転職ノウハウ

同業他社に転職したい!即戦力でも内定が出ないケースも多い

今までの経験を生かし、同業他社へ転職しようとされる方は多いです。

しかし、経験知識が無いにも関わらず、「何でもやります」的な業界未経験と同じような体で面接を受けようとしている方が多いのも現状です。

業界経験者の方において、経験者であることのメリットを生かし、また自分のやりたいことが入社後に実現できる可能性もあるのに、「何でもやります」的な業界未経験者スタイルの面接では、もったいないです。

この記事では、同業他社に転職するときの面接の心得なども含めご紹介していきます。

全て読み終えると、同業他社の転職が成功しやすくなるに違いないでしょう。

  • 企業の採用背景の理解
  • 同業界は何社も受ける必要がない

 

 

企業の採用背景について理解しよう

まず採用側は業界経験者採用の際、どのような位置づけで、どのようなことを考えているのかをご紹介します。

即戦力でも内定がでないことがある

ビズリーチのCMを見ていると、即戦力だと判断すると、すぐ内定を出すようなイメージでとらえがちですが、実際は少し違います。

即戦力だったとしてもその求職者を落とします。

落とす理由は、会社のカラーと求職者の志向性や人物特性です。

能力のある方は自分主導で仕事を進められます。

ということは未経験の若手のように従順に仕事をしないこともあります。

加えて、あなたの勝ちパターン、成功パターンに対し、理解を示さないケースもあります。

つまり「うちではそのやり方は通用しない」という判断を下されることもあります。

転職成功時期はいつ?1年のうちで内定が一番出る月を、知っていますか。転職は自由ですが、その転職する時期は本当に正しいのでしょうか? 実は1月から12月のうち、採用されやすい時期とそうではない時期があります。この記事では、1年間で採用されやすい時期とそうではない時期はいつなのかをご紹介していきます。...

「業界を知っている」、「成果を出している」だったとしても「うちには馴染まない」、「うちで成果のでるやり方ではない」と判断される場合というのが即戦力でも採用されないケースです。

定着性は必ずみられる

また、即戦力で通用する技能を持ち合わせたとしても、定着性は必ずチェックされます。

そのため、即戦力といえども退職・転職理由や志望動機等を練ることは非常に重要です。

特に転職回数が多い方は厳しく見られますので、その点は認識しておきましょう。

即戦力の採用は重要ですが、それ以上に長期で働けるかどうかのほうが能力より優先されていることを理解しておきましょう。

業界大手に行くことが成功とは限らない

業界において、大手を志望されるケースを散見しますが、必ずしも大手に行けば勝ち組だということはありません。

その理由は大手が業界を求める背景が、目の前の戦力補強というのが常で、将来を見越してということでは絶対ではないからです。

そのため、高い確率で役職は上げ止まります。

なぜなら、大手において幹部候補というのは、高い実力がある方を除いき、良いも悪いもスペシャリストでしかないからです。

スペシャリストである以上、将来のキャリア形成において、出世は限定的になる可能性も十分にあるでしょう。

前職がらみのリスク回避のためにどうしたらいいか

会社によっては、「競業避止」、すなわち同業界への転職を禁止する項目が就労規定に盛り込まれているケースがあります。

この点、個別で状況はことなるとは思いますが、ほとんどの事例ではこの「競業避止」は適用されないものが多いです。

なぜなら、法的な観点で言えば、職業選択の自由というものが憲法で定まっているからです。

労働契約において、「職業選択の自由に反するような契約を認める」、「入社するなら同業他社に転職してはいけない」などの縛りを入れることは、契約上「公序良俗」に反するという解釈がなされる場合が多いです。

一般的に協業避止が適用される場合は、まだ世の中に公表していない技術やノウハウを他社にいって広める可能性がある「技術開発職」等に適用されることはあります。

しかし、営業職など個人の能力によって成果がことなる仕事において、「競業避止」は適用されてはならないものと考えるのが相当だというのが、過去の判例であります。

小難しい話になってしまいましたが、新しい技術の開発などに携わっていない限りあなたの転職に「競業避止」が該当しないケースがほとんどです。

とはいえ、就業規定に「競業避止」が盛り込まれている場合は、周囲の転職例を参考にしたり、転職エージェントに相談しておくのが良いでしょう。

相談だけでもOK?転職エージェントの本音とうまく使うコツ!転職エージェントは、今すぐ転職を考えていないと利用できないのかなと疑問ですよね。この記事では相談だけでも可能な転職エージェントや、転職エージェントから有益な情報を教えてもらえるコツをご紹介します。 ...

