です。

激務を続けることは若いうちはなんとかこなせても、年齢を重ねていくと体力的にも辛くなってくるうえ、過酷な勤務は医療ミスにも繋がりかねません。

40代、50代の医師の転職理由で多くなってくるのが、勤務形態の改善です。

さらに副業の仕事と両立できるような働き方をしたいと考え、現在の長時間勤務ではない働き方ができる仕事に転職する医師もいます。

また仕事の勤務時間だけではく、通勤に時間がかかり負担に感じている方も、近い場所で通いやすい職場に転職を希望するケースもみられます。

あなたのプライベートに合わせて柔軟に働きたい方は以下の記事を参考にして、アルバイトで働いてみるのも良いかもしれませんね!

医師におすすめのアルバイトは?高収入や簡単に稼げるバイトも紹介「勉強代や医師同士の付き合いでお金がないからアルバイトを考えてる…」 「時間に余裕ができ始めたから、稼げるアルバイトを始めたい」 ...

2-3.家庭の事情

家庭の事情により転職を考える医師も多くいます。

「子育てと両立するのが難しい職場なので転職したい」、「子供の教育環境を優先して引越し、転職もする」、「今の職場では親の介護や家族と過ごす時間がなかなか取れない」など理由もさまざま。

多くのケースが、家庭と仕事を両立させるために、より働きやすい環境の職場へ転職したいというものです。

2-4.人間関係

職場での人間関係も転職を考える大きな理由の一つです。

「上司との仲がうまくいかない」、「パワハラされて、不公平な業務量を押し付けられる」、「ワンマンな理事長が仕切っていて医師がどんどん辞めていく」など深刻なケースもあります。

仕事がやりづらいだけではなく、「学会への参加が自由にできない」、「有給休暇をなかなか取らせてもらえない」といった労働条件の侵害やキャリアアップに影響が出るようなこともあります。

2-5.医局を離れたい

医局のしがらみに嫌気がさして転職を考える方もいます。

医局内での人間関係の悪化や、定期的にある人事異動を負担に感じる医者も。

医局を出た後の医師の転職事情は、医局を離れることで今後のキャリアに影響が出てしまうかもしれませんが、職場を変えることで人間関係や精神的な負担が軽くなるというメリットがあるのです。

2-6.もっと勉強やキャリアアップしたい

今働いている病院の診療水準が低い場合や、希望する科で勉強し専門的な知識を高めてキャリアを積みたいと考えて転職を希望する医者もいます。

将来的に地元での開業を考えていて、医師としての勉強だけではなく経営について学びたいという方もいます。

2-7.転科したい

今まで働いてきた専門分野から別の科へ転科したいという理由で転職を考える方もいます。

違う科でさらに勉強や臨床経験を深めたい場合、同じ院内で転科できればいいですが、「希望する科が同じ病院内にない」、「異動を希望してもなかなか受け入れられない」ケースもあります。

臨床医師の仕事以外の産業医や検診医など他の医師としての仕事に興味を持ったり転職を考える方もいます。

2-8.やりがいのある仕事がしたい

「より専門的な知識と経験を積みたい」または「幅広い領域の診療に携わりたい」など、今の働き方よりもよりやりがいを感じる仕事を求めて転職を希望する方もいます。

他にも都内の病院で働いていたが、生まれ育った地域の医療に関わりたいといった引越しを伴う転職を考える方も少なくありません。

2-8.転居のため

「Iターン」や「Uターン」を考えて転居に伴い転職を考える医師もいます。

また「親のいる地元に戻って仕事をしたい」、「子供の進学に合わせて引越しして転職したい」など医師になったばかりの頃とは状況や考え方が変わってきて転職をする方も多いです。

2-9.定年

大学病院や大規模の病院では定年があります。

定年後も働きたいと考える医者は、定年前に転職を考えます。

ただ定年が60歳や65歳の場合、まだ現役の医師として医療現場で活躍できる年齢です。

2-10.閉院

地方の病院の場合は閉院で転職を探すという可能性もあります。

過疎化が進む地域の場合、経営が成り立たなくなり閉院することもあり働いていた医師は転職先を探します。

また開業している医師の場合も、経営面の問題や仕事の忙しさなどから閉院を自ら決め、別の病院に転職するケースも。

閉院しなくても、赤字経営で人員削減のために転職先を探すこともあるでしょう。

2-11.海外から帰国

医師の場合、外国の病院勤務を経験している方も少なくありません。

海外から帰国して日本での勤務先を探すために転職活動をする方もいます。

海外で経験を積んでそれを活かせるような転職先を探したり、夫婦共に医者でどちらかの勤務のために海外に住んで、帰国するので転職先を探すというケースも。

この章でお伝えした「医師の転職理由」をまとめると以下の通りです。

まとめ
  • 年収をもっと上げたい
  • 激務
  • 家庭と仕事を両立させるために、より働きやすい環境の職場へ転職したい
  • 職場での人間関係
  • 医局のしがらみに嫌気がさした
  • 診療水準が低い場合や、希望する科で勉強し専門的な知識を高めてキャリアを積みたい
  • 専門分野から別の科へ転科したい
  • 今の働き方よりもよりやりがいを感じる仕事を求める

