退職

転職の合否を分ける「言ってはいけない」3つの退職理由とは?

「前職の退職理由を教えてください」

と転職の面接で聞かれたときに、あなたは堂々と答えることができますか?

転職理由はそれぞれあると思いますが、退職理由を堂々と答えられる方は少ないようです。

なかには、転職理由をごまかそうとして不透明な回答になってしまい、面接での評価を落とし、結果不採用になる方もいます。

「退職理由」は、面接官にとってとても気になるものです。

ほとんどの面接官が「退職理由」を質問するでしょう。

退職理由を質問することで、以下の3つがわかるからです。

  • あなたが会社をすぐに辞める人なのか
  • どのようなことがあると辞める決断をするのか
  • 周りの人と良い人間関係をつくれるのか

そのため、退職理由はあなたが採用されるかどうかに大きな影響を与えます。

そこで、この記事では「言ってはいけない3つの退職理由」をご紹介します。

  • 言ってはいけない3つの退職理由
  • うまく言い回す方法
 

言ってはいけない3つの退職理由

退職理由で言ってはいけないことは以下の3つです。

言ってはいけない退職理由
  • 後ろ向きの退職理由
  • 前職の会社を批判する
  • 自分の能力不足で辞めさせられた

それでは1つずつ解説していきます。

会社を退職するまでの流れは?円満退社のためにやるべきことを解説この記事では会社を退職するまでの流れについてや、円満に退社するために気をつけなければいけない点などについて詳しく解説します。この記事を読めば、退職までの流れや退職後に必要な手続きなどすべてがわかります。...

後ろ向きの退職理由

退職をする多くの場合、前職になんらかの不満があって辞める方が多いです。

例えば、

  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 人間関係が最悪だった

などが退職した方で多い退職理由です。

しかし、これをそのまま言ってしまうと印象はよくありません。

面接官は「うちの会社でも同じような状況になってしまったときにすぐ辞めてしまうのでは?」と考えます。

そのため退職理由を話すときは、どうしたら前向きに聞こえるかを考える必要があります。

※転職のプロからのアドバイス

・前職でやりがいがなかったのなら
「新しい○○というスキルを身に着け御社で活躍したい」

・人間関係に我慢できなかったのなら
「今後はチームプレーで大きな仕事を手掛けられるようになりたい」

と後ろ向きでネガティブな退職理由を、意欲のあるポジティブな転職理由のように答えるのがポイントです。

前職の会社を批判する

前職の会社が本当に良くないところだったとしても、面接官の前で批判はやめておきましょう。

面接官はその会社のことを知りません。

その批判が事実かわからないので、「あなたにも原因があったのでは?」と疑われます。

例えば、残業が多すぎて辞めた場合に(極端に残業が多すぎた場合は具体的に伝えても構わない)基本的にそれが原因で辞めたと言わないほうがいいでしょう。

入社後に前職の会社と揉めるのではないかと心配されてしまいます。

円満な「退職の切り出し方」を知れば怖くない。ベストなタイミングや適切な言い回しをお教えします。退職の切り出し方ってどうすればいいんだろうとお悩みですね。この記事では円満に会社を辞めるための、退職の切り出し方について解説していきます。全て読み終えることで、スムーズに退職することができるようになりますよ! ...

※転職のプロからのアドバイス

「今まで長時間の仕事や休日出勤が続いていたため、満足にスキルアップなどができなかった。今後は積極的にスキルを磨きたい」

と答えるのが良い例です。

「残業が嫌でやめた」ではなく、「残業で自分を成長させられる時間がとれなかったからやめた」と伝えると、印象がまるで違います。

自分の能力不足で辞めさせられた

いわゆるリストラで辞めた場合です。

伝え方を間違えると、「仕事ができなくて辞めさせられた」と思われてしまうので注意しましょう。

まずは、あなた自身が気にしすぎないことが大切です。

リストラをされたというのは、ショックが大きいです。

しかし、負い目があると自信がなくなり、その姿は面接官に不信感を与えます。

自分の力が及ばなかったという謙虚な気持ちは持ちつつ、リストラされたことを受け入れたうえで、

  • なぜリストラされたのか
  • 会社が業績悪化した時、何か貢献しようとしたのか
  • リストラの経験を今後どう活かしていくのか

などを考え、次の会社へアピールするようにしましょう。

※転職のプロからのアドバイス

「前職で○○という業務に携わっていたが、会社が事業縮小を進めて自分の事業も縮小の対象になった。どうにか対策を打とうとしたが、自分の力が及ばず完全撤退という形になってしまった。前職で事業の続かなかった原因を見てきたので、その経験を活かし御社で活躍していきたい。」

というように、リストラをネガティブなことと捉えるのではなく、貴重な経験としてアピールすることができれば、仕事への熱意も伝えることができます。

遠まわしのリストラ!?退職勧奨についての対処法 !3か月以内なら紹介元エージェントに連絡しようこの記事では、退職勧奨全般、そして入社後3か月以内の退職勧奨についての対処方法をご紹介します。全て読み終えると、対処法が理解できるので、いざそうなったときの次の行動がわかると思いますよ!...

まとめ|前向きになるような退職理由を伝えよう!

この記事では、言ってはいけない退職理由をお伝えしてきました。

まとめると、以下の通りです。

まとめ
  • 後ろ向きでネガティブな退職理由をポジティブな転職理由のように答える
  • 相手に与える印象を考える
  • リストラを貴重な経験の一つとして考える

退職理由は無理に隠そうとすると不自然さが目立ち、面接官に不信感を与えてしまいます。

正直に答えることが大切です。

ただし、伝え方1つで印象は大きく変わります。

馬鹿正直に伝えるだけだと損をすることもあります。

物事には必ず表と裏があります。

あなたの退職理由がどうすればネガティブに聞こえないか、仕事への意欲をどう表現するのかをしっかり考えてから面接に挑むようにしましょう。

それだけであなたの面接での印象がグッと良くなりますので。

ベストワーク編集長はあなたが最高の転職を実現できるように祈っています。