同業界間の転職であるからこそ、求職者側は仕事のイメージがしやすいため、また採用側からしても活躍するイメージがつきやすいため、採用されやすいことは間違いありません。

しかし、業界とは一部を除けばスペシャリストです。そして、日本社会で出世できるのは最終的にはゼネラリストです。

また、それを差し引いたとしても大企業においては人材が豊富になるため、よほどではない限りはプロパー、つまり新卒からその会社にいる方が出世しやすい仕組みになっているのです。

業界採用だからこそそれが自分のキャリアにマイナスに作用することがある、所詮は新卒文化であることをまずは認識しておきましょう。

同業界は何社も受ける必要がない

転職エージェントにいけば、多くの求人を受けましょうというアドバイスを受けます。

しかし、それは業界未経験の方の話です。

上記のように同業界だから選考は楽だとは言いませんが、だからと言ってやみくもに受ける必要はないのです。

むしろ落ちてもいいくらいに思っておきましょう。

それでは、どのように受けていくといいのかをご紹介します。

会社に合わせるのではなく自分に合わせる

まず、面接を受ける際に内定を取りに行こうとするため、相手の求める人材になりきろうと努力するきらいがあると思いますが、その必要はありません。

落ちてもいいくらいの気概を持ちましょう。

なぜなら、企業の求める人材に合わせて転職し、仮に内定をとって入社したところで入社したら会社の求める動きをしなければなりません。

その結果、あなたの良さが失われ、それにより今まで積み上げてきた経験を否定しながら、かつ結果を出すことができないことになってしまえば目も当てられません。

同業界の採用というのは、あなたの能力を買ってもらうことであり、あなたのスキルを活かすために転職をするのです。

言葉にエッジが効きすぎているかもしれませんが、飼い犬になる転職は業界採用において意味をなさないということを心に刻みましょう。

転職軸を決めることが転職成功の鍵!作り方やES・面接の答え方もこの記事では、転職軸の作り方やES(エントリーシート)への書き方、面接の回答方法などを詳しく解説します。この記事を読めば、転職を成功させるために、転職軸を決めることがどれだけ大切なのかが理解できます。...

3社くらいに絞りこんで受けよう

やみくもに求人に応募する必要はありません。

あなたが本当にやりたいことができる会社、または能力の生きると思われる会社だけをピックアップして受けましょう。

そういっても「そんな判断ができない…」と悩む方も多くいるでしょう。

そのために、転職エージェントをフル活用させましょう。

※キャリアアドバイザーの評価が高い転職エージェント

マイナビエージェント
特徴:20代・30代・第二新卒の実績が豊富
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

doda
特徴:自分の市場価値がわからない人にとっておき
【公式HP】https://doda.jp/

type転職エージェント
特徴:転職者の71%が年収UP
【公式HP】https://type.career-agent.jp/

では、どのように活用させるのかというと1つ質問をするのです。

具体的には「なぜ私にこの求人を紹介したのですか?」、「私のどこにこの求人があうと思いますか?」という質問をしましょう。

その返答により、おそらくあなたのイメージにあう求人というのがわかってくるはずです。

また、あなたがエントリーできる求人が多いかもしれませんが、本当に合う求人はせいぜい3つくらいしかありません。

現職の仕事もありいそがしいでしょうからその求人を見極めて応募するようにしましょう。

もし、その3つを受け駄目だった場合、「転職エージェントの見立てが間違っている」、もしくは「あなたが転職市場に合致したスキルがない」かどちらかなのでそこを確認すれば良いでしょう。

面接は少し傲慢なくらいでいい

面接は企業に合わせに行く必要はありません。

堂々と「私はこのような技術があり、このような成果が出ています。だからこの技術を買ってください」と売り込みをかけるくらいでいいでしょう。

こ子で押さえておきたいのが、求人の募集背景です。

募集背景は企業が採用活動を始めた理由であるため、そこから企業が何を実現させるために、あなたを採用するのかを理解する材料になります。

そのため、ただ力技で売りに行くというより、「御社の目的を私の技能で解決できます!なぜなら、◯◯のスキルがあるからです。」と言い切れるくらいが良いでしょう。

そうすると企業側は「本当にできるの?」と色々質問をしてくるようになります。

それはあなたに興味をもった証です。

その質問に対し適切に回答するのが重要とはなりますが、あなたに対し興味をもってもらうためには採用背景をしっかり理解し、あなたができることを堂々と話してください。

間違えても求人票の「欲しい人物像」に合わせなくて良いです。

入社がゴールではありません。

あなたが活躍できる会社にいって、良い働きを継続的にできていることがゴールだと認識しましょう。

入社がゴールではなく、あなたがその会社で常に活躍できることがゴールです。

そのため、企業の求める人物に合わせるのではなく、社会人のマナーを十分に守りつつも、自分の能力はこれだから買ってくださいと売り込みをかけるくらいで良いでしょう。

あなたが能力のある人で、人としてしっかりしている方であれば、会社のカラーに無理に合わせなくても買いたいという会社が出てきます。そういう会社こそあなたが行くべき会社ということを認識しましょう。

まとめ|同業他社の転職は自分を営業しよう!

この記事では、同業他社の転職についてお伝えしてきました。

業界経験者の転職は、業界未経験者の転職と違い、「業界を知っている」という点で当然ながらイニシアティブがあります。

また、いろんな理由はあるにせよ、同業界での転職をするということは、自分の技能をもってもっと活躍したいからという事実は間違いなくあるはずです。

そのためには、会社に合わせに行くのではなく、自分を売り込みに行き、その技術を買ってくれる会社を選ぶというのが重要です。

そのために、自分の勝ちパターンを知っておく、自分の仕事のやり方を確立させておくというのが普段の業務の中で必要になります。

その確立された技術を評価してくれる会社こそ、あなたが長期で活躍できる可能性のある会社といえます。

時にそれは大手ではないかもしれません。

しかし、大手は大手の良さが、そうではない会社においても個々にさがあります。

その良さを認識しながらあなたに合った会社で働くため、エージェントを有効利用しながら転職活動を行ってみてもらえたらと思います。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。