3.医師が転職の際にすべきこと

転職したいと思ったらすぐに行動に移さず、まず以下の点についてもう一度よく考えてみましょう。十分に考えて「やはり転職がベスト」と思ってから転職活動を始めてください。

では、それぞれ解説していきます。

3-1.転職前に自己分析をする

まず、重要なのでポイントをご覧ください。

医師の転職理由はさまざまですが、「辞めたい」と思って転職活動を始める前に、もう一度自己分析をしてみると良いでしょう。

医者の転職は比較的しやすいですが、転職先の情報収集がしっかりできていなかったり、希望する勤務形態や年収などの条件ばかりにこだわりすぎると、転職してもうまくいかない場合があります。

「すぐに転職できるから、嫌になったらまた転職すればいい」と病院を転々とするのは医師にとっても大変ですし、あまりおすすめできません。

今の病院に留まった場合に、転職したい理由を解決できるかについてよく考えてみましょう。

家庭の事情や人間関係、勤務形態については異動を希望して改善できるかもしれません。

当直のない科で働くことができれば、心身の負担も軽くなり、家族と過ごす時間も今より多く取れるようになるでしょう。

また人間関係も異動できれば変わるので、もっと働きやすくなるかもしれません。

しっかり自己分析をして、転職するのが一番いいかどうか、もう一度よく考えてみてください。

※転職に動く前に

転職がベストだと思ったら、転職後のキャリアプランや条件について細かく書き出してみます。

どんな仕事をしたいのか、どのような働き方でキャリアを積んでいきたいのか長期的に見て考えましょう。

また働き方や収入についてなど希望する条件面も明確に。

転職活動をしている途中で、転職軸がぶれないように自分と向き合い、何を一番優先して転職先を探すかを決めてください。

3-2.転職活動にかかる平均の期間やおすすめのタイミングを知る

転職活動は十分に時間にゆとりを持って行いましょう。

働きながら転職活動をすると、応募書類の準備や面接の日程などを勤務のスケジュールと合わせながら組まなければいけません。

すぐに希望に合う勤務先が見つかるかはわからないので、時間に余裕を持ちじっくりと検討してください。

初めて転職活動を行う場合は決して焦らず、情報収集をしっかりしてから転職先を絞り込んで、応募・面接とステップを踏んでいきましょう。

※医師の転職活動期間の目安

1年くらいの期間を見て探すことをおすすめします。

また、辞める時期も病院の忙しい時期に重ならないよう考慮したり、医局にいる場合には医局のルールに反することがないよう退職の準備を進めていきましょう。

辞めやすい時期や辞めたい時期を計算して、そこから遡って1年くらい前から転職活動を始めると良いです。

  • 転職前に自己分析をする
  • 転職は時間にゆとりを持ち周りに配慮したタイミングで行う

4.医師が転職する3つの方法

医師が転職する方法は以下の3つがあります。

  • 転職エージェントを利用する
  • 直接求人に応募する
  • 知人の紹介で入職

それぞれメリットやデメリットがあります。

4-1.転職エージェント

医師向けの転職エージェントに登録して転職する方法です。

キャリアアドバイザーという、業界に精通したプロのアドバイザーがあなたのキャリアや希望する条件を聞いて、最適な転職先を紹介してくれます。

多くの求人情報を抱えていて、登録した人にだけ紹介する非公開求人もたくさん扱っています。

また病院勤務の医者から企業に勤める産業医や検診医など異業種への転職の紹介もしてくれるので、病院以外の転職先を探すときにもおすすめです。

求人の紹介だけではなく、応募書類の添削や面接対策、スムーズな退職のためのアドバイスなどさまざまなサポートを無料で受けることができます。

デメリットは、キャリアアドバイザーと合わない場合や信頼関係が築けないと転職もなかなかうまくいかなくなってしまうところです。

キャリアアドバイザーとどうしても相性が合わない場合は、違う転職エージェントに登録したり、担当を変えてもらうようにしましょう。

医師(勤務医・産業医)におすすめ転職エージェント13選|4つの軸で徹底比較この記事では、医師の転職におすすめの転職エージェントをはじめ、医師が転職エージェントを活用するメリット・デメリット、医師が転職活動をする際にやっておくべきことについて解説していきます。求人数、取扱求人、サポート内容、キャリアアドバイザーの質の4つを軸に徹底比較し、本当に医師の転職におすすめできる転職エージェントだけをまとめました。...

4-2.直接応募

直接求人が出ている病院や職場に応募するやり方です。

転職したい病院がすでに決まっているなら、そこで求人があるかまめにチェックしておくといいでしょう。

また転職サイトを利用して直接応募することもできます。

転職サイトならば、地域や年収など条件で絞り込んで探すこともできるので便利です。

自由に探して応募できますが、仕事内容や条件についても自分で調べる必要があり、さらに書類作成や面接の日程の調整、条件の交渉などすべて一人で行わなければいけません

激務で働き方を変えたいと考えている医師には、難しいかもしれません。

4-3.知人の紹介

知人からの紹介で転職して入職する方法もあります。

公募していない求人情報であったり、紹介者がいるので安心できるというメリットがあります。

反面、いったん検討してから断ることが難しく、入職後「最初の話と違う」と思っても辞めづらいというデメリットもあります。

  • 医師が転職する方法は転職エージェントを利用する、直接応募する、知人の紹介などがある。

5.医師におすすめの転職サイト

おすすめの医師向けの転職サイトをご紹介します。

複数登録することで、スムーズに働きたい場所が決まりやすいでしょう。

医師の転職サイトの選び方を知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね!

あなたにぴったりの医師向け転職サイトの選び方を紹介!「さまざまな病院や転職先をじっくり検討したいけれど、忙しくて時間がない」と悩んでしまう方は多いでしょう。また、「今までのキャリアを活かした転職がしたい」、「新しい分野でキャリアを築いていきたい」などそれぞれの希望にマッチングした転職先をひとりで探すのは、忙しい医師には難しいことです。この記事では、医師向けの転職サイトを選ぶときのポイントについて解説します。...

5-1.エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェント(M3)」は、転職希望医師の登録実績No.1を誇る医療従業者向けの転職エージェントです。

運営会社であるエムスリーは病院コンサルティングの実績が豊富で、医療機関に対して強い交渉力を持っています。

そのため、キャリアアドバイザー全員が医療業界に精通しており、医師ならではの悩みや風潮に合わせたサポートを受けることが可能です。

また、万が一希望求人が少ない場合は、キャリアアドバイザーが会社と直接交渉をしてくれるので、希望条件により近い条件の転職先が見つかるでしょう。

公式ページ

  • 収入をアップさせたい
  • 転職先との交渉までサポートしてほしい
対応エリア 全国・海外
公開求人数 約20,000件
取扱求人 常勤・非常勤
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都港区虎ノ門4-1-28虎ノ門タワーズオフィス
公式サイト https://agent.m3.com/

5-2.医師転職ドットコム

医師転職ドットコム

医師転職ドットコム」は、調剤薬局事業で有名なアインホールディングスのグルー企業が運営する転職エージェントです。

これまでに40,000人を超える転職支援実績があり、丁寧な対応と質の良い求人が高く評価されています。

不利な条件での契約にならないよう、専任キャリアアドバイザーが面接に同行してくれるので、転職が初めての人でも安心です。

また、自分のペースに合わせてサポートしてくれるので、ひつこく連絡が入ったり、決断を迫られるようなこともありません。

公式ページ

  • 転職が初めての人
  • 交渉力に自信がない
  • 自分のペースで転職活動がしたい
対応エリア 全国
公開求人数 約35,000件
取扱求人 常勤・非常勤
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
  • 面接同行・同席
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1丁目5-5JR恵比寿ビル9F
公式サイト https://www.dr-10.com/

5-3.マイナビドクター

マイナビdoctor

マイナビDOCTOR」は、人材紹介において国内トップクラスの実績を誇るマイナビが運営している転職エージェントです。

運営会社であるマイナビはさまざまな分野に独自のパイプを持っているため、他の転職エージェントでは紹介してもらえないようなレアな求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。

個人情報の取扱に関しでも、プライバシーマーク取得企業なので安心です。

また、常勤求人はもちろん、非常勤やスポットの求人も多く取り扱っているので、ワークライフバランスを重視したい人にとってもおすすめの転職エージェントだといえます。

公式ページ

  • ワークライフバランスを重視したい
  • 非常勤・スポットの求人を探している
  • 他とは違った求人を紹介してほしい
対応エリア 全国
公開求人数 約8,500件(+非公開求人30,000件上)
取扱求人 常勤・非常勤・スポット
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー 24F
公式サイト https://doctor.mynavi.jp/

5-4.リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア」は、37年という転職支援実績を持つリクルートグループの転職エージェントです。

長年の転職支援で培われた手厚いサービスが受けられるほか、非公開求人が常時10,000件以上という、大手ならではの豊富な求人数も大きな魅力といえるでしょう。

実名求人も多く掲載されているので、自分なりに比較や検討、情報収集することもできます。

また、都市部はもちろん、地方の求人にも強いのもポイントです。

公式ページ

  • ゆずれない希望条件がある
  • たくさんの求人からじっくり比較したい
  • 地方の転職を希望している
対応エリア 全国
公開求人数 約17,000件(+非公開求人10,000件以上)
取扱求人 常勤・非常勤
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F
公式サイト https://www.recruit-dc.co.jp/

5-5.民間医局

民間医局

民間医局」は、地域密着で希望に合った求人を紹介してくれる医師専門の転職エージェントです。

全国に17拠点を展開しており、UターンやIターンで地方への転職を希望する場合は、各地域のキャリアアドバイザーがサポートを行う仕組みになっています。

そのため、転職先の地域に合った最適なサポートを受けることが可能です。

また、万が一希望の求人がなかった場合も、医療機関と調整しながら希望に合わせた求人をオーダーメイドしてくれるので安心。

自分が抱えている悩みや不安も含め、親身に対応してくれます。

公式ページ

  • 手厚いサポートを受けたい
  • 初めての転職
  • 地方への転職を希望している
対応エリア 全国
公開求人数 約21,000件
取扱求人 常勤・非常勤・スポット
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
  • 面接同行・同席
  • 独自の福利厚生サービス
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE
公式サイト https://www.doctor-agent.com/

6.医師におすすめの求人サイト

おすすめの求人サイトです。

「自分のペースで自由に転職活動したい」、「転職エージェントを利用したが合わなかった」または「転職エージェントで決まらなかった」という方におすすめです。

またいつでも求人情報を検索することができるので、「はっきり転職するか決めていない」という場合も相場を見る参考になるでしょう。

医師の求人を探せる求人サイト

6-1.e-doctor

e-doctor

e-doctor」は、業界トップクラスの迅速な対応が魅力の転職エージェントです。

他社に比べて数は少ないものの、取り扱っている求人は全て厳選された医療機関となっているため、求人の質を重視する人には最適でしょう。

また、登録から入職までのスピードが早いと評判なので、転職先を早く見つけたい、退職後すぐに入職したいという人にもおすすめです。

公式ページ

  • できるだけ早く転職先を決めたい
  • 質の良い求人を紹介してほしい
対応エリア 全国
公開求人数 約12,000件
取扱求人 常勤・非常勤・スポット・診断
サポート内容
  • 専任コーディネーター
  • 条件交渉
キャリアアドバイザーの質
所在地 東京都港区赤坂4-9-17 赤坂第一ビル5・6F
公式サイト https://www.e-doctor.ne.jp/

6-2.indeed

インディードをおすすめできない理由

さまざまな業界の求人情報を検索できる「indeed」。

医師の仕事も検索することができます。

エリアと職種を入れるだけで、多くの求人情報をチェックすることができます。

月間アクセスは約2,000万人を超え、多くのユーザーが利用している転職サイトです。

まとめ|医師の転職理由はさまざま!

医師が転職を考える理由にはさまざまあります。

しかし、転職後に求めるものは収入や勤務形態の改善、症例を多くこなしたり勉強したりといった、キャリアアップなど目標にする方がほとんどです。

この記事でお伝えしたことをまとめると以下の通りです。

医師が転職したい理由
  • 収入を上げたい
  • 働き方を変えたい
  • 家庭の事情にあった働き方にしたい
  • 人間関係が悪い
  • プレッシャーの多い医局を離れたい
  • もっと勉強やキャリアアップしたい

直接応募や知人の紹介で、あなたの希望に合う転職先が見つかればいいですが、仕事をしながら転職先のリサーチや検討、応募や面接などをこなすのはとても大変です。

無料で利用できる転職エージェントをうまく使うといいでしょう。

おすすめの転職エージェント
  • エムスリーキャリアエージェント
  • 医師転職ドットコム
  • マイナビドクター
  • リクルートドクターズキャリア
  • 民間医局

1ヶ所だけ登録しておくと、求人の偏りやばらつきがあったり、キャリアアドバイザーと相性が合わなかった場合に、転職活動がうまくいかなくなってしまうこともあります。

良さそうだなと思う転職エージェント2、3つ登録して並行して転職活動を進めていくと、スピード感があり後悔しない転職を実現しやすくなります

また転職サイトで医師の求人をチェックするのも相場がわかりおすすめです。

おすすめ転職サイト
  • e-doctor
  • indeed

気になった求人があればそのまま応募することもできます。

なぜ転職したいと思ったのか理由をしっかり考え、転職先に求めるものや希望する働き方を明確にして転職活動をしてください。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。

ABOUT ME
江波戸 純希
江波戸 純希
BWO(ベストワークオンライン)の編集長。 元転職エージェント経験者で、国内に留まらず、海外就職支援のサポート経験もあり。神田外語大学卒。お問い合わせや取材等のご依頼はTwitterのDMからお願い致します。